デバイス マネージャで表示されるエラー コードの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 125174 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP125174
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、デバイス マネージャにより表示される可能性のあるエラー コードとその解決方法を説明します。エラー コードを表示するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルの [システム] をダブルクリックします。
  3. [デバイス マネージャ] タブをクリックします (Windows 2000 では、[ハードウェア] タブをクリックし、[デバイス マネージャ] をクリックします)。
  4. 確認したいデバイスの種類 (たとえば、マウス) をダブルクリックし、そのカテゴリ内のデバイスを表示します。
  5. 目的のデバイスをダブルクリックして、そのプロパティを表示します。エラー コードが発生している場合、コードが、[全般] タブの [デバイスの状態] ボックスに表示されます。解決ボタンが表示される場合もあります。次の「詳細」に示す解決ボタンの表示名およびメッセージ内容は、一例であり、Windows のバージョン、発生しているエラーの状態により異なります。また、実際に表示されるものと異なる場合もあります。
デバイス マネージャでのトラブルシューティングの関連情報については、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。

文書番号 133240 - デバイスマネージャでデバイスの競合をトラブルシュートする方法

詳細

コード 1

このデバイスは正しく設定されていません。(コード 1)

このデバイス用にドライバを更新するには、[ドライバの更新] をクリックしてください。それでも問題が解消しない場合は、ハードウェアのマニュアルを参照してください。

解決ボタン : ドライバの更新

このコードはシステムがデバイスを構成できなかったことを示しています。この問題を解決するには、[デバイスの状態] ボックスの指示に従います。または、デバイス マネージャでデバイスを削除し、コントロール パネルから新しいハードウェアの追加ウィザードを実行することにより、この問題を解決できることもあります。

コード 2

問題が発生したデバイスに応じて、2 種類のメッセージのいずれかが表示される可能性があります。このコードは、デバイス ローダー (DevLoader) がデバイスを読み込めなかったことを示しています。このデバイスがルート バス DevLoader (ISAPNP、PCI、BIOS など) の場合、次のメッセージが表示されます。
コンピュータが 2 個の <type> バス タイプを報告しているため、このデバイス用のドライバを読み込めませんでした。(コード 2)

コンピュータの製造元に問い合わせて、使用しているコンピュータの更新された BIOS を入手してください。

<type> は ISAPNP、PCI、BIOS、EISA、または ACPI のいずれかになります。

解決ボタン : なし

デバイスがルート バス DevLoader でない場合、次のメッセージが表示されます。
この <type> デバイスは、デバイス ドライバを読み込めませんでした。(コード 2)

この問題を修正するには、[ドライバの更新] をクリックしてこのデバイスのドライバを更新してください。

<type> は FLOP、ESDI、SCSI などの DevLoader になります。

解決ボタン : ドライバの更新

この推奨された解決方法に従うこと以外に、デバイス マネージャでデバイスを削除した後、ハードウェアの追加ウィザードを実行する方法があります。

コード 3


このデバイス用のドライバは間違っているか、システムのメモリまたはほかのリソースが不足しています。(コード 3)

このデバイス用のドライバを更新するには、[ドライバの更新] をクリックしてください。コンピュータのメモリとシステムのリソースを調べるには、デスクトップの [マイ コンピュータ] のプロパティをポイントし、[パフォーマンス] タブをクリックしてください。


解決ボタン : ドライバの更新

その他の方法として、デバイス マネージャを使用してデバイスを削除してから、コントロール パネルの新しいハードウェアの追加ツールを実行する方法があります。

コード 4

このデバイスはドライバの 1 つが間違っているか、レジストリが間違っているため、正常に動作していません。(コード 4)

このデバイス用のドライバを更新するには、[ドライバの更新] をクリックしてください。それでも問題が解消しない場合は、Scanregw.exe を実行してレジストリを調べてください。(スタート メニューの [ファイル名を指定して実行] に scanregw.exe と入力してから、[OK] をクリックしてください。)


解決ボタン : ドライバの更新

このコードはこのデバイスの .inf ファイルが誤っているか、レジストリが破損している可能性があることを示しています。このエラー コードは、.inf ファイルでテキストであるはずのフィールドが、バイナリで指定されている場合に表示されます。

