文書番号: 313348 - 対象製品
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを検索します。 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料で説明するパーティション方法 (の準備) と Windows XP をインストールする前に、Windows XP のセットアップ プログラムを使用してハード_ディスクをフォーマットします。この資料には、パーティションの前に検討してください。 または、ハード_ディスクをフォーマットすることも含まれていますの問題が発生した場合のトラブルシューティングに役立つリソースへのリンク。この記事上級ユーザーを対象としています。

前に、パーティションを作成し、ハード_ディスクをフォーマット

パーティションし、ハード ディスクをフォーマットする前に、次の操作を行うかどうかを確認します。

製造元の指示に従ってハード_ディスクの準備します。

SATA ハード ディスクを使用している場合は、このステップをスキップし、「使用するファイル システム種類を特定する」に進みます。IDE ハード_ディスクを使用している場合は、ジャンパーを設定し、ハード ディスク (たとえば、マスターまたは下位) と make の役割に従って、必要なすべての BIOS (または CMOS) ケーブルを変更します。ジャンパーを設定するのには、ケーブルと必要な bios の変更を加えるは、ハード_ディスクまたはマザーボードに付属のマニュアルを参照してくださいや製造元にお問い合わせください。

使用するファイル システムの種類を決定します。

NTFS または FAT ファイル システムを使用できます。NTFS パーティションを読むことはできません Windows の以前のバージョンを実行する場合を除いて、ハード_ディスクをフォーマットするのには、推奨されるファイル システムは NTFS です。 追加FAT および NTFS ファイル ・ システム間の相違点についての情報をクリックします。マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、以下の記事番号ベース:
100108FAT、HPFS、NTFS ファイル システムの概要
310525 Windows XP での FAT32 ファイル システムの説明

ハード ディスクに既にデータが含まれている場合は、それをバックアップします。

続行する前にすべての重要なデータをバックアップすることを確認してください。パーティションし、ハード ディスクは、そのパーティション上のすべてのデータの書式設定が完全に削除されます。データを削除せず、現在のパーティション情報を表示できます。 使用する方法の詳細については、ユーティリティまたはファイルと設定の転送ウィザードをバックアップは、次をクリックしてください記事番号を使用して、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには:
320820バックアップ ユーティリティを使用して、Windows XP Home Edition でファイルとフォルダーのバックアップを作成する方法
309340 ハウツー解説: バックアップを使用して、コンピューターに Windows XP のファイルとフォルダーを復元するのには
293118 ファイルと設定の転送ウィザードを使用する方法
306186 ファイルと設定の転送ウィザード CD-ROM からを使用する方法
306187 Windows XP でファイルと設定の転送ウィザード ディスクを使用する方法

ハード_ディスクにドライブ オーバーレイまたはディスク管理プログラムである場合は、互換性があることを確認します。

コンピューターにドライブ オーバーレイ プログラムの大容量ハード_ディスクのサポートを使用する場合、パーティションまたは Windows XP のプログラムと互換性があることを確認するまで、ドライブをフォーマットするのには、Windows XP セットアップ プログラムを使用しません。ドライブ オーバーレイ プログラムをインストールした場合は、Windows XP と互換性があるかどうかを確認するのには、プログラムの製造元に問い合わせてください。ドライブ オーバーレイ プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。 186057: Windows の場合はドライブ オーバーレイ プログラムを確認する方法がインストールされています。.また、ハード ディスク ドライブまたはマザーボードの製造元に問い合わせてください。

プログラムを再インストールする必要がある場合は、ディスクがあることを確認します。

パーティションに分割し、ドライブをフォーマットした後、プログラムを再インストールすることができますように、元の Cd またはフロッピー ディスクがあるかどうかを確認します。プログラムのアップグレードを購入した場合、元のプログラムの完全版があることを確認します。アップグレード製品をインストールする前にアップグレード プログラムの多くは、準拠のチェックが必要です。元の Cd またはフロッピー ディスクが見つからない場合は、続行する前に、プログラムの製造元に問い合わせてください。

周辺機器用のデバイス ドライバーを更新した場合は、それらをバックアップします。

周辺機器 (モデムやプリンターなどのデバイス ドライバーの更新をインストールした場合、新しいデバイス用のドライバーは、オペレーティング システムをインストールした後、再インストールすることができますように、フォーマットとパーティションをドライブ以外の場所にバックアップすることを確認します。

CD または DVD ドライブから起動するようにコンピューターを構成します。

Windows XP CD からコンピューターを起動するには、CD または DVD ドライブから起動するコンピューターを構成しなければなりません。場合によっては、この構成を設定するのには、コンピューターの BIOS 設定を変更する必要があります。CD または DVD ドライブから起動するようにコンピューターを構成する方法については、コンピューターに付属のマニュアルを参照してくださいまたは、コンピューターの製造元にお問い合わせください。

