文書番号: 2769651 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Office Outlook 2007年、Microsoft Outlook 2010、または Microsoft Outlook 2013 でのクイック検索を使用すると、次のメッセージが表示されます。
一致項目は見つかりません。

また、期待どおりの結果の一部だけが返される可能性があります。表示するかどうかは、インデックスの作成状況ダイアログ Outlook で、次のメッセージが表示ことがあります。

検索結果可能性がありますいない完全なアイテムは、インデックスを作成しても。

これは、一致項目の検索条件が含まれている Windows デスクトップ検索 (WDS) がインデックス、Outlook のデータ (.pst) ファイルまたはオフライン Outlook データ (.ost) ファイルに設定されている場合でもに発生します。

解決方法

Outlook のクイック検索のトラブルシューティング、次の手順を実行。

インデックス作成が完了していることを確認します。

Outlook 2007
Outlook 2007 ではインデックスの作成が完了したことを確認するこれらの手順に従います。
  1. Outlook では、[ツール]、[クイック検索] をクリックし、[クイック検索] をクリックします。
  2. Microsoft Office Outlook のダイアログ ボックスが表示されたら、次が表示されます。

    すべてのアイテムのインデックス作成が完了しました。
    到着したときに、新しいアイテムはインデックスです。
    残りの項目が 0 で"メールボックス -ユーザー名>"
    0 個のアイテムが開いているすべてのメールボックスで残り。
Outlook 2010 および Outlook 2013
Outlook 2010 および Outlook 2013 でのインデックス作成が完了したことを確認するこれらの手順に従います。
  1. Outlook では、[検索] ボックスをクリックします。
  2. [検索] タブをクリックして、[検索ツール] メニューし、インデックス作成の状態] をクリックします。
  3. [インデックスの状況] ダイアログ ボックスが表示されたら、次を参照してください。

    すべてのアイテムのインデックス作成が完了しました。
    0 個のアイテムがインデックスに残っています。
すべてのアイテムのインデックス作成が完了しません、する場合、5 分間待ってから、再び確認し、インデックスに必要な残りの項目に注意してください。項目の数が減らない場合は、次のセクションの手順を使用してトラブルシューティングを続行します。

インデックスのオプションが正しく構成されていることを確認します。

Outlook をインストールすると、.msg ファイルの種類がOffice Outlook メッセージ IFilterに関連付けられています。このフィルターは、Outlook のデータ (.pst) およびオフライン Outlook データ (.ost) ファイルに格納されている WDS のインデックス項目を使用できます。Outlook は、プロファイルがExchange キャッシュ モードの使用が有効になっているが Microsoft Exchange のアカウントへの接続に構成されている場合にのみ、オフライン Outlook データ (.ost) ファイルを使用します。

Outlook を既に構成している場合、Exchange を使用するアカウントをExchange キャッシュ モードの使用が有効になっているか、または持つは、.pst ファイルを使用して、Exchange 以外の電子メール アカウントを使用して、インデックス作成オプションが正しく構成されているかどうかを確認する手順に従います。

  1. Outlook を終了します。
  2. インデックス作成のオプションを開きます。

    Windows 8: で

    [ Start ] 画面で、インデックスのオプションを入力検索] の下の [設定] をクリックし、[インデックスのオプション] をクリックします。

    Windows vista および Windows 7 の


    開始をクリックして型 インデックス作成のオプション検索の開始ボックス、およびEnterキーを押します。

    注: 場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または許可] をクリックします。

    Windows XP で

    [スタート] ボタンを設定、[コントロール パネル] をクリックします。

    インデックスのオプション] をダブルクリックします。

    メモ コントロール パネルがカテゴリの表示と [パフォーマンスとメンテナンス]、[インデックスのオプションを開きます。
  3. インデックスのオプション] ダイアログ ボックスで、[詳細を] をクリックします。
  4. ファイルの種類] タブをクリックします。
  5. メッセージが表示されるまで下にスクロールします。
  6. [メッセージを] をクリックします。
  7. インデックスのプロパティとファイルの内容のオプションが有効になっているかどうかを確認します。
  8. [Ok]をクリックします。
  9. [閉じる] をクリックします。

メモ フィルターの説明列には、 Office Outlook の MSG の IFilterを表示するかどうかを確認します。Office Outlook メッセージ IFilter フィルターの説明] 列が表示されない場合、Windows の検索サービスが正しく機能していないまたは Microsoft Outlook でした正しくインストールされないフィルター。この問題のヘルプについてマイクロソフトのサポートに問い合わせてください。

