文書番号: 174360 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP174360

お使いのブラウザは Internet Explorer 9 です。Internet Explorer 8 しますInternet Explorer 7 しますInternet Explorer 6 しますInternet Explorer 5 します

Notice
この資料は、ホーム ユーザー向けに作成されています。この情報に違和感がある場合は、誰かに手助けを依頼するか、サポートにお問い合わせください。サポートへの問い合わせ方法の詳細については、下記のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

記事でのセキュリティ ゾーンの種類について説明しますMicrosoft Internet Explorer、およびさまざまなレベルのセキュリティを構成する方法参照してください Web サイトを。

詳細

Internet Explorer のにはあらかじめ定義された 5 つのゾーンが含まれています: インターネットローカルのイントラネット サイト、制限付きサイト、およびコンピューターを信頼されました。

はローカル上のファイルが、マイ コンピューター ゾーンを構成することができます。コンピューター) だけから、Microsoft Internet Explorer 管理者キット (IEAK)。これらの設定は、ブラウザーのインターフェイスでは利用できません。管理者組織がある限り、このゾーンの既定設定を使用する必要があります、特定の要件。セキュリティ上のリスクを緩和したセキュリティ設定が発生します。機能強化されたセキュリティ設定が低下することができます。

することができます。ゾーンごとにして、追加または削除、セキュリティ オプションを設定します。Web サイト内での信頼レベルによって、ゾーンから web サイトを。

セキュリティ ゾーンの種類

インターネット ゾーン

このゾーンには自分のコンピューター上または Web サイトが含まれています。ローカル、イントラネット、または既に別のゾーンには割り当てられていません。を既定のセキュリティ レベルを [中] です。

ローカル イントラネット ゾーン

既定では、ローカル イントラネット ゾーンにはすべてのネットワークが含まれています汎用名前付け規則 (UNC) を使用して確立された接続パスは、Web サイトがプロキシ サーバーを使用しない、または使用できない名前があります。そうでない場合に限り、期間 (http://local など) を含める信頼済みサイトまたは制限付きサイトのゾーンに割り当てられています。既定値[中] (Internet Explorer のローカル イントラネット ゾーンのセキュリティ レベルが設定されています。4) または中低] (Internet Explorer 5 および 6)。注意してください、ローカルのアクセスするときエリア ネットワーク (LAN) またはイントラネット共有、またはイントラネット Web サイトを使用して、インターネット プロトコル (IP) アドレスまたは完全修飾ドメイン名を使用して(FQDN) をその共有または Web サイトがインターネット ゾーンにあると識別ではなく、ローカルのイントラネット ゾーンにします。 詳細についてはこの問題については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
303650FQDN または IP アドレスを使用すると、イントラネット サイトがインターネット サイトとして識別されます。

信頼済みサイト ゾーン

このゾーンには安全性 (Web など信頼する Web サイトが含まれています。サイトは、組織のイントラネットにあることから来る確立ユーザーに、信頼のある企業)。信頼された Web サイトを追加すると、ダウンロードそのファイル、または Web から実行することと判断サイト ゾーンサイトには、コンピューターやデータは破損しません。既定では、Web サイトがありません。信頼済みサイト ゾーンに割り当てられているし、セキュリティ レベルを設定するのには不足しています。

制限付きサイト ゾーン

このゾーンには信頼していない Web サイトが含まれます。追加すると、Web サイトを制限付きサイト ゾーンはと判断するに、ファイルを選択ダウンロードや、Web サイトから実行、コンピューターやデータに損害を与える可能性があります。で既定値は、Web サイトを制限付きサイト ゾーンに割り当てられている、また、セキュリティ レベルを高に設定されています。

制限付きサイト ゾーン自分のコンピューター上またはローカル イントラネット上の Web サイトが含まれていますか別のゾーンには、まだ割り当てられていません。既定のセキュリティ レベルです。メディア。

メモ セキュリティ設定が適用されるコンピューター上のファイルにのみ、[インターネット一時ファイル フォルダーにあります。これらの設定のセキュリティを使用します。ファイルを実行した Web サイトのレベル。その他のすべてのファイルと見なされます安全でください。

