Windows 10 のアクティビティ履歴とプライバシー

アクティビティ履歴は、どのようなアプリやサービスを使用したか、どのファイルを開いたか、どの Web サイトを閲覧したかなど、デバイスで行った操作の記録に役立ちます。 アクティビティ履歴は、デバイス上にローカル保存されます。ユーザーが Microsoft アカウントでデバイスにサインインして Windows に許可した場合は、アクティビティ履歴が Microsoft に送信されます。 Microsoft は、アクティビティ履歴データを利用して、個人に対応したエクスペリエンス (使用時間の長さに基づいてアクティビティを順序付けるなど) や関連性の高い候補 (アクティビティ履歴に基づいてユーザーのニーズを予測するなど) をユーザーに提供できます。

アクティビティ履歴は、以下の Windows 10 機能に使用されます。 今後 Windows のリリースや更新プログラムが発表されたら、ユーザーのアクティビティ履歴を使用するサービスや機能に追加がないか、必ずこのページでご確認ください。

  • [タイムライン] をクリックします。 デバイスからアクティビティのタイムラインを確認し、それらのアクティビティを再開できます。 たとえば、デバイスで Word ドキュメントを編集していて、その日の退社時間前に完了できなかったとします。 [アクティビティ履歴の設定] ページで [このデバイスに自分のアクティビティ履歴を保存する] チェック ボックスをオンにした場合は、翌日のタイムラインに Word アクティビティが表示され、その後数日間、そこから作業を再開できます。 [自分のアクティビティ履歴を Microsoft に送信する] チェック ボックスをオンにし、その日のオフィスを離れる前に終了できなかった場合は、タイムラインに Word アクティビティが最大 30 日間表示されるだけでなく、後で別のデバイスから作業を再開することもできます。

  • Cortana。 ユーザーのデバイスのみでアクティビティ履歴が収集されている場合、ユーザーは Cortana の支援により、そのデバイスで中断した箇所から作業を再開できます。 アクティビティがクラウドに送信されるように設定した場合は、他のデバイス上で開始したアクティビティについても、中断した箇所から再開できます。 Cortana はこれらのアクティビティについて、デバイスですばやく再開できるようにユーザーに通知します。ユーザーの他のデバイスも通知対象となり、同期が有効になります。 クロスデバイスの "取り残した場所を選ぶ" エクスペリエンスを機能するには、Cortanaで [閲覧履歴] アクセス許可を有効にする必要があります。 これを行うには、タスク バーの検索ボックスから Cortana のホームを開き、[設定] > [Cortana > アクセス許可] >[このデバイスからアクセスできる情報を管理する >閲覧履歴] を選択します。

  • Microsoft Edge。 Microsoft Edge を使用している場合、アクティビティ履歴には閲覧履歴も含まれます。 InPrivate タブまたはウィンドウを使用して閲覧した場合は、アクティビティ履歴が保存されません。

Microsoft アカウントでデバイスにサインインし、アクティビティ履歴を Microsoft に送信する設定を有効にした場合は、クロスデバイス エクスペリエンスを有効にするために Microsoft によってアクティビティ履歴が使用されます。 このため、デバイスを切り替えてもアクティビティに関する通知を確認し、再開することができます。 たとえば、別の Windows 10 デバイスを使用している場合や iOS または Android デバイスで特定の Microsoft アプリを使用している場合も、アクティビティ履歴を Microsoft に送信できます。 このように別のデバイスで開始したアクティビティも、普段の Windows デバイスで続行できます。 最初の段階では、この機能の対象は Microsoft Edge モバイルに限定されますが、Word、Excel、PowerPoint などの Office Mobile アプリも間もなく対象になります。

アクティビティ履歴を Microsoft に送信する設定が有効になっている場合は、Microsoft の製品およびサービスの品質を向上させる目的にもアクティビティ履歴が使用されます。 このとき、お客様全般によってどのように製品やサービスが使用されているのかをより深く理解できるように、機械学習の手法が適用されます。 また、お客様による使用時にどのような箇所でエラーが発生するのかが診断され、問題解決が図られます。

