文書番号: 310575 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows XP における USB (Universal Serial Bus) デバイスの高度なトラブルシューティングのヒントについて説明します。

対処方法

USB デバイスに問題がある場合は、次の方法を最初に試してください。
  1. デバイスをいったん外してから接続し直します。
  2. デバイス ドライバーを要求するメッセージが表示される場合は、デバイスに付属する情報を読むか、製造元の Web サイトを参照して、ドライバーがあるかどうかを確認します。
  3. Windows Update を実行して、Windows XP の最新の修正プログラムを入手します。それが完了したら、デバイスを接続して正しくインストールされることを確認します。
これら 3 つの方法を試しても問題が解決しない場合は、「高度なトラブルシューティング」セクションを使用して問題を解決してみてください。

詳細

高度なトラブルシューティング

このセクションの内容は高度なコンピューター ユーザーを対象としたものです。高度なトラブルシューティングに慣れていない場合は、わかる人またはサポート担当者にお問い合わせください。お問い合わせ方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja
USB デバイスはプラグ アンド プレイ デバイスなので、制御または構成できることは多くありません。ただし、USB に関するほとんどの問題の原因は、次のいずれかです。
  • ハードウェアに不具合があるか、正しく構成されていない。
  • デバイス ドライバーが破損しているか、正しく構成されていないか、存在していない。
  • ケーブルが正しく接続されていない
  • ファームウェアまたは BIOS (basic input/output system) が古いバージョンです。
  • ルート ハブが適切に構成されていない
以下のトラブルシューティングのヒントは、これらの条件について確認し、USB デバイスの問題を解決するのに役立ちます。

ハードウェアに不具合があるか、正しく構成されていない

不具合があるか、正しく構成されていないデバイスを USB ポートに接続すると、通常はコンピューターが応答を停止 (ハング) します。ほとんどの場合、物理的にコンピューターの電源を切った後、再度電源を入れてバスをリセットする必要があります。不具合のあるデバイスや正しく構成されていないデバイスを簡単に特定できないことがあります。正常に機能している別のコンピューターを使用できる場合は、そのコンピューターに不具合のあるデバイスを接続して、同じ問題が発生するかどうかを確認します。

デバイスがセカンダリ ハブに接続されている場合は、デバイスをハブから取り外し、ルート ハブに直接接続します。

障害の原因となるハードウェアの問題は、使用電力の高低、帯域幅の不足、ファームウェアの不具合や不適切な構成など、数多くあります。

デバイス マネージャーで、ルート ハブが正常に動作していることを確認します。ルート ハブに感嘆符 (!) の付いた黄色い円が表示されている場合は、BIOS によってルート USB コントローラーに割り込み要求 (IRQ) が割り当てられているかどうかを確認します。デバイス ドライバーを読み込むためには、ルート USB コントローラーに IRQ が割り当てられている必要があります。 デバイス マネージャーを使用してハードウェアの問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
133240 デバイス マネージャーによるデバイス競合のトラブルシューティング
ルート ハブに接続されているすべてのデバイスが動作しない場合は、バスの電力要件を超えていないかどうかを確認します。USB デバイスは、1 つの接続あたり最大で 500 ミリアンペアの電力を使用可能です。仕様では、デバイスの使用電力がこの値を超える場合、コンピューターの電力が元の状態に戻るまで、当該のポートを無効にできる (ポートを "サスペンドする") ことが推奨されています。また、デバイスの消費電力が 50 ミリアンペアを下回る場合も、ポートはアクティブになりません。

[USB ルート ハブのプロパティ] ダイアログ ボックスの [電源] タブに表示される、USB バスの使用電力を確認します。

デバイス ドライバーが破損しているか、正しく構成されていないか、存在していない

USB デバイスを接続すると、コンピューターによりデバイスが読み込まれ、構成されます。このとき、提供されている定義済みのクラス ドライバーの中にそのデバイスに対応するものがあれば、デバイス ドライバーを指定する必要もありません。デバイス ドライバーを指定するように求めるメッセージが表示される場合は、ドライバーを入手できるかどうか、デバイスの製造元に問い合わせてください。

