目次
×

Windows 11 でローカル アカウントを使用する場合は、できるだけ早く USB フラッシュ ドライブを使用してパスワード リセット ディスクを作成する必要があります。 こうすることで、パスワードを忘れてもリセットすることができます。 パスワードを忘れてからでは、遅すぎます。 パスワードを忘れた場合は、パスワード リセット ディスクを作成する必要がないように、セキュリティに関する質問をローカル アカウントに追加することをお勧めします。 これを行うには、[アカウントの設定>の開始 ] > >  [サインイン オプション] > [セキュリティに関する質問の更新] の順に選択します。 

  1. ローカル アカウントでサインインしていることを確認します。 この手順は、Microsoft (接続) アカウントでは実行できません。

  2. PC に USB フラッシュ ドライブを接続します。 パスワード リセット ディスクを作成しても USB フラッシュ ドライブは再フォーマットされませんが、続行する前にデータをバックアップする必要があります。

  3. タスク バーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、結果の一覧から選択します。

  4. コントロール パネル検索ボックスに「パスワード リセットの作成」と入力します。

  5. [ パスワード リセット ディスクの作成] を選択し、残りの手順に従います。

  6. 完了したら、USB フラッシュ ドライブを取り外し、覚えている安全な場所に保管します。 パスワードを何度か変更しても、パスワードを変更するときに新しいディスクを作成する必要はありません。

Windows 10 でローカル アカウントを使用する場合は、USB フラッシュ ドライブを使ってできるだけ早くパスワード リセット ディスクを作成してください。 こうすることで、パスワードを忘れてもリセットすることができます。 パスワードを忘れてからでは、遅すぎます。 Windows 10バージョン 1803 を使用している場合は、パスワードを忘れた場合に備えてセキュリティに関する質問をローカル アカウントに追加できるため、パスワード リセット ディスクを作成する必要はありません。 これを行うには、[スタート > 設定  > サインイン オプション] > [セキュリティに関する質問の更新] を選択します。 

  1. ローカル アカウントでサインインしていることを確認します。 この手順は、Microsoft (接続) アカウントでは実行できません。

  2. PC に USB フラッシュ ドライブを接続します。 パスワード リセット ディスクを作成しても USB フラッシュ ドライブは再フォーマットされませんが、続行する前にデータをバックアップする必要があります。

  3. タスク バーの検索ボックスに「 パスワード リセット ディスクの作成」と入力し、結果の一覧から [ パスワード リセット ディスクの作成] を選択します。

  4. パスワード忘れウィザードで、[ 次へ] を選択します。 USB フラッシュ ドライブを選択し、[ 次へ] を選択します。

  5. 現在のパスワードを入力し、[ 次へ] を選択します。 ウィザードが完了したら、[完了] を選択します。

  6. USB フラッシュ ドライブを取り出し、忘れることのない安全な場所に保管します。 パスワードを何度か変更しても、パスワードを変更するときに新しいディスクを作成する必要はありません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×