CD または DVD ドライブから起動することはできませんコンピューターを起動ディスクからコンピューターを起動する必要があり、フロッピー ディスク ドライブからセットアップ プログラムを実行できるように、フロッピー ディスクのセットアップ ディスクがあることを確認します。

元に戻す画像を拡大する
2683283
メモ Windows XP セットアップ ブート ディスク Microsoft からだけがダウンロードで入手できます。ブート可能な CD-ROM を使用できないコンピューターでセットアップ プログラムを実行することができますようにするには、セットアップ ブート ディスクを提供します。CD-ROM またはネットワーク ベースのインストールからコンピューターを起動することができる場合は、それらの方法を使用することを強くお勧めします。今後の製品は、セットアップ ブート ディスクを使用してインストールをサポートします。

セットアップ ブート ディスクの入手方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。 310994: フロッピー ブート インストール用の Windows XP セットアップ ディスクの入手方法.

パーティションを作成し、Windows XP のセットアップ プログラムを使用して、ハード_ディスクをフォーマットする方法

Windows XP のセットアップ プログラムを使用して、パーティションし、ハード ディスクをフォーマットするのにはすることができます。これを行うには、次の手順を実行します。

手順 1: ハード_ディスクをパーティションします。

  1. Windows XP の CD を CD または DVD ドライブに挿入や、Windows XP セットアップ ディスク 1 をフロッピー ディスク ドライブに挿入し、Windows XP のセットアップ プログラムを起動するのには、コンピューターを再起動します。

    元に戻す画像を拡大する
    2683283
    メモ Windows XP セットアップ ディスクを使用している場合は、ダイアログ ボックスが表示されたら、その他の各ディスクを挿入し、各ディスクを挿入した後に続行するのには、ENTER キーを押します。
  2. ダイアログ ボックスが表示されたら、コンピューターを CD または DVD ドライブから起動する必要がある任意のオプションを選択します。
  3. ハード ディスク コント ローラーは、サードパーティの OEM ドライバーを必要とする場合は、ドライバーを指定するのには、f6 キーを押します。 F6 キーを使用して、Windows のセットアップ プログラムの実行中にサードパーティの OEM デバイス ドライバーを指定する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
    314859OEM ドライバーのサポートを制限中に F6 を使用されているかセットアップ
  4. で、 [セットアップへようこそ 、ENTER キーを押しますページします。

    元に戻す画像を拡大する
    2683283
    メモ セットアップ ディスク (六つの起動可能ディスク) を使用している場合は、セットアップは、Windows XP CD を挿入するように求められます。
  5. [Windows XP ライセンス契約に同意するのには、f8 キーを押します。
  6. 既存の Windows XP インストールが検出された場合は、それを修復するされたら。修理を回避するのには、ESC キーを押します。
  7. 各物理ハード_ディスクについては、すべての既存のパーティションとパーティション分割されていないスペースに一覧表示されます。矢印キーを使用して、既存のパーティションを選択するか、分割されていない領域に新しいパーティションを作成するを選択すると、新しいパーティションを作成します。分割されていない領域に新しいパーティションを作成する場合は C キーを押してこともできます。

    元に戻す画像を拡大する
    2683283
    メモ 1 つまたは複数のパーティションが既に存在するパーティションを作成する場合は、まず既存のパーティションをパーティションを削除してから新しいパーティションを作成する必要があります。既存のパーティションを削除する、L キーを押してまたは、ENTER キーを押し、システム パーティションの場合、L キーを押します) D キーを押してことができます、パーティションを削除することを確認します。新しいパーティションに追加する既存のパーティションごとにこの手順を繰り返します。すべてのパーティションが削除されると、残りの分割されていない領域を選択し、新しいパーティションを作成する場合は C キーを押します。
  8. 最大サイズでパーティションを作成するのには、ENTER キーを押します。パーティションのサイズを指定するのには、メガバイト (MB) を新しいパーティションのサイズを入力し、ENTER キーを押します。
  9. 追加のパーティションを作成する場合は、手順 g. と h を繰り返します。
  10. パーティションをフォーマットし、Windows XP をインストールするのには、手順 2 に進みます。

    Windows セットアップ プログラムを終了するのには f3 キーを 2 回押しますに Windows XP をインストールしたくないし、この資料の残りの手順に従わない場合。

