文書番号: 280504 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Excel 起動時の問題は、いくつかの理由によって発生します。この資料では、起動に関する問題の原因のトラブルシューティング方法と、問題を修正するための対処方法について説明します。また、既知の起動に関する問題について詳細に説明している他のサポート技術情報へのリンクも含まれています。

注: 問題が発生する直前に新しいソフトウェアのインストールや更新を行っていた場合は、そのインストールが問題と直接関連している可能性があるため、記録を残しておくことが重要です。この情報は、この資料で問題が解決できず、マイクロソフト製品サポート サービスに問い合わせる必要が生じた場合に役立ちます。

詳細

Microsoft Excel を起動したときに、次のいずれかの理由で問題が発生する場合があります。
  • Excel プログラムのショートカットが破損しています。
  • Excel 起動フォルダーまたは代替起動フォルダーに問題のあるファイルが含まれています。
  • 他のプログラムと競合しています。
  • Microsoft Office のコア ファイルのバージョンが正しくありません。
  • Excel ツール バー ファイル (*.xlb) または Excel .pip ファイルが破損しています。
  • [ツール] メニューのアドインが破損しています。
  • レジストリ キーが破損しています。
  • Excel ファイルを開くときに、その他の問題が発生します。
Microsoft Excel 起動時にエラー メッセージが表示される場合は、次のマイクロソフト Web サイトで、サポート技術情報を検索してまったく同じエラー メッセージを探します。
高度な検索
エラー メッセージが表示されない場合や、サポート技術情報でエラー メッセージに関する具体的な情報が見つからない場合は、次の情報を使用して Excel の起動に関する問題のトラブルシューティングを行います。

まず、問題の範囲を特定します。問題が発生するのが、ブック ファイルをクリックして Excel を起動するときなのか、それとも [スタート] ボタンから Excel を実行するときなのかを確認します。

Excel ファイルを開くときにのみ問題が発生する場合は、この資料の後の「Excel ファイルを開くときのその他の問題」を参照してください。それ以外の場合は、次に進みます。

Excel プログラムのショートカットが破損した

ショートカットを作成するには、「Fix it で解決する」に進みます。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。


Fix this problem
Microsoft Fix it 50268


注: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

注: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。


問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。


自分で解決する


元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Excel プログラムを起動するときにのみ問題が発生する場合は、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をポイントし、[ファイルやフォルダー] をクリックします。
  2. [ファイルまたはフォルダーの名前] ボックスに「Excel.exe」と入力します。
  3. [探す場所] ボックスの一覧の [マイ コンピューター] をクリックし、[検索開始] をクリックします。
  4. Excel.exe ファイルが見つかったら、ダブルクリックして Microsoft Excel を起動します。

    注: Excel.exe ファイルが通常配置されている場所は、インストールしているバージョンによって異なります。

    Microsoft Office Excel 2003

    C:\Program Files\Microsoft Office\Office11

    Microsoft Excel 2002

    C:\Program Files\Microsoft Office\Office10

    Microsoft Excel 2000

    C:\Program Files\Microsoft Office\Office

    Microsoft Office Excel 2007

    C:\Program Files\Microsoft Office\Office12

    Microsoft Office Excel 2010

    C:\Program Files\Microsoft Office\Office14
Excel が正常に起動する場合は、問題はプログラムのショートカットの破損によるものと考えられます。この問題を解決するには、Excel の起動に使用するショートカットを新規に作成します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Excel が正常に起動しない場合は、次の手順に従って Excel をセーフ モードで実行します。

Excel をセーフ モードで起動する

Excel をセーフ モードで起動するには、「自動で起動する」セクションに進んでください。自分で Excel をセーフ モードで起動するには、「自分で起動する」セクションに進んでください。

