Microsoft.NET Framework の修復ツールが利用可能

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2698555
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft.NET Framework の修復ツールは、Microsoft.NET Framework セットアップまたは更新プログラムに影響を与える、頻繁に発生する問題を検出します。ツールはこれらの問題を解決する既知の修正プログラムを適用することによって、または破損している、サポートされている.NET Framework のバージョンのインストールを修復しようとします。このツールは、使いやすいウィザード ベースのユーザー インターフェイス (UI)。また、事前の多くのオプションとコマンド ・ ラインの使用法もサポートします。

マイクロソフトは、Microsoft.NET Framework の修復ツールの次の更新されたバージョンを公開しました。
最新バージョン
最終更新日: 03/13/2014
バージョン 1.2のリリース:
バージョン: 4.5.52207.36207
サポートされている言語: 英語 (米国)

バージョン 1.2 のリリースに含まれる変更

  • モードとパッシブ モードのサイレント ツールのコマンドラインのサポートが追加されています。ここでは、このツールでは UI モードでのみ実行する必要はありません。したがって、タスクを自動化できます。
  • このツールは.NET Framework 4.5 および.NET Framework の 4.5.1 になりました。したがって、修正して修復もこれらの製品に適用できます。
  • 特定の.NET Framework のバージョンを同時にインストールされているその他のバージョンの修復をオーバーライドの修復を有効にするのには、オプションのコマンド ライン スイッチが追加されます。
  • 修復ツールで生成されたログ ファイルを今すぐ必要に応じて保存をユーザーが指定した場所にコマンド ライン オプションを使用しています。この新しいオプションは、サイレント モードまたはパッシブ モードでの UI モードおよび%temp%フォルダー内の現在のユーザーのデスクトップには、既定の場所を上書きします。

    メモ ログをサイレント モードまたはパッシブ モードでツールを実行するには、このオプションを使用して、指定した場所に保存することをお勧めします。
  • 新しいオプションでは、修理または修正プログラムを適用することがなくログ収集のみのモードでの修復ツールを実行できます。収集し、実際に適用する前に、ログを調査するための柔軟性の修正を提供します。
  • サイレント モードまたはパッシブ モードでは、データの収集を選択できるようにする、新しいオプションのサポートが追加されます。
  • ソフトウェア更新プログラムは、ツールの安定性の向上および他に.NET Framework のセットアップの失敗の原因を修正します。

注:
  • .NET Framework の修復ツールは英語版のみです。
  • サポートされているプラットフォームと.NET Framework のバージョンは、セクションの「対象製品」に記載されています。

ダウンロード情報

最新バージョンの.NET Framework の修復ツールは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロードできます。
Microsoft.NET Framework の修復ツール

このツールのコマンド ライン オプションをサポート

元に戻す全体を表示する
標準オプションオプションの説明利用状況
/? ヘルプ/ヘルプ情報を表示します。NetFxRepairTool.exe/しますか?
/qサイレント モード。ユーザーとの対話は必要ありませんし、ツールのすべての修正と修復しようとするし、ログ ファイルを保存します。
/Qのオプション""および"/p"は相互に排他的です。
NetFxRepairTool.exe/q
/p パッシブ/または無人モード。進行状況バーのみが表示されます。
/Qのオプション""および"/p"は相互に排他的です。
NetFxRepairTool.exe/p
/a または、 /addsourceオフライン修復モードです。修復に必要な再頒布可能ファイルのセットアップは、ネットワーク共有またはフォルダーのパスに"/addsource"フラグが指定されているからコピーされます。これは、通常はツールは、切断またはロックダウン環境で動作しているときに。NetFxRepairTool.exe/aフォルダーのパス>

例:
NetFxRepairTool.exe/a"\\SharePc\ShareFolder"
/r または、または修復修復操作をオプションで指定された製品の基準のセットを対象にスコープ設定されます。このオプションを指定しない場合は、ツールはインストールされている.NET Framework のバージョンはサポートされているすべての修復を試みます。
"/修復」オプションが [なし] の値とを単に適用の修正プログラムや、製品基準の修復の実行をスキップ使用もできます。値"None"とは、このオプションを使用する、「/addsource」オプションしない指定していますください。
このオプションは、サイレント モードまたはパッシブ モードでのみ使用できます。
NetFxRepairTool.exe/rversion1>;バージョン 2>

