SQL Server 2008 Service Pack 2 で修正されるバグの一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2285068 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料は、Microsoft SQL Server 2008年サービス パック 2 (SP2) で修正されるバグの一覧です。

注:
  • 記載されていないその他の修正プログラムが、サービス パックに含まれる場合があります。
  • その他の資料がリリースされた場合、このリストは更新されます。
SQL Server 2008 service pack の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
968382 SQL Server 2008 の最新の service pack の入手方法

詳細

この資料に記載されている修正に加え、SQL Server 2008 の SP2 には累積的な更新 8 での累積的な更新 1 で SQL サーバー 2008年サービス パック 1 (SP1) が含まれている修正プログラムが含まれています。SQL Server 2008 SP1 で使用可能な累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
970365 [SQL Server 2008 SQL Server 2008 SP1 のリリース後にリリースされたビルドします。

この service pack で修正されるバグ

SQL Server 2008 SP2 で修正されるバグの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号サポート技術情報資料番号説明
2496822216454FIX SQL Server 2008 は、サーバー上のパーティションを変更する後、ProcessAdd コマンドを実行すると、エラー メッセージを実行している:"内部エラー: 予期しない例外が発生しました」
2567362322209FIX: SQL Server 2008 において、共通テーブル式を持つ SELECT ステートメントをかっこで囲むと、誤った結果が取得される
2580762216456FIX メッセージ テキストに Analysis Services を SQL Server 2008 Service Pack 2 の機能強化「操作がキャンセルされました」エラーに
2705612216460SQL Server 2008 では、プロジェクトを開こうとするとエラー メッセージ:「見つかったアセンブリのマニフェスト定義がアセンブリ参照と一致しません」
2742802216461SQL Server 2008 のセットアップが失敗した、Windows Server 2008 ベースのクラスター マウント ポイントをインストールするのには
284360955850SQL Server システム CLR 型のパッケージ (SQLSysClrTypes.msi) のバイナリを使用すると、エラー メッセージ:「DLL 'SqlServerSpatial.dll' をロードできません: このアプリケーションは、アプリケーションの構成が正しくないためにの開始に失敗しました」
3016032216465/PCUSOURCE または/CUSOURCE のパスにスペースがある場合は、スリップ ストリーム インストールを SQL Server 2008 の障害が発生しました。
3178002216472SQL Server 2008 または SQL Server 2005 の分析サービスの ROLAP クエリが誤った結果を返します
3400662216474FIX、UPDATE ステートメントを使用して、SQL Server 2008 で、時間、datetime2、および datetimeoffset 型を使用して、SET 句を使用すると、一部データが失われる発生可能性があります。
3477312216478Get コマンドは、PowerShell の version 2 環境には、サーバー上では、実行時のエラー メッセージが SQL Server 2008 を実行中:「オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません」
3512862216480FIX SQL Server 2008 を実行しているサーバーで、レポートは Excel にエクスポートされるとき余白レポートでは保持されず、Excel でレポートをプレビュー
3519812216484FIX SQL Server 2008 を実行しているサーバーに excel はレポート マネージャーでレポートをエクスポートするとエラー メッセージ:「ハンドルされないマネージ例外: 型 System.ArgumentOutOfRangeException ="
3574162216485FIX SQL Server 2008 サーバーにリソース モニター、解放されていない状態に入る
3901262216491SQL ダンパ ユーティリティ エラー ダンプのファイルを SQL Server 2008 フェールオーバー クラスターでは、詳細設定/エンタープライズ フェールオーバー クラスター インストールを生成できません。
396527980671SQL Server sa ログイン ハッシュで暗号 salt variation の不足を修正する
4024532019402SQL Server 2008 のフェールオーバー クラスターにノードを追加するときのアカウント名とセキュリティ Id 間のマッピングは実行されませんでした」エラー
4267532216499SQL Server 2008 データベース インスタンスは、SQL Server ユーティリティに登録することはできません。
4267532253128SQL Server 2008 データベース インスタンスへのデータ層アプリケーションを配置することはできません。
4277032216501FIX のマルチ サーバー ジョブは、SQL Server 2000 に MSX、TSX の役割は、SQL Server 2008 にダウンロードしません。
5246422283072FIX 修正プログラム有効に FIPS コンプライアンス用の Reporting Services キーを SQL Server 2008 R2 のレポートは、2048年ビット RSA を使用してサービスの主要な利用します。
3705402448971修正: SQL Server 2008 でテーブルに多数の行を挿入するとテーブルのロックがエスカレーションされますないです。

