文書番号: 287532 - 対象製品
中小企業のお客様の場合、追加のトラブルシューティングおよびラーニング リソースでを検索します中小企業向けサポートサイトです。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

解決方法

Outlook 2010 用のソリューションを参照する

Outlook でメッセージを送受信するインターネット電子メール インフォメーション サービスを正しく構成する必要があります。これには、電子メール アカウントを Outlook で手動で構成するには、次の特定の情報が必要です。必要な場合は、ISP に問い合わせてくださいまたは ISP の一覧を表示します。 次の情報を取得するには、下に用意されています。
  • 完全な電子メール アドレス
  • 電子メール アカウントの種類: POP3、IMAP、または HTTP です。
  • 自分のユーザー名。
  • パスワードです。
  • SMTP サーバーの名前またはアドレスです。
  • POP3 サーバーの名前またはアドレスです。
  • セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) に必要なのですか。
  • SMTP で使用されるポート番号。(ほとんどの Isp はポート 25 を使用)。
    • 暗号化 (SSL が最も一般的です)、ポートに必要なのですか。
  • POP3 に使用されるポート番号。(ほとんどの Isp はポート 110 を使用)。
    • ポートの (SSL が最も一般的な) 暗号化が必要ですか。
  • 送信メール サーバー (SMTP) は認証が必要ですか。
    • 場合は、通常の電子メールの名前とパスワードを使いますか。

実行している Outlook のバージョンに応じて、インターネット メール情報サービスを構成するのには、次の方法のいずれかを使用します。


Outlook に個人用の電子メール アカウントに接続する方法をビデオ。

元に戻す画像を拡大する
assets video1
uuid =7ef2bbef-531d-4165-809f-7b928486d318 VideoUrl =http://aka.ms/x4bb4c
元に戻す画像を拡大する
assets video2


方法 1: Microsoft Office Outlook 2007

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  1. Outlook を起動します。
  2. [ツール] メニューで、[アカウントの設定をクリックします。
  3. [電子メール] タブで、[新規を] をクリックします。
  4. 新しい電子メール アカウントの追加] ダイアログ ボックスで、 Microsoft Exchange、POP3、IMAP、または HTTP] をクリックしてで、[次へ] をクリックします。
  5. 新しい電子メール アカウントを構成します。新しい電子メール アカウントを自動的にまたは手動で構成できます。
    • 新しい電子メール アカウントを自動的に構成して、次の [自動アカウント セットアップ新しい電子メール アカウントの追加] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
      1. [名前] ボックスに氏名を入力します。
      2. 電子メール アドレス] ボックスに電子メール アドレスを入力します。

        この情報は ISP が提供しています。電子メール アドレスは通常で区切られた、ISP の名前、姓と名の組み合わせの形式を取ります、記号 (@) やピリオド。

        たとえば、Sachin Karnik は、Contoso.com という名前の ISP を使用します。ISP は skarnik@contoso.com の電子メール アドレスを割り当てる可能性があります。
      3. [パスワード] ボックスに、isp から提供されたパスワードを入力します。
      4. パスワードを再入力してください] ボックスに、パスワードを再入力してくださいをクリック自動アカウント セットアップ プロセスを開始します。

        Outlook 2007 は、アカウント設定とサーバー設定を自動的に構成しようとしています。アカウントが正常に構成されている場合、[新しい電子メール アカウントの追加] ダイアログ ボックス アカウントが正常に作成されたことを示します。このダイアログ ボックスは、正常に接続する電子メール サーバーの種類も示します。
      5. 完了をクリック閉じるアカウントのセットアップを完了します。

        メモ 自動構成が失敗した場合は、アカウントを手動で構成する必要があります。
    • 新しい電子メール アカウントを手動で構成して、新しい電子メール アカウントの追加] ダイアログ ボックスでこれらの手順に従います。
      1. サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成する] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。
      2. [インターネット電子メール] をクリックし、[次へ] をクリックします。
      3. [ユーザー情報] で次の手順を実行します。
        1. [名前] ボックスに氏名を入力します。
        2. 電子メール アドレス] ボックスに、完全な電子メール アドレスを入力します。

