文書番号: 321122 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP321122
警告:「解決方法」に記載されている手順を実行すると、ポータブル コンピューターに内蔵されているポインティング デバイスが無効になる場合があります。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows を実行しているコンピューターで、マイクロソフトの USB ワイヤレス ポインティング デバイスを使用すると、以下のいずれかまたは複数の現象が発生することがあります。
  • ポインターの動きが不安定になります。
  • ポインティング デバイスを動かしてもポインターが応答しません。
  • ポインティング デバイスのボタンをクリックしても何も実行されません。
  • 数分使用した後にポインティング デバイスが動作しなくなります。
  • コントロール パネルの [マウス] の一部のオプションやタブが使用できません。
  • マウスまたはポインティング デバイスをコンピューターに接続したときに、Microsoft Windows でデバイスが検出されません。新しいハードウェアの追加ウィザードを実行しても、問題は解決しません。

解決方法

ここに示すトラブルシューティング手順は、ワイヤレス USB デバイス用であり、Bluetooth デバイスには使用できません。 Bluetooth に関する問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
811798 Bluetooth のマウスまたはキーボードが機能しない問題を解決する
すべての Microsoft マウスのワイヤレス USB デバイスには、レシーバーと呼ばれる USB コネクタが付いています。ワイヤレス マウスにレシーバーがない場合、考えられる原因として可能性が高いのは、マウスが Bluetooth デバイスであることです。その場合、この資料に示した手順の一部が使用できない可能性があります。

方法 1: 別のポートまたは環境で試す

レシーバーを別のポートに接続してみてください。その後、デバイスの動作を確認します。レシーバーを別のポートに接続してみることで、ポート自体に影響する問題を除外できます。

また、レシーバーをコンピューターの背面にある USB ポートに接続してみてください。コンピューターの背面にあるポートでは、通常、より多くの帯域幅 (電力) を使用できます。
: ポート レプリケーター、USB ハブ、KVM スイッチなどはバイパスしてください。レシーバーをポートに直接接続します。ポート レプリケーターは、シリアル ポートやパラレル ポートなどの一般的なポートを含むデバイスで、ポータブル コンピューターに接続します。KVM スイッチは、1 個のキーボード、ビデオ モニター、およびポインティング デバイスで複数のコンピューターを一度に 1 つずつ制御できるようにするハードウェア デバイスです。KVM スイッチが問題の発生源であり、これらのいずれかのデバイスを引き続き使用する必要がある場合は、そのデバイスの製造元に解決方法を問い合わせるか、使用しているワイヤレス マウス用の新製品があるかどうかを確認してください。
卓上ファン、金属製家具、蛍光灯などにより、ポインティング デバイスからの信号が干渉を受ける場合があります。マウスを別の場所でテストしてください。問題が引き続き発生する場合は、方法 2 に進みます。

方法 2: 電池を交換する

この問題は、電池の残量が少ない場合に発生することがあります。電子機器用に設計された電池の使用をお勧めします。電池を交換し、問題が解決したかどうかを確認します。要件に合った電池を正しい向きでワイヤレス ポインティング デバイスに装着していることを確認してください。
: ワイヤレス ポインティング デバイスには新品の電池を使用することをお勧めします。
電池を交換した後、ポインティング デバイスの再同期を実行してください。デバイスの再同期の方法については、次のビデオを参照してください。
http://www.microsoft.com/video/en/us/details/62c93f6c-7c85-4a16-9606-08c302ced33b
: 再同期ボタンの付いていない新しいモデルのマウス (Bluetrack デバイスなど) を使用している場合は、方法 3 に進みます。

方法 3: 別のコンピューターでデバイスをテストする

問題が引き続き発生する場合は、別の環境にある別のコンピューターでマウスをテストします。別の環境で問題が再生された場合は、デバイスが故障している可能性があります。その場合は、カスタマー インフォメーション センターの障害担当への連絡方法を「詳細」で参照し、交換用デバイスを入手してください。

