Wsusscan.cab または Wsusscn2.cab ファイルのコピー中にウイルス対策スキャンを実行すると複数の現象が発生する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 900638 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のような状況を想定します。ウイルス対策ソフトウェアをコンピュータで実行しています。次のいずれかのアクションが発生します。
  • Wsusscan.cab または Wsusscn2.cab ファイルがローカル コンピュータにコピーされます。
  • Wsusscan.cab ファイルまたは Wsusscn2.cab ファイルがローカル コンピュータのフォルダから同じコンピュータ上にある別のフォルダにコピーされます。
: Wsusscan.cab ファイルまたは Wsusscn2.cab ファイルが、オフラインでのセキュリティ スキャンの実行のため、Microsoft Systems Management Server (SMS) または Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) によりコピーされることがあります。

上記のいずれかの動作が実行されると、以下の現象が 1 つまたは複数発生することがあります。
  • CPU 使用率が 100% に達することがあります。
  • コンピュータの応答が遅くなることがあります。
  • コンピュータが応答を停止しているように見えることがあります。
  • ウイルス スキャンに時間がかかることがあります。
  • ウイルス スキャンの処理が終了またはタイム アウトすることがあります。
  • システム リソースが不足することや、回復不能になることがあります。
: 発生する現象は、使用しているウイルス対策ソフトウェア、およびアーカイブ ファイル内のスキャンなどの構成済みのスキャン オプションによって異なります。

原因

この問題は、コンピュータ上のウイルス対策ソフトウェアにより Wsusscan.cab ファイルまたは Wsusscn2.cab ファイルがスキャンされることが原因で発生します。

回避策

この問題を回避するには、以下の方法のいずれかを使用してウイルス対策ソフトウェアを構成します。

注 :
  • 以下の方法は、使用しているウイルス対策ソフトウェアに対応しない場合があります。
  • 以下の方法は、危険度の低いものから高いものの順に記載されています。
  • この資料で説明している方法でこの問題を回避せずに、SMS 2003 Inventory Tool for Microsoft Updates を使用してソフトウェア更新プログラムのスキャンを実行する場合は、業務時間外にスキャンをスケジュールします。業務時間外にスキャンを実行することにより、スキャンが行われているエンド ユーザーのコンピュータのパフォーマンスへの影響が少なくなります。

方法 1

Wsusscan.cab ファイルおよび Wsusscn2.cab ファイルをウイルス対策スキャンの対象から除外します。

注 :
  • Wsusscan.cab ファイルおよび Wsusscn2.cab ファイルには複数の入れ子にされたキャビネット ファイルが含まれているため、Wsusscan.cab ファイルのみを対象から除外しても、著しく高い CPU 使用率が大幅に低減されることはほとんどありません。CPU 使用率を大幅に低減するには、Wsusscan.cab ファイルおよび Wsusscn2.cab ファイル内の入れ子にされたキャビネット ファイルも対象から除外します。
  • .cab ファイル内にウイルスが存在する場合、ウイルスはファイルが圧縮解除される際に検出されます。そのため、この方法を使用しても危険性が増すことはほとんどありません。

方法 2

すべての .cab ファイルをウイルス対策スキャンの対象から除外します。

: cab ファイル内にウイルスが存在する場合、ウイルスはファイルが圧縮解除される際に検出されます。そのため、この方法を使用しても危険性が増すことはほとんどありません。

方法 3

重要 : 以下の手順を実行すると、セキュリティ リスクが高まるおそれがあります。また、悪意のあるユーザーやウイルスなど悪意のあるソフトウェアによる攻撃をコンピュータまたはネットワークが受けやすくなる場合もあります。この資料の手順は、プログラムの設計どおりの動作を可能にする場合、または特定のプログラム機能を実装する場合にお勧めします。これらの変更を行う前に、記載された回避策を現在の環境に適用した場合の危険性を評価することをお勧めします。この手順の使用を選択した場合は、記載されている手順以外にも、システムを保護するための適切な手順を実行してください。この手順はどうしても必要な場合にのみ実行することをお勧めします。

すべてのアーカイブ ファイルをウイルス対策スキャンの対象から除外します。

方法 4

重要 : 以下の手順を実行すると、セキュリティ リスクが高まるおそれがあります。また、悪意のあるユーザーやウイルスなど悪意のあるソフトウェアによる攻撃をコンピュータまたはネットワークが受けやすくなる場合もあります。この資料の手順は、プログラムの設計どおりの動作を可能にする場合、または特定のプログラム機能を実装する場合にお勧めします。これらの変更を行う前に、記載された回避策を現在の環境に適用した場合の危険性を評価することをお勧めします。この手順の使用を選択した場合は、記載されている手順以外にも、システムを保護するための適切な手順を実行してください。この手順はどうしても必要な場合にのみ実行することをお勧めします。

以下のアイテムをウイルス対策スキャンの対象から除外します。
  • Wsusscan.cab ファイルまたは Wsusscn2.cab ファイルが存在するフォルダ
  • ローカル コンピュータの Wsusscan.cab ファイルまたは Wsusscn2.cab ファイルのパス

詳細

Wsusscan.cab ファイルおよび Wsusscn2.cab ファイルはアーカイブ ベースのファイルです。これらのファイルには、セキュリティ関連の更新プログラムのメタデータが含まれています。このメタデータは、Microsoft Update から入手可能で、スキャンの実行対象のコンピュータに適用される更新プログラムのスキャンに使用されます。Wsusscan.cab ファイルまたは Wsusscn2.cab ファイルは、Microsoft Update Web サイトに接続せずにオフラインの状態で、ローカル コンピュータのスキャンを実行する際に使用されます。

オフラインでのスキャンおよび Windows Update エージェント (WUA) の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa387290.aspx
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa387292.aspx

プロパティ

文書番号: 900638 - 最終更新日: 2009年4月3日 - リビジョン: 5.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2004
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2002
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition
  • Microsoft Windows XP Professional 64-Bit Edition (Itanium) 2003
  • Microsoft Windows XP Professional 64-Bit Edition (Itanium)
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP4
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP3
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Systems Management Server
  • Microsoft Baseline Security Analyzer 2.0
キーワード:?
kbsecantivirus kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbtshoot kbprb KB900638
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com