マルウェアとウイルスの削除に関するマイクロソフトのリソースとガイド

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2671662 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料には、Windows ベースのコンピューターからマルウェアとウイルスを回避または削除する方法をユーザーが理解できるように、マイクロソフトが提供しているツールとリソースの一覧が記載されています。

現象

コンピューターでは、次のいずれかの現象が発生する場合があります。
  • コンピューターが通常よりも遅い、クラッシュする、または頻繁に応答を停止する。
  • ウイルス スキャナーや、タスク マネージャーなどの一部のシステム ツールを起動できない。
  • 一部の Web ページを開くことができない。 特に、Windows Update Web サイトなどのセキュリティ関連の Web ページを開くことができない。
  • 予期せず Web ブラウザーのホーム ページが変更されていて、ホーム ページを復元できない。
  • 定期的に予期しないポップアップ ウィンドウが表示される。
これらの現象は、コンピューターがマルウェアに感染していること示している場合があります。 ただし、同じ問題でも、マルウェアとは関係のないハードウェアまたはソフトウェアの問題を示していることもあります。 コンピューターの異常な動作の原因を判別することは困難であるため、この資料に記載されている情報を確認して、マルウェアが問題の原因であるかどうかを判別することを推奨します。 それにより、推奨されるツールとリソースを使用してマルウェアを削除することができます。

マイクロソフトのセキュリティ関連のツール

Microsoft Windows Update

Windows Update を実行すると、マイクロソフト ソフトウェア用の最新の更新プログラムを入手できます。更新プログラムには、毎月第 2 火曜日にリリースされるセキュリティ更新プログラムが含まれます。 詳細については、Microsoft Update Web サイトを参照してください。
Microsoft Update

Microsoft Security Essentials

Microsoft Security Essentials は無料で、ウイルス、スパイウェア、およびその他のマルウェアから家庭または中小規模企業のシステムを保護することができます。詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
Microsoft Security Essentials

Microsoft Safety Scanner

コンピューターがマルウェアに感染していると考えられる場合は、Microsoft Safety Scanner を実行することを推奨します。 このスキャンは無料で実行できます。お客様から寄せられる問題の多くは、このスキャンにより検出および削除されます。 Microsoft Safety Scanner を実行するには、以下のマイクロソフト Web ページを参照してください。
Microsoft Safety Scanner

Microsoft Windows Defender Offline Beta

Windows Defender Offline Beta は、ルートキットを含む、悪意のある、または迷惑を及ぼす可能性があるソフトウェアを検出して削除することができます。詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
Windows Defender Offline Beta

Microsoft Windows セキュリティ センター

Windows セキュリティ センターを実行すると、コンピューター上のセキュリティに関する複数の重要事項の状態を確認できます。 これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、「セキュリティ状態の確認」と入力し、[セキュリティ状態の確認] をクリックします。 Windows セキュリティ センターの詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
Windows セキュリティ センターを使用する

Windows ファイアウォール

Windows ファイアウォールは、サポート対象のほとんどのバージョンの Microsoft Windows に内蔵されています。 Windows ファイアウォールは、悪意のあるユーザーからコンピューターを保護するのに役立ちます。詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
Windows のファイアウォールのバージョン
ファイアウォール: よく寄せられる質問

マイクロソフトのセキュリティ関連の情報センター

Microsoft Consumer Security Support Center

Microsoft Consumer Security Support Center では、セキュリティ製品、詐欺、セキュリティ更新プログラムの問題、および脅威のスキャニング、検出、および削除に関する情報を提供しています。
Consumer Security Support Center

Microsoft Malware Protection Center

Malware Protection Center (MMPC) では、ウイルス、スパイウェア、および他の迷惑を及ぼす可能性のあるソフトウェアに対する保護に関する情報を提供しています。 また MMPC では、以下の製品に対する中核的なマルウェア対策テクノロジ (これにはスキャン エンジンとマルウェアの定義の更新が含まれます) も提供しています。
  • Forefront Server Security
  • Forefront Client Security
  • Microsoft Security Essentials
  • Windows Safety Scanner
  • Microsoft DaRT
    Windows Defender
  • 悪意のあるソフトウェアの削除ツール
詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
Malware Protection Center

