マウスをシングルクリックしてもダブルクリックの動作になる問題のトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 266738 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP266738
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft マウスのボタンをシングルクリックしても、マウス ボタンをダブルクリックした場合と同じようにコンピューターが反応します。

原因

この問題は、以下のことが原因で発生する可能性があります。
  • シングルクリックではなく、不注意でダブルクリックしています。
  • 手動で、または別のプログラムによって、マウスの設定が変更され、シングルクリックを行ったときにダブルクリックのコマンドが送信されるようになっています。
  • マウス ドライバーが破損しています。
  • マウスのハードウェアに不具合があります。

解決方法

問題を特定するには、以下の方法を記載順に実行します。

注: Microsoft Windows には複数のバージョンが存在するため、使用中のコンピューターによっては以下の手順が異なる場合があります。その場合は、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行してください。

方法 1: クリック方法を確認する

実際にシングルクリックを行っていることを確認します。マウス ボタンを 1 回押して離すとシングルクリックになります。

方法 2: 複数のプログラムでマウスをテストする

すべてのプログラムを終了し、デスクトップ上で問題が発生するかどうかをテストします。また、コントロール パネルやエクスプローラーなど、Microsoft Windows の他のコンポーネントでもテストします。

問題が特定のプログラムでのみ発生する場合は、そのプログラムのトラブルシューティングを行います。該当するプログラムでマウスのコマンドがカスタマイズされている可能性があります。ソフトウェアのトラブルシューティング方法の詳細については、方法 4 を参照してください。

方法 3: セーフ モードでマウスをテストする

Windows Vista または Windows 7

  1. 元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[ロック] ボタン (または Windows 7 の [シャットダウン] ボタン) の横にある矢印をクリックして、[再起動] をクリックします。
  2. 以下のいずれかの方法を実行します。
    • コンピューターにインストールされているオペレーティング システムが 1 つだけである場合は、コンピューターの再起動時に F8 キーを繰り返し押します。F8 キーは、Windows ロゴが表示される前に押す必要があります。Windows ロゴが表示された場合は、再試行する必要があります。
    • コンピューターに複数のオペレーティング システムが搭載されている場合は、方向キーを使用して、セーフ モードで起動するオペレーティング システムを選択して Enter キーを押し、F8 キーを押します。
  3. [詳細ブート オプション] 画面で、方向キーを使用して必要なセーフ モード オプションを選択し、Enter キーを押します。
  4. マウスをテストします。
  5. セーフ モードを終了するには、コンピューターを再起動して、通常モードで起動します。

Microsoft Windows XP

セーフ モードで Windows XP を起動するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[シャットダウン] または [終了オプション] をクリックします。
  2. [Windows のシャットダウン] ダイアログ ボックスの [実行する操作を選んでください] ボックスの一覧で、[再起動] をクリックし、[OK] をクリックします。
  3. シャットダウン処理の終了後、コンピューターの起動中に F8 キーを押します。デュアル ブート システムまたはマルチ ブート システムの場合、次のメッセージが表示されたら、F8 キーを押します。
    オペレーティング システムの選択
  4. Windows 拡張オプション メニューが表示されたら、方向キーを使用して適切なセーフ モードを選択し、Enter キーを押します。
  5. デュアル ブート システムまたはマルチ ブート システムの場合は、オペレーティング システムの選択メニューで、起動する必要があるシステムを方向キーで選択し、Enter キーを押します。
  6. マウスをテストします。
  7. セーフ モードを終了するには、コンピューターを再起動して、通常モードで起動します。
: 一部のプログラムやデバイスは、セーフ モードでは機能しません。

セーフ モードでも問題が発生する場合は、方法 5 に進みます。

セーフ モードで問題が発生しない場合は、ソフトウェアに問題がある可能性が高いと考えられます。この場合は、方法 4 に進みます。

方法 4: ソフトウェアのトラブルシューティングを行う

最新バージョンの IntelliPoint ソフトウェアをインストールする

これを行うには、以下の Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/japan/hardware/downloads.mspx

Mcrosoft Windows でマウスのプロパティの設定を確認する

ダブルクリックまたは ClickSaver が有効になっていないことを確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [マウス] ダイアログ ボックスを開きます。これを行うには、以下のいずれかの方法を実行します。
    • Windows Vista または Windows 7 では、[スタート] ボタン
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
      をクリックし、[検索の開始] ボックスに「マウス」と入力します。次に、[プログラム] の一覧の [マウス] (または [Microsoft マウス]) をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      ユーザー アクセス制御の許可
      管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
    • Windows XP では、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「main.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. IntelliPoint ソフトウェアでのボタンの割り当てを確認します。[ボタン] タブの [ボタンの割り当て] で、[左ボタン] が [ダブルクリック] ではなく、[クリック (既定)] に設定されていることを確認します。