この推奨された解決方法に従うこと以外に、デバイス マネージャを使用して、デバイスを削除後、コントロール パネルのハードウェアの追加ツールを実行する方法があります。それでも問題が解決しない場合は、ハードウェアの製造元に連絡して、.inf ファイルの最新版を入手してください。


コード 5


このデバイス用のドライバは、Windows が取り扱えないリソースを要求しました。(コード 5)

この問題を修正するには、[ドライバの更新] をクリックしてこのデバイス用のドライバを更新してください。


解決ボタン : ドライバの更新

このコードはアービトレータが存在しないため、デバイスに問題が発生したことを示しています。デバイスがアービトレータの存在しないリソースの種類を要求した場合に、このエラー コードが表示されます。

この問題を解決するには、推奨された手順を実行してドライバを更新するか、または、デバイス マネージャを使用してデバイスを削除後、コントロール パネルの新しいハードウェアの追加 (またはハードウェアの追加) ツールを実行します。


コード 6

ほかのデバイスがこのデバイスに必要なリソースを使用しています。(コード 6)

この問題を解決するには、コンピュータを終了してから、このデバイスのリソースを変更してください。終了したら、デバイス マネージャを起動してこのデバイスのリソース設定を変更してください。


解決ボタン : トラブルシューティング

このコードはデバイスが他のデバイスと競合していることを示しています。

コード 7

このエラー コードでは、ドライバまたは列挙機能 (エニュメレータ) に固有のメッセージが表示されます。ドライバから、障害の理由に関する情報が提供されない場合、次のメッセージが表示されます。
このデバイス用のドライバは再インストールする必要があります。(コード 7)

再インストールするには、[ドライバの再インストール] をクリックしてください。

解決ボタン : ドライバの再インストール



このコードは、デバイスを構成できないことを示しています。

デバイスが正常に動作する場合は、コードの内容を解決するための手順を実行する必要はありません。デバイスが正常に動作しない場合は、デバイス マネージャを使用してデバイスを削除後、コントロール パネルの新しいハードウェアの追加 (またはハードウェアの追加) ツールを実行します。それでも問題が解決されず、デバイスが正常に動作しない場合は、ハードウェアの製造元に問い合わせて、最新版のドライバが入手可能かどうかを確認してください。


コード 8

このエラー コードに対しては数種類の異なるエラー メッセージが表示される可能性があります。このコードは、デバイスのデバイス ローダー (DevLoader) が見つからなかったことを示しています。たとえば、このデバイスの .inf ファイルが、存在しないファイルや無効なファイルを参照している場合があります。

このエラー コードが表示されるのは、以下のようなエラーの場合です。

  • システム DevLoader は Vmm32.vxd の一部であり、一般にアスタリスク (*) から始まります。DevLoader がシステム DevLoader である場合、次のメッセージが表示されます。
    このデバイス用のドライバに必要なファイル <name> を読み込めないため、このデバイスは正常に動作していません。 (コード 8)

    この問題を解決するには、Windows CD-ROM を使用して Windows セットアップを再度実行してください。
    <name> は見つからなかったシステム DevLoader です。

    解決ボタン : なし
  • DevLoader がシステム DevLoader でなく、DevLoader が検出されない (ファイルが存在しない) 場合、次のメッセージが表示されます。
    このデバイス用のドライバに必要なファイル <name> を読み込めないため、このデバイスは正常に動作していません。(コード 8)

    この問題を解決するには、[デバイスの再インストール] をクリックしてこのデバイスを再度インストールしてください。
    <name> は見つからなかった DevLoader です。

    解決ボタン : ドライバの再インストール
  • DevLoader がシステム DevLoader でなく、ディスク上で検出される (ファイルが存在する) 場合、次のメッセージが表示されます。
    このデバイス用のドライバに必要なファイル <name> が間違っているため、このデバイスは正常に動作していません。 (コード 8)

    この問題を解決するには、[ドライバの更新] をクリックしてこのデバイス用のドライバを更新してください。
    <name> は DevLoader の名前です。

    解決ボタン : ドライバの更新
  • DevLoader エントリが、検出されないデバイスのソフトウェア キーまたは空の文字列である場合、次のメッセージが表示されます。
    デバイス エラー : このデバイスのドライバを変更してください。それでも問題が解決しない場合は、ハードウェアの説明書を参照してください。(コード 8)
    解決ボタン : ドライバの更新
ほとんどの場合、解決方法はドライバを再インストールするか、更新することです。他の方法として、デバイス マネージャを使用してデバイスを削除後、コントロール パネルの新しいハードウェアの追加 (またはハードウェアの追加) ツールを実行する方法があります。それでも問題が解決しない場合は、ハードウェアの製造元に問い合わせて、最新版のドライバが入手可能かどうかを確認してください。

