ソフトウェア ライセンスの登録情報 ("企業"、"名") Office for Mac の変更します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2394111 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、名前、会社名、または、ソフトウェアの所有者などのソフトウェア ライセンスの登録情報を変更する方法について説明します。

次の手順を続行する前に、してください、インストール メディアとプロダクト キーであります。製品のバージョンをダウンロードした場合は、メール実行可能ファイルをダウンロードするリンクを見つけます。

詳細

重要特定のファイルの場所は、Service Pack 2 (SP2) のインストールがある場合は、別です。インストールされている場合を確認するのには、Word を開き、[ Word ] メニューの [ Word について] をクリックします。バージョン番号が 14.2.0 の場合以上の Service Pack 2 があるし、この資料に記載されてときに、Service Pack 2 の手順を実行します。

ライセンス情報を変更するのには、Office 2011、2008、(2004年) 以下のバージョンの次の手順を実行します。

Office 2011


1. すべての Microsoft のアプリケーションを終了します。

[移動] メニューで、[ホーム] をクリックします。

3.ライブラリを開きます。
メモ [ライブラリ] フォルダーは、MAC OS X のライオンに隠されています。このフォルダーを表示するには、オプション キーを押しながら [移動] メニューをクリックします。

4.初期設定を開きます。
5. Com.microsoft.office.plistを選択し、ゴミ箱にドラッグします (ごみ箱を空されていない新しい情報が入力される前に)。

6. Microsoftフォルダーを開きます。
メモ Service Pack 2 のインストールがある場合は、アプリケーションのサポートを開いて > Microsoft環境ではなく >マイクロソフト



7. Office 2011を開きます。

8. Office 登録キャッシュOLE 登録データベースを選択し、それをゴミ箱にドラッグします (ごみ箱を空されていない新しい情報が入力される前に)。

9. [コンピューターを再起動します。

10. Word/Excel と PowerPoint または Outlook を起動して最初のウィンドウでの[続行] をクリックします。

11. 選択はいまたはいいえ、2 の質問の次のウィンドウをクリックし、[続行] をクリックします。次のスクリーン ショットを参照してください。

元に戻す画像を拡大する
2505137


12. 次のウィンドウに、正しいユーザー情報を入力します。次のスクリーン ショットを参照してください。

元に戻す画像を拡大する
2505138


上記の手順で、問題が解決しない場合は、次の手順を実行します。

1. すべての Microsoft のアプリケーションを終了します。

[移動] メニューで、[ホーム] をクリックします。

3.ライブラリを開きます。
メモ [ライブラリ] フォルダーは、MAC OS X のライオンに隠されています。このフォルダーを表示するには、オプション キーを押しながら [移動] メニューをクリックします。

4.初期設定を開きます。
5. Com.microsoft.office.plistゴミ箱に移動する (ごみ箱を空されていない新しい情報が入力される前に)。

6. Microsoftフォルダーを開きます。
メモ Service Pack 2 のインストールがある場合は、アプリケーションのサポートを開いて > Microsoft環境ではなく >マイクロソフト



7. Office 2011を開きます。

8.登録キャッシュの OfficeOLE 登録データベースゴミ箱に移動 (ごみ箱を空されていない新しい情報が入力される前に)。

9. [、[移動] メニューの [ホーム] をクリックします。

10.ドキュメントを開きます。

11. Microsoft ユーザー データキーを押して戻るを選択します (キーボード上を入力)、 Microsoft ユーザー データ適切にフォルダー名前を変更

12. は、コンピューターを再起動します。

13。 Word と PowerPoint または Excel と Outlook を起動し、正しい名と会社名を入力します。

Outlook または Entourage を使用している場合は、名前を変更するのには、次の手順は、Microsoft ユーザー データ Good] フォルダーに"Microsoft ユーザー データ]。


