Windows XP Service Pack 2 をインストールした後、インターネットに DSL モデムやケーブル モデムに接続されているコンピューターで「限定または接続なし」メッセージが表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 892896 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

インターネットには DSL モデムやケーブル モデムに接続されているコンピューターで Windows XP Service Pack 2 をインストールした後、表示される、nエラー 次のようなメッセージ。
限定または接続なし: 接続が限られているまたは接続なし。インターネットやネットワーク リソースにアクセスすることできません可能性があります。

原因

このエラー メッセージは、いくつかのことが可能性があります。この資料では、最も可能性の高い原因と問題を解決しようとすることができますをお勧めします。しかし、実際には、既にインターネットに接続すると、このエラー メッセージも表示することができます。このような場合は、エラー メッセージは無視してかまいません。

回避策

まず、インターネットに接続できるかどうかを確認します

まず、インターネットに接続できるかどうかを確認する必要があります。接続できる場合は、エラー メッセージは明らかに違います。このような場合は、エラー メッセージを無効にする可能性があります。エラー メッセージを無効にするのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートプロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  2. で、 と入力して ボックス型 ncpa.cpl、し、ENTER キーを押します。を ネットワーク接続 ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. ダブルクリックします。 [ローカル エリア接続プロパティ プロパティ.
  4. で、 全般 タブをオフにし、 この接続が限られているか利用不可能を通知します。 チェック ボックスします。
  5. クリックしてください。 ]プロパティ 閉じる.

その他の原因と解決方法の確認

インターネットに接続できない場合は、その理由です。理由は、コンピューター可能性がありますが、インターネット サービス プロバイダー (ISP) や、職場のネットワーク上の問題の問題であることを認識してください。したがって、一部のソリューションは、ISP からが必要があります。 またはの職場のネットワークに接続している場合は、ネットワーク管理者に問い合わせてくださいする必要があります。

ISP サービスにお問い合わせください。

まず、先に進む前に、インターネットへの接続には ISP を使用すると、問題が発生しているかどうかを確認するのには、ISP に問い合わせてください。ISP に問題がある場合は、トラブルシューティングを続行する前に、問題が解決されるまで待ちます。

ハードウェア デバイスをチェックします。

ISP は問題が発生していないことを確認した後、インターネットにも接続できない場合は、手動で、スモール オフィス ネットワークまたはホーム ネットワーク上のハードウェア デバイスの問題を確認してください。たとえば、ハブ、ルータ、モデム、またはアクセス ポイントをネットワークにインストールされている場合が正しく接続されていることと、電源が入っていることを確認し、正常に機能して。ソリューションの有効化またはハードウェア デバイスを再起動して、コンピューターを再起動すると、単純なことがあります。具体的なトラブルシューティングについては、使用しているハードウェア デバイス、デバイスのハードウェアのマニュアルを参照してください。

ネットワークの Diagnotics ツールを実行します。

チェックして、ハードウェア デバイスを再起動して、問題が解決しない場合は、コンピューター ネットワークの問題があります。IP アドレスが、コンピューターなどの TCP/IP の設定が破損している可能性があります。

診断し、ネットワークの問題のトラブルシューティングを行うために使用できる、Windows XP で使用可能なツールです。ネットワークの診断ツールを使用して、問題の原因を特定するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートプロパティ ヘルプとサポート センター.
  2. [作業を選びます、へのリンクをクリックして ツールを使用してコンピューター情報を表示し、問題を診断します。プロパティ ネットワークの診断 左側のリストで。
  3. クリックしてください。 [システムをスキャンします。.ネットワークの診断ツールの構成情報を収集し、ネットワーク接続の自動トラブルシューティングを実行します。
  4. プロセスが完了すると、「失敗」は赤でマークされているすべての項目を参照してください。

    失敗したすべてのカテゴリが表示されていない場合は、参照してください、 "その他のトラブルシューティング情報" ネットワークの問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細についてのセクションです。
  5. テストの結果を表示するのには、カテゴリを展開します。たとえば、TCP/IP 設定の結果を確認するには、拡大、 ネットワーク アダプター セクションです。次に、ネットワーク アダプターに障害があるかどうかを確認してください。
  6. 問題を解決するためにその情報を使用することができます。 またはヘルプを参照するには、ネットワーク管理者に情報を提供できます。ネットワークの診断ツールを使用して、問題を解決する」を参照して方法がわからない場合は、 "次のステップ" ヘルプのセクションです。

追加の情報を TCP/IP の問題のトラブルシューティング

ネットワークの診断ツールを使用して、TCP/IP ネットワークの問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
314067Windows xp の TCP/IP 接続のトラブルシューティングを行う方法
Windows XP でのホーム ネットワークのトラブルシューティングを行う方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
308007Windows XP でのホーム ネットワークのトラブルシューティングを行う方法
ネットワークの診断ツールは、問題を解決できなかった場合、次のソリューションをしてください。 "ハードウェア デバイスをチェックします。" この資料でのヘルプします。

