Word のセクション区切りについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 291184 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP291184
この資料は、これまでに公開されていた次の文書番号の資料を統合したものです。 211723
Microsoft Word 98 については、次の資料を参照してください。 180917.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Word で利用できるセクション区切りとその使用方法について説明します。

詳細

開いたばかりの新しい文書では、文書全体が 1 つのセクションで構成されているので、セクション区切りは存在しません。セクション区切りとは、ページの書式設定の一部を変更する必要がある場合に、1 つのセクションを終了して別のセクションを開始する位置を指します。

文書を任意の数のセクションに分割して、各セクションに適用する書式を設定することができます。セクション区切りはすぐ上のセクションのプロパティを格納し、維持するための埋め込みコードとして機能します。この資料はこのことを前提に記述されています。

セクション区切りの使用方法に関するヒントは、この資料の「セクション区切りに関するヒント」に記載されています。

セクションとページのプロパティには次の設定項目があります。
印刷の向き (縦/横)
余白
段組み
行番号
垂直方向の配置
ヘッダーとフッター
ページ番号
用紙サイズ
用紙トレイ
セクション区切りを使用する場合は、[編集記号の表示/非表示] をオンにすることをお勧めします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[表示] タブをクリックします。
  2. [編集記号の表示] の [すべて] チェック ボックスをオンにします。
  3. [OK] をクリックします。

セクション区切りの使用

新しいセクションを作成するには、[挿入] メニューの [改ページ] をクリックします。下書き表示では、二重点線が表示され、セクション区切りとその種類を示す "セクション区切り (セクション区切りの種類)" という語句が表示されます。印刷時にはこの線は出力されません。

以下の表は、区切りの種類とその用途を説明したものです。

Type Characteristics
Next Page Word breaks the page at the section break. The new section starts on the next page. Use this section break if you want to apply different page numbers, headers and footers, orientation, vertical alignment, or paper size to the sections in the document.
Continuous Word inserts a section break and begins the new section on the same page. If the two sections have different settings for page size or orientation, the new section begins a new page even if you select Continuous. Use this section break if you want to have different column formatting or margins on the same page. If there are multiple columns in the previous section, Word balances the columns above the section break and then fills out the page with the new section.
Odd Page Word begins the new section on the next odd-numbered page. This section break is often used for chapters that begin on odd-numbered pages.

NOTE: If the section break falls on an odd-numbered page, Word leaves the intervening even-numbered page blank.
Even Page Similar to Odd Page, but Word begins the new section on the next even-numbered page.

セクション区切りの挿入

  1. 新しいセクションを開始する位置をクリックします。
  2. [挿入] メニューの [改ページ] をクリックします。
  3. [セクション区切り] で、適用するオプション (セクション区切りの種類) を選択します。
  4. [OK] をクリックします。

セクション区切りの種類の判別

Word では、セクション区切りの種類は画面上に "セクション区切り" という語句の後にかっこに囲まれて表示されます。ただしここにはそのセクション区切りのプロパティは格納されていません。画面に表示されているセクション区切りの種類に応じたプロパティは、その次のセクション区切りに格納されています (そこには種類の異なるセクション区切りが表示されていることもあります)。後に続くセクション区切りがない場合、そのセクション区切りのプロパティは文書中の最後の段落記号に格納されます。セクション区切りは、その上のセクションのプロパティを格納し、維持するための埋め込みコードとして機能します。

たとえば、1 ページから成る文書のページの途中で [奇数ページから開始] セクション区切りを挿入し、さらにその文書 (ページ 1) に [次のページから開始] セクション区切りを挿入したとします。このとき下書き表示では次のように表示されます。
::::::::::::::::::::::セクション区切り (奇数ページから新しいセクション):::::::::::::::::::::::::::::


::::::::::::::::::::::セクション区切り (次のページから新しいセクション)::::::::::::::::::::::::::::
				
