ボリューム シャドウ コピー サービスのライターでタイムアウト エラーは発生、中、およびバックアップの実行中にシャドウ コピーが失われる入出力の高レベルがある場合

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 826936 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

この修正プログラムは 2 つの問題を修正します。
  • ボリューム シャドウ コピー サービスでのタイムアウト エラーが発生します。ライター。
  • 中およびバックアップの実行中にシャドウ コピーが失われる場合入出力の高レベルはあります。

ボリューム シャドウ コピー サービス ライターでタイムアウト エラーを発生します。

場合によっては、バックアップ プロセス中に、いくつかボリューム シャドウ コピーサービスのライターにバックアップがタイムアウト エラーにより失敗する可能性があります。失敗します。ボリューム シャドウ コピー サービス ライターは、プログラムまたは使用するサービスです。ボリューム シャドウ コピー サービス シャドウ コピーの記憶域に情報を保存します。NTBackup プログラムを使用すると、たとえば、バックアップがあります。成功とは、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
ボリュームのシャドウ コピーの作成中にエラーが発生しました。800423f4 (値は 800423f2 または 800423f3)
ボリュームを診断するには影のコピー サービス ライターの問題は、バックアップが失敗した直後にvssadminコマンドを実行します。
  1. クリックしてください。 スタートプロパティExchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  2. 種類 vssadmin 一覧ライター.
このコマンドは、ボリューム シャドウ コピー サービス ライター一覧表示し、各ライターの現在の状態。たとえば、出力は可能性があります。Microsoft SQL Server Desktop Engine (MSDE) または Microsoft Activeディレクトリのディレクトリ サービスの書き込みに失敗しました。タイムアウト エラーが発生する可能性があります。いくつかのライターでは、MSDE ライターは、新しい SQL ライターを含むテクノロジーのディレクトリ サービス (NTDS) ライター、Windows インターネット ネーム システムライターの (WINS)、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) ライター、リモート記憶域のライター、証明機関のライター、および、マイクロソフトExchange ライター。サンプル出力を次に示します。
C:\>VSSADMIN リストの作成者
[...]
ライター名: 'NTDS'
ライターId: {b2014c9e-8711-4c5c-a5a9-3cf384484757}
ライター インスタンス Id:{26ed439f-4a52-481d-963d-5db5b695d9e7}
状態: [10] 失敗
最後のエラー:再試行可能なエラー
さらに、タイムアウト エラーがあります。アプリケーション イベント ログを参照して識別。例を示します。
イベント ID: 12290
説明:
ボリューム シャドウコピー サービスの警告: ESENT エラー {b2014c9e-8711-4c5c-a5a9-3cf384484757} NTDS:-2402。hr = 0x00000000。
イベント ID: 2004年
説明:
シャドウ コピー 6 がタイムアウトしました (20000 ミリ秒)。

シャドウ コピーが失われる中、およびバックアップの実行中に入出力の高レベルがある場合

シャドウ コピーの共有のネットワークの別の関連する現象のです。フォルダーが削除されている可能性があります。ときこの問題が発生、次のイベントエラーが記録されます。
イベントの種類: エラー
イベント ソース:VolSnap
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 25
説明:

ボリュームのシャドウ コピー ボリューム名diff エリア ファイル時間内に拡大できなかったために中止されました。考慮してください。この問題を回避するには、このシステム上の IO 読み込みを削減します。
このメッセージでは、 ボリューム名 名前です。バックアップをスケジュールされているボリューム。

原因

この資料に記載されている現象可能性があります。次の理由のいずれかで発生します。
  • ボリューム シャドウ コピー サービス ライターのタイムアウト
  • シャドウ コピーの削除
  • 監査ログの増大

ボリューム シャドウ コピー サービス ライターのタイムアウト

特定のボリュームのシャドウが発生する問題が発生する可能性があります。サービスのライターに時間がかかるシャドウ コピーの作成中にタイムアウトになるまでをコピーします。これは、低速のハード ディスクのメモリを持つコンピューターで特に問題は発生、または、CPU の低速。またはコンピューターでディスク書き込みキャッシュを無効に (があります。例は、ドメイン コント ローラーのコンピューター上で)。

シャドウ コピーの作成複雑な一連プロセス間呼び出しにはが含まれています。このプロセス間呼び出しすべての重要なボリューム シャドウ コピー サービスのライター (プログラムを確認してください。SQL、Exchange Server、オペレーティング システム サービス、およびその他) などをフラッシュシャドウ コピーの作成中にデータ バッファー。また、いくつかボリュームのシャドウ コピー定義済みの時間を記述する、Exchange ライターと同様に、サービスのライターを待つ間隔の間隔の間に、シャドウ コピーを作成できるようにします。をシャドウ コピーの内容に矛盾が生じないように書き込むライターを待機します。データ バッファーを使用します。ただし、低い CPU の速度、高いメモリ使用量、使用する場合または、入力/出力の高レベルを次の現象が発生する可能性があります。
  • ライターのデータ バッファーがフラッシュされません。
  • ライターが前に時間間隔を待機しません。記述します。
この問題が発生すると、シャドウ コピーの作成は失敗します。