          この情報は ISP が提供しています。電子メール アドレスは通常で区切られた、ISP の名前、姓と名の組み合わせの形式を取ります、記号 (@) やピリオド。

          たとえば、Sachin Karnik は、Contoso.com という名前の ISP を使用します。ISP は skarnik@contoso.com の電子メール アドレスを割り当てる可能性があります。
      4. [サーバー情報] のアカウントの種類] ボックスにある電子メール アカウントの種類をクリックします。
        • POP3またはIMAPアカウントの種類] ボックスでをクリックした場合は、次の手順を実行します。
          1. 受信メール サーバー ] ボックスに、サーバーの名前を入力します。これは、コンピューターにダウンロードする前に、メッセージを保持するサーバーです。サーバー名を小文字で入力します。サーバー名は「mail.contoso.com」のような形式を持つ場合があります。または、172.12.0.0 などの IP アドレスの形式で名前があります。
          2. 送信メール サーバー (SMTP) ] ボックスに、送信メール サーバーの名前を入力します。サーバー名を小文字で入力します。サーバー名は「mail.contoso.com」のような形式を持つ場合があります。または、172.12.0.0 のように、サーバー名が IP アドレス形式である場合もあります。
        • HTTPアカウントの種類] ボックスでをクリックすると、次の手順を実行します。
          1. [HTTP サービス プロバイダー ] ボックスで、このアカウントに適切なサービス プロバイダーをクリックします。たとえば、次のいずれかをクリックします。
            • Hotmail
            • MSN
            • その他の
          2. に、[ HTTP サービス プロバイダー ] ボックス] をクリックした場合は、サーバーの URL ] ボックスに、メールボックスの URL を入力します。
      5. [ログオン情報] で次の手順を実行します。
        1. [ユーザー名] ボックスに、ユーザー名を入力します。ユーザー名の左側に電子メール アドレスの一部では通常、アット記号 (@)。
        2. [パスワード] ボックスに、isp から提供されたパスワードを入力します。
        3. Outlook に電子メール アカウントのパスワードを保存する場合は、パスワードを保存チェック ボックスをオンをクリックします。
      6. ISP が必要な場合は、セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) を使用してのログオンが必要] チェック ボックスをオンに保護されたパスワード認証を使用してログオンをクリックします。
      7. [アカウント設定のテスト] をクリックします。この機能は、入力した構成のテストの各段階を手順を追って説明した方法で表示するダイアログ ボックスを呼び出します。[アカウント設定のテスト] をクリックすると、次の処理が発生します。
        • システムのインターネット接続状態が確認されます。
        • SMTP サーバーにログオンしています。
        • POP3 サーバーにログオンしています。
        • これは、最初に POP3 サーバーをログオンする必要があるかどうか決まります。必要な場合は、Outlook は自動的にメールを送信する前に、受信メール サーバーへのログオン] オプションを設定します。
        • テスト メッセージが送信されます。このメッセージには、Outlook が初期設定に加えた変更がすべて記載されています。
      8. それ以上の電子メール アカウントを変更する場合は、詳細設定を開くには、[インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスをクリックします。
      9. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

