Office 2003 のクリップ オーガナイザにクリップ アートを追加する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 897754 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Office 2003 の Microsoft クリップ オーガナイザにクリップ アートを追加する方法について説明します。「Microsoft Office クリップ アートとメディア」Web サイトにインターネットでアクセスできない場合は、Microsoft Office クリップ アートをコンピュータやネットワーク共有にインストールすることができます。

詳細

クリップ オーガナイザには、図形、写真、サウンド、ビデオ、その他のメディア ファイルが格納されています。これらのメディア ファイルはクリップと呼ばれます。クリップは、サウンド、アニメーション、絵柄など、Microsoft Office ドキュメントに挿入できる単一のメディア ファイルです。クリップは、プレゼンテーション、Publisher ファイル、およびその他の Office ドキュメントで使用できます。クリップ オーガナイザを使用して、クリップのコレクションを参照したり、クリップを追加したりすることや、クリップをわかりやすく分類して整理することができます。たとえば、頻繁に使用するクリップをまとめてコレクションを作成することができます。あるいは、クリップ オーガナイザを使用して、ハード ディスクにメディア ファイルを自動的に追加し、カタログ化することもできます。

クリップ オーガナイザを起動するには、[クリップ アート] 作業ウィンドウの下部にある [クリップの整理] をクリックします。Office 2003 のアプリケーションで [クリップ アート] 作業ウィンドウを表示するには、[挿入] メニューの [図] をポイントし、[クリップ アート] をクリックします。

Office 2003 では、「Microsoft Office クリップ アートとメディア」Web サイトにある膨大な数のクリップ アート イメージに直接アクセスできます。「Microsoft Office クリップ アートとメディア」Web サイトにあるクリップ アートは、Web ブラウザを使用して検索できます。あるいは、Office アプリケーションから、「Microsoft Office クリップ アートとメディア」Web サイトにあるクリップ アートを検索することもできます。Office アプリケーションで、[挿入] メニューの [図] をポイントし、[クリップ アート] をクリックすると、検索処理では自動的に「Microsoft Office クリップ アートとメディア」Web サイトへのアクセスが行われます。検索結果は、[クリップ アート] 作業ウィンドウに表示されます。「Microsoft Office クリップ アートとメディア」Web サイトにあるクリップ アート イメージを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://office.microsoft.com/clipart
インターネットにアクセスできない場合は、「Microsoft Office クリップ アートとメディア」Web サイトに接続できません。インターネットにアクセスできる場合でも、ローカル ネットワーク上のファイアウォールによって、「Microsoft Office クリップ アートとメディア」Web サイトへのアクセスがブロックされることがあります。"犬" や "旗" など、一般的な用語を使用してクリップ アートを検索しても、"何も見つかりませんでした" というメッセージが表示されることがあります。あるいは、検索処理で数件の画像しか見つからないことがあります。このような場合、サムネイルを確認すると、左下隅に小さい地球のアイコンが表示されているサムネイルが 1 件もないことがわかります。サムネイルに表示される地球のアイコンは、そのクリップ アートが Web で検索されたことを示しています。

また、クリップ オーガナイザでは、コンピュータ上のローカル クリップ アートのアーカイブや、ネットワーク共有にある共有クリップ アートのアーカイブの検索もサポートされています。Office 2003 には、少数のサンプル クリップ アート イメージが含まれており、インターネット上の「Microsoft Office クリップ アートとメディア」Web サイトにアクセスできないときに検索される、ローカルの "Office コレクション" の一部になっています。Office 2003 には、追加のクリップ アートを収録したメディア コンテンツ CD は付属していません。ただし、Microsoft Office XP メディア コンテンツ CD は、引き続きローカル環境やネットワーク共有にインストールできます。クライアント コンピュータ上のすべての Office 2003 インストール環境にネットワーク共有を使用できます。Office XP メディア コンテンツ CD には、「Microsoft Office クリップ アートとメディア」Web サイトで入手できるクリップのサブセットである、約 35,000 件のクリップが収録されています。Office XP メディア コンテンツ CD は、Microsoft Office XP Professional、Microsoft Office XP Standard、および Microsoft Publisher 2002 Deluxe Edition に付属しています。

Office XP メディア コンテンツ CD の内容をローカル環境にインストールする方法

Office XP メディア コンテンツ CD の内容をコンピュータにインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. 実行中のプログラムをすべて終了します。
  2. CD ドライブまたは DVD ドライブに Office XP メディア コンテンツ CD を挿入します。挿入時に Shift キーを押したままにし、プログラムが自動的に起動されないようにします。

    Microsoft Windows インストーラが自動的に起動した場合は、[キャンセル] をクリックします。
  3. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次のコマンドを入力し、[OK] をクリックします。
    msiexec.exe /i CD_drive:\CAG.MSI ADDLOCAL=ALL /qb
    • このコマンドの CD_drive の部分には、Office XP メディア コンテンツ CD が格納されているドライブの文字が入ります。
    • コマンドを入力するときは、表示されているとおりにスペースを含めてください。

Office XP メディア コンテンツ CD の内容をネットワーク環境にインストールする方法

Office XP メディア コンテンツ CD の内容をネットワーク共有にインストールするには、Office XP メディア コンテンツ CD の内容をネットワーク共有にコピーする必要があります。内容をネットワーク共有にコピーしたら、そのコンテンツへのアクセスを行う各クライアント コンピュータで、以下の手順を実行します。
  1. 実行中のプログラムをすべて終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次のコマンドを入力し、[OK] をクリックします。
    msiexec.exe /i \\Network_server\share\CAG.MSI ADDSOURCE=ALL /qb

このコマンドにより、コンテンツはネットワーク共有に残ったままとなります。コンテンツは、UNC パス \\Network_server\share からアクセスできます。ただし、コンテンツをクライアント コンピュータにインストールする場合は、コマンド ライン パラメータの "ADDSOURCE=ALL" の部分を "ADDLOCAL=ALL" に変更してください。

プロパティ

文書番号: 897754 - 最終更新日: 2006年1月16日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Standard Edition 2003
キーワード:?
kbclip kbhowto KB897754
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com