[HOW TO] グループ ポリシー エディタを使用してローカル コンピュータ ポリシーを管理する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 307882 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP307882
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、グループ ポリシー エディタを使用して、コンピュータ、またはコンピュータのユーザーのローカル ポリシー設定を変更する方法について説明します。

グループ ポリシーの使用

Microsoft Windows XP では、グループ ポリシーを使用して、ユーザー グループのユーザー構成やコンピュータ グループのコンピュータ構成を定義します。Microsoft 管理コンソール (以下 MMC) のグループ ポリシー スナップインを使用すると、特定のユーザー グループやコンピュータ グループ専用のデスクトップを作成できます。作成したグループ ポリシー設定は、グループ ポリシー オブジェクト (以下 GPO) に保存され、サイト、ドメイン、組織単位 (OU) など、選択した Active Directory コンテナと関連付けられます。グループ ポリシー スナップインでは、以下のポリシー設定を指定できます。
  • レジストリに基づいたポリシー
    Windows XP オペレーティング システムおよびそのコンポーネントのグループ ポリシーや、プログラムのグループ ポリシーが含まれます。これらの設定を管理するには、グループ ポリシー スナップインの管理用テンプレート ノードを使用します。
  • セキュリティ オプション
    ローカル コンピュータ、ドメイン、およびネットワークセキュリティ設定のオプションが含まれます。
  • ソフトウェア インストールおよびメンテナンス オプション
    これらのオプションを使用して、プログラムのインストール、アップデート、および削除を集中管理します。
  • スクリプト オプション
    コンピュータの起動およびシャットダウンや、ユーザーのログオンおよびログオフ用のスクリプトが含まれます。
  • フォルダ リダイレクト オプション
    これらのオプションを使用して、管理者がユーザーの特定のフォルダをネットワークに転送できます。
グループ ポリシーを使用してユーザーの作業環境の状態を定義し、以後、定義したポリシーを使用するようにシステムを設定することができます。

グループ ポリシー エディタの起動方法

グループ ポリシー エディタを起動するには、次の操作を行います。

: グループ ポリシー エディタを使用するには、管理者権限のあるアカウントでコンピュータにログオンする必要があります。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに mmc と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [ファイル] メニューの [スナップインの追加と削除] をクリックします。
  4. [追加] をクリックします。
  5. [利用できるスタンドアロン スナップイン] の下にある [グループ ポリシー] をクリックし、[追加] をクリックします。
  6. ローカル コンピュータ ポリシーを変更しない場合は、[参照] をクリックし、必要なグループ ポリシー オブジェクトを指定します。ユーザー名とパスワードが要求された場合は入力し、[グループ ポリシー オブジェクトの選択] ダイアログ ボックスに戻ったら、[完了] をクリックします。

    : [参照] ボタンを使用して、サイト、ドメイン、組織単位 (OU)、またはコンピュータにリンクされたグループ ポリシー オブジェクトを指定することができます。ローカル コンピュータの設定を変更するには、デフォルトの GPO (ローカル コンピュータ) を使用します。
  7. [閉じる] をクリックし、[スナップインの追加と削除] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

    選択した GPO がコンソール ルートに表示されます。

グループ ポリシー エディタの使用方法

グループ ポリシー スナップインには、以下の 2 つの主なツリーがあります。
  • コンピュータの構成
    管理者は、[コンピュータの構成] を使用して、誰がログオンしているかに関係なくコンピュータに適用するポリシーを設定できます。通常、[コンピュータの構成] には、サブ項目の [ソフトウェアの設定]、[Windows の設定]、および [管理者用テンプレート] が含まれます。
  • ユーザーの構成
    管理者は、[ユーザーの構成] を使用して、ユーザーがどのコンピュータにログオンしているかに関係なくユーザーに適用するポリシーを設定できます。通常、[ユーザーの構成] には、サブ項目の [ソフトウェア設定]、[Windows 設定]、および [管理者用テンプレート] が含まれます。
グループ ポリシー エディタを使用するには、次の操作を行います。
  1. 目的の GPO ([ローカル コンピュータ ポリシー] など) を展開します。
  2. 目的の構成項目 ([コンピュータの構成] など) を展開します。
  3. 目的のサブ項目 ([Windows の設定] など) を展開します。
  4. 目的のポリシー設定を含むフォルダを表示します。ポリシー項目は、グループ ポリシー エディタ スナップインの右側のウィンドウに表示されます。

    : 選択した項目にポリシーが定義されていない場合、必要なフォルダを右クリックし、ショートカット メニューから [すべてのタスク] をポイントして、必要なコマンドをクリックします。[すべてのタスク] サブメニューに表示されるコマンドは状況に応じて異なります。選択したポリシー フォルダに適用可能なコマンドだけがメニューに表示されます。
  5. [設定] リスト で、目的のポリシー項目をダブルクリックします。

    : [管理者用テンプレート] フォルダのポリシー項目を設定する場合、選択したポリシー項目の詳細情報を表示するには、MMC の右側のウィンドウの下にある [拡張] タブをクリックします。
  6. 表示されたダイアログ ボックスでポリシーの設定を変更し、[OK] をクリックします。
  7. 変更が完了したら、MMC を終了します。

以下に、グループ ポリシー エディタを使用して Windows XP のユーザー インターフェイスをカスタマイズする例を示します。この例では、グループ ポリシー エディタを使用して、[スタート] メニューから一時的に [終了オプション] (または [シャットダウン]) ボタンを削除します。この場合、次の操作を行います。
  1. グループ ポリシー エディタを起動し、この資料の「グループ ポリシー エディタの起動方法 」に示す手順を使用してローカル コンピュータ ポリシーを開きます。

    : グループ ポリシー エディタ スナップインをコマンド ラインから起動することができます。これにより、ローカル コンピュータ GPO が自動的に読み込まれます。この場合、次の操作を行います。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    2. [名前] ボックスに Gpedit.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [ユーザーの構成] を展開します (展開されていない場合)。
  3. [ユーザーの構成] の下の [管理用テンプレート] を展開します。
  4. [タスク バーと [スタート] メニュー] をクリックします。
  5. 右側のウィンドウで、[[終了オプション] ボタンを削除して無効にする] をダブルクリックします。
  6. [有効] をクリックしてから、[適用] をクリックします。
  7. [スタート] ボタンをクリックします。

    [終了オプション] ボタンが表示されないことを確認します。
  8. [[終了オプション] ボタンを削除して無効にする] ダイアログ ボックスを選択します。
  9. [未構成] をクリックし、[適用] をクリックしてから、[OK] をクリックします。
  10. [スタート] ボタンをクリックします。

    [スタート] メニューに再び [終了オプション] ボタンが表示されていることを確認します。
  11. グループ ポリシー エディタ スナップインを終了します。

関連情報

グループ ポリシーの使い方に関するその他の情報は、次の URL から入手できます。
http://www.microsoft.com/japan/windows2000/library/planning/management/groupsteps.asp

http://www.microsoft.com/japan/windows2000/library/planning/security/entsecsteps.asp

http://www.microsoft.com/japan/windows2000/library/howitworks/management/grouppolicyintro.asp

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 307882 (最終更新日 2001-11-02) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 307882 - 最終更新日: 2006年2月8日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP 64-Bit Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster jptrf KB307882
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com