文書番号: 126449 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は Windows で使用できるキーボード ショートカットを示します。

詳細

Windows システムのショートカット キー

  • F1: ヘルプ
  • Ctrl キーと ESC:開始開くメニュー
  • 開いているプログラムを切り替える ALT + タブ。
  • プログラムの終了 ALT + F4:
  • SHIFT + 削除: アイテムを完全に削除します。
  • Windows ロゴ + L (CTRL + ALT + DEL キーを使用) せず、コンピューターをロックします。

Windows のプログラムのショートカット キー

  • CTRL + C: コピー
  • CTRL キーを押しながら X キー: カット
  • CTRL + V: 貼り付け
  • CTRL + Z: を元に戻す
  • CTRL キーを押しながら B キー: 太字
  • CTRL キーを押しながら U キーを押す: 下線
  • CTRL + I: 斜体

シェル オブジェクトのマウス クリックやキーボード修飾子の組み合わせ

  • SHIFT + 右クリック: 代替コマンドを含むショートカット メニューが表示されます。
  • SHIFT + ダブルクリック: 代替のデフォルトのコマンド (メニューの 2 番目の項目) を実行します。
  • ALT + ダブルクリック: プロパティを表示します。
  • SHIFT + 削除: アイテムを削除、すぐにごみ箱に移動せず

標準のキーボード専用コマンド

  • F1: 開始 Windows ヘルプ
  • F10 キー: メニュー バー オプションをアクティブに
  • SHIFT キーを押しながら F10 キー (これは、オブジェクトを右クリックして、選択したアイテムのショートカット メニューを開きます
  • Ctrl キーと ESC: [スタート] メニューを開きます (アイテムを選択するには、矢印キーを使用)
  • Ctrl キーと ESC または ESC: [スタート] ボタン (タブを選択、タスク バーまたはコンテキスト メニューの SHIFT キーを押しながら F10 キーを押してキーを押します) を選択します。
  • CTRL + SHIFT + ESC: Windows タスク マネージャーを開く
  • Alt キー + ↓: ドロップ ダウン リスト ボックスを表示します。
  • (キーを押し、ALT キーと TAB キーをタスク切り替えウィンドウを表示するキーを押します) に別の実行中のプログラムを alt キーを押しながら TAB: スイッチ
  • シフト: キーを押すし、自動実行機能をバイパスする CD-ROM を挿入しているときに、SHIFT キーを押し
  • Alt キーを押しながら SPACE: メイン ウィンドウのシステムメニューを表示する (から、 システム メニューで、復元、移動のサイズを変更、最小化、最大化、したり、ウィンドウを閉じます)
  • ALT +-(ALT + ハイフン): マルチ ドキュメント インターフェイス (MDI) 子ウィンドウが表示されます。 システム メニュー (MDI 子ウィンドウのシステムメニューから、復元、移動、サイズ変更を最小限に抑える、最大化、したり、子ウィンドウを閉じる)
  • CTRL + タブ: 複数ドキュメント インターフェイス (MDI) プログラムの次の子ウィンドウを切り替える
  • ALT +メニュー内の下線付きの文字: メニューが開きます。
  • Alt キーを押しながら F4: 現在のウィンドウを閉じます
  • CTRL + F4: は、現在のマルチ ドキュメント インターフェイス (MDI) ウィンドウを閉じます
  • ALT キーを押しながら F6 キーを押し: 同じプログラムで複数のウィンドウを切り替える (たとえば、メモ帳 検索 ダイアログ ボックスが表示されたら、ALT キーを押しながら F6 キーを押し、[検索] ダイアログ ボックスとメモ帳のメイン ウィンドウを切り替えます)

シェル オブジェクトおよび一般的なフォルダー Windows エクスプ ローラーのショートカット

選択したオブジェクト。
  • F2: 変更オブジェクト
  • F3: すべてのファイルを検索します。
  • CTRL キーを押しながら X キー: カット
  • CTRL + C: コピー
  • CTRL + V: 貼り付け
  • Shift キーを押しながら DEL: 選択範囲を削除、すぐにごみ箱にアイテムを移動することがなく
  • Alt キーを押しながら ENTER: 選択したオブジェクトのプロパティを開きます

ファイルをコピーするには

キーを押し、CTRL キーを押しながら、anotherfolder にファイルをドラッグします。

ショートカットを作成するには

Ora のデスクトップ フォルダーにファイルをドラッグするときに、ctrl キーと shift キーを押しキーを押します.