セキュリティ ゾーンを構成する方法

ゾーンの既定のセキュリティ レベルを変更するのには、カスタマイズします。セキュリティ オプションのゾーン、または Web サイトを特定のゾーンに割り当てます。実行するのにはこれは、いずれか、以下の手順を実行します。

ゾーンの既定のセキュリティ レベルを変更する方法

各セキュリティ ゾーンで Internet Explorer 4.x を選択することができます高、中、低、またはカスタム セキュリティ レベルの設定します。Internet Explorer 5 でことができますを選択 6、高、中、中低、低]、または [レベルのカスタマイズセキュリティの設定です。

ゾーンの既定のセキュリティ レベルを変更するには :
  1. Internet Explorer 4.x では、[表示] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。Internet Explorer 5 および 6 では、 [ツール] メニューの[インターネット オプション] をクリックします。
  2. でInternet Explorer 4.x の[セキュリティ] タブでセキュリティ レベルを変更するゾーンをクリックしますゾーンボックスでします。

    でInternet Explorer 5 および 6、上が セキュリティ タブで、ゾーンをクリックしますWeb サイトを関連付ける Web コンテンツのゾーンを選択します。セキュリティの設定を指定するのには.
  3. このゾーンを使用するセキュリティ レベルをクリックして、[ OK] をクリックします。

ゾーンのセキュリティ設定をカスタマイズする方法

上級ユーザーや管理者の詳細、カスタム オプションを提供します。すべてのセキュリティ オプションを制御します。例では、署名されていない ActiveX のダウンロードコントロールのオプション ([中] の [ローカル イントラネット] ゾーンに既定で無効になっています。セキュリティをローカル イントラネット ゾーンの既定の設定です)。ここでは、Internet Explorer の ActiveX コントロールは、組織の実行可能性があります。イントラネットほとんどの組織に ActiveX 署名しないために制御はのみです内部的に使用します。Internet Explorer で未署名の ActiveX コントロールを実行するのには、組織のイントラネットでプロンプトまたはを有効にするのには、ローカル イントラネット ゾーンに未署名の ActiveX コントロールのダウンロード] オプションのセキュリティ レベルを変更します。次のセキュリティ設定[カスタム] 設定を使用してオプション:
  • ファイル、ActiveX コントロール、およびスクリプトへのアクセス
  • Java プログラムに与えられる機能レベル
  • 場合は、Secure Sockets Layer (SSL) でサイトを識別する必要があります。認証
  • Windows NT チャレンジ/レスポンスを使用して、パスワードによる保護(NTLM)。サーバーにはゾーンによっては、Internet Explorer の送信することができます、パスワード、ユーザー名とパスワードの入力を求めるかは拒否ログオンの要求
ゾーンのセキュリティ オプションをカスタマイズする方法
  1. Internet Explorer 4.x では、[表示] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。

    Internet Explorer 5 および 6 では、 [ツール] メニューの[インターネット オプション] をクリックします。
  2. でInternet Explorer 4.x の[セキュリティ] タブで、[ゾーン] ボックスの一覧で対象のゾーンをクリックします。

    でInternet Explorer 5 および 6、上が セキュリティ タブで、ゾーンをクリックしますWeb サイトを関連付ける Web コンテンツのゾーンを選択します。セキュリティの設定を指定するのには.
  3. カスタム (エキスパート ユーザー向け)] をクリックし、[設定] をクリックします。

    Internet Explorer 5 および 6 では、 [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
  4. [カスタム設定のリセット] をリセットするのには、ゾーン全体のセキュリティ レベル] をクリックし、[リセット] をクリックします。
  5. セクションで、セキュリティをカスタマイズします。設定、 [OK] をクリックし、[ OK ] をクリックするオプションをクリックします。
特定のセキュリティ ゾーンに Web サイトを割り当てる方法
  1. Internet Explorer 4.x では、[表示] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。

    Internet Explorer 5 および 6 では、 [ツール] メニューの[インターネット オプション] をクリックします。
  2. でInternet Explorer 4.x の[セキュリティ] タブで、Web サイトに割り当てるゾーンをクリックします。ゾーンボックスをオンにし、[サイトの追加] をクリックします。

    でInternet Explorer 5 および 6、上が セキュリティ タブで、ゾーンをクリックしますWeb サイトを関連付ける Web コンテンツのゾーンを選択します。セキュリティの設定を指定するのにはプロパティサイト.

