文書番号: 316529 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

CD-R または CD-RW にデータを書き込もうとしても、CD ドライブにデータを送るオプションがないことがあります。

CD-R ドライブまたは CD-RW ドライブのプロパティを表示すると、[CD ドライブ (ドライブ文字:) のプロパティ] ダイアログ ボックスに、[書き込み] タブが表示されないことがあります。ドライブ文字 は CD-R ドライブまたは CD-RW ドライブの文字です。

注: [CD ドライブ (ドライブ文字:) のプロパティ] ダイアログ ボックスを表示するには、[スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピューター] をクリックして、対象となる CD ドライブを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

また、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
ドライブにディスクがありません。書き込み可能な CD をドライブに挿入してください。

原因

これは、コンピューターでドライブが書き込み不可能なデバイスとして誤って検出された場合に発生する可能性があります。

対処方法

Windows レジストリを編集する

この問題を解決するには、ドライブが書き込み可能デバイスとして認識されるように、Windows のレジストリを編集します。重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
Windows レジストリを編集するには、問題が発生した場合にレジストリを復元できるようにまずレジストリをバックアップします。レジストリをバックアップしたら、ドライブを書き込み可能ドライブとして認識するようにレジストリを編集します。最後に、Windows がドライブを書き込み可能なドライブとして認識することを確認します。

注: ドライブが Windows (HCL) に示されていない場合、レジストリの設定に関係なく、そのドライブはコンピューターに組み込みの CD コピー機能で機能しないことがあります。HCL は、特定のオペレーティング システムと互換性があるコンピューター ハードウェアの一覧です。使用しているドライブが Windows HCL に含まれているかどうかを確認するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/whdc/hcl/default.mspx

手順 1: レジストリのバックアップ

後で問題が発生した場合に復元できるようにレジストリをバックアップするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のフォルダーを開きます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CD Burning\Drives
  4. [ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックします。
  5. [ファイル名] ボックスに「backup of drives key」と入力し、ファイルの保存場所を書き留めて、[保存] をクリックします。

    注: 後で問題が発生した場合は、保存した backup of drives key.reg ファイルをダブルクリックすることにより、このレジストリ サブキーを復元できます。

手順 2: ボリューム フォルダーのドライブの種類の値を編集する

Windows がドライブを書き込み可能なドライブとして認識するようにドライブの種類を変更するには、次の手順に従います。
  1. レジストリ エディターのナビゲーション ウィンドウで、[Drives] の下の [Volume{GUID}] フォルダーをクリックします。GUID は 32 文字の識別子です。

    注: コンピューターに複数の CD ドライブがある場合、ドライブごとに追加の [Volume{GUID}] フォルダーが表示されます。
  2. [レジストリ エディター] ウィンドウの右側で、[Drive Type] をダブルクリックします。
  3. ドライブが CD-R ドライブの場合は [値のデータ] ボックスに「1」を、CD-RW ドライブの場合は「2」をそれぞれ入力します。
  4. [OK] をクリックし、レジストリ エディターを閉じます。

手順 3: Windows がドライブを書き込み可能なドライブとして認識することを確認する

Windows がドライブを書き込み可能なドライブとして認識するかどうかを確認するには、次の手順に従います。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピューター] をクリックします。
  2. [リムーバブル記憶域があるデバイス] の下の CD-R ドライブまたは CD-RW ドライブを右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  3. [書き込み] タブが表示された場合、ドライブは Windows によって書き込み可能デバイスとして正しく認識されています。
  4. [キャンセル] をクリックします。
Windows がドライブを書き込み可能デバイスとして認識する場合は、データを CD に書き込むことができます。問題が依然として発生する場合は、「トラブルシューティング」セクションの手順を実行します。

トラブルシューティング

コンピューターに複数の CD または DVD ドライブがあり、[プロパティ] ダイアログ ボックスに [書き込み] タブが表示されない場合 (手順 3. の「Windows レジストリを編集する」を参照)、Windows レジストリでドライブが不適切に「書き込み可能」として構成されている可能性があります。この問題を解決するには、1 または 2 として以前識別したドライブの種類を 3 に変更します。次に、その他のドライブのドライブの種類を 1 または 2 に変更します。この作業を行うには、次の手順を実行します。
  1. 手順 1. 〜 9. を実行して、前の手順で値を変更した [Volume{GUID}] フォルダーの Drive Type 値を編集します。「Windows レジストリを編集する」セクションの手順 2. に従って、以前変更した [Volume{GUID}] の [ドライブの種類] の値を編集します。
  2. [値のデータ] ボックスに「3」と入力し、[OK] をクリックします。

    ドライブの種類の値 3 は、ドライブが標準 CD-ROM ドライブであり、書き込み可能ドライブではないことを示します。
  3. [レジストリ エディター] ウィンドウのナビゲーション ウィンドウで、次の [Volume{GUID}] フォルダーをクリックします。
  4. 「Windows レジストリを編集する」セクションの手順 2. に従って、ドライブの種類に応じて [値のデータ] エントリを 1 または 2 に変更します。
  5. 「Windows レジストリを編集する」セクションの手順 3. に従って、CD ドライブの [プロパティ] ダイアログ ボックスに [書き込み] タブが表示されることを確認します。
[プロパティ] ダイアログ ボックスに [書き込み] タブが表示される場合は、データを CD に書き込むことができます。問題が依然として発生する場合は、「次の手順」セクションを参照してください。

次の手順

上記の方法で問題が解決しなかった場合、Microsoft Customer Support Services の Web サイトを使用すると問題の他の解決策を検索できます。Microsoft Customer Support Services Web サイトでは、以下のようなサービスを利用できます。
  • サポート技術情報検索: マイクロソフト製品に関するテクニカル サポート情報とセルフ サポート ツールを検索できます。
  • 製品別サポート ページ: よく寄せられる質問と重要なサポート情報を製品別に参照できます。
  • その他のサポート オプション:Web を使用した質問、Microsoft Customer Support Services への問い合わせ、フィードバックの送信を行うことができます。
問題が継続する場合は、次のページからサポートに問い合わせることもできます。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja

詳細

この手順を実行しても、問題が解決しないこともあります。この方法は、CD-R ドライブまたは CD-RW ドライブが Windows XP で機能するにもかかわらず、何らかの理由により誤って認識されている場合の単なる回避策です。ドライブがハードウェア互換性リスト (HCL) に掲載されていない場合は、このレジストリ設定に関係なく、組み込みの CD コピー機能が動作しないことがあります。

Windows Vista で発生する CD または DVD ドライブの問題のトラブルシューティングについては、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。

プロパティ

文書番号: 316529 - 最終更新日: 2013年11月29日 - リビジョン: 23.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbexpertiseinter kbacwsurvey kbhardware kbprb ocsso KB316529
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com