OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) の更新プログラムについて: 2013 年 7 月 9 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2817469 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

Microsoft OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) の更新プログラムを公開しました。この更新プログラムは、32ビット版および 64 ビット版の OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) に発生していた問題に対応する最新の修正プログラムを提供します。また、この更新プログラムでは、安定性とパフォーマンスが改良されます。

更新プログラムの説明

  • 以下のシナリオを検討します。
    • Microsoft SharePoint サイトでドキュメント ライブラリ (ライブラリ A) を作成した。
    • ライブラリに、アンダースコア (_) または番号で始まる Lookup 列が含まれている。
    • または、Lookup 列の名前が 5 文字以下で、番号が含まれている。
    • Lookup 列を構成し、同じサイトのライブラリ (ライブラリ B) を指定します。

    このシナリオでは、同期処理が失敗します。
  • OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) でドキュメントライブラリを同期すると、同期処理が失敗する。また、ドキュメント ライブラリのドキュメント テンプレートのダウンロード処理がキューにおかれる。

  • OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) で、ストレージ クォータを管理できない。

    注: この更新により、[容量の管理] オプションが OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) メニューに追加されます。ユーザーは、このオプションを使用して、ドキュメント ライブラリの記憶域のクォータを管理できる。

  • OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) クライアントで個人ドキュメント ライブラリを同期しようとすると、ブラウザーのダイアログ ボックスのライブラリ名が、OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) クライアントのライブラリ名と一致していない。

  • Windows Internet Explorer で、OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) ブラウザーのヘルパー オブジェクトが誤って読み込まれる。

  • OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) デスクトップ クライアントの [容量の管理] 文字列が、Windows が英語をロケールとして設定した場合にのみ翻訳される。

  • 同期処理が完了する際に、初回または通常の同期が失敗し、これに対するエラー メッセージが表示されない。

この更新プログラムをインストールすると、OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) の性能面、安定性、ロギング機能が向上します。


解決方法

詳細情報


この更新プログラムは、いずれのリリース済み更新プログラムと置き換わるものではありません。?

更新プログラムの取得とインストール

Microsoft Download Center から以下のファイルをダウンロードできます。
32 ビット版
元に戻す画像を拡大する
Download
Microsoft OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) (KB2817469) 32 ビット版 の更新プログラム
64 ビット版t
元に戻す画像を拡大する
Download
Microsoft OneDrive for Business (旧称 SkyDrive Pro) (KB2817469) 64 ビット版 の更新プログラム

マイクロソフト サポート ファイルのダウンロード方法については、以下 Microsoft Knowledge Base の資料番号をクリックして詳細手順を参照してください。
119591?: オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルはウイルス検出のスキャンを実行済みです。マイクロソフトでは、ファイルを公開した時点で最新な定義のウイルス検出ソフトを実行します。スキャン済みのファイルは、あらゆる不正行為を防御するため、セキュリティを強化したサーバー内に保存されます。

再起動について

更新プログラムをインストールしたあとにコンピューターを再起動する必要ありません。

更新プログラムがインストール済みかどうかを判断する方法

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
この更新プログラムには、下表のファイルが含まれています。

32 ビット版

Groove-x-none.msp のファイル情報?????????????
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルバージョンファイルサイズ日付時間
Groove.exe15.0.4517.10038,198,3202013 年6 月2 日23:23
Grooveex.dll.x6415.0.4517.10032,328,2642013 年6 月3 日0:20
Grooveex.dll.x8615.0.4517.10031,725,1282013 年6 月2 日23:23

Grooveintl-en-us.msp のファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルバージョンファイルサイズ日付時間
Grooveintlresource.dll.x6415.0.4517.10038,865,4482013 年6 月2 日23:25
Grooveintlresource.dll.x8615.0.4517.10038,865,4482013 年6 月2 日23:22

64 ビット版

Groove-x-none.msp のファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルバージョンファイルサイズ日付時間
Groove.exe15.0.4517.100313,046,9602-Jun-1323:33
Grooveex.dll.x6415.0.4517.10032,328,2642-Jun-1323:33
Grooveex.dll.x8615.0.4517.10031,725,1282-Jun-1323:35
Grooveintl-en-us.msp のファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルバージョンファイルサイズ日付時間
Grooveintlresource.dll15.0.4517.10038,865,4482-Jun-1323:32
Grooveintlresource.dll15.0.4517.10038,865,4482-Jun-1323:34

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

更新プログラムのアンインストール方法

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed


Windows 8
  1. 画面右から左にスワイプし、[検索] をタップします。マウスを使用している場合は、画面右下にポインタを向け、[検索] をクリックします。
  2. windows updateと入力して、[設定を] タップまたはクリックし、検索結果ウィンドウの [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。
  3. 更新プログラムの一覧中で、”2810019” を探し、[アンインストール] をタップまたはクリックします。

Windows 7
  1. [スタート] から [ファイル名を指定して実行] を順にクリックします。
  2. Appwiz.cpl」と入力してから [OK] をクリックします。
  3. [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。
  4. 表示された一覧から、”Update 2768356”?を探し、[アンインストール]?をクリックします。



元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Office System TechCenter には、全 Office バージョンの最新の管理更新プログラムおよび各種展開リソースが含まれます。Office System TechCenter については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Office (IT 担当者向け)
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2817469 - 最終更新日: 2014年2月19日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • SkyDrive
キーワード:?
kbsurveynew kbexpertisebeginner atdownload KB2817469
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com