文書番号: 306126 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP306126
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Windows XP でインターネット接続の共有機能をセットアップして使用する方法について説明します。 インターネット接続の共有を使用すると、ネットワーク内の複数のコンピューターで 1 つのインターネット接続を共有できます。

インターネット接続の共有を使用する方法

インターネット接続の共有を使用してインターネット接続を共有するには、内部ネットワークに接続するように構成されたネットワーク アダプターが 1 つ、およびインターネットに接続するように構成されたネットワーク アダプターまたはモデムが 1 つホスト コンピューターに搭載されている必要があります。

ホスト コンピューター

ホスト コンピューターでインターネット接続を共有するには、次の手順を実行します。
  1. ホスト コンピューターに管理者または所有者としてログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. [ネットワークとインターネット接続] をクリックします。
  4. [ネットワーク接続] をダブルクリックします。
  5. インターネット接続に使用する接続を右クリックします。たとえば、モデムを使用してインターネットに接続する場合、[ダイヤルアップ] にある接続を右クリックします。
  6. [プロパティ] をクリックします。
  7. [詳細設定] タブをクリックします。
  8. [インターネット接続の共有] の [ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可する] チェック ボックスをオンにします。
  9. ダイヤルアップ インターネット接続を共有する場合、コンピューターが自動でインターネットに接続するようにするには、[ネットワークのコンピューターがインターネットへのアクセスを試みるたびにダイヤルアップ接続を確立する] チェック ボックスをオンにします。
  10. [OK] をクリックします。次のメッセージが表示されます。
    インターネット接続の共有を有効にすると、このコンピューターの LAN アダプターが使用する IP アドレスは
    192.168.0.1 に設定されます。このコンピューターは、ネットワーク上の他のコンピューターに接続できなくなる可能性があります
    。ネットワーク上の他のコンピューターが静的 IP アドレスを
    持っている場合は、IP アドレスを自動的に取得するように設定する必要があります。インターネット接続の共有を
    有効にしますか?
  11. [はい] をクリックします。
このインターネット接続は、LAN (Local Area Network) 上に存在する他のコンピューターと共有されます。LAN に接続されているネットワーク アダプターは静的な IP アドレス 192.168.0.1 とサブネット マスク 255.255.255.0 で構成されます。

ホスト コンピューターでインターネット接続の共有を構成する方法を示すビデオ を表示するには、以下の Windows Media Player ビューアーの再生ボタン (
元に戻す画像を拡大する
再生ボタン
) をクリックします。



: 上記のビデオを表示するには、Windows Media Player 7.0 またはそれ以降が必要です。

Windows Media Player 7.1 を入手する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
299321 Windows Media Player 7.1 の概要と入手方法

クライアント コンピューター

共有された接続を使用してインターネットに接続するには、LAN アダプターの IP 構成を確認してから、クライアント コンピューターを構成する必要があります。LAN アダプターの IP 構成を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. 管理者または所有者としてクライアント コンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. [ネットワークとインターネット接続] をクリックします。
  4. [ネットワーク接続] をダブルクリックします。
  5. [ローカル エリア接続] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  6. [全般] タブの [この接続は次の項目を使用します] ボックスの一覧の [インターネット プロトコル (TCP/IP)] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  7. [インターネット プロトコル (TCP/IP) のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[IP アドレスを自動的に取得する] をクリックし (選択されていない場合)、[OK] をクリックします。

    注: 192.168.0.2 〜 192.168.0.254 の範囲で、一意で静的な IP アドレスを割り当てることもできます。たとえば、以下の静的 IP アドレス、サブネット マスク、およびデフォルト ゲートウェイを割り当てることができます。
    IP アドレス            192.168.0.2
    サブネット マスク       255.255.255.0
    デフォルト ゲートウェイ 192.168.0.1
    					
  8. [ローカル エリア接続のプロパティ] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。
  9. コントロール パネルを閉じます。
LAN アダプターの IP 構成を確認する方法を示すビデオ を表示するには、以下の Windows Media Player ビューアーの再生ボタン (
元に戻す画像を拡大する
再生ボタン
) をクリックします。



: 上記のビデオを表示するには、Windows Media Player 7.0 またはそれ以降が必要です。

Windows Media Player 7.1 を入手する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
299321 Windows Media Player 7.1 の概要と入手方法
共有されたインターネット接続を使用するようにクライアント コンピューターを構成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [ネットワークとインターネット接続] をクリックします。
  3. [インターネット オプション] をクリックします。
  4. [インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスの [接続] タブをクリックします。
  5. [セットアップ] をクリックします。

    新しい接続ウィザードが開始します。
  6. [新しい接続ウィザードの開始] で [次へ] をクリックします。
  7. [インターネットに接続する] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  8. [接続を手動でセットアップする] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  9. [常にアクティブな広帯域接続を使用して接続する] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  10. [新しい接続ウィザードの完了] で [完了] をクリックします。
  11. コントロール パネルを閉じます。
Microsoft Internet Explorer を起動すると、クライアント コンピューターはホスト コンピューターで共有されたインターネット接続を使用してインターネットに接続します。

共有されたインターネット接続を使用するようにクライアント コンピューターを構成する方法を示すビデオ を表示するには、以下の Windows Media Player ビューアーの再生ボタン (
元に戻す画像を拡大する
再生ボタン
) をクリックします。



: 上記のビデオを表示するには、Windows Media Player 7.0 またはそれ以降が必要です。

Windows Media Player 7.1 を入手する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
299321 Windows Media Player 7.1 の概要と入手方法

トラブルシューティング

ホスト コンピューターでインターネット接続の共有を有効にすると、ホスト コンピューターの LAN アダプターには自動で IP アドレス 192.168.0.1 が割り当てられます。そのため、以下のいずれかの現象が発生することがあります。
  • IP アドレスの競合
    LAN 上に存在する各コンピューターは、一意な IP アドレスを持つ必要があります。複数のコンピューターに同じ IP アドレスが割り当てられている場合、IP アドレスの競合が発生し、この競合が解決されるまでネットワーク アダプターの 1 つが無効になります。この競合を解決するには、クライアント コンピューターが自動的に IP アドレスを取得するように構成するか、またはクライアント コンピューターに一意な IP アドレスを割り当てます。
  • ネットワーク接続を失う
    インターネット接続の共有で使用される IP アドレスの範囲と異なる範囲の IP アドレスを使用してネットワークが構成されている場合、ホスト コンピューターとの接続が失われます。この問題を解決するには、クライアント コンピューターが自動的に IP アドレスを取得するように構成するか、または各クライアント コンピューターに 192.168.0.2 〜 192.168.0.254 の範囲で一意な IP アドレスを割り当てます。


関連情報

インターネット接続の共有の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
234815 インターネット接続共有について (リンク先は英語の場合があります)
308021 Windows XP におけるインターネット接続の共有に関するトラブルシューティングのためのリソース
308006 Windows XP におけるインターネット接続の共有に関するトラブルシューティング
310563 Windows XP におけるインターネット接続の共有について
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 306126 - 最終更新日: 2013年6月6日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbhowto kbenv kbarttypeshowme kberrmsg kbhowtomaster kbtshoot KB306126
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com