フォルダーの表示設定の変更方法およびフォルダーのカスタマイズ方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 812003 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

既定では、Microsoft Windows のフォルダーはフォルダー アイコンまたはフォルダーに含まれる画像として表示されます (フォルダーが画像として表示される場合、"縮小版表示" が使用されています)。たとえば、Microsoft Windows Server 2003 でフォルダーが最初に開かれるときには、フォルダーの内容はクラシック表示で表示されます。Microsoft Windows XP で最初にフォルダーが開かれるときには、フォルダーの場所、フォルダーに含まれるファイル数、およびフォルダー内で特殊なファイルの種類が占める割合に基づいて、既定のテンプレートが使用され、フォルダーの内容の表示および設定の表示が行われます。

これらの表示設定を変更するかフォルダーをカスタマイズすると、設定が保存され、フォルダーを次回開くときに同じ設定が使用されます。フォルダーの表示設定は、フォルダーの [表示] メニューを使用して変更できます。フォルダーの [プロパティ] ダイアログ ボックスの [カスタマイズ] タブを使用すると、フォルダー アイコン、フォルダーの画像、およびテンプレートを変更できます。

注: 既定では、Windows で同時に保存される表示設定およびカスタマイズの内容は、400 のフォルダーに関してのみです。

フォルダー オプションによってはすべてのフォルダーに適用されるものがあります。たとえば、Windows Server 2003 および Windows XP の両方で、保護されたオペレーティング システム ファイル、隠しファイル属性を持つファイルまたはフォルダー、ファイル拡張子 (既知のファイル タイプの場合) は、既定では表示されません。これらの設定およびすべてのフォルダーに適用されるその他の詳細なフォルダー設定を変更するために、管理者はコントロール パネルの [フォルダー オプション] を使用できます。

はじめに

この資料では、エクスプローラー、マイ コンピューター、および個別のフォルダー ウィンドウで使用されるフォルダーおよびフォルダーの内容の外観をカスタマイズする方法について説明します。フォルダーの外観をカスタマイズすると、エクスプローラーで常に独自のフォルダー画像やアイコンを使用してフォルダーを表示することや、特殊な操作のリンクと表示オプションを指定するテンプレートを使用してフォルダーの内容を表示することができます。

エクスプローラーでは、表示されるフォルダーの外観をカスタマイズできます。この操作を行うと、常に、フォルダーが独自のフォルダー画像やアイコンとして表示され、特殊な操作のリンクと表示オプションを指定するテンプレートを使用してフォルダーの内容が表示されます。

フォルダーの外観をカスタマイズする

フォルダーの外観をカスタマイズするには、次の手順を実行します。
  1. エクスプローラーを起動し、カスタマイズするフォルダーに移動します。
  2. フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [カスタマイズ] タブで、フォルダーに使用するカスタマイズの設定を選択します。

    注: [カスタマイズ] タブは、既定の外観が Windows によって既に設定されている特別なフォルダーでは使用できません。ただし、この資料の「フォルダーの画像を手動で作成する」に記載されている手順を実行して、一部の特別なフォルダーの縮小版表示に使用されるフォルダー画像をカスタマイズできる場合があります。
使用できるカスタマイズのオプションは次の 3 つの設定です。
  • フォルダーのテンプレート

    [次のフォルダーの種類をテンプレートとして使用する] ボックスの一覧からテンプレートを選択すると、画像や音楽を操作するための特殊な操作へのリンクや表示オプションなど、特定の機能がフォルダーに適用されます。

    カスタマイズしたフォルダーに含まれるすべてのフォルダーにフォルダーのテンプレートを適用するには、[このテンプレートをすべてのサブ フォルダーに適用する] チェック ボックスをオンにします。
  • フォルダーの画像

    縮小版表示でフォルダーを表す画像ファイル (ファイル名の拡張子が .bmp、.gif、.jpg、.jpeg、.jpe、.jfif、.tiff、.png、.ico のファイル) を選択することができます。画像を選択しない場合は、フォルダー アイコンが使用されます。フォルダー アイコンを選択しない場合、フォルダー内の Folder.gif ファイルかフォルダー内の最初の 4 つ目までの画像を使用して、自動的に縮小版表示用のフォルダー画像が作成されます。フォルダーに画像が含まれない場合は、既定のフォルダー画像が使用されます。