この service pack で修正されるその他の問題

次の問題に解決策は SQL Server 2008 SP2 でも含まれています。
元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号説明
270934日本語長符号に従います字母シーケンスで文字列を使用すると DBCC の破損時に SQL Server 2008 照合エラーします。
271554修正: syscolpars のシステム ベース テーブルに重複する行が表示。この修正プログラムを DBCC checkcatalog をプロシージャ番号を追加することで区別します。
271708クエリ フィルターがある場合、フィルターは無視されます、sys.dm_server_audit_status ビュー内の列を参照するに、sys.dm_server_audit_status からすべての行が返されます。
280004非同期バケット ターゲットに不適切な値または文字列のペアを dm_xe_map_values で利用可能な情報と比較してマップするフィールドが表示されます。
284760FIX 不一致ビューはさまざまな数のインデックスが複数のビューを含めることができます。この修正プログラムの機能に一致して一致するインデックスの数に基づいて比較するのには、決められた順序ビューを強制的します。
285377UAC が有効になっている場合は、レポート マネージャーをローカルで参照するときのユーザーは、「アクセス拒否」のエラー メッセージが表示されます。UAC を言及するのには、更新された「アクセス拒否」メッセージを追加することによりユーザーの設定に対応する、それに応じて。
291707データベース接続を再アタッチした後は、特定のデータベースでは任意のシステムのビューを含む select ステートメントを宣言されている、サーバー カーソルを使用して、誤った結果があります。
293089"RateOfChange"、または「不可欠な」式の型として、MaximumValue または MinimumValue ゲージを使用する放射状ゲージ ユーザー値 [プロパティ グリッド] ドロップダウン リストは表示されません。
296314修正: FailoverAnalysis.sql ファイルは、SQL Server フェールオーバー クラスターのセットアップ時にインストールされます。このスクリプトは障害が発生したときに自動的に呼び出されます。SqlDMVScriptTimeout プライベート プロパティ コントロールのミリ秒数、スクリプトを完了するがかかります。
302563共有名にスペースがあるデータソースのアップグレード時にユーザーに検証エラーが表示されます。エラーは、名前はスペースを含めることはできませんを示しています。
302707SQL Server ビジネス インテリジェンス開発 Studio 2008 Service Pack 1 のインストールは、構成ファイルが存在しないため失敗します。
304390リング バッファー イベント データ (イベント出力を dm_xe_session_targets) が表示されます、XML 出力のサイズの上限に達すると、します。
307313ユーザーは、HTTP モジュールでは、複数の cookie を取得できません。それらをしようとするとこのに影響するユーザーは、カスタム認証を実装します。
309869Sqlsos.task_address、sqlsos.worker_address、および sqlsos.scheduler_address 拡張イベントのアクションが無効なアドレスを表示します。
310483サービス 2008年のデザイナーのレポート インチ、Tablix 内にセンチに変換します。これは、レイアウトの精度の低下がします。
313780最初の 2 つの名前付きインスタンスをアンインストールする、SQL ブラウザーを無効にします。これに到達する 2 番目の名前付きインスタンスが発生します。
319216スマート カードが必要な場合ユーザーは、そのデータ ソースで資格情報を使用できません。
322046計算されるメンバーは返されません、セット式を使用する副選択句を持つクエリは、メンバーが許可されていない計算が subselects と言って、エラーを返します。
327301Analysis Services では、空の関数は、MDX 式を使用して、ディメンションの既定メンバーを設定するキューブを開くにはしようとすると、内部エラーを取得するサーバーします。
328752立ちますビューに重複する行は、他の待機の種類が表示されます。これは、監視ツールに問題があります。
331630整数値 SQL Server レポート サービス再利用可能なクエリ デザイナーで正しく丸めを取得します。
333544FIX ユーザー CLR v4 などの最新のランタイムでビルドされた CLR アセンブリを登録する場合は新しいエラー コード (6257) が返されます。上記のエラー メッセージ (コード 6218) の混乱を招くし、実際の問題が記載いません。
336809特殊なケース"の列 TABLE_NAME set"モードでは現在の指定範囲外の id 値を挿入します。この問題は、バックアップまたは復元操作にも発生します。
338247SQL_DATA_AT_EXEC の長さは、sqlbindparameter を関数がバインドされているパラメーターを指定すると、実行するため、パラメーター値を指定すると、SQLPutData 関数 SQL_NULL_DATA の長さを指定した場合、SQL Server 2008 ネイティブ クライアント ODBC ドライバー、アクセス違反が発生します。