問題の DevLoader がシステム DevLoader である場合、このドライバは Vmm32.vxd ファイルに組み込まれているため、Windows を再インストールする必要があります。


コード 9

このエラー コードに対するテキストは、デバイスが BIOS/ACPI 列挙デバイスであるかどうかにより異なります。デバイスが BIOS/ACPI 列挙デバイスである場合、次のメッセージが表示されます。
BIOS がリソースを正しく報告していないため、このデバイスは正しく動作していません。(コード 9)

製造元に問い合わせて更新された BIOS を入手してください。

解決ボタン : なし

デバイスが BIOS または ACPI 列挙デバイスでない (アドイン アダプタまたはコンピュータのプラグイン デバイスなど) の場合、次のメッセージが表示されます。
BIOS がリソースを正しく報告していないため、このデバイスは正しく動作していません。(コード 9)

製造元に問い合わせてこのデバイス用の更新された BIOS を入手してください。

解決ボタン : なし

このコードはレジストリのこのデバイスについての情報が誤っていることを示しています。

このエラーは、デバイス マネージャを使用してデバイスを削除後、コントロール パネルのハードウェアの追加ツールを実行することにより解決できる可能性があります。この解決策を実行しても問題が解決されない場合は、ハードウェアの製造元に対して、適切なレジストリの設定や更新されたドライバの有無について問い合わせてください。


コード 10

デバイスのハードウェア キーに "FailReasonString" 値が指定されている場合、この文字列がエラー メッセージとして表示されます。ドライバまたはエニュメレータによって、このレジストリ値がハードウェア キーに設定されます。ハードウェア キーに "FailReasonString" が存在しない場合、以下の一般的なエラー メッセージが表示されます。
このデバイスは、存在しないか、正常に動作していないか、すべてのドライバがインストールされていません。(コード 10)

このデバイス用のデバイス ドライバをアップグレードしてください。

解決ボタン : ドライバの更新

このエラー コードを解決するには、デバイスがコンピュータに正しく接続されていることを確認します。たとえば、すべてのケーブルが完全に差し込まれ、すべてのアダプタ カードが正しく取り付けられていることを確認します。推奨された解決方法に従い、デバイス ドライバを更新します。デバイスを削除し、ハードウェアの追加ウィザードを使用して再検出させることも可能です。


コード 11

このデバイスを起動中に Windows が応答しなくなりました。今後このデバイスの起動を試みることはありません。(コード 11)

詳細は、Windows ヘルプの ASD を参照してください。

このデバイス用のデバイス ドライバをアップグレードしてください。


解決ボタン : ドライバの更新

このエラーを解決するには、システム情報ツールから、自動スキップ ドライバ ユーティリティを実行します。それでも問題が解決されない場合は、ハードウェアの製造元に問い合わせて、最新版のドライバを入手できるかどうかを確認してください。


コード 12

このデバイスは、次のデバイス用の <type> 空きリソースを見つけられません (コード 12)

このデバイスを使用するには、同じリソースを使用しているほかのデバイスを使用不可にする必要があります。[トラブルシューティング] をクリックし、ウィザードの指示に従ってください。


<type> はリソースの種類 (IRQ、DMA、Memory、I/O) です。

解決ボタン : トラブルシューティング

このコードはリソース アービトレータの 1 つで問題が発生したことを示しています。このエラーは、ソフトウェアで構成可能なデバイスが、現在リソースを使用できない場合 (システムのリソース不足の場合) に発生する可能性があります。たとえば、すべての割り込みが使用中であるか、デバイスが他のデバイスによって現在使用中のリソースを要求し、そのリソースが解放されない場合などです。

この問題を解決するには、ハードウェアに関するトラブルシューティングの手順を実行します。または、Windows 95 の場合、ヘルプの「ハードウェアの競合に関する問題」を参照するか、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。

文書番号 : 133240
タイトル : デバイスマネージャでデバイスの競合をトラブルシュートする方法



コード 13

このデバイスは、存在しないか、正常に動作していないか、すべてのドライバがインストールされていません。(コード 13)