Outlook のデータは、インデックスに含まれるかどうかを確認します。

このセクションでは、Outlook のデータはインデックスを作成していることを確認する方法を示します。電子メール メッセージで検索する語句を検索する Windows の検索を使用してください。

メモ このテストは、Outlook 2013 には適用されません。Outlook 2013 では Windows デスクトップ サーチを使用して Outlook アイテムを検索する機能をブロックします。

電子メール メッセージが返されない場合は、[Outlook データ ファイルのインデックスを作成しているかどうかを確認するこれらの手順に従います。
  1. Outlook を終了します。
  2. インデックス作成のオプションを開きます。

    Windows 8: で

    [ Start ] 画面で、インデックスのオプションを入力検索] の下の [設定] をクリックし、[インデックスのオプション] をクリックします。

    Windows vista および Windows 7 の


    [スタート] ボタン、インデックスのオプションを [検索の開始ボックスに入力し、 Enterキーを押します。

    注: 場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または許可] をクリックします。

    Windows XP で

    [スタート] ボタンを設定、[コントロール パネル] をクリックします。

    インデックスのオプション] をダブルクリックします。

    メモ コントロール パネルがカテゴリの表示と [パフォーマンスとメンテナンス]、[インデックスのオプションを開きます。
  3. [インデックスのオプション] ダイアログ ボックスで、 Microsoft Outlook含まれる場所] 列に表示されていることを確認します。
  4. Microsoft Office Outlookが表示されない場合、[変更] をクリックし、Outlook の横のチェック ボックスを有効にする] をクリックします。
  5. [Ok]をクリックします。
  6. [閉じる] をクリックします。
予期されたデータ ファイルから結果を返す、Outlook が構成されているを確認するには、以下の手順を実行します。

Outlook 2007

  1. Outlook を起動します。
  2. [ツール] メニューや、[クイック検索] をクリックします。 [検索オプション] をクリックします。
  3. 追加またはデータ ファイルを削除する] をクリックします。
Outlook 2010 および Outlook 2013

  1. Outlook を起動します。
  2. [検索] ボックスをクリックします。
  3. [検索] タブをクリックして、[検索ツール] メニューし、[検索する場所] をクリックします。
  4. 追加またはデータ ファイルを削除する] をクリックします。

検索範囲を確認します。

Outlook を特定のデータ ファイルから結果を返すことができます、場合でも、検索範囲、さらに検索を制限します。検索範囲は、即時の検索を実行することに影響します。現在の検索の検索範囲を確認するには、以下の手順を実行します。
Outlook 2007
Outlook 2007 では、検索範囲を確認するこれらの手順に従います。
  1. Outlook では、すべてのメール アイテムの横のドロップダウン矢印をクリックします。
  2. 追加またはデータ ファイルを削除する] をクリックします。
Outlook 2010
Outlook 2010 では、検索範囲を確認するこれらの手順に従います。
  1. Outlook では、[検索] ボックスをクリックします。
  2. [検索] タブをクリックします。
  3. グループのスコープは、現在のスコープを示します。これは、次のいずれかになります。

    すべてのメール アイテム
    現在のフォルダー
    すべてのサブフォルダー
    すべての Outlook アイテム
Outlook 2013
Outlook 2013 での検索の範囲を確認するこれらの手順に従います。
  1. Outlook では、[検索] ボックスをクリックします。
  2. [検索] タブをクリックします。
  3. グループのスコープは、現在のスコープを示します。これは、次のいずれかになります。

    すべてのメール アイテム
    現在のフォルダー
    すべてのサブフォルダー
    すべての Outlook アイテム

さらに、Outlook 2013 では、検索ボックスの横の矢印をクリックしてスコープを変更してもできます。

Outlook 2013 では、既定のスコープを変更することもできます。Outlook 2013 では、既定のスコープを変更するには、以下の手順を実行します。
  1. ファイルをクリックし、[オプション] をクリックします。
  2. Outlook の [オプション] ダイアログ ボックスで、[検索] をクリックします。
  3. [結果セット、の結果のみを含める:には、次のいずれか。

