Windows Server 2003、Windows XP および Windows 2000 用のユニバーサル オーディオ アーキテクチャ (UAA) HD オーディオ クラス ドライバーのバージョン 1.0a について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 888111 - 対象製品
この資料は、上級レベルのコンピューター ユーザーを対象としています。高度なトラブルシューティングに自信がない場合は、サポート担当者にお問い合わせください。お問い合わせ方法については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Windows 用ユニバーサル オーディオ アーキテクチャ (UAA) HD オーディオ クラス ドライバーのバージョン 1.0a がリリースされました。このリリースでは、2004 年 8 月 1 日現在、マイクロソフトに開示されている HD オーディオとモデムの実装がサポートされます。これは、このドライバーの 2 番目のバージョンです。

UAA HD オーディオ クラス ドライバーのバージョン 1.0a は、2004 年 8 月 1 日以降にマイクロソフトに対して開示された HD オーディオ実装に対しては機能しません。

UAA HD オーディオ クラス ドライバーのバージョン 1.0a をインストールする前に、UAA HD オーディオ クラス ドライバーのバージョン 1.0 をアンインストールする必要があります。 UAA HD オーディオ クラス ドライバーのバージョン 1.0 の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
835221 Windows Server 2003、Windows XP および Windows 2000 用のユニバーサル オーディオ アーキテクチャ (UAA) HD オーディオ クラス ドライバーについて

詳細

更新プログラムの情報

マイクロソフトでは、この製品の既定の動作を変更する、サポートされた機能を用意していますが、この機能はこの資料に記載された動作のみを修正することを目的としており、この機能を必要とするコンピューターに対してのみ適用することを推奨します。この機能は、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この機能が存在していなくてもシステムが深刻な影響を受けていない場合は、この機能が含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

この機能をダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、この機能を入手してください。

注: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。特定の機能の対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧を参照、または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja&ws=support#tab0
注: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、機能が提供されている言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合、その言語では機能が提供されていません。

必要条件

このドライバーは、以下のオペレーティング システムで動作するように設計されています。
  • Microsoft Windows Server 2003 のオリジナル リリース版

    : このドライバーは Windows Server 2003 Service Pack 1 以降の Service Pack では動作しません。
  • Microsoft Windows XP Service Pack 1 (SP1) または Windows XP Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 (SP4)

再起動の必要性

この更新プログラムのインストール時に、この更新プログラムによって置き換えられるオペレーティング システムのコンポーネントが使用中であった場合、この更新プログラムの適用後にコンピューターの再起動が必要になる場合があります。

ファイル情報

更新プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Server 2003 オリジナル リリース版
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Hdaprop.dll5.10.1.501325,08808-Jan-200501:07x86
Hdashcut.exe5.10.1.501361,95208-Jan-200501:07x86
Hdaudbus.sys5.10.1.5013138,75208-Jan-200501:07x86
Hdaudio.sys5.10.1.5013145,92008-Jan-200501:07x86
Hdaudres.dll5.10.1.50135,12008-Jan-200501:07x86
Mssap.dll9.0.0.3140147,45608-Jan-200501:06x86
Portcls.sys5.2.3790.141146,43215-Mar-200420:44x86
Windows XP Service Pack 1 (SP1)
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Hdaprop.dll5.10.1.501325,08808-Jan-200501:07x86
Hdashcut.exe5.10.1.501361,95208-Jan-200501:07x86
Hdaudbus.sys5.10.1.5013138,75208-Jan-200501:07x86
Hdaudio.sys5.10.1.5013145,92008-Jan-200501:07x86
Hdaudres.dll5.10.1.50135,12008-Jan-200501:07x86
Mssap.dll9.0.0.3140134,14408-Jan-200501:06x86
Portcls.sys5.1.2600.1364136,96016-Mar-200418:58x86
Windows XP Service Pack 2 (SP2)
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Hdaprop.dll5.10.1.501325,08808-Jan-200501:07x86
Hdashcut.exe5.10.1.501361,95208-Jan-200501:07x86
Hdaudbus.sys5.10.1.5013138,75208-Jan-200501:07x86
Hdaudio.sys5.10.1.5013145,92008-Jan-200501:07x86
Hdaudres.dll5.10.1.50135,12008-Jan-200501:07x86
Portcls.sys5.1.2600.1364136,96016-Mar-200418:58x86
Windows 2000 Service Pack 4 (SP4)
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Hdaprop.dll5.10.1.501325,08808-Jan-200501:07x86
Hdashcut.exe5.10.1.501361,95208-Jan-200501:07x86
Hdaudbus.sys5.10.1.5013138,75208-Jan-200501:07x86
Hdaudio.sys5.10.1.5013145,92008-Jan-200501:07x86
Hdaudres.dll5.10.1.50135,12008-Jan-200501:07x86
Portcls.sys5.0.2195.6906148,36815-Mar-200418:20x86
Sysaudio.sys5.0.2195.690646,03215-Mar-200419:19x86

注:

UAA とは、Microsoft Windows オペレーティング システムでサポートされるコンピューター オーディオ ソリューション用クラス ドライバーの構想です。

UAA に準拠するオーディオ デバイスは、ドライバー サポートについて、オペレーティング システムに完全に依存することができます。このため、ハードウェアの製造元は、デバイスのカスタム ドライバーを提供する必要がありません。

HD オーディオ デバイスは、Intel HD オーディオ仕様に準拠しています。HD オーディオ デバイスは、PCI バスまたは PCI Express バスに接続されます。HD オーディオ デバイスは、内部オーディオ カードにすることも、統合マザーボード チップ セットの一部とすることもできます。

2004 年春、Intel Corporation は HD オーディオ準拠ソリューションを含む最初のハードウェアをリリースしました。この資料に記載されている更新プログラムでは、この Intel HD オーディオ準拠ソリューション ハードウェアがサポートされます。

これまで使用されてきたオーディオ業界ソリューションである AC'97 オーディオ コーデックと比べると、ユーザー、OEM、およびハードウェアの製造元にとって、UAA には以下のような利点があります。

ユーザーにとっての利点

  • オーディオ周辺機器のより容易なインストール
  • オーディオ ドライバーのより容易なインストール
  • システムの安定性の向上
  • パフォーマンスの向上
  • 故障に強いオーディオ
  • 保護が必要なコンテンツに対するセキュリティの強化
  • 製造元提供ドライバーの必要性の低減
  • ドライバー アップグレードの必要性の低減
  • UAA 準拠デバイスに対する保障された基本オーディオ サポート

OEM およびハードウェアの製造元にとっての利点

  • ソフトウェア開発、テストおよびサポートの軽減
  • 製品サポートへの問い合わせおよび返品の削減
  • "生産終了" 時のより容易な製品の段階的撤退
この更新プログラムをインストールした後に削除し、再インストールすると、更新プログラムはコントロール パネルの [プログラムの追加と削除] に表示されなくなります。そのため、コンピューターからこの更新プログラムを削除できません。この問題を回避するには、以下の手順を実行します。

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリを変更する手順が記載されています。しかし、レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。したがって、これらの手順は慎重に実行する必要があります。万一に備えて、変更前のレジストリをバックアップしてください。これにより、問題が発生した場合にレジストリを復元することが可能になります。レジストリのバックアップ方法と復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. レジストリで次のサブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Windows XP\SP3\KB888111
  3. [編集] メニューの [削除] をクリックします。
  4. [はい] をクリックしてレジストリ エディターを終了します。
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

関連情報

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 888111 - 最終更新日: 2013年4月2日 - リビジョン: 9.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbautohotfix kbresolve kbqfe kbhotfixserver kbsound kbinfo KB888111
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com