You have multiple accounts
Choose the account you want to sign in with.

Windows 11バージョン 22H2 以降では、Windows Updateは炭素に対応するようになりました。これにより、デバイスで炭素排出量を削減しやすくなります。 デバイスが接続され、オンになり、インターネットに接続され、地域の炭素強度データが使用可能になると、Windows Updateは特定の時刻にインストールをスケジュールします (電力の割合が高いほど電力の割合が低いため、電力の排出量が低くなる可能性があります)。 また、コンピューターがアイドル状態のときに二酸化炭素排出量を削減するために 、画面とスリープの既定の電源設定にいくつかの変更 を加えた。 

この機能は常にバイパスし、[設定] の [Windows Update] ページで更新プログラムをすぐにインストールすることを選択できます。 

機能を実行すると、[Windows Update設定] ページの次のスクリーンショットにメッセージが表示されます。

これを行うときにバックグラウンドで更新プログラムをインストールする際にWindows Updateに表示されるメッセージは、電力グリッド上の低炭素源からの電力の割合が高いため、炭素排出量が減少する可能性があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×