338999SQL Server レポート サービス 2008年ユーザーが SOAP インターフェイスを使用して実行し、レポートをエクスポートするとき、接続リークが発生します。
347779SQL Server は、「があるメモリ不足のリソース プールで 'クエリを実行する内部'」のエラー メッセージが生成されます。この状況は、多くの場合、予防することです。
350670レポートを 1 時間アイドルした後、更新間隔には、レンダリングされたレポートとユーザーは「ページの有効期限が切れた」エラー メッセージが表示されます。
352788955 のエラーは、ユーザーはオンラインではないサーバー上のデータベースを持っている場合、管理データ ウェアハウスを構成しようとするとに発生します。
35286212 の SharePoint web サイトの ReportBuilder 2.0 を使用してユーザーがレポートを編集した場合 ReportBuilder 2.0 の ClickOnce に起動時に、空白のレポートが表示されます。
355222MARS を使用すると、sys.dm_os_tasks が同じ値の request_id 列のすべてのタスク] 各タスクの適切な値を報告するのではなく表示されます。
355228FIX エラー メッセージ bucketizer 対象のパラメーターが正しく設定されていない場合に発生、アクセス違反の原因を示します。
356127BCP.exe 列のメタデータ情報を取得するとき、誤った列の照合順序の情報が返されます。
360584サブスクリプションは MHTML 表示レポートを実行しようとしたメール配信中に、インメモリ データ構造の問題のための実行時に失敗します。
368388ユーザー テーブルの行サイズを変更すると、SQL Server レポート サービス 2008 を実行している入札価格 2008年のレポート デザイナーがクラッシュします。
376257ユーザーがキャンセルまたは」の配信オプションを報告するには [戻る] でスケジュールの詳細] ダイアログ ボックスを閉じると、TO、CC、および BCC フィールド レポート配信オプション] ダイアログ ボックスのオフになっています。
383747コレクションを設定しない作業正しく場合は、SQL インスタンス名の仮想ネットワーク名と同じ場合は、クラスターのパフォーマンス カウンターを収集します。
384800修正: 特定の条件パラメーターの処理中に発生する場合は、改善やその他の情報 InvalidReportParameterException の詳細な出力で記録されます。
393410ユーザーを 1 つまたは複数のヶ月で、月単位のスケジュールの選択を解除すると、SSRS は selecteded はまだ、毎月の個別のスケジュールを作成します。場合によっては、これが「@active_end_date cannot be before @active_start_date」エラーの原因となる可能性があります。
393879データ ドリブン サブスクリプションは、NULL 値を受け付けるレポート パラメーターにマップするとき、NULL 値が返された場合に失敗します。
394977サブスクリプションと配信に関する問題は、レポート サービス トレース ファイルに診断することは困難です。詳細なログが必要です。
415084ユーザーが受信は、"インデックスが範囲外です。PDF にエクスポートすると負ではないし、コレクションのサイズより小さいする必要があります"エラー メッセージ。
419740ユーザーは、カスタム認証、SQL Server 2008 Web SKU で使用できません。
424595ユーザー定義型およびテーブル値関数は同じトランザクションでユーザーを作成すると、関数が戻り、ユーザー定義型の列を含むテーブルがある場合は、self-deadlock が発生します。さらに、これらの操作を実行しようとしましたが、接続が終了します。
421922FIX は、最大 15,000 のパーティション テーブルとインデックス、エンタープライズ、開発者、および評価版のエディションの Microsoft SQL Server 2008 SP2 のサポートが提供されます。方法の詳細についてこのサポートを有効にすることができが無効になって、その制限事項についていくつかの既知の問題と回避策については、「15,000 パーティションをサポート」ホワイト ペーパー (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=199773) 参照してください。
424804Analysis Services では、親子階層では、IIF 関数の条件を使用するとユーザーによってアクセス違反が発生可能性があります。
426631Null メンバーのパラメーターを持つ PeriodsToDate 関数を使用して、「予期しない例外」エラーがあります。
429253誤ったバージョン番号には、SQL Server レポート サービスと SQL Server Management Studio でが表示されます。アップグレードの実行後、表示されている数値 RTM のバージョン番号が変化しないのでこれで混乱が生じる。
