Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のリモート デスクトップ プロトコル 8.0 の更新プログラム

文書翻訳 文書翻訳
リモート デスクトップ プロトコル (RDP) 8.0 の更新プログラムをインストールすると、Windows 8 および Windows Server 2012 で導入された新しいリモート デスクトップ サービス機能を使用できるようになります。これらの機能は、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) を搭載しているコンピューターで利用できるようになりました。

RDP 8.0 の新機能既知の問題を参照してください。

この更新プログラムを使用するには、更新プログラムをダウンロードして、必要条件をインストールしてからこの更新プログラムをインストールする必要があります。RDP 8.0 をクライアントにインストールする場合は、インストール後に手動で有効にする必要があります。

この資料の内容

Show all imageすべて表示Hide all imageすべて非表示

RDP 8.0 更新プログラムをダウンロードする

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows 7 SP1 for x86-Based Systems システムの更新プログラム

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows 7 SP1 for x64-Based Systems システムの更新プログラム

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Server 2008 R2 SP1 for x64-Based Systems 用の更新プログラム

必要条件をインストールする

RDP 8.0 更新プログラムをインストールする前に、必要条件として修正プログラム 2574819?をインストールしておく必要があります。

クライアントで更新プログラムを有効にする

Windows 7 SP1 を搭載しているリモートコンピューターで RDP 8.0 を有効にするには、次の手順に従います。

注: 以下の手順は、Windows 7 SP1 を搭載しているリモート コンピューターにのみ適用可能です。
  1. Windows6.1-KB2592687 更新プログラム ファイルを実行して、適切なバージョンの更新プログラム パッケージをインストールします。
  2. コンピューターを再起動します。
  3. ローカル グループ ポリシー エディターを開きます。
  4. リモート デスクトップ プロトコル ポリシーを有効にします。このポリシーの設定は次のノードの下にあります。
    コンピューターの管理\管理テンプレート\Windows のコンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\リモート セッション環境
  5. UDP 機能が必要である場合は、RDP Transport ポリシーを有効にしてから、値を [TCP と UDP の両方を使用] に設定します。RDP トランスポート ポリシー
    の設定は次のノードの下にあります。
    コンピューターの管理\管理テンプレート\Windows コンポーネント\リモート デスクトップ サービス\リモート デスクトップ セッション ホスト\接続
    注: RDP トランスポート ポリシーを構成すると、UDP ポート 3389 もファイアウォールで許可されます。
  6. コンピューターを再起動します。

詳細

UAG との互換性

RDP 8.0 は、Service Pack 3 より前の Forefront Unified Access Gateway?(UAG) 2010 と互換性がありません。詳細については、http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj906310.aspx をご覧ください。

RDP 8.0 がクライアントで有効になっていることを確認する方法

Windows 7 SP1 を搭載しているリモート コンピューターで RDP 8.0 が有効になっていることを確認するには、リモート デスクトップ接続 (RDC) 8.0 を使用して、Windows 8 または Windows 7 SP1 を搭載しているコンピューターからそのコンピューターに接続します。次に、次の手順に従って RDP 8.0 が有効になっていることを確認します。
  1. RDP 8.0 が有効である場合、接続バーに接続品質ボタンが表示されます。
  2. 接続品質ボタンをクリックすると、以下のような情報ダイアロ グボックスが表示されます。(この手順については次のスクリーン ショットを参照してください)
    元に戻す画像を拡大する
接続品質アイコンと接続品質ダイアログ ボックスが存在すれば、リモート接続で RDP 8.0 が利用できることが確認できます。

RDP 8.0 更新プログラムの新機能

Windows 7 SP1 用 RDP 8.0 の新機能

元に戻す画像を拡大する
この更新プログラムにより、Windows 7 SP1 を搭載しているリモート コンピューター用の以下の機能が追加されます。これらの機能は、RDP 8.0 と互換性があるクライアントを使用する場合にのみ使用できます。たとえば、Windows 8、または RDP 8.0 更新プログラムがインストールされている Windows 7 SP1 を搭載しているコンピューターは、RDP 8.0 更新プログラムがインストールされている Windows 7 SP1 を搭載している別のコンピューターに接続できます。
元に戻す画像を拡大する

Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 のリモート デスクトップ接続 8.0 の新機能

元に戻す画像を拡大する
リモート デスクトップ接続 8.0 更新プログラムは、サポートされる適切に構成されたサーバーに接続したときに次の新機能をサポートします。
  • リモート デスクトップ プロトコル 8.0

    RDP 8.0 は次の機能をサポートします。
    • Remote for WAN
    • RemoteFX Adaptive Graphics
    • Remote Network Auto Detect
    • RemoteFX Media Streaming

    この機能は、以下のいずれかのオペレーティング システムを搭載しているコンピューターに接続する場合に使用できます。
    • Windows 8
    • Windows Server 2012
    • RDP 8.0 がインストールされ、有効になっている Windows 7
  • Dynamic In-Session USB Redirection