方法 2: Microsoft Office Outlook 2003年および Outlook の以前のバージョン

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

  1. Outlook を起動します。
  2. [ツール] メニューの電子メール アカウントをクリックします。
  3. 電子メール アカウントの設定] ダイアログ ボックスで、新しい電子メール アカウントの追加] オプションを選択する] をクリック、[次へ] をクリックします
  4. [サーバーの種類] ダイアログ ボックスで [ POP3] をクリックし、[次へ] をクリックしてください
  5. 電子メール アカウントの設定] ダイアログ ボックスでは、次のガイドラインを使用して、必要な情報を入力します。
    1. ユーザー情報
      • 名前: これは、完全な名前。
      • 電子メール アドレス: ISP はこの情報を提供します。あなたの電子メール アドレスは通常で区切られた、ISP の名前、姓と名の組み合わせの形式を取ります、アット記号 (@) と期間。たとえば、木崎京子 Adatum.net の名で、ISP を使用します。ISP は PatriciaD@adatum.net の電子メール アドレスを割り当てる可能性があります。
    2. ログオン情報
      • ユーザー名: これは通常部分の左側に電子メール アドレスのアットマーク (@)。
      • パスワード]: ISP から提供されたパスワードを入力します。
      • Outlook に電子メール アカウントのパスワードを保存するには、チェック ボックスをオンをクリックすることがあります。
    3. サーバーの情報
      • 受信メール サーバー (POP3): これは、コンピューターにダウンロードする前に、メッセージを保持している POP3 サーバーの名前です。
      • 送信メール サーバー (SMTP): これは、送信メール サーバーの名前です。小文字、受信電子メール サーバーと送信電子メール サーバーの両方で、サーバー名を入力します。Mail.adatum.net は、の形式で名前がありますか、168.192.10.1 などの IP アドレスの形式である可能性があります。
  6. [アカウント設定のテスト] をクリックします。これは、Outlook の新機能です。この機能は、構成を入力するテストの各段階を手順を追って説明した方法で表示するダイアログ ボックスを呼び出します。次のアカウント設定のテスト] をクリックしたときに発生します。
    • システムのインターネットへの接続を確認します。
    • SMTP サーバーにログオンしています。
    • POP3 サーバーにログオンしています。
    • POP3 サーバーが最初にログオンする必要がある場合に決定されます。必要に応じて、Outlook が自動的にメールを送信する前に、受信メール サーバーへのログオンを設定します。
    • テスト メッセージが送信されます。このメッセージは、Outlook の初期設定に加えられた変更について説明します。
  7. 詳細設定をクリックします。インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックス、インターネット電子メール アカウントをさらに変更可能性がありますされます。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

方法 3: の Hotmail を Microsoft Office Outlook のコネクタを使用する場合

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Outlook で hotmail アカウントをセットアップする場合は、Outlook の Hotmail のコネクタは、Windows Live Hotmail の電子メール メッセージ、予定、および連絡先から Outlook 2003、2007、および 2010 を無料で管理するための無料のソリューションを提供します。

Outlook の Hotmail のコネクタは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Outlook の 32 ビット版をダウンロードします。
ダウンロードの 64 ビット バージョンの Outlook (2010 のみ)

注: Microsoft Office Outlook の Hotmail のコネクタを使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Microsoft Office Outlook の Hotmail コネクタの概要
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

詳細については

インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックス

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
「方法を構成する、インターネット電子メール インフォメーション サービス」セクションで入力した情報は、さまざまなタブに追加します

インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックス。これは、インターネット電子メール アカウントを変更することです。

[全般] タブ

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
[全般] タブでは、電子メール アカウントの名前を変更する場所です。
  • メール アカウント: このアカウントの名前を入力します。
  • 会社の名の組織:必須のエントリです。
  • 返信電子メール: これはオプションであり、唯一別の電子メール アドレスに送信されたメッセージに返信したい場合に使用します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

[送信サーバー] タブ

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
送信サーバー ] タブは、Outlook の新機能です。アカウント設定のテスト] ボタンは、このタブのすべての必須フィールドを設定します。
メモ このボタンでは、Outlook 2007 では、このタブでは使用できません。この機能は、[アカウント設定] ダイアログ ボックスで利用できます。検索この機能、アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。
  • 送信サーバー (SMTP) は認証が必要] チェック ボックスをオン: この設定を有効にして、ログオン サーバーを必要とする認証の種類を選択する] このチェック ボックスをオンにします。
  • セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) でログオンする] チェック ボックス。ISP に指示された場合にのみ、このチェック ボックスをオンをクリックします。ほとんどのプロバイダーは、この設定を使用します。
  • メールを送信する前に、受信メール サーバーにログオンします。多くの Isp は、最初にメッセージを受信することが必要です。これは、認証されたユーザーと疑いを持たない受信者に、不要な商用メッセージ (スパム) を送信する ISP を使用しないことを意味します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