デバイスが別のコンピューターで問題なく動作する場合は、方法 4 に進みます。

方法 4: Mousinfo 診断ツールを使用してマウスをテストする

Mousinfo 診断ツールは、IntelliPoint ソフトウェアをインストールしたときに同時にインストールされています。このソフトウェアがインストールされていない場合は、このツールを開くことはできません。

IntelliPoint ソフトウェアをインストールするには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/hardware/download/download.aspx?category=MK
: このツールは、Bluetooth デバイスには使用できない場合があります。
Mousinfo ツールを開くには、以下の手順を実行します。
  • Windows Vista または Windows 7
    1. [スタート] ボタン
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
      をクリックします。
    2. [すべてのプログラム] をクリックします。
    3. [アクセサリ] をクリックします。
    4. [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    5. [名前] ボックスに「mousinfo」と入力し、[OK] をクリックします。
  • Windows XP
    1. [スタート] をクリックします。
    2. [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    3. [名前] ボックスに、「mousinfo」と入力します。
    4. [OK] をクリックします。
マウス ボタンをクリックし、ツールでクリックの動作が UP および DOWN コマンドとして認識されるかどうかを確認します。マウス ボタンが認識されない場合は、デバイスが故障している可能性があります。その場合は、カスタマー インフォメーション センターの障害担当への連絡方法を「詳細」で参照し、交換用デバイスを入手してください。ただし、デバイスが故障または破損しているかどうかを判断する最良の方法は、デバイスを別のコンピューターで使用してみることです。

Mousinfo ツールの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
178350 IntelliPoint ソフトウェアに含まれている MousInfo ツールの使用方法

方法 5: 競合するマウス ソフトウェアをアンインストールする

Logitech やタッチパッド ソフトウェアなどの他のマウス ソフトウェアがインストールされている場合、そのソフトウェアが IntelliMouse ソフトウェアと競合している可能性があります。他のソフトウェアをアンインストールするには、使用している Windows のバージョンに該当する手順を実行してください。
    • Windows Vista または Windows 7

      コントロール パネルの [プログラムと機能] を開きます。これを行うには、以下の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタン
        元に戻す画像を拡大する
        [スタート] ボタン
        をクリックします。
      2. [検索の開始] ボックスに「appwiz.cpl」と入力します。
      3. Enter キーを押します。
      元に戻す画像を拡大する
      ユーザー アカウント制御の許可
      管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
    • Windows XP またはそれ以前のバージョンの Windows

      コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] (または [アプリケーションの追加と削除]) をダブルクリックします。これを行うには、以下の手順を実行します。
      1. [スタート] をクリックします。
      2. [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
      3. appwiz.cpl」と入力します。
      4. [OK] をクリックします。
  1. この一覧で IntelliMouse ソフトウェア以外のマウス ソフトウェアを探し、そのソフトウェアを削除する手順を実行します。
  2. コンピューターを再起動します。
問題が引き続き発生する場合は、方法 6 に進みます。

方法 6: IntelliPoint ソフトウェアを削除して再インストールする

  1. コンピューターにインストールされているプログラムの一覧を表示します。これを行うには、使用している Windows のバージョンに応じて適切な手順を実行します。
    • Windows Vista または Windows 7

      コントロール パネルの [プログラムと機能] を開きます。これを行うには、以下の手順を実行します。
      1. [スタート] ボタン
        元に戻す画像を拡大する
        [スタート] ボタン
        をクリックします。
      2. [検索の開始] ボックスに「appwiz.cpl」と入力します。
      3. Enter キーを押します。

      元に戻す画像を拡大する
      ユーザー アカウント制御の許可
      管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
    • Windows XP またはそれ以前のバージョンの Windows

      コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] (または [アプリケーションの追加と削除]) をダブルクリックします。これを行うには、以下の手順を実行します。
      1. [スタート] をクリックします。
      2. [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
      3. appwiz.cpl」と入力します。
      4. [OK] をクリックします。
  2. Microsoft IntelliPoint を削除します。これを行うには、使用している Windows のバージョンに応じて適切な手順を実行します。
    • Windows Vista または Windows 7
      1. [Microsoft IntelliPoint] をクリックします。
      2. [アンインストールと変更] をクリックします。