430703Analysis Services は、ワトソン博士のダンプを生成する場合は、二次例外発生します。これは、実際の例外または特定のエラーをダンプするのには、明示的な要求により、ワトソン博士のダンプが生成されるかどうかに当てはまります。セカンダリの例外が発生した場合は、サーバーに無限再帰が発生します。これは多くのダンプが生成されます、サーバーをシャット ダウンします。
431298FIX: SSRS 2008 Service Pack 2 では、RS は SSRS 2008 R2 レポート サーバーと通信するアドインの SharePoint 2007 に更新されます。これは ReportBuilder 3.0、ReportParts、および ReportBuilder 3.0 では、新しいレポートのプレビューを含む ATOM レンダラーで特定の機能にアクセスできます。
431301メタデータ オブジェクトの何千もが含まれているデータベース内のオブジェクトの処理、データのインポートを開始するまでに時間がかかります。サーバーからジョブのスケジュール データをインポートする前にビルドを開始です。多くのメタデータ オブジェクトがデータベースに存在する場合、さらに、依存関係を確認するために使用するアルゴリズムのパフォーマンスが低下します。
432094CELL_ID、CELL_ATTRIBUTES、または SRID の列名を使用して、テーブルを安全に空間インデックスを作成できません。
448007特定の状況では、11405 のエラー メッセージの分割の列名が間違っている可能性があります。これは、不適切な列名を印刷するがします。
455538セル セキュリティおよび計算を使用しては、NON EMPTY 句を使用すると誤った結果を生成します。
456534読み取りアクセス違反が発生 2 つのトランザクションを同時に実行する場合は、コミット処理中に発生します。 変更するか、パーティションを作成するには、ディメンションを処理します。
471363SQL Server 2008 レポート サービスで Microsoft Office 12 が内蔵されている場合は、SharePoint 統合レポート ビルダー clickonce URL をレポート ビルダーの起動を防止するデフォルトではないです。
471421FIX ローカライズ問題をトルコの SKU に: 新しい reportpart ライブラリ ページ トピックパスがローカライズようになりました。
499162FIX「記号」の MSAA 名が null であるために発生するアクセシビリティ問題。MSAA 名が更新され、発見可能な状態になりました。
503096FIX の DDL ステートメントでは、複数のパーティションがあるし、データが含まれていないテーブルではインデックス作成のパフォーマンスを向上しました。以前は、このプロセスに必要な時間幾何進行で拡張パーティションの数を増加しました。今すぐに必要な時間は、直線的に増加します。
515240LOB 列をテーブル値パラメーターを使用して、アクセス違反がサーバー上があります。
520700[放射状スケールのプロパティ] ダイアログ ボックスの MSAA 名が正しくないし、アクセシビリティ準拠ではありません。
525601きめ細かい監査は、チェック中に、イベントが含まれている監査の一覧を表示するために使用するアルゴリズムの監査一覧のメモリ リークが発生することがあります。これは、メモリ不足のエラーが発生して、サービスのメモリの再割り当てをやり直す必要がありますまで続行します。

メモ SQL サーバー 2008 SP1Cumulative を更新 9 またはそれ以降のバージョンからアップグレードする場合は、SQL Server 2008 のすべての修正プログラムを入手するのには SP2 にアップグレードした後、後に SQL サーバー 2008 SP2 累積的な更新を適用します。

後 SQL Server 2008 SP2 の累積的な更新の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2289254 SQL Server 2008 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1

関連情報

現在の SQL Server のバージョンおよびエディションを確認する方法の詳細については、次の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
321185 SQL Server のバージョンおよびエディションを確認する方法
この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

プロパティ

文書番号: 2285068 - 最終更新日: 2013年7月1日 - リビジョン: 11.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Community Technology Preview
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 2
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
キーワード:?
kbsqlsetup kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2285068 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2285068
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com