このデバイスが存在しているかどうかを調べるには、[ハードウェアの検出] をクリックしてください。


解決ボタン : ハードウェアの検出

このコードはデバイス ドライバがハードウェアを見つけられなかったことを示しています。

このエラー コードを解決するには、推奨された解決方法に従います。他の方法として、デバイス マネージャを使用してデバイスを削除後、コントロール パネルの新しいハードウェアの追加 (またはハードウェアの追加) ツールを実行する方法があります。


コード 14

コンピュータを再起動するまでこのデバイスは正しく動作しません。(コード 14)

コンピュータを今すぐ再起動するには、[再起動] をクリックしてください。


解決ボタン : コンピュータの再起動

このエラー コードを解決するには、Windows をシャットダウンし、コンピュータをシャットダウンした後、コンピュータを再起動します。


コード 15

このデバイスが競合の原因になっています。(コード 15)

競合を解消するには、[ハードウェアのトラブルシュート] をクリックし、ウィザードの指示に従ってください。


解決ボタン : トラブルシューティング

このコードはデバイスのリソースが他のデバイスのリソースと競合していることを示しており、再列挙に原因がある可能性があります。

この問題を解決するには、ハードウェアに関するトラブルシューティングの手順を実行します。または、Windows 95 の場合、ヘルプの「ハードウェアの競合に関する問題」を参照するか、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。
文書番号 : 133240
タイトル : デバイスマネージャでデバイスの競合をトラブルシュートする方法



コード 16

このデバイスが使用しているリソースを完全には識別できませんでした。(コード 16)

このデバイス用に追加のリソースを指定するには、[リソース] シートで足りない設定を追加してください。使用する設定については、ハードウェアのマニュアルを参照してください。


解決ボタン : なし

このコードはデバイスが完全には検出されなかったことを示しています。デバイスが完全に検出されない場合、そのすべてのリソースが記録されないことがあります。

このエラー コードを解決するには、デバイス マネージャの [リソース] タブをクリックして、手動で設定値を入力します。


コード 17

ドライバ情報ファイル <name> は、親デバイスが持っていない、または認識しないリソースをこの子デバイスが使用するよう指示しています。(コード 17)

この問題を修正するには、[ドライバの更新] をクリックして、このデバイス用のドライバを更新してください。


<name> はデバイスの .inf ファイルです。

解決ボタン : ドライバの更新

このコードはハードウェアが多機能デバイスで、デバイスの .inf ファイルがデバイスのリソースを子デバイスに分割する方法に関して誤った情報を提供していることを示しています。

このエラー コードを解決するには、デバイス マネージャを使用してデバイスを削除後、コントロール パネルの新しいハードウェアの追加 (またはハードウェアの追加) ツールを実行します。それでも問題が解決されない場合は、ハードウェアの製造元に連絡して、.inf ファイルの最新版を入手してください。


コード 18

このデバイス用のドライバは再インストールする必要があります。(コード 18)

再インストールするには、[ドライバの再インストール] をクリックしてください。


解決ボタン : ドライバの再インストール

このコードはエラーが発生し、デバイスを再インストールする必要があることを示しています。

この問題を解決するには、推奨された解決方法に従います。それでも解決しない場合は、デバイス マネージャでデバイスを削除後、コントロール パネルの新しいハードウェアの追加ウィザードを実行します。



コード 19

レジストリが間違っている可能性があります。(コード 19)

レジストリを調べるには、[レジストリを調べる] をクリックしてください。レジストリが間違っている場合は、システムが再起動され、以前の正しいレジストリに戻ります。


解決ボタン : レジストリを調べる

このコードは、レジストリから不明な結果が返されたことを示しています。

この問題を解決するには、推奨された解決方法に従って Scanreg.exe を実行します。問題が解決しない場合は、コマンド プロンプトから scanreg /restore と入力します。それでもデバイスが動作しない場合、デバイス マネージャからデバイスを削除した後、コントロール パネルで新しいハードウェアの追加 (またはハードウェアの追加) ツールを使用してデバイスを再検出します。


コード 20

このデバイス用に読み込めないドライバがありました。(コード 20)

この問題を修正するには、[ドライバの更新] をクリックして、このデバイス用のドライバを更新してください。


解決ボタン : ドライバの更新

このコードは VxD Loader (Vxdldr) から不明な結果が返されたことを示しています。たとえば、デバイス ドライバとオペレーティング システムのバージョンが一致していない可能性があります。