    現在のフォルダー
    現在のフォルダー。現在のメールボックスの受信トレイから検索するとき
    現在のメールボックス
    すべてのメールボックス

インデックスの作成が完了していません。

インデックスの作成と、残っているように見えるが完了していない場合、検索カタログを再構築します。カタログの再構築、以下の手順を実行します。

  1. Outlook を終了します。
  2. インデックス作成のオプションを開きます。

    Windows 8: で

    [ Start ] 画面で、インデックスのオプションを入力検索] の下の [設定] をクリックし、[インデックスのオプション] をクリックします。

    Windows vista および Windows 7 の


    [スタート] ボタン、インデックスのオプションを [検索の開始ボックスに入力し、 Enterキーを押します。

    注: 場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または許可] をクリックします。

    Windows XP で

    [スタート] ボタンを設定、[コントロール パネル] をクリックします。

    インデックスのオプション] をダブルクリックします。

    メモ コントロール パネルがカテゴリの表示と [パフォーマンスとメンテナンス]、[インデックスのオプションを開きます。
  3. インデックスのオプション] ダイアログ ボックスで、[変更] をクリックして、Outlook の横のチェック ボックスをオフにする] をクリックしますおよび [ OK] をクリックします。
  4. インデックスのオプション] ダイアログ ボックスで、[詳細を] をクリックします。
  5. [詳細オプション] ダイアログ ボックスで、[リビルド] をクリックします。
  6. [Ok]をクリックします。
  7. [閉じる] をクリックします。
Outlook データ ファイルをインクルードせずが終了すると、インデックス作成の場合は Outlook のクイック検索の相談を要求する Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。

インデックス処理が完了しない場合は、Windows デスクトップ サーチの相談を要求する Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。

Outlook のエラーがアプリケーション ログに

Outlook は、特定のイベントは検索関連の問題のトラブルシューティングに役立つ、アプリケーション ログにログオンできます。これらのエラーを表示するには次のように実行します。 eventvwr.msc イベント ビューアーを起動します。

次の一覧からすべてのエラーを比較します。

元に戻す全体を表示する
イベント IDイベント説明
29メールボックスの再作成します。「ストア<mailbox-name></mailbox-name>再プッシュ中です、インデクサーには次の理由:<reason></reason>です」。

Outlook にはメールボックスは再完全に次の理由のいずれかが表示されます。

インデクサーへの最初の接続
このメールボックスが実行されていない Outlook 2007 + のインデックス処理は有効に

新しく作成したストア
これは、新しく作成されたメールボックスです。

インデックスのリセット、店舗全体を再プッシュ
Outlook の検出、インデクサーのカタログがリセットされました。多くの場合、以下の 31 のイベントと発生します。

MAPI の開始ページを削除
ユーザーが Outlook のメールをインデックスに選択されていた、または、初めてのユーザーは、Outlook が実行
30メールボックスを調整します。ストアは、 <mailbox-name></mailbox-name> 、次の理由により、インデクサーを整合中です:<reason></reason>です」。

Outlook は、メールボックスの「調整」をトリガーする理由です。Outlook が現在インデックス付けされていないと、インデクサーは、インデックスを作成するように依頼するすべてのアイテムを検索します。次の理由のいずれかが表示されます。

以前のバージョンで、ストアを最後に開いた
このメールボックスを最後に開いたで、以前のバージョンの Outlook です。メールボックスへの変更が行われました加えなくてマイナー インデックス再構築を修正する

別のマシンで、ストアを最後に開いた
メールボックスを別のコンピューターに最後に開いたOutlook にこのコンピューターには、検出メールボックスに変更が加えられたかどうかに必要と

インデックス作成が無効になっているし、再度有効に
電子メールのインデックス作成が既に無効になっています。かどうか、インデックス作成が無効になっているときに変更が加えられてを検出する必要がありますが再び有効になった

調整中に、アップグレードする前に再起動します。
調整が以前を実行しているときに Outlook の最後のシャット ダウンは。ところ調整は再開します。
31カタログのリセットストアは、 <mailbox-name></mailbox-name> 、カタログの再構築が検出されました"。

(別名カタログ」)、Windows サーチのインデックスが再構築されたは全体、メールボックスを再作成する Outlook を強制します。これは、インデックス作成のオプション コントロール パネルに入ると、「再構築」ボタンをクリックするユーザーが発生する場合、または可能性がありますまれな状況で、インデクサーのカタログが不可能に破損しています。
32カタログのチェックポイントストアは、 <mailbox-name></mailbox-name> 、カタログ チェックポイントが検出されました"。

Windows 検索からチェックポイントが検出されましたこれは通常と (ほぼ毎日) 定期的に実行します。
33チェックポイントのロールバックストアは、 <mailbox-name></mailbox-name> 、カタログ チェックポイント ロールバックが検出されました"。

