Windows XP ベースのコンピューターを起動する際、エラー コード 0x80004005 またはその他のエラー コードが表示される場合があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 914232 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Windows XP ベースのコンピューターを起動しようとすると、さまざまなエラー コードを含むエラー メッセージが表示される可能性があります。ここでは、さまざまなエラー コードの原因について説明します。この資料は、次のエラー コードの回避策も提供します。
  • エラー コード 0x80004005
  • エラー コード 0x80090006
  • エラー コード 0x8009001d
  • エラー コード 0x80070002
  • エラー コード 0x8007007f またはエラー code0x8007007e
  • エラー コード 0x800705aa、エラー コード 0x8007007e、anderror コード 0x80004005
  • エラー コード 0x800705aa、エラー コード 0x80070002、0x80004005 のエラー コード、エラー コード 0x800405aa、およびエラー コード 0x80090019
  • エラー コード 0x800703e7
また、この資料にはこのリストに含まれていないいくつかのエラー コードの回避策も含まれています。

現象

Windows XP ベースのコンピューターを起動しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
Windows の問題のために正確にこのコンピューターのライセンスを確認できません。エラー コード: 0x%xnnnnnnnn
メモ エラー メッセージで nnnnnnnn 特定のエラー コードが表示されることを表します。たとえば、エラー コード 0x80004005 が表示されます。

原因

次のセクションでは、特定のエラー コードが表示される理由について説明します。

エラー コード 0x80004005

この問題は、Windows 製品のライセンス認証 (WPA) に必要なファイルが破損または不足している場合に発生します。この現象はいずれかまたは両方、次の条件に該当する場合に発生します。
  • サード パーティ製のバックアップ ユーティリティまたは Windows XP のインストールをウイルス対策、programinterferes。
  • WPA が必要なファイルは manuallymodified です。

エラー コード 0x80090006

この問題は、ドライブ文字が変更されたため、または既定の場所で特定のファイルが見つからないために発生します。

エラー コード 0x8009001d

変更する場合は、この問題が発生します。
MountedDevices
ブート ドライブ文字の割り当てまたはシステムのドライブ文字の割り当てを変更するためのレジストリ値。

エラー コード 0x80070002

この問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • Windows XP haschanged で既定のセキュリティ プロバイダー。
  • システムのドライブ文字が変更されました。

エラー コードまたはエラー コード 0x8007007e

この問題は、service pack をアップグレードした後によく発生します。アップグレード後は、破損したファイル、不足しているファイル、またはファイルの不一致が見受けられます。

エラー コード 0x800705aa、エラー コード 0x8007007e、およびエラー コード 0x80004005

このエラー コードは、Dpcdll.dll ファイルが存在しない、または破損している場合に発生します。

エラー コード 0x800705aa、エラー コード 0x80070002、エラー コード 0x80004005、エラー コード 0x800405aa、およびエラー コード 0x80090019

サード パーティ製プログラムで一部のエラー コードがあるために発生します。

エラー コード 0x800703e7

インページ操作の実行中に問題がある場合に、この特定のエラーが発生します。このエラーは、通常、ディスクの破損が原因です。

回避策

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


この問題を回避するには、表示されるエラー コードに基づいて、次の方法のいずれかを使用します。

エラー コード 0x80004005 の回避策

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1

メモ Microsoft Windows 98 Second Edition からアップグレードした後にこのエラーコードが発生した場合には、この方法に従ってください。

Windows XP CD-ROM から起動し、インプレース修復を実行します。有効なプロダクト キーを使用していることを確認してください。 インプレース アップグレードの実行の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
978788 Windows XP のインプレース アップグレード (再インストール) を実行する方法
Windows XP をアンインストールしてこの問題を解決することもできます。その後、Windows XP にアップグレードする前に実行していたオペレーティング システムを再インストールします。 Windows XP をアンインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
312569 Windows XP を削除するために、アンインストール プロセスを手動で開始する方法

方法 2

この問題を解決するのには、Windows XP の CD を使用して、Windows XP のインストールを修復し、ファイルを置き換えます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. または、DVDdrive、CD ドライブに Windows XP の CD を挿入します。
  2. コンピューターを再起動します。
  3. 次のメッセージが表示されたら、Windows XP CD からコンピューターのキー、開始を押します。
    Anykey を CD から起動するキーを押します。
    メモ DVD ドライブ、CD ドライブの次から開始するには、コンピューターを構成しなければなりません。Computerto を構成する方法の詳細については、CD ドライブまたは DVD ドライブから起動コンピューターにマニュアル、thatcame を参照してください。または、製造元に問い合わせてください。
  4. 次のメッセージが表示されたら、ときに、R キーを押して回復コンソールを開始します。セットアップ プログラムのこの部分は、コンピューターに runon に Windows XP を準備します。
    To set up Windows XP now, press ENTER. 
    
    To repair a Windows XP installation by using Recovery Console, press R.
    
    To exit Setup without installing Windows XP, press F3.
    
