文書番号: 255867 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP255867
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

詳細

Fdisk および Format の使用方法

オペレーティング システムをインストールする前に、コンピュータのハード ディスク (ディスク 1) に基本パーティションを作成し、そのパーティションでファイル システムをフォーマットする必要があります。MS-DOS ベースのFdisk ツールは、ハード ディスクの領域 (パーティション) の作成を行うために使用します 。Fdisk を使用すると、ハード ディスクにおける現在のパーティションの表示、作成、変更、および削除を行うことが可能です。また、それぞれに割り当てられたハード ディスク上の領域 (基本パーティション、拡張パーティション、論理ドライブ) にはドライブ文字が付けられます。たとえば、ディスク 1 には拡張パーティションを 1 つ作成することが可能ですし、2 番目のハード ディスクには基本パーティションまたは拡張パーティションを作成することが出来ます。また、拡張パーティションには 1 つまたは複数の論理 MS-DOS ドライブを作成することができます。

Fdisk を使用し、ハード ディスクにパーティションの作成を完了したら、Format ツールを実行し、このファイルシステムのパーティションをフォーマットします。 ファイル アロケーション テーブル (FAT) というファイルシステムを使用すると、ハード ディスクへのデータの書き込み、保存、および読み込みができるようになります。Windows 95 OEM Service Release 2 (OSR2)、Windows 98、Windows 98 Second Edition、Windows Millennium Edition (Me) および Windows 2000 では、FAT16 と FAT32 ファイル システムをサポートしています。512 MB を超える容量のハード ディスクで Fdisk ツールを実行すると、以下のうちいずれかのファイル システムを選択するようプロンプトが表示されます。
  • FAT16: このファイル システムは、割り当てられた領域またはドライブ文字に対し最大 2 ギガバイト (GB) まで割り当て可能です。たとえば、6 GB のハード ディスクがあった場合、 FAT16 ファイル システムを使用すると、それぞれ 2 GB の領域が割り当てられ 3 つのドライブ文字 (C、D、E) を使用できるようになります。 FAT16 システム ファイルの関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
    118335 W98:FAT16 ファイルシステムを使用したパーティションの最大容量
  • FAT32: このファイル システムは 2 テラバイトのドライブまでサポートし、FAT16 ファイル システムの場合に比べ、ハード ディスク内のより小さなセクションにファイルを保存します。これにより、、ハード ディスクの空き領域が広くなります。なお、FAT32 ファイル システムでは、512 MB 未満のドライブはサポートしません。 FAT32 システム ファイルの関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
    154997 FAT32 ファイル システムについて
Fdisk コマンドおよび Format コマンドを実行すると、マスタ ブート レコード (MBR) と、File Allocation Table (FAT) が作成されます。MBR や FAT はハード ディスクがデータを受け取り、保存およびデータを取り出すために必要なディスク ジオメトリを保存します。
MS-DOS パーティション、およびハード ディスクのジオメトリの概要に関連する情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
69912 MS-DOS のパーティションの概要



Fdisk および Format の使用における重要な注意点

処理を開始する前に、以下の点に注意してください。
  1. ハード ディスクは新品ですか? 新品ではない場合は、質問 2. に進んでください。
  • これはコンピュータ内の唯一のハード ディスク (マスタ) ですか? それとも 2 番目のハード ディスク (スレーブ) ですか?
  • 製造元の指示に従ってハード ディスクの準備をしましたか? ハード ディスクの役割 (マスタまたはスレーブ) に応じてジャンパと配線の設定を行うことは重要です。
  • BIOS でハード ディスクまたは 2 番目のハード ディスクがサポートされていることを確認しましたか? 確認していない場合は、マザーボードに付属のマニュアルを調べるか、製造元に問い合わせてください。新しい BIOS の大部分にはドライブを構成するハード ディスク自動検出設定がついていますが、確認してから次の手順に進んでください。
  • ファイルシステムの種類は FAT16 または FAT32 のどちらを使いたいですか? FAT16、FAT32 いずれでも使うことができます。
    わからない場合は、各ファイル システムについて次の Microsoft Knowledge Base の資料を参照してください。
    118335 W98:FAT16 ファイルシステムを使用したパーティションの最大容量
    154997 FAT32 ファイル システムについて
  1. ハード ディスクに既にデータが保存されていますか?
  • 重要なデータはすべてバック アップしましたか? バックアップしていない場合は、バック アップを行ってから次の手順へ進んでください。Fdisk を実行してパーティションを作成、削除、変更すると、パーティション上のデータはすべて永久に消去されます。但し、現在のパーティション情報について確認する際は、データを消去せずに表示することができます。