        元に戻す画像を拡大する
        ユーザー アカウント制御の許可
        管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
      3. [はい] をクリックして、このプログラムの削除を確認します。
    • Windows XP
      1. [Microsoft IntelliPoint] をクリックします。
      2. [追加と削除] をクリックします。
      3. [完了] をクリックします。
      4. [OK] をクリックします。
  3. コンピューターを再起動します。
  4. 最新版の IntelliPoint ソフトウェアをダウンロードしてインストールします。これを行うには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
    http://www.microsoft.com/hardware/download/download.aspx?category=MK

詳細

カスタマー インフォメーション センターの障害担当に問い合わせる

米国およびカナダからは、以下の電話番号でカスタマー インフォメーション センターの障害担当に問い合わせることができます。
  • 米国: (800) 360-7561、月〜金、午前 5:00 〜午後 7:00 (太平洋標準時)
  • カナダ: (800) 933-4750、月〜金、午前 5:00 〜午後 7:00 (太平洋標準時)
  • マイクロソフト テキスト電話 (TTY): (800) 718-1599、月〜金、午前 5:00 〜午後 7:00 (太平洋標準時)
マイクロソフトのソフトウェア、ハードウェア、およびマニュアルを交換またはアップグレードする方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
326246 マイクロソフトのソフトウェアまたはハードウェアの交換方法、Service Pack と製品アップグレードの注文方法、および製品マニュアルの交換方法について
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 321122 - 最終更新日: 2010年3月30日 - リビジョン: 15.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Arc Mouse
  • マイクロソフト ベーシック オプティカル マウス
  • Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000
  • マイクロソフト コンフォート オプティカル マウス 1000
  • マイクロソフト コンフォート オプティカル マウス 3000
  • マイクロソフト コードレス ホイール マウス
  • Microsoft Habu Laser Gaming Mouse
  • Microsoft Explorer Mouse
  • Microsoft Explorer Mini Mouse
  • マイクロソフト レーザー マウス 6000
  • Microsoft Mobile Memory Mouse 8000
  • マイクロソフト モバイル オプティカル マウス
  • Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000
  • マイクロソフト モバイル オプティカル マウス
  • マイクロソフト ノートブック オプティカル マウス 3000
  • マイクロソフト プレゼンター 3000
  • Microsoft SideWinder Mouse
  • Microsoft SideWinder X8 Mouse
  • Microsoft IntelliMouse Trackball Explorer
  • マイクロソフト インテリマウス エクスプローラ 3.0
  • マイクロソフト ホイール マウス 2.0
  • マイクロソフト ホイール マウス オプティカル
  • マイクロソフト ワイヤード デスクトップ 500
  • Microsoft Wireless IntelliMouse Explorer
  • マイクロソフト ワイヤレス インテリマウス エクスプローラ ウィズ フィンガープリント リーダー
  • マイクロソフト ワイヤレス インテリマウス エクスプローラ フォー ブルートゥース
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー マウス 6000
  • Microsoft Wireless Laser Mouse 6000 v2.0
  • Microsoft Wireless Laser Mouse 7000
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー マウス 8000
  • Microsoft Wireless Mobile Mouse 3000
  • Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック レーザー マウス 6000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック プレゼンター マウス 8000
  • Microsoft Wireless Optical Mouse 1.0
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル マウス 2000
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル マウス 5000
  • マイクロソフト ワイヤレス ホイール マウス
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック オプティカル マウス 4000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック オプティカル マウス 3000
  • Microsoft IntelliPoint 6.0
  • Microsoft IntelliType Pro 7.0
  • Microsoft IntelliPoint 6.1
  • Microsoft IntelliType Pro 6.0
  • Microsoft IntelliType Pro 6.1
キーワード:?
kbenv kbhardware kbprb KB321122
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com