    フォルダーの表示に使用する画像を参照するには、[画像の選択] をクリックします。

    エクスプローラーで Folder.gif またはフォルダー内の最初の 4 つの画像を使用してフォルダーを表示するには、[既定値に戻す] をクリックします。フォルダーに画像が含まれない場合は、既定のフォルダー画像が使用されます。
  • フォルダー アイコン

    並べて表示、アイコン、一覧、詳細の表示で、フォルダーの内容がわかるようにアイコンを選択するには、[アイコンの変更] をクリックします。フォルダー画像を指定しない場合、縮小版表示でもフォルダー アイコンが使用されます。フォルダー アイコンには、ファイル名の拡張子が .ico の任意の画像ファイル、ファイル名の拡張子が .exe のプログラム ファイル内のアイコン、または、ファイル名の拡張子が .dll のプログラム ライブラリ ファイル内のアイコンが使用できます。このオプションは、ネットワーク共有または割り当て済みのネットワーク ドライブ上のフォルダーをカスタマイズするときには使用できません。

    注: 既定のフォルダー アイコンに戻すには、[アイコンの変更] をクリックし、[既定値に戻す] をクリックします。

フォルダー画像を手動で作成する

縮小版表示で使用するフォルダー画像を手動でカスタマイズするには、Folder.gif のファイル名を持つ .gif (Graphics Interchange Format) 画像ファイルをフォルダー内に保存します。.gif 画像の作成には、任意のグラフィック編集プログラムを使用できます。ペイント プログラムを使用するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[アクセサリ] をポイントし、[ペイント] をクリックします。
  2. 既存の画像を開くには、次の手順を実行します。
    1. [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
    2. 使用する画像が含まれるフォルダーに移動します。ペイントで開くことのできる画像ファイルは、ファイル名の拡張子が .bmp、.gif、.jpg、.jpeg、.jpe、.jfif、.tif、.tiff、.png、または .ico のファイルです。
    3. 使用する画像を選択し、[開く] をクリックします。
  3. 画像の修正が必要な場合には、ペイントの各種ツールを使用して画像を修正します。
  4. 画像の修正が終わったら、画像を保存します。これを行うには、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。
  5. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [GIF (*.GIF)] をクリックします。
  6. ファイル名には以下のように入力します。
    Folder.gif
  7. カスタマイズするフォルダーに移動し、[保存] をクリックします。
エクスプローラーで縮小版表示を使用してフォルダーを表示すると、フォルダーの [プロパティ] ダイアログ ボックスの [カスタマイズ] タブを使用してフォルダー画像を選択している場合を除き、作成したカスタム画像でフォルダーが表示されます。[カスタマイズ] タブで指定したフォルダー画像は、手動でカスタマイズした Folder.gif 画像よりも優先されます。

フォルダーのグローバル オプションを設定する

すべてのフォルダーに適用されるグローバル設定を指定するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックし、[フォルダー オプション] をダブルクリックします。
  2. [全般] タブで、使用する設定をクリックします。
  3. [表示] タブで、使用する設定をクリックします。
  4. [OK] をクリックします。
注: すべてのフォルダーを既定の設定にリセットするには、[全般] タブまたは [表示] タブの [既定値に戻す] をクリックします。

すべてのフォルダーで同じ表示設定を使用する

同じ表示設定をコンピューターのすべてのフォルダーに適用できます。すべてのフォルダー アイコン、画像、ツール バー設定またはフォルダーの操作には、同じ表示設定を適用することはできません。同じ表示設定をすべてのフォルダーに適用するには、次の手順を実行します。
  1. すべてのフォルダーに使用する表示設定が使用されたフォルダーを見つけて開きます。
  2. [ツール] メニューの [フォルダー オプション] をクリックします。
  3. [表示] タブの [すべてのフォルダーに適用] をクリックします。
  4. [はい] をクリックし、[OK] をクリックします。
注: すべてのフォルダーを既定の表示設定にリセットするには、上記の手順を繰り返します。ただし、手順 3. では [全フォルダーをリセット] をクリックします。

