文書番号: 309000 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP309000
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Windows XP のディスクの管理スナップインを使用してベーシック ディスクを構成し、使用できるように準備する方法について手順ごとに説明します。また、パーティションを作成および削除する方法と、ボリュームを FAT、FAT32、または NTFS ファイル システムでフォーマットする方法についても説明します。



詳細

ベーシック ディスクとベーシック ボリューム

ベーシック ディスク記憶域では、パーティション指向のディスクをサポートします。ベーシック ディスクとは、プライマリ パーティション、拡張パーティション、または論理ドライブを含む物理ディスクです。ベーシック ディスク上のパーティションおよび論理ドライブは、ベーシック ボリュームとも呼ばれます。最大 4 つのプライマリ パーティション、または 3 つのプライマリ パーティションと 1 つの拡張パーティションを作成することができます。論理ドライブは拡張パーティションに含まれます。

以下のオペレーティング システムでは、ダイナミック ボリューム上に格納されたデータにアクセスできないため、同じコンピューター上に Windows XP Professional と次のいずれかまたは複数のオペレーティング システムが搭載されている場合には、ベーシック ボリュームを使用する必要があります。
  • Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows NT 4.0 以前
  • Microsoft Windows Millennium Edition (Me)
  • Microsoft Windows 98
  • Microsoft Windows 95
  • MS-DOS

ディスクの管理を使用する方法

ディスクの管理を起動するには、次の手順を実行します。
  1. Administrator または Administrators グループのメンバーとしてログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「compmgmt.msc」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. コンソール ツリーで、[ディスクの管理] をクリックします。[ディスクの管理] ウィンドウが表示されます。ディスクとボリュームが、グラフィック表示と一覧表示で示されます。上下のウィンドウでディスクとボリュームの表示方法をカスタマイズするには、[表示] メニューの [上部] または [下部] をポイントして使用する表示方法をクリックします。
: ディスクまたはボリュームに変更を加える前に、ディスクの内容を完全にバックアップすることをお勧めします。

新しいパーティションまたは論理ドライブを作成する方法

ベーシック ディスク上に新しいパーティションまたは論理ドライブを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. [ディスクの管理] ウィンドウで、次のいずれかの手順を実行した後、手順 2. に進みます。
    • 新しいパーティションを作成するには、パーティションを作成するベーシック ディスク上の未割り当て領域を右クリックし、[新しいパーティション] をクリックします。
    • 拡張パーティションに新しい論理ドライブを作成するには、論理ドライブを作成する拡張パーティション上の空き領域を右クリックし、[新しい論理ドライブ] をクリックします。
  2. 新しいパーティション ウィザードで、[次へ] をクリックします。
  3. 作成するパーティションの種類 ([プライマリ パーティション]、[拡張パーティション]、または [論理ドライブ]) をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [パーティション サイズ (MB)] ボックスにパーティションのサイズを入力し、[次へ] をクリックします。
  5. 新しいパーティションまたは論理ドライブにドライブ文字を手動で割り当てるか、システムに自動的にドライブを列挙させるか、またはドライブ文字を割り当てないかを選択し、[次へ] をクリックします。
  6. 次のいずれかの手順を使用して、使用するフォーマット オプションを指定します。
    • パーティションをフォーマットしない場合は、[このパーティションをフォーマットしない] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    • パーティションをフォーマットする場合は、[パーティションのフォーマット] ダイアログ ボックスで [このパーティションを以下の設定でフォーマットする] をクリックし、以下の手順を実行します。
      1. [ボリューム ラベル] ボックスにボリューム名を入力します。この手順は省略してもかまいません。
      2. [ファイル システム] ボックスで、使用するファイル システムをクリックします。

        ディスクのアロケーション ユニット サイズの変更や、クイック フォーマットの指定を行うことができます。また、NTFS ボリューム上でファイルとフォルダーの圧縮を有効にすることもできます。
      [次へ] をクリックします。

  7. 選択したオプションが正しいことを確認し、[完了] をクリックします。
新しいパーティションまたは論理ドライブが作成され、[ディスクの管理] ウィンドウの該当するベーシック ディスクの中に表示されます。手順 6. でボリュームのフォーマットを選択した場合は、ここでフォーマット処理が開始されます。