この問題を解決するには、推奨された解決方法に従います。それで解決しない場合は、デバイス マネージャでデバイスを削除後、コントロール パネルの新しいハードウェアの追加ウィザードを実行します。


コード 21

Windows はこのデバイスを削除しています。(コード 21)

このダイアログ ボックスを閉じてから、数秒お待ちください。この問題が解消しない場合は、コンピュータを再起動してください。


解決ボタン : コンピュータの再起動

このコードは、デバイスにコンピュータを再起動することによって解決される可能性のある問題があることを示しています。

このエラー コードを解決するには、Windows をシャットダウンし、コンピュータの電源を切り、再度電源を入れます。


コード 22

このエラー コードに対して表示されるメッセージは、状況によって異なります。
  • このデバイスがデバイス マネージャを使用して無効にされている場合、次のメッセージが表示されます。
    このデバイスは使用できません。(コード 22)

    [デバイスを有効にする] をクリックして使用できるようにしてください。
    解決ボタン : デバイスを使用可能にする
  • デバイスが起動していない場合、次のメッセージが表示されます。
    このデバイスは起動していません。(コード 22)

    起動するには [デバイスの起動] をクリックしてください。

    解決ボタン : デバイスの起動
  • デバイスがドライバやプログラムにより無効にされている場合、次のテキストが表示されます。
    このデバイスは使用できません。(コード 22)

    このデバイスは Windows ドライバによって使用できないように設定されているため、使用できるように変更できません。
    解決ボタン : なし
このコードはデバイスが無効になっているか、起動していないことを示しています。

このエラー コードを解決するには、推奨された解決方法に従います。3 つ目の状況の場合、デバイス マネージャでデバイスを削除後、ハードウェアの追加ウィザードを使用して、再検出します。問題が解決されない場合、クリーン ブートによって、ソフトウェアの干渉を取り除きます。それでもデバイスが動作しない場合は、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。


コード 23

このエラー コードに対して表示されるメッセージは、状況によって異なります。
  • このデバイスがセカンダリ ディスプレイ アダプタで、プライマリ ディスプレイ アダプタが存在する場合、次のテキストが表示されます。
    このディスプレイ アダプタは正常に動作しています。(コード 23)

    問題は、メイン ディスプレイ アダプタにあります。メイン ディスプレイ アダプタのプロパティを表示するには、[プロパティ] をクリックしてください。
    解決ボタン : プロパティ
  • このデバイスがセカンダリ ディスプレイ アダプタで、プライマリ ディスプレイ アダプタが存在しない場合、次のテキストが表示されます。
    このディスプレイ アダプタは正常に動作しています。(コード 23)

    問題はメイン ディスプレイ アダプタにあります。メイン ディスプレイ アダプタを修復するとこのディスプレイ アダプタが正常に動作します。
    解決ボタン : なし
  • デバイスがディスプレイ アダプタでない場合、次のテキストが表示されます。
    このデバイスのローダーは、必要なドライバを読み込めません。(コード 23)

    デバイス ドライバを更新するには、[ドライバの更新] をクリックしてください。
    解決ボタン : ドライバの更新
このコードはデバイス ローダーがデバイスの起動を遅延させた後、デバイスの起動の準備が整ったときに、それを Windows に通知しなかった場合に発生します。

このエラー コードを解決するには、ディスプレイのプロパティでプライマリ ディスプレイ アダプタの設定を確認します。デバイス マネージャで、プライマリおよびセカンダリ ディスプレイ アダプタを削除後、再起動して、これらのデバイスを再列挙させます。ドライバが最新版で、正しくインストールされていることを確認してください。

ディスプレイ アダプタ以外のデバイスの場合、推奨された解決方法に従います。それでも解決しない場合は、デバイス マネージャでデバイスを削除後、ハードウェアの追加ウィザードを使用して、デバイスを再検出します。


コード 24

このエラー コードに対して表示されるメッセージは、デバイスの種類 (レガシまたはプラグ アンド プレイ) により異なります。
  • デバイスがレガシ (ルート検出) デバイスの場合、次のメッセージが表示されます。
    このデバイスは、存在しないか、正常に動作していないか、すべてのドライバがインストールされていません。(コード 24)