トラブルシューティング

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  • Windows XP および Windows Server 2003 の既定では、各フォルダーの表示設定およびカスタマイズ内容が保存されます。このデータは 400 のフォルダーに制限され、次のレジストリ キーに保存されます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\Shell

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\ShellNoRoam
    Windows Vista および Windows Server 2008 では、代わりに以下のレジストリ キーを使用してこの情報を保存します。
    HKCU\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell
    Windows で表示設定を保存できるフォルダー数を増やすには、DWORD 値を BagMRU Size という名前で上記のレジストリ キーにそれぞれ作成し、値のデータを Windows で表示設定を保存するフォルダー数に設定します。たとえば、値を 5000 に設定すると、Windows では、5,000 のフォルダーの設定が保存されます。

    この問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    813711 フォルダーの表示設定やカスタム設定が失われる、または設定が正しくない
  • また、Windows では、フォルダー内の隠しファイル Desktop.ini にカスタマイズ情報が保存されている場合があります。この場合、読み取り専用属性がフォルダーに設定され、Desktop.ini ファイルが検出されるようになります。読み取り専用属性によって、ファイルとフォルダーの一般的な操作 (コピー、移動、削除、名前の変更など) の実行が妨げられることはありません。ただし、読み取り専用属性により、以前の一部のプログラムで問題が発生する可能性があります。

    この問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    326549 Windows Server 2003、Windows XP、または Windows Vista でフォルダーの読み取り専用属性やシステム属性を表示または変更できない
    注: KB 326549 は、Windows Server 2008 にも適用されます。
    割り当て済みネットワーク ドライブのフォルダーまたはネットワーク共有をカスタマイズするときには、読み取り専用属性の設定と Desktop.ini の作成は行われません。
  • 特殊なフォルダー (ハード ディスク フォルダー、CD/DVD ディスク フォルダー、Program Files、マイ ドキュメント、マイ ピクチャ、マイ ミュージック、Windows フォルダー、Fonts、Downloaded Program Files、その他の類似するフォルダー) には、既定の外観が Windows により設定されています。そのため、特殊なフォルダーはカスタマイズできない場合があります。
  • フォルダーの表示設定とカスタマイズ内容は、フォルダーの場所に固有のデータです。このデータは、フォルダーを新しい場所に移動するときに失われます。
  • 任意の移動ユーザー プロファイルを使用している場合、フォルダーのカスタマイズ内容はデスクトップおよびネットワーク共有にのみ適用され、ローカル フォルダーまたは固定の割り当て済みネットワーク ドライブには適用されません。
  • Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、および Windows Server 2008 には、以前のバージョンの Windows で使用できたフォルダー カスタマイズ ウィザードは含まれていません。フォルダー カスタマイズ ウィザードを使用すると、Windows がフォルダーの Web 表示に使用する HTML テンプレート (Folder.htt) を選択または編集できます。
  • オリジナル リリース版の Windows XP では、以前のバージョンの Windows からの Web 表示の HTML テンプレート (Folder.htt) が引き続きサポートされています。Folder.htt を使用するカスタマイズされた HTML ファイルも Web 表示でサポートされます。Web 表示は、Windows クラシック フォルダーを使用しない場合に、フォルダーがネットワーク共有にあるときや、システム属性がローカル フォルダーに関して設定されているときに使用されます。ローカル コンピューターまたはローカル エリア ネットワークのフォルダーを開いたときに、安全でない可能性があるコンテンツが実行されるのを防止するため、Windows XP SP1、Windows Server 2003、Windows Vista、および Windows Server 2008 の既定では、エクスプローラーの Web 表示に HTML が使用できなくなっています。

    詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    819028 エクスプローラーで Web 表示テンプレートまたは HTML カスタマイズ (Folder.htt を使用) が表示されなくなった


注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 812003 - 最終更新日: 2013年7月4日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Web Server 2008
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business N 64-bit Edition
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Business N
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic N 64-bit Edition
  • Windows Vista Home Basic N
  • Windows Vista Starter
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbhowto KB812003
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com