文書番号: 244435 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Excel では、各ワークシートの使用中の部分、つまりデータや書式を含む部分のみが保存されます。ワークシートの最後のセルが、実際に使用しているデータの範囲外である場合があります。この問題により、ファイル サイズが必要以上に大きくなったり、余分なページが印刷されたり、"メモリ不足" を表すエラー メッセージが表示されたりすることがあります。また、その他の異常な動作が発生する場合もあります。余分な行や列を消去して最後のセルをリセットすると、これらの問題の解決に役立つ場合があります。

: 作業中のワークシートの最後のセルは、Ctrl キーと Shift キーを押しながら End キーを押すと見つかります。

詳細

現在使用中のワークシート範囲外に最後のセルが設定される最も一般的な原因は、必要以上の範囲に書式が設定されることです。行全体や列全体に書式を設定すると、書式設定の種類によって、最後のセルが実際に使用中の範囲のずっと下のセルやずっと右のセルに設定される場合があります。

この問題は、Lotus 1-2-3 ファイルを Excel にインポートする場合にも発生することがあります。Lotus ファイルを Excel ブック形式で保存するとき、Excel では Lotus 1-2-3 ワークシート内の最後のセルを特定できません。したがって、ワークシート全体が作業中の状態になります。最後のセルのアドレスをリセットするには、次のいずれかの方法を使用して不要な情報 (データおよび書式) をワークシートの未使用の列や行から消去することができます。不要な情報を削除したら、シートを保存して、Excel で作業中のセル テーブルを強制的に再構築します。

注: 次のいずれかの方法を使用すると、選択した範囲の削除処理により、"メモリ不足" または同様のエラー メッセージが表示される場合があります。これは、選択した範囲の削除処理が試行されるためです。このエラー メッセージが表示される場合は、データを消去する際の行や列の範囲を小さくします。

方法 1: 余分な行や列を手動で削除する

余分な行や列を手動で削除して最後のセルをリセットするには、次の手順を実行します。
  1. 該当する列番号を選択して、データを含む最後の列より右側にあるすべての列を選択します。

    ヒント: これを行う方法の 1 つは、F5 キーを押して適切な参照を入力することです。たとえば、列に「F:IV」、行に「5:65536」と入力します。
  2. [編集] メニューの [すべてクリア] をクリックします。

    注: この手順ですべての余分な書式が消去されない場合は、列を右クリックし、[削除] をクリックしてセルを完全に削除する必要があります。数式によって参照されているセルを削除すると、参照が "#REF!" に変わります。そのため、元のファイルのバックアップを作成し、これらの手順を実行した後で数式の参照が "#REF!" になっていないか確認することをお勧めします。
  3. データを含む最後の行より下の行に関しても、手順 1. および手順 2. を繰り返します。
  4. ファイルを保存します。
  5. このファイルでの作業を続行するには、ファイルを閉じてから再度開きます。

方法 2: Excel アドインを使用する

余分な書式を削除して最後のセルをリセットする Excel アドインのサンプルがダウンロード可能になりました。このアドインをダウンロードするには、次の Web サイトを参照してください。
XSFormatCleaner.xla
Web ページの [Downloads] を使用して、XSFormatCleaner.xla をダウンロードし、コンピューターに保存します。xla をダウンロードしたら、次の手順を使用して、アドイン内のコードを実行し、ブックの余分な書式を削除することができます。
  1. Excel を起動し、実行している Excel のバージョンに応じて、次の手順を実行します。

    Microsoft Office Excel 2007、2010、および 2013

    1. Microsoft Office ボタンをクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。
    2. [アドイン] をクリックし、[管理] ボックスの一覧の [Excel アドイン] をクリックして [設定] をクリックします。
    3. ファイルを Library フォルダーに保存しなかった場合は、[参照] をクリックし、[参照] ウィンドウでファイルを見つけてクリックします。
    4. [Excess Format Cleaner 1.1] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    Microsoft Office Excel 2003 およびそれ以前のバージョンの Excel

    1. [ツール] メニューの [アドイン] をクリックします。
    2. ファイルを Library フォルダーに保存しなかった場合は、[参照] をクリックし、[参照] ウィンドウでファイルを見つけてクリックします。
    3. [Excess Format Cleaner 1.1] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  2. Excel 2007 では、[アドイン] タブをクリックし、[メニュー コマンド] の [Clear Excess Formats in XSFormatCleaner.xla] をクリックします。

    Excel 2003 およびそれ以前のバージョンの Excel では、クリーンアップするブックを開き、[ファイル] メニューの [Clear Excess Formatting in workbook] をクリックします。マクロによって、ファイル内のすべてのワークシートから余分な書式が消去されます。

    マクロが完了すると、変更を確定するにはブックを保存する必要があるというメッセージが表示されます。
  3. ファイルを保存して閉じ、もう一度開きます。

プロパティ

文書番号: 244435 - 最終更新日: 2013年2月26日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2013
  • Microsoft Excel 2010
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbcode kbdtacode kbhowto kbinfo kbprogramming KB244435
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com