    Web を追加した場合サイトをローカル イントラネット ゾーンに Web サイトの種類を選択することができますは、ゾーンに含めるし、特定のサイトを追加するのには、 [詳細設定] をクリックします。次の規則が、ローカルに適用します。イントラネット ゾーンのオプションです。いずれかのゾーンにサイトを追加する優先順位が高いことに注意してください。次のルールに。
    • 示されていないローカル (イントラネット) のサイトをすべて含める他のゾーン: イントラネット サイト (ピリオドを含まない名を持ってたとえば、http://local)。サイトの名前が http://www.microsoft.com などありません。ローカルのピリオドが含まれるため。このサイトはインターネット ゾーンに割り当てられます。イントラネット サイト名の規則は、「file:」および「http:」、どちらのアドレスにも適用されます。注意してください。インターネットのトップレベル ドメイン名を使用してアクセスできることはないです。ピリオドを使用します。ジェネリック (.com、.org、.net、.edu などにアクセスすることができる場合.gov、.mil、または関連) またはドメイン (.us、トップレベル、.uk、およびように) オフにローカル イントラネットのセキュリティ設定を使用してこれらのサイトを禁止します。トップレベル ドメインの詳細については、以下を参照してください。割り当て名のインターネット企業および番号 (ICANN) の Web サイト:
      http://www.icann.org/tlds
    • プロキシ サーバーを使用しないサイトをすべて含める: 一般的なイントラネットの構成とインターネットへのアクセスにプロキシ サーバーを使用します。イントラネット サーバーに直接接続します。この設定を使用します。イントラネット コンテンツとインターネット コンテンツを区別するためには、構成情報ゾーンです。プロキシ サーバーの構成が異なる場合は、これをオフにオプションを選択し、その他のオプションを使用して、ローカルに割り当てられているファイルを指定するのにはイントラネット ゾーンです。プロキシ サーバーがないコンピューターでは、この設定は効果はありません。
    • すべてのネットワーク パス (Unc) を含める: ネットワーク パスにたとえば、\\local\file.txt) 通常はローカル ネットワークで使用されるコンテンツローカル イントラネット ゾーンに含まれてする必要があります。ネットワーク パスがある場合は、必要がありますいないはローカル イントラネット ゾーンにある、このオプションをオフにおよびその他の使用ローカル イントラネット ゾーンに割り当てるファイルを指定するオプションです。をたとえば、ある共通インターネット ファイル システム (CIFS) の構成で、インターネットのコンテンツ ネットワーク パスを参照できます。
  3. Web アドレスを入力します。 この Web サイトに追加します。ゾーン ボックスをオンにし、[追加] をクリックします。
  4. [OK] をクリックし、[ OK ] をクリックします。
サイトをローカル イントラネット ゾーンや信頼済みサイトに追加するとゾーンを選択するをクリックするとサーバーの認証を使用すること必要とすることができます。を サーバーの確認 (https:) のすべてのサイトでゾーン チェック ボックスします。

メモ Web サイトをインターネット ゾーンに割り当てることはできません。インターネットゾーンが自分のコンピューター上またはローカルのすべての Web サイトが含まれています。イントラネット ゾーン、または、まだ他に割り当てられていません。ゾーンです。

詳細についてはされていない問題を解決する方法前の手順で解決には、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
319585Windows Update の Web サイトを参照するくださいと、「ソフトウェア更新不完全です」エラー メッセージ
マイクロソフトを見つけるために、サード ・ パーティ製の連絡先情報を提供していますテクニカル サポート。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先の正確さを保証しません情報です。

関連情報

セキュリティ ゾーンを設定する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windows/ie/ie6/using/howto/security/setup.mspx
Internet Explorer のセキュリティ設定を変更する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://windows.microsoft.com/en-us/windows-vista/Change-Internet-Explorer-Security-settings

プロパティ

文書番号: 174360 - 最終更新日: 2013年4月21日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
    • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
    • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
    • Microsoft Windows 2000 Professional
    • Microsoft Windows 2000 Server
    • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
    • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbresolve kbproductlink kbenv kbhowto kbmt KB174360 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:174360
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com