[接続] タブ

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  1. 接続セクション

    [接続] タブには、電子メール サーバーに接続する方法に関する情報が含まれます。ISP の電子メール サーバーに接続する 3 つの方法があります。このセクションに記載されている該当する接続の種類のいずれかを選択します。
    1. [ローカル エリア ネットワーク (LAN) を使用する: この接続は、既存のネットワーク接続経由でメール サーバーにログオンすることができます。ネットワーク構成は、インターネットへのアクセスをサポートしなければなりません。詳細については、ネットワーク管理者を参照してください。
    2. [電話回線を使用して接続: インターネット メール サービス ログで、ISP の確立にダイヤルアップ ネットワーク接続を探します。ISP にログオンした後、ISP の電子メール サーバーに接続しようとします。場合は、このセクションは利用できません (淡色表示されます) は、Microsoft Windows のダイヤルアップ ネットワーク機能がコンピューター上にはインストールされていない可能性があります。詳細については、この資料の「ダイヤルアップ ネットワークがインストールされていない"場合セクションを参照してください。
    3. 接続を使用して Internet Explorer のまたはサード ・ パーティのダイヤラー: Outlook で既に構成されている既定の接続方法を使用する場合はこのオプションを選択する] をクリックします。
  2. [モデム] セクション
    1. [電話回線を使用して接続する] をクリックした後を使用するダイヤルアップ ネットワーク接続を定義する必要があります。既存の接続の一覧から選択できます。 または新しい接続を作成するには、追加をクリックすることができます。
    2. 接続のプロパティを編集するには、ドロップダウン リスト ボックスを使用して、目的の接続を選択して、[プロパティ] をクリックしてくださいこれは、既存の接続のプロパティ] ページにします。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

[詳細] タブ

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
[詳細設定] タブでは、POP3 および SMTP のサーバー ポートの設定、セキュリティで保護された接続が必要かどうか、およびサーバーのタイムアウト設定、および配信設定を定義するにことができます。配信設定では、メッセージの読み取りが、指定した時間に、サーバーにメッセージを残すことができます。この機能は、同じ電子メール アカウントを複数のコンピューターから使用する場合特に便利です。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

電子メールの送受信を 4 つの方法

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
次の情報は、インターネット電子メールの送受信を 4 つの方法です。
  • キーボードの F9 キーを押します: f9 キーを押す、する場合、接続の種類が確認、送信トレイからメッセージがアップロードし、サーバーからメッセージがダウンロードされます。LAN 接続を介して接続している場合は、その他のダイアログ ボックスにメッセージが流れます。モデムで ISP に接続すると、ダイヤルアップ ネットワーク接続が起動し、接続を確立します。メッセージは、送信トレイからアップロードし、メール サーバーからダウンロードします。
  • [ツール] メニューの[送受信] をポイントし [すべて送受信] をクリックしてまたは電子メールのアカウント名をクリックします。 メッセージの送信だけを選択できます。[ツール] メニュー [送受信] をポイントし、 [すべて送信] をクリックします。このオプションでは、サーバーからメッセージをダウンロードしません。[ツール] メニューの [送受信] をクリックして、複数の電子メール アカウントがある場合に使用する電子メール アカウントを選択するオプションがあります。
  • [標準] ツールバーの [送受信] をクリックします。 標準ツールバーの [送受信] ボタンをクリックした場合は、キーボードの f9 キーを押した場合と同じです。
  • Microsoft Outlook 2002 の [ヘッダーの編集] メニューのを選択した接続します。メッセージ全体ではなく、ヘッダーを使用するには、送受信の [ツール] メニューのサブメニューであるヘッダーの処理] の下の一覧にあるコマンドを使用します。Microsoft Office Outlook 2007年および Outlook 2003 では、ヘッドに関連するコマンドに接続します。メッセージ全体ではなく、ヘッダーを使用するには、ヘッドに関連するコマンドを [ツール] メニューの [送受信] の [表示に使用します。リモート メールのヘッダーを調べて、およびしが表示、コピー、または削除するメッセージをマークできます。リモート メールを使用して、メッセージを作成して、いつでも、送信トレイに送信および送受信できる自分のメールボックスに接続するときに、メッセージが表示されます。この機能では、サーバー上のメッセージを保持することができます。
リモート メールとヘッダーは Outlook 2002 での操作の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
296080 リモート メール機能、オフライン フォルダーの機能、およびオフライン作業の機能は、Outlook 2002 の説明
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