    このデバイスが存在しているかどうかを調べるには、[ハードウェアの検出] をクリックしてください。
    解決ボタン : ハードウェアの検出
  • デバイスがプラグ アンド プレイ デバイスの場合、次のメッセージが表示されます。
    このデバイスは、存在しないか、正常に動作していないか、すべてのドライバがインストールされていません。(コード 24)

    このデバイス用のデバイス ドライバをアップグレードしてください。
    解決ボタン : ドライバの更新
このコードは、デバイスが検出されなかった (たとえば、デバイスが存在しない、または正常に動作していない) ことを示しています。

このエラー コードを解決するには、推奨された解決方法に従います。それでもデバイスが動作しない場合は、デバイスがコンピュータに正しく接続されていることを確認します。たとえば、すべてのケーブルが正しく取り付けられ、アダプタ カードがスロットに正しく差し込まれていることを確認します。


コード 25

このデバイスを設定しています。(コード 25)

セットアップを完了するには、[再起動] をクリックしてコンピュータを再起動してください。


解決ボタン : コンピュータの再起動

この問題は一般に、Windows セットアップによりすべてのファイルがコピーされた後、最初または 2 回目の起動時にのみ発生します。そのため、このコードが確認された場合、インストールが不完全である可能性があります。

この問題を解決するには、推奨された解決方法に従います。再起動によって問題が解決されない場合は、Windows の再インストールが必要なことがあります。


コード 26

このデバイスを設定しています。(コード 26)

セットアップを完了するには、[再起動] をクリックしてコンピュータを再起動してください。


解決ボタン : コンピュータの再起動

このコードは、デバイスが読み込まれなかったことを示しています。デバイス ドライバに問題があるか、すべてのドライバがインストールされていない可能性があります。

このエラー コードを解決するには、推奨された解決方法に従います。それで解決しない場合には、デバイス マネージャを使用してデバイスを削除後、コントロール パネルの新しいハードウェアの追加 (またはハードウェアの追加) ツールを実行します。それでも問題が解決されない場合は、ハードウェアの製造元に問い合わせるか、マイクロソフト ソフトウェア ライブラリを参照して、最新版のドライバを入手できるかどうかを確認してください。


コード 27

Windows はこのデバイス用にリソースを指定できません。(コード 27)

[リソース] タブをクリックしてから、このデバイスが使用するリソースの設定をクリックしてください。このデバイスが使用しているリソースを表示するには、このデバイスのマニュアルを参照してください。


解決ボタン : なし

このコードはデバイスに使用可能なリソースに関して記述するレジストリ部分に、有効なエントリが含まれていないことを示しています。たとえば、デバイスが構成可能としてマークされているのに、.inf ファイルの構成情報が構成不可に設定されている場合があります。

このエラー コードを解決するには、デバイス マネージャを使用してデバイスを削除後、コントロール パネルの新しいハードウェアの追加 (またはハードウェアの追加) ツールを実行します。それでもデバイスが動作しない場合は、ハードウェアの製造元に問い合わせて、最新版のドライバやその他情報を入手できるかどうかを確認してください。


コード 28

このデバイスのドライバがインストールされていません (コード 28)

このデバイスのドライバを再インストールするには、[ドライバの再インストール] をクリックしてください。


解決ボタン : ドライバの再インストール

このコードはデバイスのインストールが不完全であったことを示しています。

この問題を解決するには、推奨された解決方法に従います。それでも解決しない場合は、デバイス マネージャでデバイスを削除後、ハードウェアの追加ウィザードを実行して、再検出させます。この段階でもエラーが解決されない場合、最新版のドライバの取得が必要なことがあります。


コード 29

このデバイスは、このデバイス用の BIOS がリソースを提供していないため使用できません。(コード 29)

使用できるように BIOS を変更する必要があります。詳細はハードウェアのドキュメントを参照するか、製造元に問い合わせて更新された BIOS を入手してください。


解決ボタン : なし

このコードはデバイスが正常に動作せず、Windows でも適切に動作するようにできないため、使用不可に設定されていることを示しています。このコードはデバイスが BIOS で手動で使用不可に設定されている場合にも発生する可能性があります。

コンピュータの CMOS 設定でデバイスの使用可能/使用不可の設定を切り替えることによって、このエラー コードを解決できる場合があります。Windows がこの設定を上書きすることはありません。コンピュータの CMOS 設定プログラムの使用方法については、コンピュータの製造元に問い合わせてください。


