Windows 10 のセーフ モードで PC を起動する

セーフモードでは、限られたファイルとドライバーのセットを使用して、Windows が基本的な状態で起動します。 セーフモードで問題が発生しない場合は、既定の設定と基本的なデバイスドライバーで問題が発生していないことを意味します。 セーフモードでウィンドウを監視すると、問題の原因を絞り込むことができます。また、PC の問題のトラブルシューティングに役立ちます。

セーフ モードには、"セーフ モード" と "セーフ モードとネットワーク" の 2 つのバージョンがあります。 [セーフモードとネットワーク] は、インターネットやネットワーク上の他のコンピューターにアクセスするために必要なネットワークドライバーとサービスを追加します。 

下の各セクションでは、それぞれ [設定]、サインイン画面、黒い画面またはブランクの画面からセーフ モードで PC を起動する方法を紹介しています。

  1. キーボードの Windows ロゴ キー を押しながら I キーを押して [設定] を表示します。 それでもうまくいかない場合は、[スタート ] ボタンを選択し、[設定 ] を選択します。

  2. [更新 & セキュリティ >回復] を選び ます。
    回復設定を開く

  3. [PC の起動をカスタマイズする] で、[今すぐ再起動する] を選択します。

  4. PC が再起動したら、[オプションの選択] 画面で、[トラブルシューティング] > [高度なオプション] > [スタートアップ設定] > [再起動] の順に選択します。 BitLocker 回復キーを入力するように求められることもあります。

    Windows 回復環境でオプション画面を選択します。

    Windows 回復環境のトラブルシューティング画面。

    Windows 回復環境の詳細オプション画面。

    Windows 回復環境のスタートアップ設定画面。

  5. PC が再起動すると、オプションの一覧が表示されます。 4 を選択するか F4 キーを押し、セーフ モードで PC を起動します。 インターネットを使用する必要がある場合は、5 キーまたは F5 キーを押して [セーフ モードとネットワーク] を選択します。

[設定] を開いてセーフ モードで起動できない場合は、Windows サインイン画面からデバイスを再起動します。  

  1. Windows サインイン画面で、Shift キーを押しながら [電源]  > [再起動] の順に選択します。

  2. PC が再起動したら、[オプションの選択] 画面で、[トラブルシューティング][高度なオプション][スタートアップ設定][再起動] の順に選択します。 BitLocker 回復キーを入力するように求められることもあります。

    Windows 回復環境でオプション画面を選択します。

    Windows 回復環境のトラブルシューティング画面。

    Windows 回復環境の詳細オプション画面。

    Windows 回復環境のスタートアップ設定画面。

  3. PC が再起動すると、オプションの一覧が表示されます。 4 を選択するか F4 キーを押し、セーフ モードで PC を起動します。 インターネットを使用する必要がある場合は、5 キーまたは F5 キーを押して [セーフ モードとネットワーク] を選択します。

注: デバイスを暗号化している場合、セーフ モードで起動するには BitLocker キーが必要です。

セーフモードに入る前に、Windows 回復環境 (winRE) を入力する必要があります。 これを行うには、デバイスを繰り返しオフにしてから、次の操作を行います。

  1. デバイスの電源を切るには、電源ボタンを 10 秒間押し続けます。

  2. 電源ボタンをもう一度押してデバイスの電源を入れます。

  3. Windows が起動したことを示す最初の動作 (たとえば、一部のデバイスでは再起動時に製造元のロゴが表示されます) で、電源ボタンを 10 秒間押し続けてデバイスの電源を切ります。

  4. 電源ボタンをもう一度押してデバイスの電源を入れます。

  5. Windows が再起動したら、電源ボタンを 10 秒間押し続けてデバイスの電源を切ります。

  6. 電源ボタンをもう一度押してデバイスの電源を入れます。

  7. デバイスが完全に再起動することを許可します。 これで winRE に切り替わっています。

winRE になったので、次の手順に従ってセーフ モードに切り替えます。

  1. [オプションの選択] 画面で、[トラブルシューティング] > [高度なオプション] > [スタートアップ設定] > [再起動] の順に選択します。

    Windows 回復環境でオプション画面を選択します。

    Windows 回復環境のトラブルシューティング画面。

    Windows 回復環境の詳細オプション画面。

    Windows 回復環境のスタートアップ設定画面。

  2. デバイスが再起動すると、オプションの一覧が表示されます。 一覧からオプション 5 を選択するか F5 キーを選択して、[セーフ モードとネットワーク] を選択します。

黒い画面またはブランク画面のエラーについて詳しくは、「黒い画面またはブランクの画面のエラーのトラブルシューティング」をご覧ください。

注: セーフモードを終了する必要がある場合は、デバイスを再起動するか、次の方法を実行します。

  1. Windows ロゴ キー を押しながらRキーを押します。 

  2. [名前] ボックスに「msconfig」と入力し、[OK] をクリックします。

  3. [ブート] タブを選択します。

  4. [ブート オプション] で、[セーフ ブート] チェック ボックスをオンにします。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×