    Windows XP をインストールしなくても、パーティションをフォーマットするのには、別のユーティリティを使用します。

手順 2: ハード_ディスクをフォーマットし、Windows XP のインストール

  1. 矢印キーを Windows XP をインストールするパーティションを選択するのには使用して、ENTER キーを押します。
  2. パーティションのフォーマットに使用するフォーマット オプションを選択します。次のオプションから選択できます。
    • NTFS ファイル システム (クイック) を使用してパーティションをフォーマットします。
    • FAT ファイル システム (クイック) を使用してパーティションをフォーマットします。
    • NTFS ファイル システムを使用してパーティションをフォーマットします。
    • FAT ファイル システムを使用してパーティションをフォーマットします。
    • 現在のファイル システムをそのまま使用 (変更なし) のままに
    元に戻す画像を拡大する
    2683283
    注:
    • 選択したパーティションが新しいパーティションの場合は、現在のファイル システムをそのままにすることはありません。
    • 選択したパーティションが 32 ギガバイト (GB) より大きい場合は、FAT ファイル システム オプションはありません。
    • 選択したパーティションが 2 gb を超えるいる場合は、Windows のセットアップ プログラム (、ことを確認するのには ENTER キーを押す必要があります)、FAT32 ファイル システムを使用します。
    • パーティションが 2 gb 未満である場合は、Windows のセットアップ プログラムが FAT16 ファイル システムを使用します。
    • パーティションを削除し、新しいシステム パーティションを作成したが、別のパーティションに Windows XP をインストールする場合はのシステムおよび起動の両方のパーティションのファイル システムを選択します。
  3. ENTER キーを押します。
  4. Windows のセットアップ プログラムがパーティションをフォーマットした後、Windows XP をインストールする指示に従います。Windows のセットアップ プログラムが終了して、コンピューターを再起動した後、Windows XP のディスク管理ツールを使用して、作成またはより多くのパーティションをフォーマットすることができます。 詳細についてはパーティションとフォーマットに Windows XP のディスク管理ツールを使用する方法についてハード ディスクの資料を参照する次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
    309000ディスクの管理を使用して、Windows XP でベーシック ディスクを構成する方法

追加の注記

Windows XP などのオペレーティング システムをインストールすることができます前に、コンピューター上のプライマリ パーティション最初物理ハード_ディスク (ディスク 0) まず作成します。その後は、システム パーティションと呼ばれる場合は、そのパーティションのファイル システムをフォーマットできます。

または、物理ハード_ディスクのオペレーティング システム用の個別のパーティションを作成できます。これは、起動パーティションと呼ばれます。ディスク 0 のシステム パーティションは起動パーティションとしても使用できます。

パーティションを作成し、Fdisk および Format ツールなどの Windows XP をインストールする前に、ハード_ディスクをフォーマットするのには、他のメソッドを使用できます。 Fdisk および Format を使用して、パーティションを作成し、ハード_ディスクをフォーマットする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。 255867Fdisk ツールおよびパーティションのフォーマット ツールを使用するか、ハード_ディスクを再パーティションする方法

Windows XP は、コンピューターが既に実行されている以外のシステムまたは起動パーティションを作成する場合は、Windows XP のディスク管理ツールを使用できます。 Windows XP のディスク管理ツールを使用して、パーティションし、ハード ディスクをフォーマットする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。 309000ディスクの管理を使用して、Windows XP でベーシック ディスクを構成する方法

トラブルシューティング


追加方法についてはするにはWindows xp のパーティションの問題のトラブルシューティング、次の資料をクリックしてくださいマイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、番号:
316505Windows XP がすべての使用可能なディスク領域を認識しません。
310359 Fdisk を使用した後 NTFS 論理ドライブを表示することはできません。
310561 Windows XP で FAT16 ファイル システムを使用してパーティションの最大サイズ
314097 Convert.exe を使用してパーティションを NTFS ファイル システムに変換する方法
301340 セットアップ中に、パーティションをファイル アロケーション テーブルの形式でフォーマットすることができません。
307844 Windows XP でドライブ文字の割り当てを変更する方法
315224 Linux の LILO ブート マネージャーを削除する方法

関連情報



を詳細について、次の資料番号を表示する] をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事。
314470システム パーティションとブート パーティションの定義
314878 NTFS と FAT ファイルシステムのデフォルトのクラスター サイズ
310525 Windows XP での FAT32 ファイル システムの説明
314081 Windows XP の Boot.ini ファイルの目的
追加方法の詳細について作成し、Windows xp のパーティションを管理するのには、次の資料をクリックしてください。マイクロソフトのサポート技術情報の資料を参照する番号:
307654Windows XP の回復コンソールをインストールして使用する方法
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 313348 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbpubtypekc kbfilesystems kbsetup kbtshoot kbhowtomaster kbenv kbmt KB313348 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:313348
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com