マイクロソフト ライセンス認証の概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 302806 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP302806
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

ソフトウェアの不正コピーを防止し、すべてのマイクロソフト ユーザーに期待どおりの品質の製品が提供されるようにするため、いくつかのマイクロソフト製品にライセンス認証テクノロジが含まれるようになりました。この資料では、ライセンス認証を定義し、マイクロソフト製品をいつどのようにライセンス認証できるかについて説明します。また、ライセンス認証専用窓口に問い合わせる方法について説明し、ライセンス認証に関するその他の役立つリソースについても説明します。
: マイクロソフトのライセンス認証の電話番号は、この資料には掲載されていません。世界中に、各地域のマイクロソフト ライセンス認証専用窓口が多数あります。ライセンス認証ウィザードを使用して、正しい地域のライセンス認証専用窓口が案内されていることを確認します。 マイクロソフト ライセンス認証専用窓口への連絡方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
950929 マイクロソフト ライセンス認証専用窓口への連絡方法

詳細

マイクロソフトでは、ライセンス認証を使用することにより、"カジュアル コピー" または "ソフトリフティング" として知られる形式の不正コピーを防止しています。カジュアル コピーとは、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を侵害する方法でソフトウェアを共有した場合に発生します。たとえば、ある人物が Windows XP を購入した場合、その Windows XP のライセンスでは、1 台のコンピューターでの使用が許可されます。ライセンスを追加購入しない限り、その Windows XP を他のコンピューターにインストールすることはできません。たとえば、その Windows XP を他の人と共有し、その人のコンピューターにインストールした場合、これはカジュアル コピーとなります。ただし、ほとんどのソフトウェア ライセンスでは、同じコンピューター上であれば、ソフトウェアの再インストールとライセンス認証を無制限に行うことができます。マイクロソフトのソフトウェアを正しく使用していることを確認するために、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項または製品使用権説明書で、当該製品に関する詳細を確認してください。

カジュアル コピーは、ソフトウェア産業が被っている不正コピーによる損失の大部分を占めています。ソフトウェアの不正コピーを減らすことができれば、ソフトウェア産業は、製品開発、製品の品質、製品サポートへの投資を大幅に増やすことができます。これは、より良い製品やさらなる技術革新をユーザーに提供することにもつながります。

ライセンス認証の機能

ライセンス認証は、その処理のすべてがソフトウェア ベースで行われ、単純でわかりやすいものです。ハードウェア アドオンやその他の外部ツールは一切必要ありません。ほとんどの場合、製品をライセンス認証するために必要な情報は、ソフトウェア自体によって作成されるインストール ID のみです。ライセンス認証中に収集される情報は、個人を特定する目的で使用されることはありません。

インターネットを使用する場合、ライセンス認証にかかる時間は 1 分未満です。この方法で製品をライセンス認証すると、製品自体によってほとんどの作業が行われます。ユーザーによる操作はほとんど必要ありません。電話でライセンス認証する場合は、各地域のマイクロソフト ライセンス認証専用窓口に連絡してください。 マイクロソフト ライセンス認証専用窓口への連絡方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
950929 マイクロソフト ライセンス認証専用窓口への連絡方法
重要: ライセンス認証によって、マイクロソフト ソフトウェアのユーザーが何らかの方法で追跡されることはありません。ライセンス認証の目的は、マイクロソフト ソフトウェアの正規ライセンスを認証することだけです。

マイクロソフト製品をライセンス認証する時期

店頭で購入したソフトウェアや、OEM が販売している新しいコンピューターに搭載されているソフトウェアは、ライセンス認証が必要です。上述したように、ライセンス認証は簡単であり、多くのユーザーにとって、ライセンス認証が必要なのは製品使用中に 1 回だけです。ただし、製品を別のコンピューターに移動した場合や、製品がインストールされているコンピューターに大幅な変更を行った場合、一部の製品では再度ライセンス認証が必要になる場合があります。
: ユーザーにコンピューターを納品する前に、OEM が工場でソフトウェアのライセンス認証を行う場合があります。
ライセンス認証を便利にするために、マイクロソフト製品をインストールしてすぐにライセンス認証する必要はありません。Microsoft Office は、50 回までライセンス認証せずに起動できます。Microsoft Windows の場合は、最初にオペレーティング システムを使用したときから 30 日間ライセンス認証せずに使用できます。

マイクロソフト製品をライセンス認証する方法

マイクロソフト製品をライセンス認証するには、ライセンス認証ウィザードでインターネット オプションまたは電話オプションを選択します。
  • インターネット ベースのライセンス認証では、マイクロソフトのサーバーでライセンス認証が処理され、製品がライセンス認証されます。
  • 電話ベースのライセンス認証では、マイクロソフト ライセンス認証専用窓口に連絡し、自動電話システムが案内する手順に従って、または顧客サービス担当者により、製品をライセンス認証します。
    重要: 顧客サービス担当者と話をする場合は、インストール ID が必要です。この ID は、ライセンス認証ウィザードに表示されます。

    マイクロソフト ライセンス認証専用窓口への連絡方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    950929 マイクロソフト ライセンス認証専用窓口への連絡方法

関連情報

Web サイト

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/piracy/

http://www.microsoft.com/piracy/mpa.aspx

http://www.microsoft.com/windowsxp/evaluation/features/activation.mspx

サポート技術情報の資料

マイクロソフト ライセンス認証専用窓口への連絡方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
950929 マイクロソフト ライセンス認証専用窓口への連絡方法
299840 Sysprep で Windows のライセンス認証またはボリューム ライセンス メディアを使用して Windows XP を展開する方法
291997 Unattend.txt ファイルを使用して Microsoft Windows XP のライセンス認証を行う方法
300273 Office XP で OEM 版のライセンス認証を 2 回以上実行できない (英語)
298088 Enterprise Edition の Office XP のボリューム ライセンス キーを取得する方法 (英語)
293477 Visio の Microsoft ライセンス認証ウィザードのプライバシー ポリシーに関する情報
293466 [VSO2002]ライセンス認証をしていない場合Visioの機能が制限される
293151 Office ライセンス認証ウィザードについて
291983 Windows 製品のライセンス認証で使用されるポート
299056 Windows 製品登録を実行するとエラー メッセージが表示される
289657 セットアップが完了しても OOBE (Out of Box Experience) が実行されない

プロパティ

文書番号: 302806 - 最終更新日: 2013年6月6日 - リビジョン: 16.8
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Customer Service and Support Information
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Ultimate
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Office Basic 2007
  • Microsoft Office Home and Student 2007
  • Microsoft Office Standard 2007
  • Microsoft Office Professional 2007
  • Microsoft Office Professional Plus 2007
  • Microsoft Office Ultimate 2007
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Office Visio Standard 2007
  • Microsoft Office InfoPath 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office Project Professional 2007
  • Microsoft Office Project Standard 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office OneNote 2007
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Office FrontPage 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Proofing Tools Standard Edition
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002
キーワード:?
kmcustomerservice kbresolve kbmsccsearch kbpubtypekc kbenv KB302806
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com