自動で起動する

Excel をセーフ モードで自動的に起動するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。

Fix this problem
Microsoft Fix it 50270

注: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

注: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分で起動する

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [参照] をクリックして、この資料で前述したように、Microsoft Excel がインストールされているフォルダーを検索します。
  3. Excel.exe ファイルが見つかったら、クリックして選択し、[開く] をクリックします。
  4. [名前] ボックスのパスの最後に、スペース 1 個と /s を入力し、行全体を次のように指定します。
    "C:\Program Files\Microsoft Office\Office\Excel.exe" /s
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

問題が解決されたかどうかの確認

Excel がセーフ モードで起動されているかどうかを確認します。Excel がセーフ モードで起動した場合、このセクションの作業は完了していることになります。Excel がセーフ モードで起動しない場合、サポートに連絡することができます。Excel が正常に起動する場合は、この資料の「その他のトラブルシューティング」で詳細を参照します。

Excel が依然として正常に起動しない場合は、他のプログラムとの競合が存在する可能性があります。この場合は、Windows をセーフ モードで再起動し、上記の手順を再度実行して Excel をセーフ モードで実行します。

Windows をセーフ モードで起動する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
156126 Safe モードを使用した Windows 95 のトラブルシューティング
192926 Windows 98 でクリーンブート トラブルシューティングを実行する方法
267288 Windows Millennium Edition でクリーン ブートを実行する方法
266169 Windows 2000 コンピューターのスタンバイ モード、休止状態モード、シャットダウンで発生する問題のトラブルシューティング方法
281770 Windows 2000 でクリーンブート トラブルシューティングを実行する方法

Windows がセーフ モードになり、Excel がセーフ モードで起動しない場合

Windows をセーフ モードで実行し、Excel を /s スイッチを使用して起動しても、Excel が起動しない場合、コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] を使用して Microsoft Office (またはスタンドアロンの Microsoft Excel) を削除します。詳細については、Windows のマニュアルを参照してください。

この手順が必要なのは、Windows と Excel の両方をセーフ モードで実行すると、Excel はプログラムの起動に必要な最も基本的なモードになるためです。これは、Excel の起動プロセスにその他のプログラムやファイルが使用されないということです。したがって、問題の原因は Excel の起動に使用される Office ファイルが破損していることと考えられます。Office (またはスタンドアロンの Excel) をいったん削除してから再インストールすると、この問題は解決されます。

Office 2000 の互換性のないファイルに関する問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
217440 Office 2000 プログラムを起動するとエラー メッセージが表示される
上記の資料を使用しても問題が解決できない場合や、Windows をセーフ モードで再起動すると Excel の起動に関する問題が解決される場合は、「その他のトラブルシューティング」セクションで詳細を参照してください。

その他のトラブルシューティング

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

/s スイッチの使用時に Excel が起動する場合

/s スイッチを使用したときに Excel が正常に起動する場合は、Excel のタイトル バーに "セーフ モード" と表示されます。これは、Microsoft Excel が、最初のインストール後初めて実行したときと同じ状態で実行されていることを示します。[既定の折りたたまれたセクションをここに記述してください。]

Excel を起動したら、消去法を使用して、セーフ モードの Excel では省略される次の領域を順次調べ、問題を修正します。

Excel 起動フォルダー

Excel 起動時に問題が発生する主な理由の 1 つに、複数の異なる起動フォルダーのいずれかから問題のあるファイルが読み込まれていることがあります。

注: XLStart フォルダーは他のプロファイルにある可能性もあります。または、一部のインスタンスのサーバーでリダイレクトされる可能性もあります。

240150 Excel 2000 での Excel 起動フォルダーの使用方法
291218 Excel 2002 での Excel 起動フォルダーの使用方法
822107 Excel での起動フォルダーの使用方法


Excel ツール バー ファイル


Excel のツール バー ファイルは破損することがあります。破損が発生すると、Excel 起動時に問題が発生する場合があります。この場合は、ツール バー ファイルを探して名前を変更します。ツール バー ファイルの名前を変更後、Excel を起動すると、新しいツール バー ファイルが再構築されます。