    この機能により、ユーザーはリモート セッションの最中でもリダイレクト用の USB デバイスを選択できます。リモート セッション間で、またはローカル コンピューターに対して、USB デバイスを交換することができます。RemoteFX USB Redirection 機能が有効である場合、ユーザーは接続バーの [デバイス] アイコンをタップするとリダイレクトするデバイスを選択できます。

    Dynamic In-Session USB Redirection は、以下のいずれかのオペレーティング システムを搭載しているコンピューターに接続する場合に使用できます。
    • Windows 8
    • Windows Server 2012
    • RDP 7.1 RemoteFX vGPU 機能が有効である Windows 7
    • RDP 8.0 がインストールされ、有効になっている Windows 7
  • リモート デスクトップ Web アクセスのシングル サインイン エクスペリエンスの機能強化

    この機能はユーザー エクスペリエンスをシンプルにして改善します。IT 部門が公開したアプリやデスクトップにユーザーが接続するときに、ユーザー名とパスワードを一度だけ入力すれば済むようになります。以降の接続では、資格情報の入力を求めるメッセージはユーザーに表示されません。

    Web シングル サインオン (web SSO) の構成方法の詳細については、「Windows Server 2012 で使いやすくなったリモート デスクトップ Web アクセスのシングル サインオン (英語情報)」を参照してください。

    この機能が使用できるのは、Windows Server 2012 仮想マシン ベースの展開およびセッション ベースのデスクトップの展開に接続する場合に限定されます。
  • RemoteApp およびデスクトップ接続の再接続

    この機能を使用すると、ユーザーは、IT 部門が公開したアプリやデスクトップとの間で簡単に切断と再接続を行うことができます。この機能がユーザーに使用できるのは、ユーザーが RemoteApp およびデスクトップ接続機能を使用して、Windows Server 2012 仮想マシン ベースの展開およびセッション ベースのデスクトップ展開に接続する場合です。
  • VoIP アプリケーション用の RemoteFX Media Redirection API のサポート

    この機能により、Lync 2013 などのアプリケーションで、表現力豊かなオーディオ/ビデオ会議を実現できます。詳細については、「Microsoft Lync 2013 VDI プラグインの概要」を参照してください。この機能は、以下のいずれかのオペレーティング システムを搭載しているコンピューターに接続する場合に使用できます。
    • Windows 8
    • Windows Server 2012
    • Windows 7
    • Windows Server 2008 R2
  • ネストされたセッションのサポート

    特定の状況において、RDP 8.0 は、別のリモート デスクトップ接続セッション内でのリモート デスクトップ接続セッションの実行をサポートしています。

    詳細については、「RDP 8.0 での別のリモート デスクトップ接続セッション内でのリモート デスクトップ接続セッションの実行」を参照してください。
元に戻す画像を拡大する

RDP 8.0 更新プログラムの既知の問題

  • RemoteFX vGPU がインストールされた仮想デスクトップが RDP 8.0 を使用できない。

    問題
    RemoteFX vGPU がインストールされたコンピューターでグループ ポリシーを使用して RDP 8.0 をインストールして有効にした後、RDP 8.0 が使用できません。

    解決方法
    この更新プログラムは、RemoteFX vGPU がインストールされているコンピューターへの接続では、RDP 8.0 を有効にしません。RDP 8.0 を有効にする必要がある場合は、仮想デスクトップから RemoteFX vGPU を削除します。
  • Shadow コマンドを使用して、別のユーザーのリモート接続をリモートから監視することができない。

    問題
    Windows 7 SP1 では、Shadow コマンド (リモート コントロール) がサポートされています。管理者がこのコマンドを使用すると、別のユーザーのアクティブなセッションを表示または制御できます。Windows 7 SP1 を搭載しているコンピューターで RDP 8.0 が有効にされた後、管理者が Shadow コマンドを使用して別のユーザーのセッションを表示または制御することはできません。

    解決方法
    管理者は、リモート アシスタンスや、同様の機能を実現する別の製品を使用すると、別のユーザーのセッションを表示または制御できます。
  • Aero Glass のサポートが使用できない。

    問題
    互換性のある RDC 7.0 クライアントが使用されている場合、Windows 7 の Aero Glass リモート処理機能を使用すると、互換性のあるリモート デスクトップ接続クライアントを実行しているユーザーは、リモート デスクトップ接続でフリップ 3D、リアルタイムのタスク バー プレビュー、および半透明のウィンドウの境界線などの機能を使用できます。RDP 8.0 が有効になると、ユーザーは Aero Glass リモート処理機能を使用できません。

    解決方法
    Aero Glass リモート処理機能を使用する必要があるユーザーには、管理者は、Windows 7 SP1 を搭載しているリモート コンピューターで RDP 8.0 を有効にすることはできません。
  • Windows 7 SP1 を搭載しているリモート コンピューターの RDP 8.0 が UDP プロトコルを使用しない。

