文書番号: 308422 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Windows XP Home Edition を実行しているコンピューター上で、ファイルおよびフォルダーをバックアップするために、バックアップ ユーティリティを使用する方法について説明しています。バックアップ ユーティリティは、Windows XP の既定のインストールに含まれている、Windows XP Home Edition の既定のインストールで自動的に含まれるわけではありません。このため、バックアップ ユーティリティを使用する必要があります最初インストールします。

また、この資料に含まれるビデオで、コンピューター上のファイルやフォルダーをバックアップする方法のデモを見ることもできます。ビデオを見るには、「関連情報」セクションを参照してください。

この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

この資料を最初に印刷すると、手順を追いやすいでしょう。

バックアップ ユーティリティをインストールする方法

重要な情報をバックアップするには、コンピューターに、バックアップ ユーティリティをインストールしなければなりません。バックアップ ユーティリティは、Windows XP Home Edition の CD に含まれています。

メモ Windows XP Home Edition があらかじめコンピューターにインストールされていて、オリジナルの Windows XP CD が手元にない場合の詳細については、コンピューター製造元に問い合わせるか、製造元の Web サイトを参照してください。また、バックアップ ・ ソフトウェアとは別に購入することも使用できます。

Windows XP CD-ROM からバックアップ ユーティリティをインストールするには
  1. Windows XP の CD を、コンピューターの CD ドライブまたは DVD ドライブに挿入します。
  2. [終了] をクリックします。
  3. 検索します CDDrive: CD 上の \ValueAdd\Msft\Ntbackup フォルダー。
  4. バックアップ ユーティリティをインストールするには、 Ntbackup.msiをダブルクリックします。
  5. バックアップまたは復元ウィザード] が表示されたら、[完了] をクリックします。
  6. Windows XP の CD を削除します。
バックアップ ユーティリティがインストールされたので、重要な情報をバックアップする準備が整いました。

ファイルとフォルダーをバックアップする方法

ファイルとフォルダーをバックアップするには、次の手順に従います。

メモ ファイルとフォルダーをバックアップするためにする必要がありますはコンピューターにログオン、管理者または Administrators グループの一部であるユーザーとして。Windows にコンピューターの管理者のユーザー アカウントを使用してログオンしていることを確認するためには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/admin
メモ 次の手順は、バックアップ ユーティリティを使用して、ファイルとフォルダーを手動でバックアップする方法について説明します。ファイルとフォルダーのバックアップにも、バックアップまたは復元ウィザードを使用できます。ただし、手順は少し異なります、次のセクションに記載されているされます。

手順 1: バックアップ ユーティリティを開始する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. タイプ ntbackup.exe開くボックスし、クリック [ OK] をクリックします。

    メモ 場合は、次のエラー メッセージが表示されたら、「バックアップ ユーティリティをインストールする方法」の手順を正しく実行することを確認します。
    'Ntbackup.exe' が見つかりません

手順 2: バックアップする項目を選択し、バックアップ ファイルを保存する場所を選択する

  1. 詳細モード] をクリックします。

    メモ バックアップおよび復元ウィザードが起動したら、ユーティリティがウィザード モードで実行されて。[常にウィザード モードで開始する] チェック ボックスをクリックしてオフにすることができます。その後バックアップ ユーティリティを再起動します。バックアップおよび復元ウィザードを使用する続行する場合、手順は少し異なります、次のセクションに記載されているされます。
  2. [バックアップ] タブをクリックします。
  3. [ジョブ] メニューの [新規を] をクリックします。
  4. バックアップするドライブの横のチェック ボックスをオンにします。特定のファイルまたはフォルダーを選択する場合は、これらのファイルまたはフォルダーが存在するドライブを展開します。次に、ファイルまたはフォルダーのバックアップを作成するチェック ボックスを選択します。
  5. ナビゲーション ウィンドウで、[マイ コンピューター ] の下にある、[システム状態] チェック ボックスを選択します。

    メモ システムの設定とデータ ファイルをバックアップする場合は、システム状態データ、およびコンピューターにすべてのデータをバックアップします。システム状態データには、レジストリ、COM + クラス登録データベース、Windows ファイル保護、ブート ファイル、およびその他のシステム ファイルの中にあるファイルが含まれています。
  6. [バックアップ先] リストを使用する場合に使用するバックアップ先をクリックします。