コンピューター上のネットワーク アダプターを確認します。

ネットワークの診断ツールを使用して解決策を発見されなかった場合は、それが有効になっているかどうかを確認するのには、ネットワーク アダプター コンピューターを確認してください。有効にした場合は、[を無効にして、アダプターを再度有効にして接続の問題を解決することができます。ネットワーク アダプターを確認する方法がわからない場合は、ネットワーク アダプターに付属のヘルプを確認してください。

動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サーバーを確認します。

ネットワーク アダプターが正しく動作している場合は、次にチェックすることは、DHCP サーバーがダウンしているか、ネットワークで利用できないです。

DHCP サーバーとの問題を解決するのには、DHCP サーバーがある場所を知ることが重要です。かわからない場合は、おそらく (ISP を使用した場合)、ISP (作業ネットワーク上にいる場合は) 別のコンピューターまたはルーターで、スモール オフィス ネットワークまたはホーム ネットワーク) でホストされます。ネットワーク設定に応じて、次の方法を使用します。
  • ISP を使用する場合

    いない場合は、問題が発生しているかどうかを確認するのには、ISP に問い合わせてください。いる場合は、その問題が解決されるまで待ちます。ISP の問題が発生していない場合は、これが原因で、問題はありません。
  • 社内ネットワーク上にある場合

    社内のネットワーク ネットワーク管理者は DHCP サーバーを管理し、サーバーがダウンしているか問題があるかどうかに指示することができます。それに役立つかどうか、インターネット接続とを参照してください問題があることを知ることができます。ネットワーク管理者やその他のサポート担当者にお問い合わせくださいする必要はない場合は、問題に他のソリューションを検索するのには、マイクロソフト カスタマー サポート サービスの Web サイトを使用できます。参照してください、 "次のステップ" 詳細については」。
  • ホーム ネットワーク、小規模オフィス ネットワーク上のルーターがある場合

    スモール オフィス ネットワークまたはホーム ネットワーク上のルーターがある場合は、ルーターで DHCP サーバーをホストする可能性があります。いない場合は、ルーターが正常に動作していることを確認してください。たとえば、ルーターがオンになっているかどうかと、ケーブルが正しく接続されていることを確認できます。トラブルシューティング ヘルプの何か、またはネットワークをセットアップした人に問い合わせてくださいするかわからない場合は、ルーターのマニュアルを確認する必要があります。

有線等価プライバシー (WEP) キーを確認します。

コンピューターがワイヤレス ネットワークを使用する場合、WEP キーを入力する必要があります。(ワイヤレス ネットワークを保護するために使用される、ネットワーク セキュリティ キーは、WEP キーです)。不正なキーを指定した場合、または WEP キーを設定していない場合は、ネットワークに接続することはできません。そのため、必要な場合は、正しい WEP キーがあることを確認してください。詳細については、ワイヤレス ネットワーク デバイスに付属のヘルプを参照してくださいか、ワイヤレス ネットワークをセットアップするもらいます。

トラブルシューティングができない場合にを参照してください、 "次のステップ" 役立つ可能性のあるその他のソースについては、問題を解決します。

次のステップ

これらのメソッドがない場合、問題が解決は知っている人についてにお問い合わせくださいまたは、ISP のサービスまたはネットワーク管理者に問い合わせてくださいする可能性があります。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの Web サイトは、問題に他のソリューションを検索するもできます。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの Web サイトを提供するサービス以下に示します。
  • 検索可能なサポート技術情報: テクニカル サポート情報および Microsoft 製品のセルフ ヘルプ ツールを検索します。
  • ソリューション ・ センター: 製品別のよく寄せられる質問および重要なサポートを表示します。
  • その他のサポート オプション: 質問を行う、Microsoft カスタマー サポート サービスへの問い合わせ、またはフィードバックの提供にこの Web を使用します。
問題が解決、次のマイクロソフト Web サイトを使用すると、または、問題の解決方法、マイクロソフトのサポート サービスの Web サイトで見つけることができない場合は、続行すると、サポートに問い合わせるには、次のリンクをクリックします。
http://support.microsoft.com/contactus

類似した問題と解決策

Windows XP でインターネット接続のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
892889または、Windows XP Service Pack 2 をインストールした後からインターネットを参照しようとするとインターネットに接続しようとすると、エラー 678 またはエラー 769 が表示されます。

プロパティ

文書番号: 892896 - 最終更新日: 2013年6月10日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbresolve kberrmsg kbprb kbmt KB892896 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:892896
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com