    この問題が特定のプログラムのみで発生する場合は、[設定] ボタンをクリックし、影響が発生しているプログラムを選択し、そのプログラムで [左] ボタンが [クリック] (既定) に設定されていることを確認します。
  3. [OK] をクリックします。

デスクトップの構成を確認する

使用しているオペレーティング システムで、マウスクリック コマンドに特定の機能を割り当てるさまざまなデスクトップ構成 (スタイル) がサポートされている場合があります。Web スタイルの構成が有効になっていると、シングルクリックがダブルクリックとして処理されることがあります。この構成を使用しているかどうかを確認するには、以下のうち、使用しているオペレーティング システムに応じた手順を実行します。

Windows Vista または Windows 7
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスに「デスクトップのカスタマイズ」と入力し、[プログラム] の一覧の [デスクトップのカスタマイズ] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アクセス制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  2. [デスクトップのカスタマイズ] で、[フォルダー オプション] をクリックします。
  3. [全般] タブで [シングルクリックで選択し、ダブルクリックで開く] をクリックします。
Windows XP
  1. [マイ コンピューター] をダブルクリックします。
  2. [ツール] メニューの [フォルダー オプション] をクリックします。
  3. [全般] タブで、[シングルクリックで選択し、ダブルクリックで開く] が有効になっていることを確認します。
  4. [適用] をクリックして設定の変更を保存します。
  5. [OK] をクリックします。
  6. [マイ コンピューター] ウィンドウを閉じます。

バックグラウンドで実行されているすべてのプログラムを終了する

Microsoft Windows オペレーティング システムで、メモリ常駐プログラムと、スタートアップ環境で読み込まれるその他のソフトウェアがスタートアップ時に読み込まれないようにします。この操作を行うのに最適な方法は、クリーン ブートを実行することです。 Windows のバージョンに応じたクリーン ブート方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
310353 Windows XP でクリーン ブートを実行する方法
929135 Windows Vista または Windows 7 でクリーン ブートを実行して問題のトラブルシューティングを行う方法

マウス ドライバーを削除して再インストールする

IntelliPoint ソフトウェアを削除する

Windows Vista または Windows 7

  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスに「プログラムの追加と削除」と入力して、[プログラム] の一覧の [プログラムの追加と削除] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  2. [Microsoft IntelliPoint] をクリックし、[変更] をクリックし、[削除] をクリックします。

Windows XP またはそれ以前のバージョン

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  3. [Microsoft IntelliPoint] (インストールされている IntelliPoint ソフトウェアのバージョンによって異なる場合があります) をダブルクリックします。
  4. 使用している IntelliPoint ソフトウェアのバージョンに応じた方法を使用します。

    バージョン 2.2 以前の場合

    1. [完了] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
    2. [コンピューターを再起動する] をクリックします。

    バージョン 3.0 以降の場合

    1. [すべてのファイルを削除する] をクリックし、[OK] をクリックします。
    2. [コンピューターを今すぐ再起動する] をクリックし、[完了] をクリックします。
IntelliPoint ソフトウェアを再インストールする
  1. 最新の IntelliPoint ソフトウェアをダウンロードするには、次の Web サイトにアクセスします。
    http://www.microsoft.com/japan/hardware/downloads.mspx
  2. 適切なオプションを選択し、ソフトウェアをダンロードして実行します。
  3. 表示される指示に従ってインストールを実行します。
  4. コンピューターの再起動を要求するメッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。

マウス ボタンの設定を既定にリセットする

注: 以下の手順は、IntelliPoint ソフトウェアのバージョン 3.0 以降での手順です。最新の IntelliPoint ソフトウェアは、次のマイクロソフト Web サイトからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/japan/hardware/downloads.mspx
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [マウス] をダブルクリックします。
  3. [ボタン] タブで、[既定の設定に戻す] をクリックします。問題が特定のプログラムのみに影響する場合は、[設定] ボタンをクリックし、該当するプログラムを選択して、[既定の設定に戻す] をクリックします。