重要ボリューム シャドウ コピー サービス ライターが同様のエラーが失敗します。その他の条件のために。これらの条件をディスク領域の不足がありますかコンピューターの不適切な構成。この修正プログラムは、特定を修正します。ボリューム シャドウ コピー サービス ライターでランダムに発生する可能性があるタイムアウト エラーバックアップ中に。厳密にはほかのイベント ログを確認してください。ライターを生成可能性があります可能性のあるボリューム シャドウ コピー サービスのエラー失敗しました。

シャドウ コピーの削除

Volsnap.sys ドライバーで問題が発生可能性があります、ある場合、高レベルのシャドウ コピーの削除が原因(たとえば、ドメインに、ディスク書き込みキャッシュが無効です特にコント ローラー コンピューターの場合)。

既定では、シャドウ コピー プロバイダーです。含まれる Microsoft Windows Server 2003 を使用してシャドウ コピーを作成するのにはバックアップを作成します。シャドウ コピーは、書き込み時コピーを使用して実装されています実装です。違いは、シャドウ コピーの記憶域にもコピーされます。領域です。ボリューム シャドウ コピー サービスでは、シャドウ コピーの管理を使用することができます。ツールまたはvssadminコマンドを使用できます。

元のバージョンの Windows をリリースオブジェクトの影を最初のシャドウ コピーの記憶域サーバー 2003コピーの作成は、100 メガバイト (MB) です。ただし、使用される実際の領域です。はるかに小さい。多くのデータが時間の経過としては、割り当てられた領域が増えることがあります。元のボリュームに変更します。高入出力がある場合、トラフィックでは、元のボリュームのシャドウ コピーの記憶域が高速拡張できません。コピー オン ライトの変更をすべて格納する十分な。これによりすべての削除されます、元のボリュームではシャドウ コピーします。この問題はドメインでより顕著です。コント ローラーの構成します。既定で、ディスク書き込みキャッシュを無効にしました。ドメイン コント ローラーの構成します。

重要ボリュームの最適化によっても同様の問題を発生します。クラスターのサイズ、すべてのシャドウ コピーを削除し、イベントをログに記録この資料に記載されているエラーがログに記録されます。 を時に、ディスクのシャドウ コピーを失うことについての追加情報最適化の資料を参照する次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
312067ボリュームを最適化するとシャドウ コピーが失われる
また、イベント エラー ID 2004 がありますがログに記録があります。破損した NTFS ファイル システム ボリュームです。この問題を確認するのには、/fスイッチで Chkdsk.exe プログラムを実行します。

監査ログの増大

システム状態の中にライターのタイムアウト エラーも表示されます。監査ログのサイズがきわめて大きい場合にバックアップします。バックアップを作成するか消去することをお勧め監査ログ定期的に。

解決方法

重要「情報」に記載されている修正プログラムMicrosoft では、次に記載されている更新プログラムに含まれています。技術情報:
833167 Windows Server 2003 のボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) 更新プログラム パッケージがあります。

これをインストールすることをお勧めこの資料とその他の VSS 関連で説明した問題を解決する更新プログラム問題です。

修正プログラムの情報

この問題を解決するには、取得、Windows Server 2003 用の最新のサービス パック。詳細についてをクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号:
889100 Windows Server 2003 用の最新の service pack の入手方法
サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。しかし、この修正プログラムに記載されている問題のみを修正するものでは記事。この特定の発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。問題があります。この修正プログラムさらにテストを受ける可能性があります。そのため場合は、この問題はない深刻な影響を次のリリースを待つことおこの修正プログラムが含まれているソフトウェア更新プログラム。

この修正プログラムが使用できる場合ダウンロードの場合は、上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあるサポート情報記事このセクションが表示されない場合は、Microsoft にお問い合わせください。顧客サービスとサポート修正プログラムを入手します。

メモその他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。通常のサポート料金追加の質問およびの対象とならない問題について適用されます。この特定の修正プログラム。完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポート電話番号または、別のサービス リクエストを作成するを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ「修正プログラムのダウンロード」フォーム言語が表示されます。どの修正プログラムが利用可能です。お使いの言語が表示されない場合は、その理由は、修正プログラムがその言語で利用可能です。