    メモ この手順でファイルを選択した場合は、バックアップ メディアまたはファイル名] ボックスにデータをバックアップする場合、完全パスとファイル名を入力します。

    バックアップ ファイルの作成場所としてネットワーク共有を指定できます。通常、バックアップ ファイルは、.bkf ファイル名拡張子があります。ただし、ファイル名拡張子を使用できます。

手順 3: バックアップを開始します。

  1. [バックアップの開始] をクリックして [バックアップ ジョブ情報] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. 、メディアに既にバックアップが存在する場合は、[には、次のいずれかを行います。
    • このバックアップ ファイルを以前のバックアップ ファイルを追加する場合は、[メディアにこのバックアップを追加をクリックします。このオプションを 1 つのファイル内のすべての以前のバックアップを維持することができます、既存のバックアップ ファイルを新しいバックアップを追加します。このオプションは、特定の日からのバックアップを復元する場合に便利です。新しいバックアップごとに、バックアップ ファイルのサイズが増加することに注意してください。満たないハード ディスクを時間の経過を確認するには、ファイル サイズを監視することがあります。場合は、ファイルが大きくなりすぎる、外付けハード ディスクにファイルを保存をお勧めします。または、大量のハード ディスク領域を使用して、ファイルが場合は、このバックアップでメディアのデータを置換する代わりを選択します。
    • このバックアップで以前のバックアップ ファイルを上書きする場合は、このバックアップでメディアのデータを置き換える] をクリックします。このオプションは、のみ、現在のバックアップを維持して気にしない、以前のバックアップを保持する場合に便利です。または、コンピューターのハード ディスクの領域が多すぎるを使用して、ファイルに関する懸念がある場合は、このオプションを使用します。
  3. [詳細] をクリックします。
  4. バックアップ後にデータを確認] チェック ボックスを選択します。
  5. バックアップの種類] ボックスで、作成するバックアップの種類をクリックします。バックアップの種類、および説明を「説明」の下が表示されます各バックアップ ・ タイプの説明] をクリックしますバックアップの種類、次のいずれかを選択できます。
    • 標準
    • コピー
    • 増分
    • 差分
    • 毎日
  6. [OK] をクリックし、[バックアップの開始] をクリックします。バックアップの進行状況ダイアログ ボックスが表示されたら、バックアップが開始します。

手順 4: バックアップ ユーティリティを終了します。

  1. バックアップが完了したら、[閉じる] をクリックします。
  2. [ジョブ] メニューの [終了] をクリックします。

次のステップ

手順が動作しない場合は、バックアップ中に問題がある、問題に解決策を見つけるには、Microsoft カスタマー サポート サービスの Web サイトを使用できます。コンピューター上の重要な情報をバックアップする方法の詳細についてはこの Web サイトにアクセスすることもできます。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの Web サイトが提供するサービス以下に示します。
  • 検索可能なサポート技術情報: テクニカル サポート情報および Microsoft 製品のセルフ ヘルプ ツールを検索します。
  • ソリューション ・ センター: 製品別のよく寄せられる質問および重要なサポートを表示します。
  • その他のサポート オプション: 質問を行う、Microsoft カスタマー サポート サービスへの問い合わせ、またはフィードバックの提供にこの Web を使用します。
マイクロソフト カスタマー サポート サービスの Web サイトを検索するヘルプが見つからない場合は、サポートに連絡することができます。
http://support.microsoft.com/contactus

詳細

バックアップ ユーティリティを使用する方法を示すビデオを見る

次のビデオでは、バックアップ ・ プロセスを示します。このビデオを見るには、[再生] ボタンをクリックします。

メモ ビデオを表示するには Microsoft の Windows Media Player 7.0 またはそれ以降のバージョンがコンピューターにインストールが必要です。Windows Media player の最新バージョンを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windows/windowsmedia/download/AllDownloads.aspx

プロパティ

文書番号: 308422 - 最終更新日: 2014年3月16日 - リビジョン: 23.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbceip kbarttypeshowme kbhowtomaster kbmt KB308422 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:308422
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com