文書番号: 307890 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Windows XP には、ソフトウェアベースの製品のライセンス認証技術が導入されています。そのため、ユーザーは Windows XP のライセンス認証の手続きを実行する必要があります。この資料では、Windows XP のライセンス認証の方法について説明します。

ライセンス認証の機能

製品のライセンス認証を行うことにより、いわゆる "カジュアル コピー" (何気なく行われる違法コピー) によるソフトウェアの著作権侵害を防止します。ソフトウェアを他人と共有してインストールを行うカジュアル コピーは、ソフトウェア使用許諾契約 (EULA) に違反します。

製品のライセンス認証により、個々の Windows XP ソフトウェアが EULA に従ってインストールされ、ライセンスで許諾された台数を超えてコンピューターにインストールされないことが保証されます。Windows は、プロダクト ID および Windows XP のインストール時に生成されるハードウェア ID の情報に基づいた一意のインストール ID を生成します。ライセンス認証手続きを実行するには、Windows 製品のライセンス認証ウィザードを利用し、インターネットまたは電話回線のいずれかを経由してマイクロソフトに対しインストール ID を通知します。インストール ID には、そのコンピューターとプロダクト ID との関連付けが記録され、Windows XP を使用可能にするための確認 ID がユーザーのコンピューターに返送されます。

ライセンス認証の手続きは匿名で行われ、ライセンス認証に伴って個人情報を提供する必要はありません。インストール ID には、プロダクト ID とコンピューターとの関連付けが記録され、マイクロソフトに確認情報が送信されます。これにより、プロダクト キーを使用して、ライセンス認証を行ったコンピューターに Windows を何度でもインストールすることができます。しかし、同一のプロダクト キーで別のコンピューターに Windows をインストールする場合には、マイクロソフト サポート担当者に連絡する必要があります。

ライセンス認証手続きは Windows XP の使用開始日から 30 日以内に実行する必要があります。インストールした日以降に Windows のライセンス認証手続きを行う場合には、Windows のライセンス認証アイコンが通知領域に表示されます。このアイコンは、ライセンス認証の手続き期限までの残り日数を定期的に通知します。30 日の期限の経過後も引き続き Windows を使用するには、ライセンス認証手続きを実行する必要があります。

ライセンス認証手続きの際に、Windows のユーザー登録を行うことも可能です。製品のライセンス認証手続きは、ユーザー登録とは異なります。ライセンス認証は必須であり、ユーザー登録は任意です。Windows XP のユーザー登録を行うには、名前、電子メール アドレス、その他の連絡先情報を提供します。製品の更新プログラム情報や最新情報を受け取るように選択することも可能です。

: Windows XP の OEM (Original Equipment Manufacturer) 版や、ボリューム ライセンス契約を通じてインストールした一部の Windows XP は事前に認証済みであり、改めてライセンス認証手続きを行う必要はありません。ライセンス認証の状態を確認するには、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システムツール] の順にポイントし、[Windows のライセンス認証] をクリックします。

ライセンス認証手続きの方法

Windows XP のライセンス認証手続きは、以下のいずれかの方法で実行することができます。
  • インターネット経由での Windows XP のライセンス認証手続き

    この方法では、Windows 製品のライセンス認証ウィザードがライセンス認証サーバーとの接続を確立し、インストール ID を送信して、ライセンス認証手続きを実行します。
  • モデムを利用した Windows XP のライセンス認証手続き

    モデムがあってもインターネットに接続していない場合には、ライセンス認証ウィザードがモデムを検出し、電話回線経由でライセンス認証サーバーへの接続を確立します。
  • 電話による Windows XP のライセンス認証手続き

    モデムやインターネット接続を利用できない場合は、マイクロソフト ライセンス認証窓口に電話することで、Windows XP のライセンス認証手続きを実行することができます。ライセンス認証ウィザードにはフリー ダイヤルの番号が表示されます。

ビデオ: コンピューターで Windows のライセンス認証を行う方法

元に戻す画像を拡大する
assets video1
uuid=e42db73d-f794-4d5c-a626-0dd7da610ea1 VideoUrl=http://www.microsoft.com/ja-jp/showcase/details.aspx?uuid=e42db73d-f794-4d5c-a626-0dd7da610ea1
元に戻す画像を拡大する
assets video2


以下に、それぞれの使用方法について説明します。

インターネット経由での Windows XP のライセンス認証手続き

インターネット接続を利用して Windows XP のライセンス認証手続きを実行するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントして、[Windows のライセンス認証] をクリックします。