ダイヤルアップ ネットワークがインストールされていない場合の対処方法

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
モデム接続を使用するのにはインストールし、Microsoft Windows に含まれているダイヤルアップ ネットワークの機能を構成する必要があります。ISP は、以下の情報を提供します。
  1. ユーザー名
  2. パスワード
  3. ローカル アクセス電話番号
  4. ホストおよびドメインの名前
  5. DNS サーバーの IP アドレス
  6. 認証の方法 (ターミナル ウィンドウを使用かどうか)
ISP によっては、IP アドレスと IP サブネット マスクを指定することがあります。プロバイダーを使用すると、専用の ip アドレスをするたびに使用している場合にのみこれらの省略可能な項目をダイヤルする必要があります。

Microsoft windows 9x でのダイヤルアップ ネットワークを構成する方法の詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
138789 Windows 95 および Windows 98 では、インターネットに接続する方法
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

関連情報

(Outlook の手動の構成) のインターネット サービス プロバイダー (ISP) の設定

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
正確な受信および送信のメール サーバー名と Outlook でインターネット電子メール アカウントを構成するときに使用する設定については、インターネット サービス プロバイダー (ISP) に連絡することをお勧めします。ここで提供されているリストの情報のみ、米国のインターネット サービス プロバイダーが含まれていますされ、最新でない可能性があります。



受信メール (POP3) サーバー名および設定

元に戻す全体を表示する
プロバイダーの名前サーバー名ポートSPASSLAuthRequired
AOLpop.aol110OFFOFFON
AT&T yahoo!pop.att.yahoo.com995OFFONON
Charterpop.charter.net110OFFOFFON
Comcastmail.comcast.net995OFFONON
Cox さんpop.[地域名].cox.net110OFFOFFOFF
Gmailpop.gmail.com995OFFONON
Junopop.juno.com110OFFOFFOFF
Microsoft Livepop3.live.com995OFFONON
Netscapepop.3.isp.netscape.com110OFFOFFON
Netzeropop.netzero.com110OFFOFFON
Pacbellpop.att.yahoo.com995OFFONON
PeoplePCpop.peoplepc.com110OFFOFFON
Qwestpop.[地域 ID].qwest.net110OFFOFFOFF
Rogerspop.broadband.rogers.com110OFFOFFON
SBCGlobalpop.att.yahoo.com995OFFONON
Swbellpop.att.yahoo.com995OFFONON
Verizonincoming.verizon.net110OFFOFFON
Yahoo!pop.mail.yahoo.com110OFFOFFOFF

送信メール (SMTP) サーバーの名前を設定します。

元に戻す全体を表示する
プロバイダーの名前サーバー名ポートSPAAuthRequired暗号化
AOLsmtp.aol.com587OFFON[なし]
AT&T yahoo!smtp.att.yahoo.com465OFFONSSL
Chartersmtp.charter.net25OFFON[なし]
Comcastsmtp.comcast.net587OFFONTLS
Cox さんsmtp.[地域名].cox.net25OFFOFF[なし]
Gmailsmtp.gmail.com587OFFONTLS
Junoauthsmtp.juno.com587OFFOFF[なし]
Microsoft Livesmtp.live.com587OFFONTLS
Netscapesmtp.isp.netscape.com25OFFOFF[なし]
Netzeroauthsmtp.netzero.com25OFFON[なし]
Pacbellsmtp.att.yahoo.com465OFFONSSL
PeoplePCsmtpauth.peoplepc.com587OFFON[なし]
Qwestpop.[地域 ID].qwest.net25OFFOFF[なし]
Rogerssmtp.broadband.rogers.com587OFFON[なし]
SBCGlobalsmtp.att.yahoo.com465OFFONSSL
Swbellsmtp.att.yahoo.com465OFFONSSL
Verizonoutgoing.verizon.net25OFFON[なし]
Yahoo!smtp.mail.yahoo.com25OFFOFF[なし]
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

プロパティ

文書番号: 287532 - 最終更新日: 2013年11月16日 - リビジョン: 14.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbpubtypekc kbconfig kbemail kbhowto kbcip kb16bitonly kbvideocontent kbmt KB287532 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:287532
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com