  • ハード ディスクにドライブ オーバーレイまたはディスク管理プログラムが備わっていますか? 使用しているコンピュータが大容量のハード ディスクをサポートするためにドライブ オーバーレイ ソフトウェアを使用している場合、ソフトウェアの製造元に問い合わせて確認するまでは Fdisk を使用しないでください。わからない場合は、Microsoft Knowledge Base の以下の資料を参照するかソフトウェアの製造元お問い合わせてから次の手順に進んでください。
    186057 ドライブ オーバーレイ プログラムが Windows にインストールされているかどうかを確認する方法
  • ソフトウェアの再インストール時に必要なディスクや CD-ROM はありますか? ドライブにパーティションを作成してフォーマットした後で、プログラムの再インストールに必要となるソフトウェアのインストールに必要なメディアが用意されていることを確認してください。プログラムのアップグレード版を購入した場合は、元のプログラムの完全製品版があることを確認してください。アップグレード プログラムの多くは、アップグレード製品をインストールする前に以前のバージョンの確認を必要とします。元のディスクを見つけられない場合は、次の手順に進む前にソフトウェアの製造元にお問い合わせください。
  • 最新のデバイス ドライバがバックアップされているか、フォーマットするドライブ以外のディスク上にありますか? モデム、プリンタなどの周辺機器のデバイス ドライバを更新した場合は、再インストールできるようフォーマットするドライブ以外のドライブ内に新しいドライバが保存されていることを確認してください。
複数ある拡張パーティションを 1 つのパーティションに統合しますか? 統合する場合は、この資料の「ハード ディスクにおける拡張パーティションと論理ドライブのパーティション再作成とフォーマットの方法」を参照してください。 起動ディスクを持っていますか? Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition および、Windows Me では、セットアップ中に起動ディスクの作成を指示するメッセージが表示されます。現在 EBD を持っていない場合は、以下の手順に従ってください。
  1. フロッピー ドライブ (ドライブ A) に空のディスクを挿入します。
  2. [スタート] メニューの [設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  3. [起動ディスク] タブの [ディスクの作成] をクリックします。
  4. ディスクの作成が完了したら、必ずテストを行ってください。ドライブ A に起動ディスクを挿入してコンピュータを再起動します。Windows 98 および、Windows Me を使用している場合は、Startup Menu が表示されます。Windows 95 を使用している場合は、コマンド プロンプトが表示されます。
リアル モード の CD-ROM サポートが必要ですか?
CD-ROM ドライブによっては、リアル モード (MS-DOS) のデバイス ドライバが必要な場合があります。Windows 98 を使用する場合、Windows 98 起動ディスクには、汎用リアル モード ATAPI CD-ROM と SCSI ドライバが含まれており、CD-ROM ドライブが使用可能になるいます。これらの CD-ROM ドライバがすべての CD-ROM ドライブに有効であるとは限りません。使用している CD-ROM ドライブに付属のリアル モード CD-ROM ドライバが使用できない場合の代替品として使用することが可能です。

: Windows 98 起動ディスクを挿入してコンピュータを再起動し、ディレクトリを CD-ROM ドライブのドライブ文字 (通常、RAM ドライブが起動ディスクにより作成されるため、通常のドライブより 1 つ先のドライブ文字です) に移動できない場合は、これらのドライバをその CD-ROM ドライブで使用することはできません。ハードウェアに付属のマニュアルを参照するか、ハードウェアの製造元に問い合わせて、これらの CD-ROM デバイスのドライバを入手する必要があります。