前提条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムが、他のいかなる修正プログラムも置き換えることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に一覧表示されます。日付と時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます。(UTC)。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時ゾーン タブで、日付と時刻項目コントロール パネルのします。
Windows Server 2003、Microsoft Windows Small Business Server 2003
Date         Time   Version      Size       File name
-------------------------------------------------------------
28-Aug-2003  19:37  5.2.3790.81  1,054,720  Esent.dll        
28-Aug-2003  18:51  5.2.3790.81    271,360  Swprv.dll        
28-Aug-2003  18:51  5.2.3790.81    116,736  Volsnap.sys
28-Aug-2003  18:51  5.2.3790.81    642,560  Vssvc.exe        
12-Aug-2003  18:54                     271  Branches.inf
28-Aug-2003  19:50                  10,886  Kb826936.cat
28-Aug-2003  19:39                     354  Updatebr.inf
28-Aug-2003  19:39                   5,697  Update_rtmqfe.inf
64 ビット版 Windows Server 2003
Date         Time   Version       Size       File name         Platform
-----------------------------------------------------------------------
28-Aug-2003  19:33  5.2.3790.80   2,604,544  Esent.dll         IA-64
28-Aug-2003  19:33  5.2.3790.80     698,368  Swprv.dll         IA-64
28-Aug-2003  18:51  5.2.3790.80     347,136  Volsnap.sys
28-Aug-2003  18:51  5.2.3790.80   1,751,040  Vssvc.exe         IA-64
12-Aug-2003  18:54                      271  Branches.inf
28-Aug-2003  19:49                   10,886  Kb826936.cat
28-Aug-2003  19:40                      354  Updatebr.inf
28-Aug-2003  19:40                    5,717  Update_rtmqfe.inf

詳細

重要このセクション、メソッド、またはタスクには、方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります、レジストリが正しくします。そのため、この手順を実行することを確認します慎重に。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップ、レジストリの復元の次の資料をクリックする方法についてマイクロソフト サポート技術資料を参照する番号:
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


この修正プログラムをいくつかのクラスのライターに(SQL、Active Directory、およびその他の) のタイムアウト エラーが発生する可能性が低く。つは、この修正プログラム デフォルトのパフォーマンスを向上させるために設計されていますシャドウ コピー ドライバー (Volsnap.sys) の入出力の高レベルがある場合。を修正プログラムは、初期サイズをシャドウ コピーの記憶域も含まれます。300 MB の 100 MB のではなく。さらに、300 MB の場合初期サイズです。十分なと高い入出力がシャドウ コピーが失われた場合レベルは、この修正プログラムの初期サイズを構成する方法を含む、シャドウ コピーの記憶域をシャドウ コピーの記憶域を作成するとします。できます。シャドウ コピーの記憶域の初期サイズの構成を使用して、この修正プログラムを提供する構成可能なレジストリ キーの設定。

実行します次の手順をし、レジストリ エディターを終了します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 をクリックし、プロパティ ].
  2. レジストリ内の次のキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\VolSnap
  3. で、 編集 メニューのポイント新しいプロパティ DWORD 値.
  4. 種類 MinDiffAreaFileSize、し、ENTER キーを押します。
  5. で、 編集 メニューをクリックして変更.
  6. シャドウ コピーの記憶域のサイズを入力します。領域をクリックし. ].
MinDiffAreaFileSize
レジストリ キーシャドウ コピーの記憶域の最小サイズを指定します。既定の設定300 mb、および設定の最大値は 3 gb (ギガバイト) です。正確に設定する、300 MB の倍数の値を指定します。それ以外の場合は、次300 MB の倍数が選択されます。300 を 300 MB と等しいとは3000 を 3 GB に等しいです。

メモシャドウ コピーが機能しない場合は、
MinDiffAreaFileSize
レジストリ サブキーは、最大のサイズよりも大きいのシャドウ コピーの記憶域。たとえば、レジストリ設定設定する場合1024 MB に 200 MB のスナップショットをバックアップ ・ ソフトウェアを生成しません。システム パーティション。したがって、前に作成、
MinDiffAreaFileSize
レジストリサブキーは、diff エリア ファイルであるかどうかを確認300 MB 以上、または diff エリア ファイルがレジストリに指定された値よりも大きいこと。また、少なくとも 300 MB の空き領域をシャドウ コピーがあることを確認します記憶域ボリューム。

状況

マイクロソフトこの問題を記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。 Windows では最初にこの問題が修正されましたServer 2003 Service Pack 1。

プロパティ

文書番号: 826936 - 最終更新日: 2012年11月29日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
キーワード:?
kbautohotfix kbHotfixServer kbbug kbfix kbqfe kbwinserv2003presp1fix kbmt KB826936 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:826936
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com