たとえば、ツール バー ファイル名が JoeUser8.xlb である場合、ファイル名を JoeUser8.old に変更します。次に Excel を起動し、ツール バーに変更を加えると、元のツール バー ファイルと同じ場所に新しい JoeUser8.xlb ファイルが作成されます。

Excel ツール バー ファイルおよびそれを識別する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
291074 Excel のツール バーをカスタマイズしても、既定のツール バーとツール バー ボタンが表示される
Excel を起動する際のその他のツール バーの問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
215366 メニューに [改ページ] コマンドを含む Excel 2000 の起動時にページ違反が発生する
Excel.pip ファイル

Excel では、使用されたメニューやコマンドが記憶され、最近使用されたメニューが最初に表示されます。使用されていないコマンドは、拡張可能なメニューで非表示になります。Excel では、この使用状況に関するデータが、メニューの表示方法の設定と共に、Excel.pip というファイルに格納されます。

このファイルは破損することがあります。ファイルが破損していると、Excel の起動時に問題が発生することがあります。この場合、Excel.pip ファイルを見つけて、ファイル名を変更します。ファイルの名前を変更後、Excel を起動すると、新しい .pip ファイルが再構築されます。Excel.pip ファイルを検索するには、Windows の検索機能を使用します。

Windows がセーフ モードのときに Excel が起動する場合

Windows がセーフ モードのときには Excel の起動に関する問題が発生しない場合は、Excel 起動プロセスの問題の原因は他のプログラムにあります。

消去法を使用して、問題の原因となっているプログラムを特定します。特定方法が不明な場合は、Windows をインストールしたベンダーに、Windows 起動時に読み込まれる個々のプログラムを消去する方法を問い合わせてください。

Windows の起動処理に関するトラブルシューティングを行う方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
281965 Windows 98 で Msconfig ユーティリティを使用してトラブルシューティングを行う方法
281995 Windows Millennium Edition で Msconfig ユーティリティを使用してトラブルシューティングを行う方法
281770 Windows 2000 でクリーンブート トラブルシューティングを実行する方法
310353 "クリーン ブート" 状態で起動するように Windows XP を構成する方法

[ツール] メニューのアドインが破損している

[ツール] メニューの [アドイン] をクリックします。クリックすることにより、オンになっているアドインのチェック ボックスをすべてオフにして、[OK] をクリックします。

COM アドインのレジストリ キーを削除する

COM アドインは任意の場所にインストールでき、Excel とデータをやり取りするプログラムによってインストールされます。Excel に関連して発生する問題を解決するには、COM アドインのレジストリ キーを削除し、Excel を再起動します。

COM アドインのレジストリ キーを自動的に削除する場合には、「自動で削除する」セクションに進んでください。自分で COM アドインのレジストリ キーを削除する場合には、「自分で削除する」セクションに進んでください。

自動で削除する



COM アドインのレジストリ キーを自動的に削除するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。


Fix this problem
Microsoft Fix it 50269


COM アドインのレジストリ キーを自動的に戻すには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。


Fix this problem
Microsoft Fix it 50272

注: この Fix it ソリューションはすべての言語で機能しますが、一部の言語では、ウィザードのテキストが英語になる場合があります。

注: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分で削除する

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリを変更する手順が記載されています。しかし、レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。したがって、これらの手順は慎重に実行する必要があります。万一に備えて、変更前のレジストリをバックアップしてください。これにより、問題が発生した場合にレジストリを復元することが可能になります。レジストリのバックアップ方法と復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
COM アドイン レジストリ キーを手動で削除するには、以下の手順を実行します。
  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Excel\AddIns
  4. [Addins] をクリックし、[ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックします。
  5. ファイルに "XLaddinHKCU.reg" という名前を付け、デスクトップに保存します。
  6. [AddIns] サブキーを選択し、[編集] メニューの [削除] をクリックします。削除を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  7. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\Excel\Addins

