更新プログラムを Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8 の Windows Server 2012 の KMS ホスト Windows 8.1 および Windows Server 2012 の R2 のクライアントのサポートを追加します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2885698 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この更新プログラムは、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8 の、Windows Server 2012 の 8.1 の Windows および Windows Server 2012 の R2 エンタープライズのライセンスを有効にするためのキー マネージメント サービス (KMS) を拡張します。

KMS は、以下の KMS クライアントのライセンス認証のサポートを提供します。
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008
  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 8
  • Windows Server 2012
  • Windows の 8.1
  • Windows Server 2012 R2
KMS は、KMS ホスト上で自動的にアクティブ化して、環境内でローカル ライセンス認証サービスを確立するに KMS ホスト キーを使用します。この更新プログラムは、KMS を Windows 8.1 および Windows Server 2012 の R2 のライセンス認証を提供するためのサポートを拡張します。

注: この更新プログラムがインストールされていない、Windows 8.1 または R2 の Windows Server 2012 でシステムをアクティブにしようとすると、次のエラーが発生します。

エラー: 0xC004F050、ソフトウェア ライセンス サービス プロダクト キーが有効であるの報告

詳細

更新プログラムの情報

Microsoft ダウンロード センター
以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です。
元に戻す全体を表示する
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべての x 86 ベース バージョンの Windows Server 2008 および Windows Vista の
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 および Windows Vista の
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべてのWindows Server 2008 のIA 64 ベース バージョン
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべてのWindows 7 の x86 ベース バージョン
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべてのWindows 7 の x64 ベース バージョン
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべてのWindows Server 2008 R2のx64 ベース バージョン
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての IA 64 ベースのバージョン WindowsServer2008 の R2 の
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x 86 ベース バージョンの Windows 8
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 8
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2012
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
パッケージを今すぐダウンロードします。
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、次のオペレーティング システムのいずれかを実行している必要があります。
  • Windows Vista のサービス パック 2
  • Windows Server 2008 サービス パック 2
  • Windows 7 のサービス パック 1
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
  • Windows 8
  • Windows Server 2012

インストール手順

KMS ホストで、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8 のまたは Windows Server 2012 を実行している場合は、アップグレードを実行するこれらの手順に従います。
  1. この更新プログラム (更新 2885698) をインストールします。
  2. これを行うにメッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。
  3. 8.1 の Windows のライセンス認証または Windows Server 2012 の R2 のライセンス認証のため、新しい KMS ホスト キーをインストールするには、次のコマンドを実行します。
    cscript %windir%\system32\slmgr.vbs /ipk <KMS host key>
    メモ このコマンドで、"<KMS host="" key="">"は、新しい KMS ホスト キーの 8.1 の Windows のライセンス認証または Windows Server 2012 の R2 のライセンス認証のためのプレース ホルダーです。

    重要すべての KMS ホスト キーは、Windows エディションのグループに関連付けられます。また、Windows サーバー オペレーティング システム、およびその逆に、Windows クライアント オペレーティング システムに関連付けられている KMS ホスト キーをインストールできません。これは、Windows Server 2003 以外のすべての Windows オペレーティング システムの場合は true です。Windows オペレーティング システムをホスト キーに関連付けられていないことに、KMS ホスト キーをインストールする場合は、次のエラー メッセージが表示されます。</KMS>
    0xc004f015: ソフトウェア ライセンス サービスで、ライセンスがインストールされていないことを報告します。
    SL_E_PRODUCT_SKU_NOT_INSTALLED

    たとえば、次の状況でこのエラー メッセージを表示可能性があります。
    • Windows Server 2008 R2 の KMS ホストで、Windows 7 の KMS ホスト キー (CSVLK) をインストールしようとするとします。
    • Windows Server 2008 R2 の KMS ホストは、または、Windows Server 2012 の KMS ホストで、Windows 8 の KMS ホスト キー (CSVLK) をインストールしようとするとします。
    • Windows Server 2008 R2 の KMS ホストは、Windows Server 2012 の KMS ホスト、または Windows Server 2012R2 KMS ホスト Windows 8.1 の KMS ホスト キー (CSVLK) をインストールしようとするとします。
  4. ホスト コンピューターで、新しい KMS ホスト キーをアクティブにするには、次のコマンドを実行します。
    cscript %windir%\system32\slmgr.vbs /ato
  5. 既存の Windows Vista または Windows Server 2008 の KMS ホストは、次のコマンドを実行してサービスを再起動します。
    net stop slsvc && net start slsvc
メモ 8.1 の Windows または Windows Server 2012 の R2 の KMS ホストがアクティブ化のオペレーティング システムに関する情報を次のマイクロソフト TechNet web ページの「キー マネージメント サービスのライセンス認証の計画」セクションを参照してください。
ボリューム ライセンス認証の方法

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するには、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムによって、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

関連情報

ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2885698 - 最終更新日: 2014年5月2日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 Datacenter
    • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
    • Windows Server 2008 Enterprise
    • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
    • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
    • Windows Server 2008 Foundation
    • Windows Server 2008 Standard
    • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
    • Windows Web Server 2008
    • Windows Server 2008 R2 Datacenter
    • Windows Server 2008 R2 Enterprise
    • Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems
    • Windows Server 2008 R2 Foundation
    • Windows Server 2008 R2 Standard
    • Windows Web Server 2008 R2
    • Windows 7 Enterprise
    • Windows 7 Home Basic
    • Windows 7 Home Premium
    • Windows 7 Professional
    • Windows 7 Ultimate
    • Windows 7 Starter
キーワード:?
kbfix atdownload kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2885698 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2885698
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com