マスタ ハード ディスクにおけるパーティション作成とフォーマットの方法

: 何らかのデータが格納されているハード ディスクで以下の手順を行った場合、そのハード ディスクのデータはすべて消去されます。

マスター ハード ディスクでのパーティション作成方法

  1. 起動ディスクをフロッピードライブに挿入し、コンピュータを再起動します。そして、使用しているオペレーティング システムによって下記のいずれかの方法でおこないます。 Windows 98 、 Windows 98 Second Edition Windows Me の起動ディスクの場合

  1. Startup Menu が表示されたら、 [Start computer without CD-ROM support] を選択して Enter キーを押します。
  2. コマンド プロンプトで fdisk と入力して Enter キーを押します。
  3. 手順 2. に進みます。
Windows 95 の起動ディスクの場合

  1. コマンド プロンプトで fdisk と入力して Enter キーを押します。
  2. 手順 2. に進みます。
ハード ディスクが 512 MB を超える場合は、以下のメッセージが表示されます。
512 MB 以上のディスクがあります。このバージョンの Windows では、大容量のディスクのサポートが強化され、ディスク領域を有効に使えるようになりました。2 GB 以上のドライブを 1 つのドライブとしてフォーマットできます。

重要 : 大容量ディスクのサポートを使用可能にして、このディスクに新しいドライブを作成した場合、ほかのオペレーティング システムを使ってこの新しいドライブにアクセスすることはできません (Windows 95 と Windows NT の特定のバージョン、以前のバージョンの Windows と MS-DOS を含む)。また、FAT32 ファイル システム用に設計されていないディスク ユーティリティは、正常に動作しません。このディスクでほかのオペレーティング システムや以前のディスク ユーティリティにアクセスする必要がある場合、大容量ドライブのサポートは使用しないでください。

大容量ディスクのサポートを使用可能にしますか (Y/N).............?[Y]
FAT32 ファイル システムを使用する場合は、Y を押してから Enter キーを押します。FAT16 ファイル システムを使用する場合は、N を押してから Enter キーを押します。

FAT32 と FAT16 の詳細については、次の Microsoft Knowledge Base の資料を参照してください。
118335 W98:FAT16 ファイルシステムを使用したパーティションの最大容量
154997 FAT32 ファイル システムについて
Enter キーを押すと、以下のような Fdisk の [オプション] メニューが表示されます。
1. MS-DOS 領域または論理 MS-DOS ドライブを作成
2. アクティブな領域を設定
3. 領域または論理 MS-DOS ドライブを削除
4. 領域情報を表示
5. 現在のハード ディスク ドライブを変更
(このオプションはコンピュータに物理的なハード ディスクが 2 台存在する場合にのみ使用することができます。)
1 と入力して [MS-DOS 領域または論理 MS-DOS ドライブを作成] を選択し、 Enter キーを押します。 1 と入力して、[基本 MS-DOS 領域を作成] を選択し、 Enter キーを押します。 Enter キーを押すと以下のメッセージが表示されます。
基本 MS-DOS 領域に使用できる最大サイズを割り当てますか
このメッセージが表示されたら、該当する手順に従ってください。

FAT32 ファイル システムの場合

  1. 手順 2. で Y を押して FAT32 ファイル システムを選択しており、ハード ディスクのすべての領域をドライブ C に割り当てる場合は、Y を押してから Enter キーを押します。
  2. Esc キーを 2 回押して Fdisk を終了し、コマンド プロンプトに戻ります。
  3. 「ハード ディスクをフォーマットする方法」 に進みます。

FAT16 ファイル システムの場合

手順 2. で N を押して FAT16 ファイル システムを選択した場合は、デフォルト サイズ (パーティション サイズ 2 GB) を使用するか、パーティションのサイズをカスタマイズするか選択することができます。