一般的なフォルダー/ショートカット コントロール

  • F4:移動する別のフォルダーにボックスを選択して (ツールバーが Windows エクスプ ローラーでアクティブな) 場合は、ボックス内のエントリの下に移動
  • F5 キー: 現在のウィンドウを更新します。
  • Windows エクスプ ローラーでウィンドウの F6: 移動
  • CTRL + G: 開く、フォルダーを移動するツール (Windows 95 エクスプ ローラーのみ)
  • 最後のコマンドを元に戻す CTRL + Z:
  • Ctrl キーを押しながら A: 現在のウィンドウ内のすべてのアイテムを選択します。
  • 親フォルダーに移動するバック スペースします。
  • Shift キー + クリック +閉じる ボタン: フォルダーの現在のフォルダーとすべての親フォルダーを閉じる

Windows エクスプ ローラーのツリー コントロール

  • テンキー *: 現在の選択範囲の下のすべてを展開
  • テンキー +: 現在の選択範囲を拡張します。
  • テンキー-: 現在の選択範囲を解除します。
  • 右矢印: 最初の子を移動する場合は、展開されていない場合は、現在の選択範囲を展開します。
  • 左矢印: 折りたたまれます現在の選択範囲が展開されている場合は、それ以外の場合は、親に

コントロールのプロパティ

  • CTRL キーを押しながら TAB キーと CTRL + シフト + タブ: のプロパティのタブに移動

ユーザー補助ショートカット キー

  • Shift キーを 5 回押す: 固定キー機能のオンとオフを切り替えます
  • 押し、右 SHIFT キーを 8 秒間: フィルター キー機能のオンとオフを切り替えます
  • 押し、NUMLOCK キーを 5 秒間: 切り替えキー機能のオンとオフを切り替えます
  • 左 ALT + 左 SHIFT + テンキー ロック: マウス キー機能のオンとオフを切り替えます
  • 左 ALT + 左 shift キー + PRINT SCREEN: ハイコントラスト上とオフを切り替える

Microsoft ナチュラル キーボードのキー

  • Windows ロゴの場合: [スタート] メニュー
  • Windows ロゴ + R:実行] ダイアログ ボックス
  • Windows ロゴ + M: がすべて最小化します。
  • Shift キー + Windows ロゴ + M: 元に戻す操作をすべて最小化します。
  • Windows ロゴ + F1: ヘルプ
  • Windows エクスプ ローラーの Windows ロゴ + E:
  • Windows ロゴ + F: ファイルまたはフォルダーを検索します。
  • Windows ロゴ + D: すべての開いているウィンドウを最小化してデスクトップを表示
  • Ctrl キー + Windows ロゴ + F: コンピューターを検索します。
  • Ctrl キー + Windows ロゴ + タブ: システム トレイ (使用クイック起動ツールバーとシステム トレイ上の項目にフォーカスを移動するには、右方向キーまたは左方向) に、クイック起動ツールバーにスタートからフォーカスを移動します。
  • タスク バーのボタンを使って、Windows ロゴ + タブ: サイクル
  • Windows ロゴ + Break の[システムのプロパティ] ダイアログ ボックス
  • アプリケーションのキー: 選択したアイテムのショートカット メニューが表示されます。

IntelliType ソフトウェアがインストールされていると、Microsoft ナチュラル キーボード

  • Windows からログオフ Windows ロゴ + L
  • Windows ロゴ + P: 開始のプリント マネージャー
  • Windows ロゴ + C: コントロール パネルを開きます
  • Windows ロゴ + V: 開始のクリップボード
  • Windows ロゴ + K:キーボードのプロパティ] ダイアログ ボックスを開きます
  • Windows ロゴ + I: 開く[マウスのプロパティ] ダイアログ ボックス
  • Windows ロゴ + A: 起動ユーザー補助のオプション (インストールされている) 場合
  • Windows ロゴ + スペースバー: Microsoft IntelliType ショートカット キーの一覧を表示します。
  • Windows ロゴ + S を切り替えます CAPS LOCK キー オンとオフ

ダイアログ ボックスのキーボード コマンド

  • ダイアログ ボックスで次のコントロールに移動するタブ。
  • シフト + タブ:] ダイアログ ボックスで、前のコントロールに移動します。
  • Space キー: 現在のコントロールがボタンの場合はこのボタンをクリックします。現在のコントロールがチェック ボックスの場合は、チェック ボックスを切り替えます。場合は、現在のコントロールがオプションでこのオプションを選択します。
  • 入力: 選択ボタン (、枠のボタン) をクリックすると同じ
  • ESC: [キャンセル] ボタンのクリックと同じ
  • ALT +ダイアログ ボックスの項目の下線付きの文字: 対応する項目に移動します。

プロパティ

文書番号: 126449 - 最終更新日: 2014年3月3日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 95
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Ultimate
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Starter Edition
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate
キーワード:?
kbpubtypekc kbenablemove kbenablesight kbenv kbfaq kbinfo kbmt KB126449 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:126449
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com