Visual Studio .net クライアントからオートメーションと Office のアプリケーションが終了しません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 317109 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office のアプリケーションを自動化するときMicrosoft Visual Basic の .net または .net Microsoft Visual C# は、Office のアプリケーションが場合を終了しませんQuitメソッドを呼び出します。

原因

ときに Visual Studio .net 呼び出しを COM からオブジェクトを管理します。コードは、ランタイム呼び出し可能ラッパー (RCW) を自動的に作成します。RCW.NET アプリケーションと COM オブジェクト間の呼び出しをマーシャ リングします。RCW は、COM オブジェクトの参照カウント。したがって、すべての参照されていない場合は、RCW を解放する、COM オブジェクトは終了しません。

解決方法

Office アプリケーションを終了するかどうかを確認するを確認してください。オートメーションのコードが次の条件を満たすこと。
  • 各オブジェクトを新しい変数として宣言します。たとえば、変更します。次のコード行
    oBook = oExcel.Workbooks.Add()
    					
    次のようにします。
    dim oBooks as Excel.Workbooks
    oBooks = oExcel.Workbooks
    oBook = oBooks.Add()
    					
  • 使用 System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject ループ内でオブジェクトを使用してが完了したらにはゼロを返すまでします。、 System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject 減少は、RCW とループの参照カウントされますを確保する方法に関係なく、基になる COM コンポーネントが解放される何度も、CLR を再入力があります。
  • 変数へのリファレンスを解放するのには、変数を設定します。等しい 何も または Null.
  • 使用して、 終了 サーバーに通知する Office オブジェクトのメソッドシャット ダウンします。

状況

これ動作は仕様です。

詳細

問題の再現手順

  1. Visual Studio .net を起動します。
  2. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、[プロジェクト] をクリックします。「 Visual Basic プロジェクトWindows アプリケーションを選択し、[ OK] をクリックします。デフォルトで Form1 が作成されます。
  3. Microsoft Excel オブジェクト ライブラリへの参照を追加します。以下が手順例となります:
    1. [プロジェクト] メニューの[参照の追加をクリックします。
    2. [ COM ] タブで Excel のオブジェクト ライブラリを検索し、[選択] をクリックします。

      Microsoft Excel 2002:、 Microsoft Excel 10.0 オブジェクト ライブラリ

      いない場合は、お勧めは、ダウンロードして、Microsoft Office XP プライマリ相互運用機能アセンブリ (Pia) をインストールします。 Office XP の Pia の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
      328912Microsoft Office XP のプライマリ相互運用機能アセンブリ (Pia) がダウンロード可能です。
      Excel 2003 の Microsoft Office について: Microsoft Excel 11.0 オブジェクト ライブラリ
    3. 選択を確定する[ok][参照の追加] ダイアログ ボックスでをクリックします。
  4. [ビュー ] メニューの [ツールボックス] をクリックし、 Buttonコントロールを Form1 にドラッグします。
  5. Button1をダブルクリックします。フォームのコード ウィンドウが表示されます。
  6. Form1.vb の先頭に次のコードを追加します。
    Imports Microsoft.Office.Interop
    					
  7. コード ウィンドウに次のコードを交換してください。
        Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
           ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        End Sub
    					
    次のように。
    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        Dim oApp As New Excel.Application()
        Dim oBook As Excel.Workbook = oApp.Workbooks.Add
        Dim oSheet As Excel.Worksheet = oApp.ActiveSheet
    
        oSheet = Nothing
        oBook.Close(False)
        oBook = Nothing
        oApp.Quit()
        oApp = Nothing
    
        Debug.WriteLine("Sleeping...")
        System.Threading.Thread.Sleep(5000)
        Debug.WriteLine("End Excel")
    End Sub
    					
  8. F5 キーを押してアプリケーションを実行します。
  9. Windows タスク マネージャーを開きます。Visual Studio では、表示、出力ウィンドウを使用してデバッグ メッセージを表示します。コマンド ボタンをクリックして、Excel.exe のインスタンス] ボックスの一覧でプロセスが表示されます。
  10. Excel のインスタンスがタスク一覧にも実行します。アプリケーションがスリープ状態を終了するとします。ダイアログ ボックスを閉じるし、に注意してください。Excel は [プロセス] リストに表示されません。
  11. 場合、「解決方法」に記載手順を実装、最後の変数を解放した後、Office のアプリケーションを終了します。交換、ステップ 5 で関数を次のコード:
      Private Sub NAR(ByVal o As Object)
        Try
          While (System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(o) > 0)
          End While
        Catch
        Finally
          o = Nothing
        End Try
      End Sub
    
    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        Dim oApp As New Excel.Application()
        Dim oBooks As Excel.Workbooks = oApp.Workbooks
        Dim oBook As Excel.Workbook = oBooks.Add
        Dim oSheet As Excel.Worksheet = oApp.ActiveSheet
    
        NAR(oSheet)
        oBook.Close(False)
        NAR(oBook)
        NAR(oBooks)
        oApp.Quit()
        NAR(oApp)
    
        Debug.WriteLine("Sleeping...")
        System.Threading.Thread.Sleep(5000)
        Debug.WriteLine("End Excel")
    End Sub
    					
Visual C# .net を使用している場合は、 NAR()関数のコードを参照してください。
private void NAR(object o)
{
    try 
    {
        while (System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(o) > 0) ;
    }
    catch {}
    finally 
    {
        o = null;
    }
}
注:.NET Framework 2.0 以降、 System.Runtime.InteropServices.Marshal.FinalReleaseComObjectではなく実行ことができます、同じ結果を達成するために呼び出し元のSystem.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObjectをループします。

トラブルシューティング

記載されている手順を実行している場合は、現象の「問題の再現の手順」のセクションと、サーバーはしないシャットダウン、 GC を使用できます。Collect()メソッドとGC。WaitForPendingFinalizers()メソッドの最後のオブジェクトを解放するとします。ランタイムGC、RCW でガベージ コレクションを実行します。Collect()メソッドを実行するには、ガベージ コレクターを実行し、いずれかを解放可能性がありますRCW がまだが参照します。GC。Collect()メソッドで使用できる最大メモリを再利用ましょう。注意してください。これはすべてのメモリを解放すること保証されていません。

プロパティ

文書番号: 317109 - 最終更新日: 2012年8月3日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Basic .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft Visual C# .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft Visual Basic .NET 2002 Standard Edition
  • Microsoft Visual C# .NET 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbautomation kbprb kbmt KB317109 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:317109
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com