デフォルトのパーティション サイズを使用する場合は、以下の手順に従ってください。
  1. ハード ディスクの最初の 2 GB をドライブ C に割り当てる場合は、Y を押してから Enter キーを押します。
  2. Esc キーを押して [オプション] メニューに戻り、以下の「パーティション サイズのカスタマイズ」の手順に進みます。
パーティションのサイズをカスタマイズするには、以下の手順に従ってください。
  1. ハード ディスクのパーティション サイズ (ドライブ文字) をカスタマイズする場合は、N を押してから Enter キーを押します。
  2. 表示されたダイアログ ボックスに、基本パーティションに割り当てるサイズを MB またはディスク領域に対する割合で入力します。Windows 98 および、Windows Me ベースのコンピュータを使用している場合は、最低 500 MB を割り当てることをお勧めします。作成するパーティションのサイズを入力したら、Enter キーを押します。
  3. Esc キーを押して [オプション] メニューに戻ります。
  4. ハード ディスク上のその他の領域にドライブ文字を割り当てるには、 1 と入力して Enter キーを押します。
  5. [拡張 MS-DOS 領域を作成する] を選択する場合は、2 と入力して Enter キー を押します。
  6. 拡張パーティションに割り当てられる最大領域がダイアログ ボックスに表示されます。ここでパーティションのサイズを変更するか、デフォルト サイズを使用するか選択することができます。デフォルトの最大領域を使用することをお勧めしますが、領域を複数のドライブに分割することもできます。領域の容量を入力して Enter キーを押してから、Esc キーを押します。
  7. [拡張 MS-DOS 領域内に論理 MS-DOS ドライブを作成] メニューが表示されます。これは、残りのハード ディスク領域を別のドライブ文字に割り当てる場合に使用するメニューです。[論理ドライブのサイズを Mバイトか全体に対する割合 (%) で入力してください] ボックスに次のドライブ文字に割り当てる領域の容量を入力して Enter キーを押します。
  8. 作成したドライブ文字とそのドライブ内の領域の容量が一覧表示されます。ハード ディスクに空き領域が残っている場合は、下部に表示されます。以下のメッセージが表示されるまで、手順 e. 〜 g. を繰り返します。
    拡張 MS-DOS 領域の使用可能な領域はすべて 論理ドライブに割り当てられています。
  9. このメッセージが表示されたら、Esc キーを押して [オプション] メニューに戻ります。
  10. 起動するパーティション (通常はドライブ C) をアクティブにするには、2 と入力して [アクティブな領域を設定] を選択し、Enter キーを押します。
  11. 以下のメッセージが表示されます。
    アクティブにしたい領域の番号を入力してください
  12. 1 と入力して Enter キーを押します。
  13. Esc キーを 2 回押して Fdisk を終了し、コマンド プロンプトに戻って「ハード ディスクをフォーマットする方法」 に進みます。

ハード ディスクをフォーマットする方法

パーティションを作成したら、そのパーティションをフォーマットする必要があります。
  1. 起動ディスクをディスク ドライブに挿入してコンピュータを再起動します。

    : Windows 95 の起動ディスクを使用している場合は、コマンド プロンプトが表示され、手順 2. に進むことができます。Windows 98 、Windows 98 Second Edition または Windows Me の起動ディスクを使用している場合は、Windows 98 Startup Menu が表示されたら、[Start computer without CD-ROM support] を選択します。
  2. コマンド プロンプトが表示されたら、format c: /s と入力して Enter キーを押します。このコマンドはドライブ C (または "アクティブ" ドライブ) をフォーマットする場合にのみ使用します。それ以外の場合は、format <ドライブ名>: ( <ドライブ名> はフォーマットするパーティションの文字) と入力します。

    : "コマンドまたはファイル名が違います。" というエラー メッセージが表示された場合は、起動ディスクに Format.com ツールを抽出する必要がある場合があります。コマンド プロンプトに以下のコマンドを入力して Enter キーを押します。
    extract ebd.cab format.com
    Format.com が起動ディスクに抽出され、MS-DOS コマンド プロンプトが表示されたら、アクティブ パーティションをフォーマットする場合には、format c: /s と入力します。アクティブ パーティションに指定されていないパーティションの場合は、formatdrive: と入力します。
  3. Format.com を正常に実行すると、以下のメッセージが表示されます。
    警告 : ドライブ C の ハード ディスクのデータはすべてなくなります。