カーソルを [セクション区切り (奇数ページから新しいセクション)] の上部に置くと、ステータス バーに [1 ページ 1 セクション] と表示されます。

[セクションの開始位置] には、[次のページから開始] が表示されます (下の「注」を参照)。

[セクション区切り (奇数ページから新しいセクション)] と [セクション区切り (次のページから新しいセクション)] の間にカーソルを置くと、ステータス バーに "3 ページ 2 セクション" と表示されます。

[セクション区切り (次のページから新しいセクション)] の下にカーソルを置くと、ステータス バーには "4 ページ 3 セクション" と表示されます。このセクション区切りの設定は、文書の最後の段落記号に格納されます (文書にそれ以上セクション区切りがないため)。

: この例で作成したセクションの実際のプロパティを確認するには、次の手順を実行します。
  1. プロパティを確認するセクション区切りの上をクリックします。
  2. [ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックし、[その他] タブをクリックします。

    [セクションの開始位置] ボックスに、[奇数のページから開始] などのセクション区切りの種類が示されます。

    画面で確認できるとおり、セクション区切りの設定は、現在カーソルが置かれているセクション区切りよりも 1 つ下のセクション区切りに格納されています。

    : 画面に "次のページから開始" として表示されるセクション区切りは、[プロパティ] ダイアログ ボックスの [その他] タブでは [次のページから開始] と定義されています。

セクション区切りの削除

セクション区切りの削除とトラブルシューティングの詳細については、[ヘルプ] メニューの [Microsoft Word ヘルプ] をクリックし、Office アシスタントまたはアンサー ウィザードに「セクション区切り」と入力し、[検索] をクリックして表示されるトピックを参照してください。

セクション区切りに関するヒント

  • セクション区切りとそのセクション区切りに含まれる書式設定は、定型句として登録し、後から再利用することができます。
  • 下書き表示モードでセクション区切りをコピーすると、セクションの書式設定をコピーできます。新しい位置にセクション区切りを貼り付けると、セクション区切りの前のテキストに、セクション区切りに含まれる書式設定が適用されます。

    セクション区切りが含まれている部分を選択して Word 文書に貼り付けると、セクション区切りの前のテキストには、貼り付けられたセクション区切りのセクション レベルの書式設定が適用されます。

    最後の段落記号をコピーして文書に貼り付けた場合も、同じことが起こります。最後の段落記号は黙示のセクション区切りだからです。

    たとえば、文書に [現在の位置から開始] のセクション区切りを挿入すると、挿入されたセクション区切りの上のセクションは "現在の位置から開始" となり、下のセクションは "次のページから開始" となります。

    同様に、セクション区切りを削除すると、セクション区切りより前のテキストは直後のセクションの一部となり、書式設定は直後のセクションのものが適用されます。次に、2 つのセクションで構成される文書を例にこの概念を説明します。
    セクション 1 は 3 段に書式設定され、ヘッダーもフッターもありません。セクション 2 は 2 段に書式設定され、フッターが含まれています。2 つのセクションの間のセクション区切りを削除すると、文書全体のページ設定が 2 段に設定され、各ページにフッターが挿入されます。
    Notes

    Word では、セクションごとにヘッダーとフッター、段組み、セクションの開始位置、行番号、余白、用紙サイズ、用紙トレイと印刷の向き、垂直方向の配置などの書式を設定できます。

    テキストを選択してコピーと貼り付けを行った場合、選択範囲にセクション区切りや最後の段落記号が含まれるとセクション レベルの書式設定がコピーされることに注意してください。選択範囲にセクション区切りや最後の段落記号が含まれない場合は、貼り付けを行ってもセクション レイアウトの書式設定は変更されません。
  • 次の手順を実行すると、現在のセクション区切りを削除せずにセクション区切りの種類を変更できます。
    1. 変更するセクションにカーソルを置きます。
    2. [ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックします。
    3. [その他] タブをクリックします。
    4. [セクションの開始位置] で、適用するセクションの種類を選択して [OK] をクリックします。
セクション区切りの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
238124 印刷の向きが横の場合に [現在の位置から開始] セクション区切りが [次のページから開始] セクション区切りになる
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 291184 - 最終更新日: 2013年3月6日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Word 2000
  • Microsoft Word 97 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbhowto KB291184
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com