Windows 10 でぼやけて表示されるアプリを修正する

複数のディスプレイが PC に接続されている場合、またはディスプレイの構成が変更された場合、一部のデスクトップアプリがぼやけて表示されることがあります。 Windows 10 (バージョン1803以降) では、この問題を自動的に修正することができます。そのため、アプリがぼやけて表示されるわけではありません。 Windows ですべてのアプリを修正できるとは限らないため、アプリによっては、高解像度ディスプレイでぼやけて表示されたままになる場合があります。

この現象が発生する状況の例を次に示します。

  • 高解像度のディスプレイでアプリを開いた後、そのアプリを異なる解像度のディスプレイに移動した場合。

  • ノート PC またはタブレットを異なる解像度のディスプレイにドッキングし、[セカンド スクリーンのみ] モードで表示した場合。

  • 別の PC にリモート接続し、接続先のディスプレイの解像度が接続元と異なっている場合。

注: 

  • ぼやけたアプリの自動修正の設定を使うには、Windows 10 (バージョン 1803) がインストールされている必要があります。 お使いの Windows のバージョンを確認するには、「使用中の Windows オペレーティング システムを確認する」をご覧ください。

  • Windows 10 (Version 1903) がインストールされている場合は、ぼやけて表示されるアプリを修正する設定が既定で有効になります。 ただし、この設定はいつでも有効または無効にできます。 ぼやけて表示されるアプリを修正するための通知は、アプリに依存するため、設定を変更しても表示される場合があります。

ぼやけて表示されるアプリを修正する

アプリがぼやけて表示される場合や、ぼやけて表示されるアプリに関する通知がメイン ディスプレイに表示される場合は、次の手順に従います。

  1. "ぼやけた表示のアプリを修正しますか?" というメッセージが表示されるかどうかによって、次のいずれかの操作を行います。

    • メッセージが表示された場合は、[はい (設定を開く)] を選び、[適用] を選びます。

    • メッセージが表示されない場合は、タスク バーの検索ボックスに「表示スケールの詳細設定」と入力し、[ぼやけた表示のアプリを修正します] を選択します。

  2. [ アプリのサイズ調整] で、 [Windows によるアプリの解決を許可する] をオンにして、アプリがぼやけていない状態にします。

[表示スケールの詳細設定] で Windows ブラー リダクションを指定する

Windows によって問題が修正されたかどうかを確認するには、メイン ディスプレイでぼやけて表示されるデスクトップ アプリを閉じてから再度開きます。

それでもアプリがぼやけて表示される場合は、Windows によっ てアプリ の問題を解決するのではなく、アプリに対して異なる高 DPI の互換性設定を使用してみてください。 この方法について詳しくは、「 このバージョンの Windows と互換性のある古いプログラムを作成する」をご覧ください。

ぼやけたアプリがある場合、またはぼやけたアプリについての通知が表示される場合は、この機能をいつでもオンまたはオフにするかを選ぶことができます。

  1. タスクバーの検索ボックスに「 高度なスケーリングの設定 」と入力し、[ ぼやけたアプリを修正する] を選択します。  

  2. [アプリのサイズ調整] で、[Windows によるアプリの解決を許可する] をオンまたはオフにして、アプリがぼやけていない状態にします。

ぼやけて表示されるアプリに関する通知をオンまたはオフにする

ぼやけたアプリを自動修正するための通知は、自動的に実行されることもありますが、通知を表示したくない場合もあります。 通知をオフにするには、次の2つの方法があります。 

  • [スタート ] ボタンを選択し、[設定 > システム > 通知 & アクション] の順に選択して、[表示設定] をオフにします。

  • [アクションセンター ] を選択し、[フォーカスアシスト] を選択します。 この Windows 10 機能を使用すると、通知が表示されるタイミングを管理することができます。 詳細については、「 Windows 10 でフォーカスアシストのオンとオフを切り替える」を参照してください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×