14 します。 Microsoft のプログラムをすべて終了します。

15. [、[移動] メニューの [ホーム] をクリックします。

16.ドキュメントを開きます。

17. Microsoft ユーザー データ] を選択し、ゴミ箱にドラッグします (Outlook または Entourage でデータが復元されるまでごみ箱を空しない)。

18. Microsoft ユーザー データリターン キーを押しますをオンにし (キーボード上の入力) [ Microsoft ユーザー データフォルダーを変更

注: 余分なスペースの単語の後」のデータ「残さなかった

19. [コンピューターを再起動します。

20. Outlook または Entourage のデータがあるかどうかを確認するを開きます。空ファイルがあるない場合に限り、ゴミ箱にすることができる場合は、ゴミ箱に残したいです。


オフィス 2008

開始する前に、オフィス 2008年のプロダクトキーを取得があることを確認します。注: していない場合は、プロダクト キー続行しないで次の手順を使用。
  1. ネットワーク接続を切断します。
    • ワイヤレス接続の場合は。空港では、画面上部の時計の横にあるをオフにします。
      元に戻す画像を拡大する
      2395774
    • 場合は、接続ワイヤード (有線)、物理的にイーサネット ケーブルを取り外し、(MSN Messenger を含む) のすべての Office アプリケーションを終了します。
  2. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  3. ハード ディスク ドライブ(たとえば、Macintosh HD) を開きます。
  4. [アプリケーション] フォルダーを開きます
  5. Microsoft Office 2008フォルダーを開きます。
  6. Officeフォルダーを開きます。
  7. クリックし、 OfficePID.plist ファイル(ごみ箱を空されていない新しい情報が入力される前に) をゴミ箱。
  8. [移動] メニューの [ホーム] をクリックします。
  9. ライブラリを開きます。
    メモ [ライブラリ] フォルダーは、MAC OS X のライオンに隠されています。このフォルダーを表示するには、オプション キーを押しながら [移動] メニューをクリックします。
  10. [初期設定] フォルダーを開きます。

    メモ Service Pack 2 のインストールがある場合は、初期設定ではなく、アプリケーションのサポートを開きます。
  11. Microsoftフォルダーを開きます。
  12. Office 2008フォルダーを開きます。
  13. Microsoft Office 2008 の Settings.plist ファイルを破棄 (ごみ箱を空されていない新しい情報が入力される前に)。
  14. Word/Excel または PowerPoint と Outlook を起動し、最初のウィンドウで [続行] をクリックします。次のウィンドウには、正しい情報 [名前フィールドに入力、[会社] フィールドはオプションですし、プロダクト キーを入力して[続行] をクリックして、このウィンドウの下のスクリーン ショットを見つけます。[プロダクト Id] ウィンドウでの[続行] をクリックし、[次へ]、[完了] をクリックしてください

    元に戻す画像を拡大する
    2505140

Office 2004


始める前に、Office 2004 のプロダクトキーを取得があることを確認します。

注: していない場合は、プロダクト キー続行しないで次の手順を使用。

1. ネットワーク接続を切断します。

ワイヤレス接続の場合は o。空港では、画面上部の時計の横にあるをオフにします。
元に戻す画像を拡大する
2505141



o は、ワイヤード (有線) 接続の場合で物理的にイーサネット ケーブルを外し (MSN Messenger を含む) のすべての Office アプリケーションを終了します。

[移動] メニューで、[ホーム] をクリックします。

3.ライブラリを開きます。
メモ [ライブラリ] フォルダーは、MAC OS X のライオンに隠されています。このフォルダーを表示するには、オプション キーを押しながら [移動] メニューをクリックします。

4. Microsoftフォルダーを開くし、 Microsoft Office の設定 (11)ごみ箱にファイルを移動 (ごみ箱を空されていない新しい情報が入力される前に)。

5 で、[移動] メニューの [アプリケーション] をクリックします。

6. Microsoft Office 2004年] フォルダーを開き、その他のツール] を開き、 [Office の削除を開きます。

7 します。 [ Office の削除] ツールをダブルクリック、キーを押しますと、オプション キーを押し、削除ライセンス情報のみを表示] をクリックを削除をクリックしてオプション キーを放します。

メモ Option キーを押すと削除ライセンス情報のみを表示するには、続行コマンド ラベルを変更します。

8."ようこそを削除 Office"画面上の赤い点をクリックしての終了と、場合されます「は削除されました」メッセージが表示されるは [終了] をクリックします。

9. Word/Excel/PowerPoint/Entourage を起動しての最初のウィンドウをクリックしてください。

10 します。 [承諾] をクリックし、[セットアップ アシスタント] ウィンドウで、個人情報を入力します。名前だけは必須であり、次へをクリックします。次のスクリーン ショットを参照してください。次の画面で、プロダクト キーを入力し、 [完了 ]をクリックします。

元に戻す画像を拡大する
2505142



プロパティ

文書番号: 2394111 - 最終更新日: 2013年2月26日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office for Mac 2008 Standard Edition
  • Microsoft Office for Mac Home and Student 2011
  • Microsoft Office for Mac Home and Business 2011
  • Microsoft Office 2004 for Mac Professional Edition
  • Microsoft Office 2004 for Mac Student and Teacher Edition
キーワード:?
dftsdahomeportal kbmt KB2394111 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2394111
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com