完全、増分、および差分バックアップの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 136621 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、フル、増分、および差分バックアップについて説明します。Windows 95 のバックアップ ツールは、完全バックアップと増分バックアップをサポートしています。差分バックアップはサポートされていません。

バックアップは、バックアップのファイル セットを使用してドライブのバックアップを管理するため、フォルダーまたはファイルします。増分バックアップと差分バックアップの基にします。最初のフル ・ バックアップのドライブ、フォルダー、またはファイルが問題の。

詳細

Windows 3.1 ベースの多くのバックアップ プログラム アーカイブ ビットを使用して、ファイルをマークします。バックアップされています。バックアップは、何らかの方法で、アーカイブ ビットを使用しません。かどうかをファイルにバックアップするかについての決定は、増分バックアップに基づきますファイル名をその最終日とすべての格納されて最後の増分バックアップの日付、ファイルのセットです。

完全なバックアップ (バックアップを参照)

[バックアップの種類] をフル、すべてのファイルとフォルダーに設定するとそのファイル セットを使用するたびに、ドライブにバックアップされます。設定するのにはバックアップの種類を設定] メニューの [オプション] をクリックし、[バックアップ] をクリックしてタブします。

使用例:
  1. バックアップで、ドライブ、ファイル、またはフォルダーをバックアップする] をクリックし、次のステップ] をクリックします。
  2. リンク先 (ファイルのバックアップ先) をクリックします。
  3. [設定] メニューの [オプション] をクリックしてください、[バックアップ] タブ [をクリックしてください"フル: 選択したすべてのファイルのバックアップ」をクリックし、[OK] をクリックします。
  4. [ファイル] メニューの [別名で保存] をクリックし、バックアップ セットの名前します。一度保存すると、[バックアップの開始] をクリックします。
  5. 選択したドライブ、ファイル、またはフォルダーのバックアップの名前を指定します。ラベルのダイアログ ボックスを設定し、[OK] をクリックします。
利点:
  • 選択したドライブとフォルダーのすべてのファイルのバックアップに 1 つバックアップ セット。
  • ファイルを復元する必要がある場合は、それらを復元は容易です。1 つのバックアップ セット。
短所:
  • フル ・ バックアップ時間が他のバックアップ オプションよりもかかります。
  • フル ・ バックアップでは、複数のディスク、テープ、またはネットワーク ドライブの空き領域が必要です。

増分バックアップ

ファイルや変更されたファイルのバックアップ、増分バックアップを提供します。最後の増分バックアップ以降に新しい。プロセスを開始するのには、ファイルを設定差分オプションを選択したバックアップを実行する使用されます。することができます。[設定] メニューの [オプション] をクリックして、[バックアップの種類を選択し、[バックアップ] タブをクリックします。

最初の差分バックアップの場合は、ファイル セット内のすべてのファイル バックアップします。だけは、完全バックアップのように。実行するように設定して、同じファイルを使用する場合は、増分バックアップ以降に変更されたファイルのみバックアップされます。3 番目のバックアップの設定が同じファイルを使用すると、ファイルだけはあります。2 番目のバックアップがバックアップしてからというように変更します。

バックアップでは、ファイルやフォルダーをバックアップ対象を選択できます。場合は、すべてのファイルとフォルダー内のフォルダーは、フォルダーを選択します。選択します。フォルダーを選択した場合は、増分バックアップでは、するファイルを選択そのフォルダーに追加される時に、次のバックアップが含まれています。選択した場合特定のファイルをフォルダーに追加するファイル中に対象になりません次のバックアップします。

使用例:
Monday - Perform the first incremental backup of selected files and/or
         folders using a file set with the Incremental option enabled.

Tuesday - Perform another backup with the backup file set you created
          Monday. Only files that have changed since Monday's backup are
          backed up.

Wednesday - Perform another backup with the backup file set you created
            Monday. Only files that have changed since Tuesday's
            incremental backup are backed up.
				
次回のバックアップでは、すべてのファイルをバックアップするように設定ファイルをリセットするのにはしていません。新規または変更されたファイルだけ次の手順を実行します。
  1. [ファイル] メニューの [ファイル セットを開くをクリックします。使用するファイル セットをクリックしてください。使用して、[開く] をクリックします。次のステップ] をクリックします。
  2. リンク先 (ファイルのバックアップ先) をクリックします。
  3. [設定] メニューの [オプション] をクリックしてください、[バックアップ] タブ [をクリックしてください"フル: 選択したすべてのファイルのバックアップ」をクリックし、[OK] をクリックします。
  4. バックアップ セットを保存するのには、[ファイル] メニューの保存クリックします。
  5. 手順 1 と手順 2 を繰り返します。
  6. [設定] メニューの [オプション] をクリックしてください、[バックアップ] タブ [をクリックしてください"増分: バックアップ以降変更されたファイルを選択したは最後のフル バックアップ、"し、[OK] をクリックします。
利点:
  • バックアップ時間は、フル ・ バックアップよりも高速です。
  • 増分バックアップでは、少ないディスク、テープ、またはネットワーク ドライブの空き領域が必要です。
  • 別のバックアップを同じファイルの複数のバージョンを保持することができます。設定します。
短所:
  • すべてのファイルを復元するのには、すべての増分が必要使用できるバックアップします。
  • 検索する必要があります。 ので、特定のファイルを復元に時間がかかることがあります。最新バージョンのファイルを検索する 1 つ以上のバックアップ セット。

差分のバックアップ (バックアップではサポートされていません)

差分バックアップ以降に変更されたファイルのバックアップを提供します。フル ・ バックアップが実行されました。差分バックアップは、通常のみが保存されますが最後の完全バックアップですがこの箱から別または新規ファイル他のバックアップ プログラムで異なります。一緒に、完全バックアップとは変更する、コンピューター上のすべてのファイルを含む差分バックアップと変更されません。

使用例:
Monday - Perform a full backup and save the file set.

Tuesday - Perform a differential backup using the same file set. All files
          that have changed since the full backup are backed up in the
          differential backup.

Wednesday - Perform a differential backup using the same file set. All the
            files that have changed since Monday's full backup are backed
            up.
				
利点:
  • 差分バックアップも少ないディスク、テープ、またはネットワーク ドライブを必要とします。増分バックアップよりもスペース。
  • バックアップ時間は、完全または増分バックアップよりも高速です。
短所:
  • 可能性があります。 のですべてのファイルを復元するかなり時間がかかることがあります。両方最新差分または完全バックアップを復元する必要があります。
  • 検索する必要があるため、個々 のファイルを復元するかかることがあります。ファイルは差分バックアップまたは完全バックアップをします。

プロパティ

文書番号: 136621 - 最終更新日: 2013年2月3日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbmt KB136621 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:136621
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com