プロキシ サーバーまたはファイアウォールを経由して Windows Update を使用すると、エラー メッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 241783 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

プロキシ サーバーまたはファイアウォールを経由して Windows Update サイトにアクセスしたり、Windows Update サイトからコンポーネントをダウンロードしたりすると、次の現象が発生することがあります。
  • [製品の更新] にアクセスしようとした場合に "ページを表示できません" エラー メッセージが表示されます。
  • コンポーネントをダウンロードすると "ダウンロードおよびインストールが失敗しました" エラー メッセージが表示されます。ダウンロードが失敗するまで、進行状況が表示されないことがあります。
  • サイトで製品カタログの初期化が開始された後、[お待ちください] ウィンドウが表示されたままサイトが応答を停止します。

原因

この現象は、以下のソフトウェア プログラムを 1 つ以上使用している場合に発生することがあります。
  • WinProxy - Otitis Software

    WinProxy 3.0 では、以前のバージョンの WinProxy よりも競合の発生が少なくなっています。さらに、Classic Proxy (バージョン 3.0 のみに該当) よりも Transparent Proxy の方が競合の発生が少なくなっています。

    詳細については、次の WinProxy Web サイトを参照してください。
    http://www.winproxy.net/
  • WinGate - Deerfield.com

    競合は 3.0 よりも前のバージョンで多く発生しています。

    詳細については、次の WinGate Web サイトを参照してください。
    http://wingate.com
  • Internet Gate - MaccaSoft

    MaccaSoft は、BMT Micro および Indelible Blue を介して、Internet Gate ソフトウェアを配布していますが、サポートは MaccaSoft が提供しています。
この現象は、以下のいずれかまたは複数の原因によって発生することがあります。
  • プロキシ サーバーで Windows Update ページとその関連ファイルがキャッシュされています。これにより、クライアント コンピューターで Windows Update の製品カタログの構築に使用される ActiveX コントロールの正常なインストールや初期化が行えなくなります。
  • ポート 80 またはポート 443 が閉じています。Windows Update では、HTTP 接続と HTTPS 接続の両方が必要です。
  • クライアント コンピューターが、アクティブ スクリプトまたは ActiveX コントロールのダウンロードと初期化を許可するように構成されていません。

解決方法

この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. プロキシ キャッシュを削除し、Windows Update サイトをプロキシ対象から除外するように構成します。

    : プロキシ サーバーやファイアウォール ソフトウェアの構成の詳細については、ソフトウェアのマニュアルを参照するか、製造元に問い合わせてください。
  2. ポート 80 を開きます。
  3. Windows Update を信頼済みサイト ゾーンに追加します。
ActiveX ファイルがコンピューターに正しく渡されるようにするには、Microsoft Internet Explorer のセキュリティ設定を [中] 以下に設定する必要があります。セキュリティ設定を低くしても、その設定は Internet Explorer の信頼済みサイト ゾーンに一覧表示されている Web サイトのみに影響します。他のすべての Web サイトに対する現在のセキュリティ設定については、現在の構成が保持されます。

Internet Explorer でセキュリティ設定を行うには、以下の手順を実行します。
  1. Internet Explorer で、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックし、[セキュリティ] タブをクリックします。
  2. [信頼済みサイト] をクリックし、[サイト] をクリックします。
  3. [このゾーンのサイトにはすべてのサーバーの確認 (https:) を必要とする] チェック ボックスをオフにします。
  4. [次の Web サイトをゾーンに追加する] ボックスに「http://*.microsoft.com」と入力し、[追加] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。
  6. [レベルのカスタマイズ] をクリックし、以下の項目の [有効にする] をクリックします。
    • 署名済み ActiveX コントロールのダウンロード
    • 未署名の ActiveX コントロールのダウンロード
    • スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行
    • ActiveX コントロールとプラグインの実行
    • スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行
  7. [OK] を 2 回クリックして、[インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。
Internet Explorer セキュリティ構成の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
174360 Internet Explorer でセキュリティ ゾーンを使用する方法

プロパティ

文書番号: 241783 - 最終更新日: 2014年1月27日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Update?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbprb kbwindowsupdate KB241783
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com