    問題
    RDP 8.0 の RemoteFX for WAN 機能は、TCP および UDP プロトコルをインテリジェントに使用してユーザー エクスペリエンスを最適化します。Windows 7 SP1 を搭載しているコンピューターで RDP 8.0 をインストールして有効にした後、RDP 8.0 は TCP プロトコルのみを使用するように構成されます。

    解決方法
    TCP プロトコルと UDP プロトコルの両方を使用するように RDP 8.0 を構成します。詳細については、「RDP 8.0 を有効にする方法」を参照してください。
  • Remote Desktop Users グループのメンバーになっていないローカル管理者がリモート デスクトップ接続クライアントを使用してサインインすることができない。

    問題
    RDP 8.0 が有効にされると、Remote Desktop Users グループのメンバーではないローカル管理者はサインインできません。

    解決方法
    Remote Desktop Users グループにローカル管理者ユーザーを追加します。
  • グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使用して RDP 8.0 を有効にするときに UDP トラフィックを許可するファイアウォール ルールが無効になる。

    問題
    GPO を使用して RDP 8.0 を有効にすると、場合によっては、UDP トラフィックを許可する UDP ファイアウォール ルールが有効になりません。

    解決方法
    "リモート デスクトップ - ユーザー モード (UDP 受信)" ファイアウォールを有効にする GPO を作成します。
  • この更新プログラムを手動で適用すると、TCP トラフィックを許可するファイアウォール ルールが有効にならない場合がある。

    問題
    ローカル セキュリティ ポリシーを使用して RDP 8.0 を有効にすると、TCP トラフィックを許可する TCP ファイアウォール ルールが有効にならない場合があります。

    解決方法
    [セキュリティが強化された Windows ファイアウォール] で "リモート デスクトップ - ユーザー モード (TCP 受信)" ファイアウォール ルールを有効にします。
  • ネットワークに IPsec が展開されている場合、パフォーマンスが低下する。

    問題
    ネットワークに IPsec が展開されているときに、RDP 8.0 プロトコルを使用してコンピューターを接続すると、パフォーマンスが低下することがあります。

    解決方法
    修正プログラム 2570170 (リンク先は英語の場合があります) をサーバーにインストールします。
  • コンピューターにリモートで接続する場合にマルチタッチ機能やジェスチャ機能を使用できない。

    問題
    この問題は、Windows 7 SP1 を搭載しているコンピューターでリモート デスクトップ接続クライアント 8.0 を使用する場合に発生します。

    解決方法
    RemoteFX マルチタッチ機能がサポートされるのは、クライアントとサーバーの両方のコンピューターが Windows 8 または Windows Server 2012 を搭載している場合に限定されます。
  • Small Business Server 2011 および Windows Server 2012 Essentials ドメインでリモート Web アクセスを使用してコンピューターに接続するときに、認証の確認メッセージが何度も表示される場合がある。

    問題
    リモート Web アクセスまたはリモート デスクトップ ゲートウェイを使用して、Windows Server 2012 Essentials、Windows Small Business Server 2011 Standard、または Windows Small Business Server 2011 Essentials ドメインのコンピューターに接続しようとすると、繰り返し認証を求められる場合があります。

    解決方法
    この問題の回避策については、「KB 2574819 および KB 2592687 を適用した後に複数回表示される認証の確認メッセージを回避する方法に関する情報 (英語情報)」を参照してください。
Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用の RDP 8.0 更新プログラムの詳細については、「Windows 7 SP1 用のリモート デスクトップ プロトコル 8.0 更新プログラム: Windows 7 SP1 仮想デスクトップでの WAN ユーザー エクスペリエンスの向上 (英語情報)」を参照してください。

この資料について

文書番号: 2592687
最終更新日: 2014年5月7日
この資料は以下の製品について記述したものです。: Windows 7 Enterprise (Windows 7 Service Pack 1), Windows 7 Home Basic (Windows 7 Service Pack 1), Windows 7 Home Premium (Windows 7 Service Pack 1), Windows 7 Professional (Windows 7 Service Pack 1), Windows 7 Starter (Windows 7 Service Pack 1), Windows 7 Ultimate (Windows 7 Service Pack 1), Windows Server 2008 R2 Datacenter (Windows Server 2008 R2 Service Pack 1), Windows Server 2008 R2 Enterprise (Windows Server 2008 R2 Service Pack 1), Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems (Windows Server 2008 R2 Service Pack 1), Windows Server 2008 R2 Foundation (Windows Server 2008 R2 Service Pack 1), Windows Server 2008 R2 Standard (Windows Server 2008 R2 Service Pack 1), Windows Web Server 2008 R2 (Windows Server 2008 R2 Service Pack 1)
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
この資料に関するフィードバックを提供しますか?
 

Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.