Windows 7 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターでのインストール エラー「Windows 構成できませんでした Windows コンピューターのハードウェア上で」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2466753 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows 7 のまたは Windows Server 2008 R2 のクリーン インストールを実行すると、セットアップのデバイス検出の段階の間に、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
Windows セットアップはこのコンピューターのハードウェアに Windows を構成できませんでした。
このエラーは、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の場合、お使いの PC には、次のような状況をシステムにインストールしようとしたときに発生します。
  • Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の RTM メディアを使用してインストールする場合。

    注:
    Service Pack 1 (SP1) がインストールされた Windows 7 および Windows Server 2008 R2 SP1 は、この問題による影響を受けません。
  • システムに、BIOS で「RAID」モードに構成されているインテル ストレージ コント ローラーです。(これはの多くの PC 製造元標準の設定です)
  • Iaan「高度な形式」ディスクにインストールするドライブは残ったり。

    注:高度なフォーマットのディスクは 4 キロバイトの物理セクター サイズ、および、論理のエミュレートされたセクター サイズ 512 バイトがあります。[書式設定] は、新しいテクノロジをより大きな容量のハード ドライブにつながるメディア形式の効率を向上させる PC のメーカーで採用されています。古い PC のハード ドライブを交換する場合は、この問題が発生する可能性が高くなりますができます。

この問題が起きているか確認するにはどうしたらよいですか。

システムはこの問題の影響を受けたかどうかを確認するのに以下の手順を実行します。
  1. Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の DVD を DVD ドライブに挿入し、ドライブを閉じます.
  2. コンピューターを再起動し、次のメッセージが表示されたら、キーボード上のキーを押して、
    CD または DVD からブートする任意のキー キーを押します。
  3. 次の基本設定を設定し、[次へ] をクリックします。
    • インストールする言語
    • 時刻と通貨の形式
    • キーボードまたは入力方式
  4. 次の画面で選択してコンピューターを修復します
  5. システム回復オプション] ダイアログ ボックスで、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 をインストールしようとする、drivethat を選択します。
  6. 回復ツールを選択してください] ボックスで、コマンド プロンプトを選択します。
  7. Windows をインストールする場合、drivethat に変更します。(標準的なインストールでは、これは C ドライブ)タイプメモ帳、し、キーを押します。 ENTER.
  8. メモ帳で、[ファイル] メニューの [開く] をクリックし、% の systemroot%\Panther を参照します。

    注:ドライブ C の標準のインストール パスは C:\Windows\Panther です。(ほとんどの Pc ではなくて C:\Panther フォルダー)
  9. ファイルを開く setuperr.log、これらのような行を探します。

    2010-09-23 17時 34分: 58 'C:\Windows\System32\scecli.dll,SceSysPrep'、1208年のエラー コードの実行中にエラー [0x0f0082] SYSPRP LaunchDll:Failure が発生しました [gle = 0x000003e5]
    2010-09-23 17時 34分: 59、エラー [0x060435] IBS の Callback_Specialize: 専門に特化; 中に必要があるかどうかはいずれかの決定中にエラーが発生しましたdwRet = 0x4b8

    注: これらの行とエラーが存在する場合は、エラーに注意してください。
  10. 同じディレクトリにある setupact.log ファイルを開くし、次のような行を探します。

    2010-09-23 17時 31分: 26 で、情報・ SYSPRP ・ SPPNP: iaStorV はデバイス PCI\VEN_8086 & DEV_2822 & SUBSYS_2819103C & REV_02\3 & 33FD14CA & 0 & FA の関数ドライバー

    注:
    この行が存在する場合は、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 をインストールしようとしているドライブは RAID 構成で構成されていることを示します。

原因

このエラーは、Windows Server 2008 R2 および Windows 7 のリリース済みのバージョンに含まれているインテル ストレージ コント ローラー ドライバーの問題のため発生します。この問題は、SP1 の Windows Server 2008 R2 および Windows 7 SP1 で解決されました。

解決方法

この問題を解決してをコンピューターに Windows 7 または Windows Server 2008 R2 をインストールするために、次の手順を実行します。方法 1 は、簡単で、おすすめの方法です。方法 1 を完了できない場合は、方法 2 を試してください。

方法 1: ハード ディスク ドライブの適切なドライバーをダウンロードします。

ダウンロードして Windows 7 ベースまたは Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューター用の最新ドライバーをインストールします。別のコンピューターを使用して、次の Intel web サイトを参照してくださいし、フラッシュ ドライブをハード ディスク ドライブ (32 ビットまたは 64 ビット) 用の適切なドライバーをダウンロードします。または、ドライバーを CD または DVD の書き込みを行うことができます。フラッシュ ドライブまたはディスクは、Windows 7 のまたは Windows Server 2008 R2 のセットアップ中に使用されます。
http://www.intel.com/support/chipsets/imsm/sb/CS-031502.htm
  1. インターネットに接続している別のコンピューターに移動し、ハード ディスク ドライブ (32 ビットまたは 64 ビット) 用のドライバーをダウンロードするのには、次のリンクをクリックします。

    http://www.intel.com/support/chipsets/imsm/sb/CS-031502.htm
  2. このダウンロードしたドライバーを、これから Windows をインストールしようとしている PC に取り付け可能な DVD、USB フラッシュ ドライブまたは外付けハード ドライブに保存します。
  3. 次に、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 のインストールを開始し、ドライバーの読み込み] オプションを確認します。このオプションが表示されます、ではインストールする Windows?画面の右下隅にします。
  4. USB フラッシュまたは外部ドライブへの接続をインストールする、computerthat Windowsor、Windows の DVD ドライブからを取得し、ドライバー、DVD ドライブに挿入します。(するが Windows DVD に戻されるそのドライブのドライバーが読み込まれた後)
  5. ドライバーの読み込みをクリックしてこのストレージ コント ローラーのドライバーのオプションのチェックのリムーバブル メディア)] をクリックします。
  6. ドライバーが読み込まれると、Windows のセットアップを続行します。
ドライブのフォーマットの高度なハード ドライブが認識され、期待どおりが続行されます。

方法 2: AHCI または IDE ハード ディスク ドライブの BIOS の設定を変更します。

警告この手順は、BIOS でハード ディスク ドライブの設定を変更するあります。コンピューターの BIOS に誤った変更を加えると、深刻な問題を招く可能性があります。マイクロソフトは、BIOS に加えた変更に起因する問題を解決できることを保証できません。あなた自身の責任で BIOS 設定を変更します。スタートアップまたはシャット ダウンの問題は BIOS の設定が正しくないか破損している可能性があります。

BIOS でハード ディスク ドライブ設定 AHCI または ide ハード ディスク ドライブの設定が現在 RAID 構成に設定されている場合変更できます。AHCI または ide ハード ディスク ドライブを設定する場合は、方法 1 で取得したドライバーをインストールする必要はありません。

マイクロソフトは、コンピューターに固有であるため、BIOS の設定を変更する方法について具体的な指示を提供できません。コンピューターとを確認し、これらの設定を変更する方法の適切な BIOS 設定についてには、コンピューターのマニュアルを参照してくださいまたは、コンピューターの製造元に問い合わせてください。

詳細

高度なフォーマットのディスクの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の互換性の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
982018 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の高度なフォーマットのディスクとの互換性を向上する更新プログラムが利用可能
Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

プロパティ

文書番号: 2466753 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Foundation
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
キーワード:?
kbmt KB2466753 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2466753
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com