    フォーマットしますか (Y/N)?
  4. ドライブ C をフォーマットするには、Y を押してから Enter キーを押します。
  5. フォーマットが終了すると、以下のメッセージが表示されます。
    ボリューム ラベルを入力してください。
    : 半角で 11 文字、全角で 5 文字以内、必要がない場合は Enter キーを押してください。これは、ハード ディスクの名前を入力するためのオプション機能です。ドライブ名を半角の 11 文字以内で入力するか、Enter キーを押して空白のままにするか選択することができます。





スレーブ ハード ディスクにおけるパーティション作成とフォーマットの方法

コンピュータに 2 番目のハード ディスク (スレーブ ドライブ) を追加する場合は、まず最初にマスタ (元のドライブ) とスレーブ (新しいドライブ) をコンピュータが認識できるよう、製造元の指示に準拠した方法で両方のドライブのジャンパが設定されていることを確認する必要があります。ハードウェアが正しくインストールされている事を確認した上で、オペレーティング システム (Windows 95、Windows 98、Windows Me など) から以下の手順を実行します。
  1. [スタート] メニューの [プログラムを指定して実行] をポイントします。次に、表示される空白の中に [command] と入力し、[OK] をクリックします。([cmd] というコマンドは Windows 2000 のみで使用可能です。)
  2. コマンド プロンプトで fdisk と入力して Enter キーを押します。以下のメニューが表示されます。
    1. MS-DOS 領域または論理 MS-DOS ドライブを作成
    2. アクティブな領域を設定
    3. 領域または論理 MS-DOS ドライブを削除
    4. 領域情報を表示
    5. 現在のハード ディスク ドライブを変更
    (このオプションはコンピュータに物理的なハード ディスクが 2 台存在する場合にのみ使用することができます。)
  3. 5 と入力して Enter キーを押します。これにより物理ディスク 1 (マスタ) から物理ディスク 2 (スレーブ) に移動します。
  4. [MS-DOS 領域または論理 MS-DOS ドライブを作成] メニューで 2 (拡張 MS-DOS 領域を作成) と入力し、Enter キーを押します。スレーブ ドライブを拡張 DOS パーティションにすると、ドライブ文字の順番を維持することができます。

    たとえば1つ目のドライブにパーティション C およびパーティションD が含まれている場合、2 つ目に作成した新しいハードディスクは拡張パーティションとして設定しない限りは D になります。手順 4. を省略してスレーブ ドライブに別の基本 MS-DOS パーティションを作成のみを行った場合、新しいドライブが D になり、元々ドライブ D となっていたドライブはドライブ E に変更されます。
  5. スレーブ ドライブにも、元のマスタ ドライブと同じように、新しいドライブにパーティションを作成して別の論理ドライブを作成することができます。新しいドライブが認識されていない場合は、Config.sys ファイルに以下の行を追加する必要がある可能性があります。。 : ここでの [ドライブ名] は、CD-ROM ドライブを含めてコンピュータ上のすべてのドライブよりも後のアルファベットである必要があります。(例:コンピューター上に、D ドライブまでが存在する場合、それ以降である、E 、F、を指定することになります)
    lastdrive=ドライブ名

  6. Fdisk を終了したら、新しいパーティションを使用できるようにフォーマットする必要があります。Esc キーを押して Fdisk を終了してから、Windows を再起動します。新しいパーティションをフォーマットするには、以下の該当する手順に従ってください。
FAT16 ファイル システムの場合

  1. [マイ コンピュータ] をダブルクリックしてから、新しく作成したパーティションをマウスの右ボタンでクリックし、[フォーマット]、[通常のフォーマット]、[スタート] ボタン の順にクリックします。
  2. フォーマットが完了したら、[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。
FAT32 ファイル システムの場合

  1. [スタート] メニューの [プログラム] をポイントします。次に [アクセサリ] をポイントし、[システム ツール] の順にクリックします。
  2. [ドライブ コンバータ (FAT32)] をクリックし、[次へ] をクリックします。 [ドライブ] ボックスでFAT32 ファイル システムに変換するドライブをクリックします。
  3. [次へ] をクリックしてから、[OK] をクリックします。
  4. [次へ]、[次へ]、[次へ] と 3 回クリックします。
  5. 変換が完了したら、[完了] をクリックします。
: ドライブ C の設定時のように、"/s" は使用しないでください。作成したドライブにおいて、それらを使用可能にするために必要な事は、すべてのドライブをフォーマットする事のみです。たとえば、新しいドライブを 2 つ作成した場合は、両方のドライブをフォーマットする必要があります。
拡張領域と、論理ドライブのパーティション再作成の方法に関する情報が必要な場合は、この文書の「ハード ディスクにおける拡張パーティションと論理ドライブのパーティション再作成とフォーマットの方法」のセクションをご参照ください。