バージョンの値がサポートされている: 、.net35、.net4、.net45、.net451、なし

例を示します。
NetFxRepairTool.exe/q/r .net4
NetFxRepairTool.exe/q/r .net35;。net45
/l または/logs必要に応じて、このツールによって生成されたログ ファイル キャビネット (FixDotNet*.cab) の目的のフォルダーのパスを設定します。(このオプションは指定しない) を既定の CAB ファイルの場所は、現在のユーザーのデスクトップ] フォルダー。NetFxRepairTool.exe/lフォルダーのパス>

例:
NetFxRepairTool.exe/l"%temp%"
/c または/collectonlyログ収集モードのみです。このモードにより、ログのコレクションを.NET Framework のセットアップに関連するトラブルシューティングに便利ですが。このオプションが指定されている場合は、修理または修正の操作は実行されません。
このオプションは、サイレント モードまたはパッシブ モードではあり、他のすべての操作が表示されなくなります。
NetFxRepairTool.exe/q/c
または
NetFxRepairTool.exe/p/c
/n または/noceipconsentマイクロソフトへのフィードバック情報を送信することができます。既定 (フラグを指定しない)、利用状況データをマイクロソフトに送信するユーザーがオプトインを前提としています。
このオプションは、サイレント モードまたはパッシブ モードでのみ使用できます。
NetFxRepairTool.exe/q
または
/P/n の NetFxRepairTool.exe

詳細

修復ツールのオプション

.NET Framework の修復ツールの 4 つの手順に従います。
  1. セットアップの問題をトラブルシューティングしようとしています。
  2. 修正プログラムが適用されます (ユーザーの同意が必要)
  3. すべての.NET Framework のバージョンを修復しようとしています。
  4. ログの収集 (ユーザーの同意が必要)
ツールが 1 つまたは複数を変更する、.NET Framework のインストールされているバージョンです。たとえば、それがの状態は、コンピューターに Windows インストーラーの修正、特定のフォルダーを随意アクセス制御リスト (Dacl) をリセットまたは、無効なまたは壊れた更新登録に関連する問題を解決します。

オフライン サポート

.NET Framework の修復ツールは (「修復ツールのオプション」セクションでは、プロセス ステップ 3) コンピューターにインストールされている、.NET Framework のバージョンを修復するオプションを提供します。このツールは修復時に使用できる以前のバージョンの再頒布可能ファイルが必要です。既定では、ツールはこれらのパッケージを修復中に、インターネットからダウンロードします。使用してインターネットに接続する必要があります、コンピューターが制限されている場合、修復のためオフライン モードです。これを行うにを次の例に示すように、再頒布可能ファイルを含むフォルダーのパスの/addsourceオプションを指定します。
NetfxRepairTool.exe /addsource \\SHARE_PC\SHARE_FOLDER
見つからない場合は、修復ツールは、必要なファイルをインターネットからダウンロードすると、指定したフォルダーに再配布可能なです。必要なファイルをダウンロードできない場合は、修復ツールでこれを実行できません。.NET Framework の再頒布可能ファイルを次の表に示します。

元に戻す全体を表示する
バージョンおよびプロファイルアーキテクチャインストーラーのファイル名URL
.NET Framework の 4.5.1x 64 の x86NDP451-KB2858728-x86-x64-AllOS-ENU.exehttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=321332
.NET Framework の 4.5x 64 の x86dotNetFx45_Full_x86_x64.exehttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=255995
The .NET Framework 3.5 SP1, the .NET Framework 3.0 SP2, the .NET Framework 2.0 SP2(.NET Framework 3.0、および 3.5 がインストールされている場合)x 64 の x86dotnetfx35.exehttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=259762
.NET Framework 4 のクライアントのプロファイルx86dotNetFx40_Client_x86.exehttp://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=247966
.NET Framework 4 のクライアントのプロファイルx 64 の x86dotNetFx40_Client_x86_x64.exehttp://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=247965
.NET Framework の 4 フルx86dotNetFx40_Full_x86.exehttp://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=247964
.NET Framework の 4 フルx 64 の x86dotNetFx40_Full_x86_x64.exehttp://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=247962
(3.0、および 3.5 のバージョンがインストールされていない) 場合に、.NET Framework 2.0 SP2x64NetFx20SP2_x64.exehttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=259767
(3.0、および 3.5 のバージョンがインストールされていない) 場合に、.NET Framework 2.0 SP2x86NetFx20SP2_x86.exehttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=259766