    注: [既定の設定に戻す] が使用できない場合は、すべてのボタンの割り当てが既に既定のモードに設定されています。
  4. [OK] をクリックします。

方法 5: マウスのハードウェアを確認して、可能であればマウス ポートを変更する

コンピューターをシャットダウンします。マウスのケーブルまたはレシーバーが損傷していないこと、また、コネクタのピンが曲がっていないことを確認します。マウスまたは USB の延長ケーブルはすべて取り外します。可能であれば、別のポートにマウスを接続してみます (できれば、コンピューター本体のポートに直接接続します)。コンピューターを起動して、再度テストします。

方法 6: 別のコンピューターでマウスをテストする、または同じコンピューターで別のマウスをテストする

マウスとコンピューターのどちらに不具合があるかを判断するには、以下の手順を実行します。
  1. 問題のマウスを、正常に機能していることが確認されているシステムでテストします。引き続きマウスで問題が発生する場合は、マウスを返品または交換する必要があります。
  2. 正常に機能していることが確認されているマウスを問題のコンピューターでテストします。このコンピューターで問題が引き続き発生する場合は、ソフトウェアに関連する問題であると考えられます。

関連情報

Windows Vista または Windows 7 でマウスの設定を変更する方法の詳細については、Windows のヘルプとサポートの「マウスの設定を変更する」の指示に従ってください。このトピックを表示するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックします。
  2. [ヘルプの検索] ボックスに「マウスの設定を変更する」と入力し、[ヘルプの検索] をクリックします。
  3. 適切なトピックをクリックします。
Windows Vista または Windows 7 でコンピューターをセーフ モードで起動する方法の詳細については、Windows のヘルプとサポートの「コンピューターをセーフ モードで起動する」の指示に従ってください。このトピックを表示するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックします。
  2. [ヘルプの検索] ボックスに「コンピューターをセーフ モードで起動する」と入力し、[ヘルプの検索] をクリックします。
  3. 適切なトピックをクリックします。
Windows Vista または Windows 7 でフォルダー オプションを変更する方法の詳細については、Windows のヘルプとサポートの「フォルダー オプションを変更する」の指示に従ってください。このトピックを表示するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックします。
  2. [ヘルプの検索] ボックスに「フォルダー オプションを変更する」と入力し、[ヘルプの検索] をクリックします。
  3. 適切なトピックをクリックします。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 266738 - 最終更新日: 2013年4月26日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Wireless Laser Desktop 7000
  • Microsoft Habu Laser Gaming Mouse
  • マイクロソフト インテリマウス 3.0
  • マイクロソフト インテリマウス エクスプローラ 4.0
  • マイクロソフト レーザー マウス 6000
  • Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000
  • マイクロソフト モバイル オプティカル マウス
  • マイクロソフト オプティカル マウス
  • マイクロソフト オプティカル マウス バイ スタルク
  • Microsoft Wireless Desktop
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー デスクトップ 6000
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー デスクトップ 6000 v2
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー マウス 6000
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー マウス 5000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック レーザー マウス 6000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック オプティカル マウス 4000
  • Microsoft Wireless Optical Desktop 5000
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル デスクトップ コンフォート エディション
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル デスクトップ エリート
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル デスクトップ プロ
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル マウス 2.0
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル マウス 5000
  • Microsoft Natural Ergonomic Desktop 7000
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル デスクトップ 3000
  • Microsoft Arc Mouse
  • マイクロソフト ベーシック オプティカル マウス
  • Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000
  • マイクロソフト コンフォート オプティカル マウス 1000
  • マイクロソフト コンフォート オプティカル マウス 3000
  • Microsoft Explorer Mouse
  • Microsoft Explorer Mini Mouse
  • Microsoft Mobile Memory Mouse 8000
  • マイクロソフト ノートブック オプティカル マウス 3000
  • マイクロソフト プレゼンター 3000
  • Microsoft SideWinder Mouse
  • マイクロソフト ワイヤード デスクトップ 500
  • マイクロソフト ワイヤレス インテリマウス エクスプローラ ウィズ フィンガープリント リーダー
  • マイクロソフト ワイヤレス インテリマウス エクスプローラ フォー ブルートゥース
  • Microsoft Wireless Laser Mouse 6000 v2.0
  • Microsoft Wireless Laser Mouse 7000
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー マウス 8000
  • Microsoft Wireless Mobile Mouse 3000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック プレゼンター マウス 8000
  • Microsoft Wireless Optical Mouse 1.0
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル マウス 2000
  • マイクロソフト ワイヤレス ホイール マウス
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック オプティカル マウス 3000
キーワード:?
dftsdahomeportal kbhardware KB266738
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com