ハード ディスクにおける拡張パーティションと論理ドライブのパーティション再作成とフォーマットの方法

この項に記載する手順で、拡張パーティションと論理ドライブのサイズの変更または統合を行います。次の手順へ進む前に、拡張パーティションと論理ドライブにある重要なデータは必ず確実にバックアップしておいてください。ハード ディスク全体を 1 つのパーティションに統合する場合は、この資料の「新しいマスタ ハード ディスクにおけるパーティション作成とフォーマットの方法」手順に従ってください。

: この手順により、ハード ディスクには基本パーティション (通常はドライブ C) と拡張パーティションの複数のパーティションができます。また、FAT32 を使用している場合でも、拡張INT13をサポートしていないBIOSでは、最大パーティションサイズは、8 GB に制限されます。 8 GB 制限の関連情報については、次の文書番号をクリックし、Microsoft Knowledge Base を参照してください。
153550 Hard Disk Limited to 8-GB Partition
ハード ディスクが 8 GB を超えており、ディスク オーバーレイ プログラムやディスク管理ソフトウェアを使用していない場合は、8 GB ごとにパーティションを作成し、フォーマットする必要があります。
  1. ディスク ドライブに起動ディスクを挿入してコンピュータを再起動し、該当する手順に従ってください。
Windows 98、Windows 98 Second Edition または Windows Meの起動ディスクの場合

  1. Startup Menu が表示されたら、 [Start computer without CD-ROM support] を選択して Enter キーを押します。
  2. コマンド プロンプトで fdisk と入力して Enter キーを押します。
  3. 手順 2. に進みます。
Windows 95 の起動ディスクの場合

  1. コマンド プロンプトで fdisk と入力して Enter キーを押します。
  2. 手順 2. に進みます。
  1. ハード ディスクが 512 MB を超える場合は、以下のメッセージが表示されます。
    512 MB 以上のディスクがあります。このバージョンの Windows では、大容量のディスクのサポートが強化され、ディスク領域を有効に使えるようになりました。 2 GB 以上のドライブを 1 つのドライブとしてフォーマットできます。

    重要 : 大容量ディスクのサポートを使用可能にして、このディスクに新しいドライブを作成した場合、ほかのオペレーティング システムを使ってこの新しいドライブにアクセスすることはできません (Windows 95 と Windows NT の特定のバージョン、以前のバージョンの Windows と MS-DOS を含む)。また、FAT32 ファイル システム用に設計されていないディスク ユーティリティは、正常に動作しません。このディスクでほかのオペレーティング システムや以前のディスク ユーティリティにアクセスする必要がある場合、大容量ドライブのサポートは使用しないでください。

    大容量ディスクのサポートを使用可能にしますか (Y/N).............?[Y]
    FAT32 ファイル システムを使用する場合は、Y を押してから Enter キーを押します。FAT16 ファイル システムを使用する場合は、N を押してから Enter キーを押します。

    FAT32 と FAT16 の詳細については、次の Microsoft Knowledge Base の資料を参照してください。
    118335 W98:FAT16 ファイルシステムを使用したパーティションの最大容量
    154997 FAT32 ファイル システムについて
  2. Enter キーを押すと、以下のような Fdisk の [オプション] メニューが表示されます。
    1. MS-DOS 領域または論理 MS-DOS ドライブを作成
    2. アクティブな領域を設定
    3. 領域または論理 MS-DOS ドライブを削除
    4. 領域情報を表示
    5. 現在のハード ディスク ドライブを変更
    (このオプションはコンピュータに物理的なハード ディスクが 2 台存在する場合にのみ使用することができます。)
  3. 3 と入力して Enter キーを押します。以下のメニューが表示されます。
    1. 基本 MS-DOS 領域を削除
    2. 拡張 MS-DOS 領域を削除
    3. 拡張 MS-DOS 領域内の論理 MS-DOS ドライブを削除
    4. 非 MS-DOS 領域を削除
  4. 3 と入力して Enter キーを押します。
  5. 以下のようなハード ディスクの属性を示す表が [拡張 MS-DOS 領域内の論理 MS-DOS ドライブを削除] 画面に表示されます。