Microsoft Malware Protection Center Encyclopedia

現在上位を占める脅威の詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
MMPC Encyclopedia

ウイルスとセキュリティ サポート ページ

ウイルスとセキュリティ サポート ページでは、ウイルスの検出と削除に役立つ無料のツールを提供しています。 これらのツールを使用すると、防御を強化し、ウイルスなどのセキュリティの脅威からコンピューターをセキュリティで保護することもできます。
ウイルスとセキュリティ サポート ページ

Microsoft セーフティとセキュリティ センター

Microsoft セーフティとセキュリティ センターには、お使いのコンピューター、ノート PC、またはモバイル デバイス用のセキュリティ スキャナー、ツール、および安全ガイドに関する情報が掲載されています。詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
Microsoft セーフティとセキュリティ センター

セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート ページには、ウイルスの検出と削除に役立つ無料のツールに関する情報が掲載されています。 このサポート ページには、防御を強化し、ウイルスなどのセキュリティの脅威からコンピューターをセキュリティで保護する方法に関する情報も記載されています。詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

マイクロソフトのセキュリティ関連のサポート技術情報

129972 コンピューター ウイルス: 解説、予防、および回復
822158 現在サポートされているバージョンの Windows を搭載しているエンタープライズ コンピューターでウイルス スキャンを行う場合の推奨事項
962007 Win32/Conficker ワームに関するウイルス対策情報
959318 添付されている実行可能ファイルはマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムであると主張する詐欺の電子メール メッセージが送信されてくる

詳細

コンピューターの感染を防止するために実施できる対策

コンピューターがマルウェアから完全に保護されることを保証できる方法はありません。 ただし、リスクを軽減するために実施できる手順があります。詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
マルウェア対策を強化してコンピューターを保護する方法

フィッシング詐欺メール メッセージ、リンクまたは電話を識別する方法

フィッシング詐欺の電子メール メッセージ、Web サイト、または電話は、お金を盗むことを目的としています。 これらの脅威を認識する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
フィッシング詐欺メール メッセージ、リンクまたは電話を識別する方法

偽のウイルス警告におよび悪意のあるセキュリティ ソフトウェアに関する情報

悪意のあるセキュリティ ソフトウェア ("スケアウェア" とも呼ばれます) は、役に立つように見えますが、 セキュリティ機能を提供することはほとんどなく、誤った警告や誤解を招く警告を表示したり、ユーザーを不正な行為に参加させようとしたりします。詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
偽のウイルス警告に対する注意

Windows ベースのコンピューターがマルウェアに感染した場合ヘルプを受ける方法

マルウェアに感染したシステムにさらなるヘルプが必要であり、現在米国内にお住まいの場合は、Microsoft Answer Desk からウイルス関連のサポートを受けることができます。
Answer Desk
米国以外にお住まいの場合は、ウイルスとセキュリティ サポート ページにアクセスしてください。
ウイルスとセキュリティ サポート ページ
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2671662 - 最終更新日: 2013年1月16日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows 7 Enterprise
    • Windows 7 Professional
    • Windows 7 Ultimate
    • Windows 7 Home Premium
    • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 R2 Standard
    • Windows Server 2008 R2 Enterprise
    • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
    • Windows Server 2008 Datacenter
    • Windows Server 2008 Enterprise
    • Windows Server 2008 Standard
    • Windows Web Server 2008
  • Windows Vista Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Vista Business
    • Windows Vista Enterprise
    • Windows Vista Home Basic
    • Windows Vista Home Premium
    • Windows Vista Starter
    • Windows Vista Ultimate
    • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
    • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
    • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
    • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
    • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB2671662
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com