クワイエット ・ モードとパッシブ モード

サイレント モードまたはパッシブ モードでツールを実行することによって、修復ツールのすべての機能を自動化できます。これにより、ツールを実行するユーザーとの対話を必要としないのです。これは、管理者ことができます (コマンド ・ ラインを使用してツールを構成しても指定した場所にログを収集するシステムで、大規模な環境で特に便利です。

データの収集

.NET Framework の修復ツールはインストールの診断データを収集するだけでなく、ツールの使用に関する情報を収集します。使用状況に関する情報は、.NET Framework の修復ツールの品質を向上させるために使用し、インストール データは、.NET Framework セットアップの向上に使用されます。この情報のマーケティングを使用すると第三者に販売されます。詳細については、「Microsoft.NET Framework 修復ツールのプライバシーに関する声明」を参照していますください。このステートメントは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Microsoft.NET Framework 修復ツールのプライバシー ステートメントをダウンロードします。
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

メモ データ収集機能は、.NET Framework のインストール ログの圧縮された cab ファイルを作成します。ツールのログを処理した後、という"FixDotNet*.cab"またはそのような .cab ファイルが作成され (UI モードで実行される) 場合、現在のユーザーのデスクトップに、または指定された場所に保存されます。ウィザードで [完了] をクリックすると、ツール、.cab ファイルを含む、ログを Microsoft に送信します。

FixDotNet*.cab ファイルはマイクロソフトにデータを送信するかどうかに関係なく、デスクトップ (または指定した場所) にまだ。

使用しているときに、"/q」オプションをお勧めもエンタープライズ シナリオをサポートするためには、ネットワーク共有または特定の場所にログを保存するには、「ログ」オプションを使用すること。

元に戻す画像を拡大する
ウィザードで [完了] をクリックすると、ツールは、ログを Microsoft に含まれている CAB ファイルを送信します。

以前のバージョン

リリース: v1.1
サポートされている言語: 英語 (米国)
V1.1 の拡張のサポート、.NET Framework 3.5 SP1 が (を含む、.NET Framework 3.0 SP2 と.NET Framework 2.0 SP2) を解放します。V1.1 のリリースは、制限のあるコンピューターのインターネット接続がないオフラインのサポートも追加されます。

リリース: v1.0
サポートされている言語: 英語 (米国)
V1.0 のリリースには、.NET Framework 4 とその更新プログラムをサポートするツールの最初のバージョンでした。

影響を受ける構成

.NET Framework の修復ツールを使用するには、次の構成のセットアップの問題を解決します。
  • 以下のオペレーティング システムの.NET Framework 4.5.1。
    • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
    • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)
    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
  • 以下のオペレーティング システムの.NET Framework 4.5。
    • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
    • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)
    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
  • 以下のオペレーティング システムの.NET Framework 4:
    • Windows XP Service Pack 3 (SP3)
    • Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2)
    • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
    • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)
    • Windows 7
    • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
    • Windows Server 2008 R2
    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
  • 以下のオペレーティング システムの.NET Framework 3.5 SP1。
    • Windows XP Service Pack 3 (SP3)
    • Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2)
    • Windows Server 2003 R2 Service Pack 2 (SP2)
    • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
    • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)
  • 以下のオペレーティング システムの.NET Framework 3.0 SP2。
    • Windows XP Service Pack 3 (SP3)
    • Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2)
    • Windows Server 2003 R2 Service Pack 2 (SP2)
  • 次のオペレーティング システム上の.NET Framework 2.0 SP2 :
    • Windows XP Service Pack 3 (SP3)
    • Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2)
    • Windows Server 2003 R2 Service Pack 2 (SP2)

プロパティ

文書番号: 2698555 - 最終更新日: 2014年4月29日 - リビジョン: 28.0
キーワード:?
kbexpertiseinter kbsurveynew atdownload kbmt KB2698555 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2698555
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com