    元に戻す全体を表示する
    D: (ユーザー定義) 2047 FAT16 100%
    E: (ユーザー定義) 2047 FAT16 100%
    F: (ユーザー定義) 2047 FAT16 100%
    G: (ユーザー定義) 2047 FAT16 100%
    H: (ユーザー定義) 2047 FAT32 17%
    I: (ユーザー定義) 1498 UNKNOWN 13%


    拡張 MS-DOS 領域は全部で XXX MB です (1 MB = 1048576 バイト)。

    警告! 削除した論理 MS-DOS ドライブのデータはなくなります。
    どのドライブを削除しますか..............................? [ ]
    このスペース [ ] に削除するドライブ文字を入力します。削除するドライブ文字を入力して Enter キーを押します。
  6. ドライブがボリューム ラベルを持っている場合は、そのボリューム ラベルの入力を要求するメッセージが表示されます。

    : ボリューム ラベルを持っている場合は表示されているとおりに正確にラベルを入力し、持っていない場合は Enter キーを押します。誤ったラベル名を入力すると、以下のメッセージが表示されます。
    ボリューム ラベルが一致しません。ボリューム ラベルを入力してください.................................? [ ]
  7. 正しいラベルを入力すると、以下のメッセージが表示されます。
    "よろしいですか (Y/N)..........................?[ N ]
    デフォルトは、N です。Y (はい) を押してから Enter キーを押し、ドライブを削除します。削除したドライブ文字の隣のチャートに
    "ドライブを削除しました。"
    というメッセージが表示されます。 削除するドライブすべてに対し、手順 3. 〜 7. を繰り返します。終了したら Esc キーを押します。論理ドライブをすべて削除すると、変更または削除したドライブ文字のチャートとともに "論理ドライブは定義されていません。"というメッセージが表示されます。

    : もし、論理ドライブのサイズの拡大、もしくは縮小するなどの変更を行いたい場合、以下のことを行います。.拡張パーティションを削除する場合は、手順 11. を参照してください。
  8. Fdisk の [オプション] メニューで 1 (MS-DOS 領域または論理 MS-DOS ドライブを作成) を選択します。[MS-DOS 領域または論理 MS-DOS ドライブを作成] メニューで 3 (拡張 MS-DOS 領域内に論理 MS-DOS ドライブを作成) を選択し、Enter キーを押します。

    " ドライブをチェックしています。"

    というメッセージが各ドライブの完了パーセンテージと共に表示されます。

    : この手順では、拡張パーティションを削除したのではなく、拡張パーティション内の論理ドライブのみを削除しています。論理ドライブのサイズを変更するためだけに拡張パーティションを削除する必要はありません。たとえば、論理ドライブが 1 つある拡張パーティションに論理ドライブを 2 つ作成する場合、まず最初に拡張パーティション内の論理ドライブを削除してから 2 つの論理ドライブを作成します。但し、論理ドライブの領域は、拡張パーティションの全体の領域によって制限される事に代わりはありません。
  9. ドライブの確認が終了すると、以下のメッセージが表示されます。
    拡張 MS-DOS 領域は全部で XXX MB です (1 MB = 1048576 バイト)。
    論理ドライブに割り当て可能な最大領域は XXX MB です (X%)。