    または、 通知領域の Windows のライセンス認証アイコンをクリックします。
  2. [はい、今すぐインターネット経由でライセンス認証の手続きを行います] をクリックします。
  3. [Windows 製品のライセンス認証のプライバシー ポリシーをお読みください] をクリックし、[戻る] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. 以下のいずれかの方法を使用します。
    • Windows のライセンス認証手続きとユーザー登録を同時に行う場合は、[はい、Windows のライセンス認証の手続きとユーザー登録を同時に行います] をクリックし、[Windows ユーザー登録プライバシー ポリシーをお読みください] をクリックし、[戻る] をクリックし、[次へ] をクリックします。ユーザー登録フォームの所定の欄に連絡先情報を入力し、[次へ] をクリックします。アスタリスク (*) が付いた項目は必須項目です。
    • Windows のライセンス認証の手続きのみを行う場合は、[いいえ、Windows のライセンス認証の手続きを行い、ユーザー登録は今行いません] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    ライセンス認証ウィザードがライセンス認証サーバーとの接続を確立し、ライセンス認証の手続きを実行します。
  5. ライセンス認証の手続きが完了し、次のメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
    これで Windows のライセンス認証の手続きが完了しました。

モデムを利用した Windows XP のライセンス認証手続き

モデムを利用して Windows XP のライセンス認証の手続きを行うには、以下の手順を実行します。

: 以下の手順は、「インターネット経由での Windows XP のライセンス認証手続き」に記載されている、インターネット経由の Windows のライセンス認証手続きと同じ手順です。インターネットに接続していてもモデムを利用してライセンス認証手続きを行いたい場合は、この手順を実施する前にインターネットの接続を切断してください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントして、[Windows のライセンス認証] をクリックします。

    または、 通知領域の Windows のライセンス認証アイコンをクリックします。
  2. [はい、今すぐインターネット経由でライセンス認証の手続きを行います] をクリックします。
  3. [Windows 製品のライセンス認証のプライバシー ポリシーをお読みください] をクリックし、[戻る] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. 以下のいずれかの方法を使用します。
    • Windows のライセンス認証手続きとユーザー登録を同時に行う場合は、[はい、Windows のライセンス認証の手続きとユーザー登録を同時に行います] をクリックし、[Windows ユーザー登録プライバシー ポリシーをお読みください] をクリックし、[戻る] をクリックし、[次へ] をクリックします。ユーザー登録フォームの所定の欄に連絡先情報を入力し、[次へ] をクリックします。アスタリスク (*) が付いた項目は必須項目です。
    • Windows のライセンス認証の手続きのみを行う場合は、[いいえ、Windows のライセンス認証の手続きを行い、ユーザー登録は今行いません] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    ライセンス認証ウィザードがライセンス認証サーバーとの接続を確立し、ライセンス認証の手続きを実行します。
  5. ライセンス認証の手続きが完了し、次のメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
    これで Windows のライセンス認証の手続きが完了しました。

電話による Windows XP のライセンス認証手続き

マイクロソフト ライセンス認証窓口に連絡し、電話による Windows のライセンス認証の手続きを実行するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントして、[Windows のライセンス認証] をクリックします。

    または、 通知領域の Windows のライセンス認証アイコンをクリックします。
  2. [はい、ライセンス認証専用窓口に電話してライセンス認証の手続きを行います] をクリックします。
  3. [Windows 製品のライセンス認証のプライバシー ポリシーをお読みください] をクリックし、[戻る] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [電話で Windows のライセンス認証の手続きを行う] ダイアログ ボックスに表示された手順に従い、[次へ] をクリックします。

    : ここで電話番号が表示されますが、この電話番号は選択した場所によって異なります。
  5. ライセンス認証の手続きが完了し、次のメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
    これで Windows のライセンス認証の手続きが完了しました。

トラブルシューティング

モデムまたはインターネットを経由したオンライン接続を確立できない場合には、ライセンス認証専用窓口に連絡して電話による Windows XP のライセンス認証の手続きを実行するように求められます。



関連情報

マイクロソフト ライセンス認証専用窓口に電話で連絡する方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Windows 製品のライセンス認証については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/resources/howtotell/content.aspx?pg=mpa&displaylang=ja
Windows 製品のライセンス認証に関してよく寄せられる質問 (FAQ) については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/resources/howtotell/content.aspx?displaylang=ja&pg=faq
Windows XP のライセンス認証の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
306555 Windows XP を評価版から製品版にアップグレードした場合、アップグレードした日から 30 日以内にライセンス認証を行う必要がある
291983 Windows 製品のライセンス認証で使用されるポート
291997 Unattend.txt ファイルを使用して Microsoft Windows XP のライセンス認証を行う方法

プロパティ

文書番号: 307890 - 最終更新日: 2014年1月31日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbhowtomaster kbhowto kbenv kbsetup kbcip kbvideocontent KB307890
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com