Windows セキュリティ (Windows の以前のバージョンでの Windows Defender セキュリティ センター) では、特定のファイルとフォルダーをスキャンして安全性を確認できます。 脅威が発見された場合は直ちに通知されます。

  • 特定のファイルやフォルダーをスキャンするには、スキャン対象のファイルまたはフォルダを右クリックして、[Microsoft Defender でスキャンする] を選択します。 スキャンが完了すると、スキャンの結果がわかるように、スキャン オプションページが表示されます。

  • Windows セキュリティの Microsoft Defender ウイルス対策をオンにするには、[スタート]  > [設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows セキュリティ] > [ウイルスと脅威の防止] の順に移動します。 次に、[設定の管理] (または以前のバージョンの Windows 10 では [ウイルスと脅威の防止の設定]) を選択し、[リアルタイム保護][オン] に切り替えます。 これにより、Microsoft Defender ウイルス対策が自動的に有効になります。 Windows 10 Enterprise を実行している場合は、既存のウイルス対策プログラムをすべてアンインストールして Microsoft Defender ウイルス対策を有効にします。

Windows セキュリティの設定を開く

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×