    論理ドライブのサイズを MB または全体に対する割合 (%) で入力してください。
    デフォルト値は使用可能な最大メガバイト数となりますが、作成するパーティション サイズの数値を入力して指定することができます。 入力したら、Enter キーを押します。Esc キーを 2 回押して Fdisk を終了し、コマンド プロンプトに戻って手順 11. に進みます。
  10. 拡張 MS-DOS パーティションを削除する場合は、Esc キーを押して Fdisk の [オプション] ダイアログ ボックスに戻ります。3 (領域または論理 MS-DOS ドライブを削除) を選択して、Enter キーを押し、2 (拡張 MS-DOS 領域を削除) を選択して、Enter キーを押します。
  11. 画面に現在のハード ディスク ドライブとそれに関する情報が表示されます。拡張パーティションは[Type] 項目の下に表示されます。
    領域  状態  タイプ       ボリュームラベル         M バイト  システム 使用
    C:         1 A     PRI   DOS     (ラベル名)  1200    FAT16 50%
    2                  EXT   DOS     (ラベル名)  1200    UNKNOWN 50%
    
    ディスクの総容量は 2400 M バイトです. (1 M バイト = 1048576 バイト)
    
  12. また、以下の警告メッセージが表示されます。
    警告!削除した拡張 MS-DOS 領域のデータはなくなります。
    続けますか (Y/N).....................?[ N ]
  13. Y を押してから Enter キーを押してパーティションを削除します。以下のメッセージが表示されます。
    拡張 MS-DOS 領域を削除しました。
    Esc キーを押して続行します。
    : 論理ドライブをすべて削除する前に拡張 MS-DOS パーティションを削除しようとすると、以下のメッセージが表示されます。
    論理ドライブがあるときには拡張 MS-DOS 領域を削除できません。
    手順 3. 〜 6. に戻ってから手順 9. および 10. に従って、拡張 MS-DOS 領域を削除する必要があります。

    この時点では、Fdisk の [オプション] メイン画面に戻っています。ハード ディスクの領域にパーティション作成しないでおくと、Windows は使用できる領域の容量だけを表示し、ハード ディスクのフル サイズを表示しない場合があります。

    重要 : Fdisk オプションを変更またはパーティションを削除すると、パーティションに格納されていたデータは消去され復元することはできません。この手順を実行する前に、必ず作業を確認してください。現在の設定を変更したり、やり直そうとしている場合は、Fdisk を使用する前に重要なデータのバックアップを保存してください。
  14. ハード ディスクにおいてパーティション作成されていない領域を使用するには、ドライブをフォーマットする必要があります。Format.com を正常に実行すると、以下のメッセージが表示されます。
    警告 : ドライブ C の ハード ディスクのデータはすべてなくなります。

    フォーマットしますか (Y/N)?
  15. Y を押してから Enter キーを押してドライブをフォーマットします。
  16. フォーマットが終了すると、以下のメッセージが表示されます。
    ボリューム ラベルを入力してください。
    : 半角で 11 文字、全角で 5 文字以内、必要がない場合は Enter キーを押してください。 これは、ハード ディスクの名前を入力するためのオプション機能です。ドライブ名を半角の 11 文字以内で入力するか、Enter キーを押して空白のままにするか選択することができます。

よく寄せられる質問 (FAQ)

  • Q: なぜ Fdisk は一度に 2 GB のパーティションしか作成しないのですか?

    A: 一度に 2 GB のパーティションしか作成できない場合は、大容量ディスク サポートを有効にするためのプロンプトで N を押したか、FAT32 を備えていない Windows のバージョンを実行している可能性があります。Windows 95 以前のバージョンを使用している場合は、複数のパーティションを作成することによって、ドライブの領域の全て使用する必要があります。

    : Windows 95 製品版を使用している場合は、Windows 95 OSR2 にアップグレードすることはできません。 Windows 95 および 98 のバージョンに関連する情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
    158238 W95:Windows 95/98 のバージョンを確認する方法
  • Q: 504 MB の大容量ハードディスクをサポートするソフトウェアを持っています。(例:Ontrack Disk Manager 等)使用しても問題はありませんか?

    A: ディスク管理ソフトウェアを使用する場合は、事前にメーカーに互換性を確認してください。ハード ディスクのバックアップさえ保存してあれば、常に修復することができます。

詳細

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 255867 (最終更新日 2003-05-12) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 255867 - 最終更新日: 2004年12月27日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbhowto kbenv kbhw release 2.5 server oem service advanced professional me 2.1 KB255867
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com