文書番号: 258826 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP258826
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、この資料の対象製品として記載されているマイクロソフトのキーボードを使用しているときに発生することがある問題のトラブルシューティング方法について説明します。

詳細

有線のキーボードの使用時に、以下の問題が発生することがあります。
  • キーボードが検出されない。
  • キーボードのキーが機能しない。
  • 違う文字が入力される。
  • ショートカット キーが機能しない。
これらの問題を回避するには、状況に応じて以下の方法を使用します。

キーボードが機能していない

手順 1: 接続を確認する

キーボードがまったく機能していない場合は、コンピューターに正しく接続されていることを確認してください。キーボードのすべてのプラグがしっかり接続されていることを確認します。コンピューターの別の USB ポートでキーボードを接続します。

注: ポート レプリケーター、USB ハブ、KVM スイッチ、または同様のコンポーネントを使用せず、キーボードをコンピューターの USB ポートに直接接続してください。これで問題が解決する場合は、問題の原因が追加の接続デバイスにあることを確認します。デバイスを使用するための解決策があるかどうか、製造元に問い合わせてください。

アダプター (PS/2 から USB への変換または PS/2 から AT への変換) を使用している場合は、キーボードに付属のアダプターであること、または別のポートへの変換がキーボードでサポートされていることを確認します。たとえば、Internet Keyboard は USB ポートには変換できないため、PS/2 から USB へのアダプターは機能しません。Internet Keyboard には、アダプターは付属していません。

キーボードを PS/2 ポートに接続する、またはポートから取り外すには、以下の手順を実行します。
  1. コンピューターをシャットダウンします。
  2. キーボードを適切なポートに接続します。プラグがコンピューターのコネクタにしっかりと差し込まれていることを確認します。
  3. コンピューターを再起動します。Microsoft Windows で変更が検出され、新しいポートにドライバーが自動的にインストールされます。
この問題が引き続き発生する場合は、キーボードを別のコンピューターに接続します。別のコンピューターでキーボードが正しく機能する場合は、元のコンピューターでキーボードを接続していたポートが破損している可能性があります。この場合は、コンピューターの製造元に、破損したポートの修理または交換の方法を問い合わせてください。

別のコンピューターでもキーボードが正しく機能しない場合は、キーボードに問題がある可能性があります。この場合、キーボードの保証期間内であれば、問題のあるキーボードを新しいキーボードに交換できます。カスタマー インフォメーション センターの障害担当への問い合わせ方法については、「関連情報」を参照してください。

別のコンピューターではキーボードが機能する場合は、手順 2. に進みます。

手順 2: 最新のキーボード ソフトウェアをダウンロードしてインストールする

使用しているキーボードの最新のドライバーをダウンロードするには、次のマイクロソフト ハードウェア Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/hardware/download/download.aspx?category=MK
問題が引き続き発生する場合は、次の方法に進みます。

手順 3: 手動でドライバーを再インストールする

ドライバーを削除して再インストールするには、次の手順を実行します。
  1. デバイスをコンピューターから取り外します。
  2. デバイスに独立した電源がある場合は、デバイスの電源を切ります。
  3. デバイス マネージャーを開きます。これを行うには、以下のいずれかの方法を使用します。
    • Windows Vista または Windows 7 では、[スタート] ボタン
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
      をクリックし、[検索の開始] ボックスに「デバイス」と入力します。次に、[プログラム] の一覧の [デバイス マネージャー] をクリックします。 管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [許可] をクリックします。
    • Windows XP では、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「devmgmt.msc」と入力し、[OK] をクリックします。
  4. [キーボード] をダブルクリックし、使用しているキーボードを右クリックし、[削除] をクリックします。

    注: 該当するデバイスが表示されない場合、デバイスは、コンピューターから取り外したときに自動的に削除されています。次の手順に進みます。
  5. コンピューターを再起動します。
  6. 最初にデバイスの電源を入れ (必要な場合)、デバイスをコンピューターに接続します。コンピューターでデバイスが検出され、そのデバイス用のドライバーが再インストールされます。

キーが正常に応答しない

キーが正常に応答しない場合は、キーボードにほこり、汚れ、その他の異物が付着していないことを確認します。

キーボードを裏返して、毛髪、食べ物のくず、ほこりなどの異物を除去します。

定期的に圧縮空気を使用して、掃除しにくいキーボードのすきまのほこりを吹き払うことをお勧めします。

飲み物その他の液体をキーボードにこぼした場合は、すぐにキーボードを裏返して液体を流し出し、液体をできるだけふき取ってください。キーボードが完全に乾くまで待ってから、使用を再開してください。