    注: 64 ビット版の Office (2010 のみ) を使用している場合
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\Excel\Addins
  8. [Addins] をクリックし、[ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックします。
  9. ファイルに "XLaddinHKLM.reg" という名前を付け、デスクトップに保存します。
  10. [AddIns] サブキーを選択し、[編集] メニューの [削除] をクリックします。削除を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  11. レジストリ エディターを終了します。
  12. Excel を起動します。
問題が解決した場合、COM アドイン プログラムが問題の原因であったと考えられます。レジストリ エディターで Addins の下のレジストリ キーを調べると、アドインの製造元がわかります。製造元がわかったら、更新プログラムについて問い合わせてください。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed


問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。

レジストリ キーが破損している場合

Excel を終了してから、レジストリ キーの名前を、たとえば excel から excel.old のように変更します。Excel を再起動すると、修復がトリガーされ、ユーザー設定が既定の設定になります。

一部のレジストリ キーを削除すると、Microsoft Office プログラムのカスタマイズされたユーザー設定がリセットされる場合があります。


カスタマイズされたユーザー設定をリセットする場合には、「自動でリセットする」セクションに進んでください。自分でカスタマイズされたユーザー設定をリセットする場合には、「自分でリセットする」セクションに進んでください。

自動でリセットする



カスタマイズされたユーザー設定を自動的にリセットするには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。
元に戻す全体を表示する
Excel カスタム レジストリ キーをすべて削除する削除された Excel カスタム レジストリ キーを置き換える
Fix this problem
Microsoft Fix it 50274
Fix this problem
Microsoft Fix it 50275

注: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

注: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分でリセットする

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリを変更する手順が記載されています。しかし、レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。したがって、これらの手順は慎重に実行する必要があります。万一に備えて、変更前のレジストリをバックアップしてください。これにより、問題が発生した場合にレジストリを復元することが可能になります。レジストリのバックアップ方法と復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
注: 次のレジストリ キーを削除すると、Microsoft Office プログラムのカスタマイズされたユーザー設定がリセットされる場合があります。

Excel 2003

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel

Excel 2002

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Excel

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\10.0\Excel

Excel 2000

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Excel

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\9.0\Excel
Excel を再起動すると、修復処理がトリガーされ、ユーザー設定が既定の設定になります。

Excel 2007

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Excel
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\12.0\Excel

Excel 2010

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Excel
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\14.0\Excel


この手順を実行しても問題が解決されない場合は、元の設定を復元できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Excel を終了します。
  2. 新しく作成した Excel レジストリ キーを削除します。
  3. キーの名前 "Excel.old" を "Excel" に変更します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Excel ファイルを開くときのその他の問題

特定の Excel ファイルを開くときにのみ問題が発生する場合は、別の方法を使用して問題をトラブルシューティングする必要があります。マクロの無効化からブックの再構築まで、何らかの対応が必要な場合があります。

詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
820741 Excel 2002 および Excel 2003 で、破損したブックのデータを回復する方法
179871 破損した Excel 2000 ブックのデータを回復する方法
213951 Excel 2000 でファイルが保存時に破損する問題の原因のトラブルシューティング方法

関連情報


この記事に記載されている Fix it ソリューションにご協力いただきました MVP Jan Karel Pieterse に感謝します。

起動フォルダーについての詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
822107 Excel 2003 での Excel 起動フォルダーの使用方法
291218 Excel 2002 での Excel 起動フォルダーの使用方法
240150 Excel 2000 での Excel 起動フォルダーの使用方法
Excel セーフ モードの詳細については、[ヘルプ] メニューの [Microsoft Excel ヘルプ] をクリックします。次に、Office アシスタントまたはアンサー ウィザードに「Office セーフ モードについて」と入力し、[検索] をクリックして表示されるトピックを参照してください。

プロパティ

文書番号: 280504 - 最終更新日: 2012年12月28日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Office Excel Viewer 2007
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Excel 2010
キーワード:?
kbmsifixme kbfixme kbstartprogram kbtshoot kbhowto KB280504
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com