コード 30

このデバイスは、現在ほかのデバイスが使用中の割り込み要求 (IRQ) を使っているため、共有することはできません。この設定を変更するか、この競合の原因となっているリアルモードのドライバを削除してください。(コード 30)


解決ボタン : なし

このコードは IRQ を共有できないことを示しています。これは PCI/EISA SCSI コントローラが、Windows で変更できないリアルモード デバイス ドライバで使用されている IRQ を共有している場合に発生する可能性があります。

このエラー コードを解決するには、このデバイスと同じ IRQ を使用しているリアルモード ドライバを削除します。リアルモード ドライバは Config.sys または Autoexec.bat ファイルから読み込まれている可能性があります。


コード 31 (Windows 98 で新しく追加)

<device> が正常に動作していないためこのデバイスは正常に動作していません。(コード 31)

<device> のプロパティを表示して動作していない理由を調べるには、[プロパティ] をクリックしてください。


<device> はこのデバイスが正常に機能するために、修正する必要がある従属デバイスです。

解決ボタン : プロパティ

このコードは、デバイスが正常に機能するために別のデバイスに依存している場合に表示されます。親デバイスによって列挙されるデバイスは、これには含まれません。

[プロパティ] ボタンで、他のデバイスのプロパティが表示されます。他のデバイスでもこれらデバイス マネージャ エラーの 1 つが発生している可能性があります。推奨される解決方法をすべて実行します。それでもデバイスが動作しない場合は、デバイス マネージャでデバイスを削除後、ハードウェアの追加ウィザードを使用して、それらを再検出させます。この段階でも問題が解決しない場合は、ハードウェアの製造元に問い合わせて、最新版のドライバを入手できるかどうかを確認してください。


コード 32 (Windows 98 で新しく追加)

セットアップのファイルがあるドライブ、またはネットワークにアクセスできないため、このデバイス用のドライバをインストールできません。(コード 32)

この問題を修正するには、[再起動] をクリックしコンピュータを再起動してください。それでも解決しない場合は、すべてのセットアップ ファイルをローカル ハード ディスクにコピーし、そこからセットアップを実行してください。


解決ボタン : コンピュータの再起動

このコードはインストール ディスクまたは CD-ROM がドライバのインストールに使用できなかったことを示しています。たとえば、CD-ROM ドライブまたはネットワーク接続が使用できない場合です。このエラーは一般に、セットアップ時にすべてのファイルがコピーされた後、最初または 2 回目の再起動時に発生します。

この問題を解決するには、まず、推奨された手順を実行して再起動します。これで問題が解決しない場合、インストール ディスクまたは CD-ROM が使用できない理由を判断します。通常、これらのデバイスにもデバイス マネージャのエラー コードが表示されています (CD-ROM コントローラまたはネットワーク アダプタなど)。この問題を解決した後に、インストール ディスクまたは CD-ROM にアクセスできるようにします。



コード 33 (Windows 98 で新しく追加)

このエラーに対して表示されるメッセージは、ドライバまたはエニュメレータに固有です。ドライバから、動作しない理由に関する情報が提供されない場合、次のメッセージが表示されます。
このデバイスはドライバに対応していません。(コード 33)

詳しくは、ハードウェアの販売元に問い合わせてください。


解決ボタン : なし



このコードは一般にハードウェアに障害がある場合に表示されます。

エラー コードのトラブルシューティング方法

エラー コードのトラブルシューティング方法については、Windows ヘルプの「ハードウェアの競合に関するトラブルシューティング」を参照するか、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
133240 デバイスマネージャでデバイスの競合をトラブルシュートする方法
Windows ヘルプで「ハードウェアの競合に関するトラブルシューティング」を参照するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプ] をクリックします。次に、ハードウェアに関するトラブルシューティングと入力し、Enter キーを押します。ヘルプに表示される「ハードウェアの競合に関するトラブルシューティング」をダブルクリックします。Windows 2000 の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプ] をクリックします。次に、[検索] タブをクリックして、トラブルシューティングの一覧をクリックし、[ハードウェア] をクリックします。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 125174 (最終更新日 2004-12-16) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 125174 - 最終更新日: 2007年10月18日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbresolve kbenv kberrmsg kbhardware kbinfo KB125174
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com