ベーシック ボリュームをフォーマットする方法

パーティション、論理ドライブ、またはベーシック ボリュームをフォーマットするには、次の手順を実行します。
  1. [ディスクの管理] ウィンドウで、フォーマット (または再フォーマット) するパーティションまたは論理ドライブを右クリックし、[フォーマット] をクリックします。
  2. [フォーマット] ダイアログ ボックスで、[ボリューム ラベル] ボックスにボリューム名を入力します。この手順は省略してもかまいません。
  3. [ファイル システム] ボックスで、使用するファイル システムをクリックします。必要に応じて、ディスクのアロケーション ユニット サイズの変更やクイック フォーマットの指定を行うことができます。また、NTFS ボリューム上でファイルとフォルダーの圧縮を有効にすることもできます。
  4. [OK] をクリックします。
  5. ボリュームをフォーマットするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。フォーマット処理が開始されます。

ベーシック ボリュームのプロパティを表示する方法

パーティションまたは論理ドライブのプロパティを表示するには、以下の手順を実行します。
  1. [ディスクの管理] ウィンドウで、目的のパーティションまたは論理ドライブを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. 目的のタブをクリックしてプロパティを表示します。

パーティションまたは論理ドライブを削除する方法

パーティションまたは論理ドライブを削除するには、次の手順を実行します。
  1. [ディスクの管理] ウィンドウで、削除するパーティションまたは論理ドライブを右クリックし、[パーティションの削除] または [論理ドライブの削除] をクリックします。
  2. パーティションまたは論理ドライブの削除を確認するダイアログ ボックスが表示されたら、[はい] をクリックします。パーティションまたは論理ドライブが削除されます。
重要
  • パーティションまたは論理ドライブを削除すると、パーティションまたは論理ドライブ自体が削除されると共に、そのパーティションまたは論理ドライブ上のすべてのデータが削除されます。
  • システム パーティション、ブート パーティション、またはアクティブなページング (スワップ) ファイルを含むパーティションは削除できません。
  • 拡張パーティションは、空でない限り削除できません。拡張パーティションを削除するには、その拡張パーティション内のすべての論理ドライブを削除する必要があります。

トラブルシューティング

ディスクの管理では、一覧表示領域の [状態] 列とグラフィック表示領域に、ディスクまたはボリュームの現在の状態を示す情報が表示されます。これらの状態情報を使用して、ディスクおよびボリュームのエラーを検出し、トラブルシューティングを行うことができます。以下は、ディスクおよびボリュームの状態情報の一部です。
  • オンライン
    ディスクがアクセス可能で、正しく機能しています。通常のディスク状態です。
  • 正常
    ボリュームがアクセス可能で、正しく機能しています。通常のボリューム状態です。
  • 読み取り不可
    ハードウェアの故障、ディスクの破損、または I/O エラーのため、ディスクにアクセスできません。

    この問題のトラブルシューティングを行うには、コンピューター-を再起動するか、またはディスクを再スキャンして、ディスクを "オンライン" の状態に戻します。ディスクを再スキャンするには、コンピューターの管理を開いて、[ディスクの管理] をクリックします。[操作] メニューの [ディスクの再スキャン] をクリックします。
ディスクおよびボリュームの状態情報の詳細な一覧、およびトラブルシューティング手順については、ディスクの管理のヘルプを参照してください。ディスクの管理スナップインまたは [コンピューターの管理] ウィンドウで、[操作] メニューの [ヘルプ] をクリックします。



関連情報

ディスクの管理を使用してドライブ文字の割り当て、削除、または変更を行う方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
307844 Windows XP でドライブ文字の割り当てを変更する方法
ダイナミック ディスクの構成方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
308424 Windows XP でディスクの管理を使用してダイナミック ディスクを構成する方法
ベーシック ディスクおよびダイナミック ディスクの使用に関する情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
175761 Windows 2000 のダイナミック記憶域とベーシック記憶域
222189 Windows のディスク管理におけるディスク グループについて
254105 ダイナミック ディスクに関するハードウェアの制限
Diskpart コマンド ライン ユーティリティを使用してディスクを管理する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
300415 Diskpart コマンド ライン ユーティリティについて

プロパティ

文書番号: 309000 - 最終更新日: 2013年6月6日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbhowtomaster kbhowto kbenv KB309000
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com