複数のアカウントに関して: アクティビティ履歴が収集され、ローカルアカウント、個人用 Microsoft アカウント (MSA)、または [設定 > アカウント> メール & アカウント] でデバイスに関連付けられている学校アカウント (AAD) ごとにローカルに保存されます。 アクティビティ履歴が Microsoft に送信されるように指定した場合は、そのデバイスのプライマリ アカウントのアクティビティが Microsoft に送信されます。 複数のデバイスを所有していて、1 つ以上のデバイスで複数のアカウントを使用している場合は、たとえば 1 台目のデバイスで (セカンダリ アカウントとして) 2 台目のデバイスのプライマリ アカウントのアクティビティ履歴を確認することもできます。 これらのアカウントは、[設定] > [>アクティビティ履歴] の下に表示されます。特定のアカウントのアクティビティをタイムラインに表示からフィルター処理することもできます。 アカウントを非表示にした場合も、データはデバイスやクラウドから削除されません。 データの管理については、次のセクションをご覧ください。

Microsoft 製品とサービスがプライバシーを尊重しながらエクスペリエンスをカスタマイズするためにこのデータを使用する方法の詳細については、「プライバシーに関する声明」を 参照してください

アクティビティ履歴の設定

デバイス

デバイスでアクティビティ履歴のローカル保存を停止するには、[スタート] を選択し、[設定] > [>アクティビティ履歴] を選択します。 このページで、[このデバイスに アクティビティ履歴を保存する] チェック ボックスを オフにします。
アクティビティ履歴の設定を開く

注: 

  • この設定をオフにした場合、タイムラインや Cortana の [前回終了した位置から再開] 機能など、アクティビティ履歴に依存するデバイス機能は使用できません。 その場合も Microsoft Edge での閲覧履歴は確認できます。

  • 以前のバージョンの Windows では、この設定は [Windows でこの PC からアクティビティを収集する] と呼ばせでした

アクティビティ履歴の Microsoft への送信を停止するには、[スタート] を選択し、[設定] > [>アクティビティ履歴] を選択します。 このページで、[アクティビティ履歴を Microsoft に送信する ] チェック ボックスを オフにします。

注: 

  • この設定を無効にした場合、タイムラインで 30 日間のデータを使用したり、クロスデバイスでアクティビティを取得することはできなくなります。

  • 以前のバージョンの Windows では、この設定は "この PC からクラウドへのアクティビティの同期を Windows に行う" と呼ばせでした

  • Windows には、アプリのアクティビティと閲覧履歴データを Microsoft に送信するかどうかを制御する追加のプライバシー設定 (診断データ設定など)があります。

個人用 Microsoft アカウント (MSA) をお持ちのお客様は、[Microsoft アカウントのアクティビティ データの管理] を選択して、クラウド内の Microsoft アカウントに関連付けられているアクティビティ履歴データ を管理できます。 プライバシー ダッシュボードにサインインしたら、[アクティビティ履歴] タブを選択し、管理するデータを選択します。

職場または学校のアカウントを使用している場合は、デバイスに保存されているアクティビティ履歴と Microsoft クラウドに送信されたアクティビティ履歴の両方を消去し、削除することができます。 [スタート] を選択し、[>プライバシー>アクティビティ履歴] を選択します。 [アクティビティ 履歴のクリア] で、[クリア] を選択します

複数のアカウントを使用していて、職場または学校のアカウント (AAD) がデバイスのプライマリ アカウントである場合、アクティビティ履歴を消去すると、クラウドに同期されている職場または学校のアカウント (AAD) のアクティビティ履歴がすべて削除されます。 個人の Microsoft アカウント (MSA) アクティビティ履歴データをクラウドで管理するには、[Microsoft アカウントのアクティビティ データの管理] を選択します。 複数のアカウント (MSA/AAD) を使用していて、個人用アカウント (MSA) がデバイスのプライマリ アカウントである場合、AAD アクティビティを削除するには、職場または学校のアカウント (AAD) をプライマリとして使用している別のデバイスに移動し、そのデバイスでアクティビティ履歴を消去します。

タイムライン機能内では、日単位で個々のアクティビティまたはすべてのアクティビティを消去できます。 これを行うには、アクティビティを右クリックし、必要に応じてオプションを選択します。

モバイル デバイス (iOS または Android) の場合

Microsoft Edge モバイル (iOS、Android) などのアプリでは、ブラウザー履歴の共有を無効にすることができます。 Microsoft Office などの他のアプリでは、Microsoft へのアクティビティ履歴の送信を停止するアプリからサインアウトします。 [Microsoft アカウントのアクティビティ データの管理] を選択して、Microsoft アカウントのクラウドに格納されているアクティビティ履歴 データを管理できます

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×