Windows の検索をすべてのメール ・ サイン カタログ、最後のチェックポイントは再作成する Outlook を要求しました。インデクサーの可能性がなくクリーンにシャット ダウンまたは発生、マイナー破損が必要です。場合は、すべて適切に機能して、メール アイテムは失われません、ロールバックが完了すると
34CSM の接続エラーエラーのためクロール範囲マネージャーの取得に失敗しました =<error code=""></error>です」。

クロール範囲マネージャー (CSM); への Windows 検索 Api にアクセスできませんでした。エラーここでは、インデクサーによって生成し、多くの場合、破損している CSM を加えなくては完全なリセットし、再インストールを修復します。 Windows の [検索の破損している、CSM を通常を示しますエラー 0x00000001
35CSM の検索エラーストアがクロール範囲かを判断できませんでした (エラー =<error-code></error-code>) です」。

Outlook は CSM に接続されているが、特定のストアをインデックス化するかどうかを確認できませんでした。
36エラーのバックオフを入力します。Outlook の検索でエラーが発生し、ストアのインデックス処理が無効に一時的に<mailbox-name></mailbox-name>(エラー =<error-code></error-code>) です」。

Outlook は Windows サーチから重大なエラーを受信し、インデクサーにプッシュ アイテムを一時的に停止していることによって自体を保護Outlook が定期的をチェックして、インデクサーを確認のかどうか、エラーがクリアされます。Outlook 2007 の SP1 のみ
37エラーのバックオフを残すOutlook の検索はストアのインデックス作成を有効に再<mailbox-name></mailbox-name>です」。

エラー バックオフの前のイベントがクリアされましたし、通常のインデックス作成は再開されますが検出されましたOutlook 2007 の SP1 のみ

メモ ほとんどのこれらのイベントは、メールボックス固有です。このため、ログインしている複数回、各マウントされているメールボックスの 1 回あります。また、いくつかのイベントを提供が役に立つ duing 固有のエラー コードは、デバッグします。36 および 37 のイベントは、Outlook 2007 RTM (製造へのリリース) にも同様の現象が発生するは、Outlook 2007 SP1 およびそれ以降のバージョンでのみ記録されます。

Outlook を有効にするログ記録の検索

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
Microsoft Outlook でのログの検索を有効にするには、16 進数で、次のレジストリ値を設定します。
パス:HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\Search

場所 xx.0 Outlook 2007 12.0 と 14.0 の Outlook 2010 では、Outlook 2013 15.0 は
DWORD:EnableLogging
値: ffff0000

次の場所では、ログ ファイルが生成されます。

%TEMP%\outlook のログ出力 \

すべてのアカウントには、ログ ファイルまたはデータ ファイルを Outlook プロファイルに表示可能性があります。次の一覧には、ログ ファイルの説明が含まれます。

Outlook。 をOutlookできます、任意のストアの名前などの ost.log ・アーカイブ フォルダーします。これは、最も有用なログ filefor エラーのインデックスです。
Outlook.ost-qp.log - このログ ファイルは、照会中に発生したエラーを診断するのに便利です。
Outlook.ost-reconciliation.log - このログ ファイルは、Outlook の調整 proceess で実行されるタスクについて説明します。
SemThing.log - このログ ファイルは、クエリの構文エラーの診断に使用されます。

詳細

Outlook のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、検索、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
クイック検索のアイテムを検索できません。
http://office.microsoft.com/en-us/outlook-help/instant-search-is-not-finding-items-HA010198085.aspx

署名または暗号化電子メールのデジタルの検索

Outlook は、デジタル署名または暗号化された電子メール メッセージの本文をパッケージ化により、封筒情報だけがインデックスを付けます。Outlook 2007 では、本文はデジタル署名され暗号化メールのメッセージにインデックスが作成されません。ただし、Outlook 2010 および Outlook 2013 はインデックス デジタル署名された電子メール メッセージの本文は、クリア テキストの署名暗号化技術が使用される場合。これは、符号化署名付きメッセージには適用されません。

デジタル署名と暗号化のテクノロジについての詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

公開キー暗号をについてください。
http://office.microsoft.com/en-us/outlook-help/redir/XT010335711.aspx

プロパティ

文書番号: 2769651 - 最終更新日: 2014年4月2日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Outlook 2010
  • Microsoft Outlook 2013
キーワード:?
kbmt KB2769651 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2769651
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com