キーボードは分解しないでください。キーボードを分解すると、製造元の保証が無効になる場合があります。

: キーボードに掃除機を使用する場合は、その掃除機が "静電気を発生しない" 製品であることを確認してください。

違う文字が入力される

キーボード使用時に押したキーと違う文字が入力される場合は、「キーが正常に応答しない」の手順に従ってキーボードを掃除して、キーの下にこの問題の原因となる障害物が存在しないことを確認します。

この問題が引き続き発生する場合は、キーボードを別のコンピューターに接続します。別のコンピューターでキーボードが正しく機能する場合は、元のコンピューターでキーボードを接続していたポートが破損している可能性があります。この場合は、コンピューターの製造元に、破損したポートの修理または交換の方法を問い合わせてください。

別のコンピューターでもキーボードが正しく機能しない場合は、キーボードに問題がある可能性があります。この場合、キーボードの保証期間内であれば、問題のあるキーボードを新しいキーボードに交換できます。

キーボードのキーの応答をテストするには、Microsoft IntelliType ソフトウェアに含まれるユーティリティ プログラムである、Microsoft Keyboard Diagnostics (MS Key) を使用します。MS Key を使用するには、次の手順を実行します。
注: MS Key ユーティリティは、Microsoft IntelliType ソフトウェア バージョン 1.1 以降のバージョンのみに含まれています。Microsoft IntelliType がインストールされていない場合、このソフトウェアをインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/hardware/download/download.aspx?category=MK
  1. Microsoft Keyboard Diagnostics を起動します。起動するには、次のいずれかの方法を使用します。
    • Windows Vista または Windows 7 の場合:
      1. [スタート] ボタン
        元に戻す画像を拡大する
        [スタート] ボタン
        をクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[ファイル名を指定して実行] を順にクリックします。
      2. [名前] ボックスに「mskey」と入力し、[OK] をクリックします。
    • Windows XP の場合
      1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「mskey」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. さまざまなキーを押して、押したキーが [MS Key] ウィンドウで識別されるキーと一致することを確認します。
  3. テストが終了したら、[Exit] をクリックします。

    キーボードのキーを押しても MS Key に反応が現れない場合は、別のコンピューターでキーボードをテストしてください。別のコンピューターでもキーボードが機能しない場合は、「関連情報」を参照して、カスタマー インフォメーション センターの障害担当に問い合わせてキーボードを交換してください。

関連情報

ショートカット キーやボリューム キーの問題の情報を参照するには、以下のサポート技術情報を参照してください。
932875 Microsoft キーボードでホットキーやボリューム コントロール キーが正常に機能しない

米国およびカナダでのカスタマー インフォメーション センターの障害担当へのお問い合わせ方法

  • 米国: (800) 360-7561、月〜金、午前 5:00 〜午後 7:00 (太平洋標準時)
  • カナダ: (800) 933-4750、月〜金、午前 5:00 〜午後 7:00 太平洋標準時
  • マイクロソフト テキスト電話 (TTY): (800) 718-1599、月〜金、午前 5:00 〜午後 7:00 (太平洋標準時)
交換品の入手方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
326246 マイクロソフトのソフトウェアまたはハードウェアの交換方法、Service Pack と製品アップグレードの注文方法、および製品マニュアルの交換方法について
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 258826 - 最終更新日: 2013年3月29日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Wireless Laser Desktop 7000
  • マイクロソフト コンフォート カーブ キーボード 2000
  • マイクロソフト デジタル メディア プロ キーボード
  • マイクロソフト インターネット キーボード プロ
  • Microsoft IntelliType Pro 6.1
  • Microsoft IntelliType Pro 6.0
  • Microsoft IntelliType Pro 5.5
  • Microsoft IntelliType Pro 5.4
  • Microsoft IntelliType Pro 5.3
  • Microsoft Multimedia Keyboard
  • Microsoft Natural Keyboard Elite
  • マイクロソフト ナチュラル キーボード
  • マイクロソフト ナチュラル キーボード プロ
  • マイクロソフト ナチュラル マルチメディア キーボード
  • マイクロソフト ナチュラル エルゴノミック キーボード 4000
  • マイクロソフト オフィス キーボード
  • マイクロソフト オプティカル デスクトップ エリート フォー ブルートゥース
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Reclusa
  • Microsoft Sidewinder X6 Keyboard
  • Microsoft Wired Desktop 600
  • マイクロソフト ワイヤード キーボード 500
  • Microsoft Wired Keyboard 600
キーワード:?
dftsdahomeportal kbhardware kbhowto KB258826
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com