ケーブルが正しく接続されていない

USB ケーブルには、低速と高速の 2 種類があります。低速ケーブルと高速ケーブルでは、主にシールドが異なります。高速デバイスに低速ケーブルを接続した場合、長距離では、信号のひずみが発生することがあります。

USB チェーン全体が正常に機能していることを調べて、ハブからの電力供給を必要とするデバイスが、電力供給を受けていないハブの反対側にあるチェーンに接続されていないことを確認します。このような接続が行われている場合、ハブ、およびチェーンに接続されているすべてのデバイスがサスペンドされます。電力が供給されているハブについては、ハブの電力供給が正しく構成されているかどうかを確認します。

ファームウェアまたは BIOS のバージョンが古い

ファームウェアは、すべての USB デバイスにとって重要な要素です。USB デバイスのファームウェアにはデバイスに関するすべての情報が含まれています。ファームウェアのすべての記述子がルート ハブによって読み込まれ、検証されてから、ポートがリセットされます。これは、プリンターやモデムでも同様であるため、重要です。コンピューターの BIOS および各デバイスで、最新のファームウェアを使用していることを確認してください。

ファームウェアに不具合がある場合や、正しく構成されていない場合、異常な現象が発生することがあります。通常は、USB デバイスを取り外し、接続し直すと、再び使用できるようになりますが、接続したデバイスが、デバイス マネージャーで 2 つ目のインスタンスとして表示され、2 つ目のインスタンスとして読み込まれることがあります。同じデバイスが重複して表示される場合、そのデバイスの最新のファームウェアを使用しているかどうかを確認します。これは、通常、USB プリンターやモデムで発生する現象です。同じ原因で、デバイスによりデバイス ドライバーが読み込まれると、ドライバーが存在しないのに、2 つ目のデバイスが追加されるという、同様の問題が発生します。デバイス マネージャーでは、2 つ目のデバイスに感嘆符 (!) が付いた黄色い円が表示されます。このデバイスは正常に動作する場合がありますが、問題の原因と考えられる親デバイスを取り外さない限り、"ゴースト" デバイスを削除することはできません。また、そのデバイスのファームウェアまたはデバイス ドライバーを更新することで、この問題を解決できる場合があります。

ルート ハブが適切に構成されていない

USB コントローラーには、IRQ を割り当てる必要があります。IRQ 行の割り当てはコンピューターの BIOS で行われ、通常は、IRQ 9 が割り当てられます。

すべての USB コントローラーを削除して再インストールする

すべての USB コントローラーを削除して再インストールするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「sysdm.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [ハードウェア] タブをクリックします。
  3. [デバイス マネージャー] をクリックします。
  4. [USB (Universal Serial Bus) コントローラー] を展開します。
  5. [USB (Universal Serial Bus) コントローラー] の下の各デバイスを 1 つずつ右クリックし、[削除] をクリックします。デバイスは、一度に 1 つずつしか削除できません。
  6. コンピューターを再起動し、USB コントローラーを再インストールします。
  7. リムーバブル USB 記憶装置デバイスを接続して、問題が解決されているかどうかをテストします。

関連情報

887740 Windows XP ベースのコンピューターで USB デバイスを取り外すとき、エラー メッセージ "問題が発生したため、Rundll32.exe を終了します" が表示されるか、別の USB デバイスが削除される
884470 USB カメラからビデオをストリーミングする際の「USB コント ローラーの帯域幅の超過」エラー メッセージ
893711 USB 2.0 ハブに接続された USB マウスが Windows XP で検出されない
これらの資料で問題が解決しなかった場合、または、この資料に記載されている現象とは異なる現象が発生する場合は、詳細についてサポート技術情報を検索してください。サポート技術情報番号を検索するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
http://support.microsoft.com/?ln=ja
次に、[サポート技術情報の検索] ボックスに、表示されたエラー メッセージ、または、問題の説明を入力します。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 310575 - 最終更新日: 2013年7月2日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
キーワード:?
kbresolve kbenv kbhardware kbinfo kbtshoot KB310575
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com