  5. 次のような、段落番号のオプションが表示されます。
    1。 C:\WINDOWS
    この Windows へのパスに注意してください (この例で、パスは C:\WINDOWS) ステップ 7 で、手順 11 の後でユーザーの。次に、回復コンソールを使って、プライマリ ドライブのインストールにアクセスする 1 を押してください。
  6. ダイアログ ボックスが表示されたら、管理者パスワードを入力します。もしあなたはある状態のパスワード、ENTER キーを押します。
  7. タイプ cd C:\WINDOWS\System32、し ENTER キーを押します。
    メモ このコマンドと異なる場合は、手順 5 でメモしたパスを使用します。 C:\WINDOWS.
  8. RENコマンドを使用して、次のファイル名前を変更します。これには、次のように入力します。 REN File_Name.extensionFile_Name.oldコマンド プロンプトにします。
    • Wpa.dbl
    • Pidgen.dll
    • Actshell.htm

      メモ このファイルは、次のサブフォルダーにあります。
      oobe
    • Licdll.dll
    • して
    • Licwmi.dll
    • Wpabaln.exe
    メモ 前のコマンドを交換する必要があります。 File_Name.extension この手順では、ファイルの一覧からファイル名。さらに、 File_Name.old ファイル名の新しい名前を表します。たとえば、Wpa.dbl ファイルには次のコマンドを使用します。
    REN Wpa.dbl Wpa.OLD
  9. コロンと CD ドライブのドライブ文字を入力し、ENTER キーを押します。たとえば、入力します。 D:、し thenpress 入力します。
  10. タイプ cd i386、し、enter キーを押します。
  11. 個別に、次のコマンドを入力します。各コマンドの ENTERafter キーを押します。
    • Licwmi.dl_ を展開します。 C:\WINDOWS\System32
    • Regwizc.dl_ を展開します。 C:\WINDOWS\System32
    • Licdll.dl_ を展開します。 C:\WINDOWS\System32
    • Wpabaln.ex_ を展開します。 C:\WINDOWS\System32
    • Wpa.db_ を展開します。 C:\WINDOWS\System32
    • Actshell.ht_ を展開します。 C:\WINDOWS\System32
    • Pidgen.dll をコピーします。 C:\WINDOWS\System32
    メモ これらのコマンドでいると異なる場合は、手順 5 でメモしたパスを使用してください。 C:\WINDOWS.
  12. タイプ 終了、torestart、コンピューターの入力キーを押します。

エラー コード 0x80090006 の回避策

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

メモ ここでの方法が自分の状況に適していない場合は、「このリストにないエラーコードを回避策」セクションのメソッドを使用して、方法 1 から始めます。

ゴーストを使用します。

Symantec の Ghost を使用して Windows XP ベースのコンピューターを展開する場合、再構築処理中に、 ?FDSZスイッチを指定して Ghost イメージを再構築します。

ドライブイメージプロを使用します。

Drive Image Pro を使用して、Windows XP ベースのコンピューターを展開すると、Drive Image Pro 5.0 の配置センターにパワー クエストからアップグレードします。

エラー コード 0x8009001dの回避策

この問題を解決するのには、全体の内容を削除する必要があります。
MountedDevices
レジストリのキーです。このキーは、次のレジストリ サブキーにあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices
詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
223188 Windows 2000 のシステム/ブート ドライブ文字を変更する方法
変更することはできません
MountedDevices
C:\Windows ドライブに多くのハード コーディングされたパスがあるため、Windows XP でのレジストリ キーします。ハード コーディングされたパスを読み込めません。次に、その動作は WPA に関連するエラー コードを誘発します。

エラー コード 0x80070002 を回避する方法

この問題を回避するには、適切なメソッドを使用します。

Windows xp の既定のセキュリティ プロバイダーをリセットします。

既定のセキュリティ プロバイダーでは、Windows XP をリセットするのには、関連するレジストリ キーをレジストリから削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. コンピューターを起動します。セーフ モードでの開始、コンピューターの起動中に F8 キーを押します。
  2. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit、し [OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ subkeysfrom レジストリを削除します。
    • HKEY_USERS\.DEFAULT\Software\Microsoft\Cryptography\Providers
    • HKEY_USERS\S-1-5-20\Software\Microsoft\Cryptography\Providers
  4. レジストリ エディターを終了します。
  5. コンピューターを再起動します。

システム ドライブのドライブ文字をリセットします。

レジストリ エディターを使用して、システム ドライブのドライブ文字を元の値に変更します。システム ドライブの値を変更するのには、次のレジストリ キーを編集します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices
システムのドライブ文字の復元方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
223188 Windows のシステム/ブート ドライブ文字の復元方法

エラー コード 0x8007007f またはエラー コード 0x8007007e の回避策

この問題を回避するには、インストールされているサービス パックをアンインストールします。その後、サービス パックを再インストールします。

エラー コード 0x800705aa、エラー コード 0x8007007e、およびエラー コード 0x80004005 の回避策

この問題を回避するには、適切なバージョンを持つクリーンな Dpcdll.dll ファイルを使用して、Dpcdll.dll ファイルを置き換えます。

メモ クリーン Dpcdll.dll ファイルを入手するには、新しいインストールされているコンピューターから Dpcdll.dll ファイルをコピーします。

エラー コード 0x800705aa、エラー コード 0x80070002、エラー コード 0x80004005、エラー コード 0x800405aa、およびエラー コード 0x80090019 の回避策

メモ ほとんどのシナリオでは、WinTools サードパーティ製のソフトウェアがこの問題が発生します。

この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. ネットワーク ケーブルをコンピューターから取り外します。
  2. コンピューターを再起動し、セーフ モードとコマンド プロンプトでコンピューターを起動するには、initialstartup の中に F8 キーを押します.
  3. コントロールパネルの [プログラムの削除または追加WinTools サード ・ パーティ製ソフトウェアを削除します。
  4. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit、し、[OK] をクリックします。
  5. WinTools値を持つレジストリ キーを削除します。このキーは、次のレジストリ サブキーを locatedin です。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
  6. 存在する場合は、次のレジストリ サブキーを削除します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{87766247-311C-43B4-8499-3D5FEC94A183}
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ Windows\CurrentVersion\Explorer\BrowserHelperObjects\ {87766247-311C-43B4-8499-3D5FEC94A183}
  7. レジストリ エディターを終了します。
  8. コンピューターを再起動します。
  9. 次のファイルから削除します ProgramsDir\Commonfiles\WinToolspath:。
    • ProgramsDir\Common files\WinTools\WToolsA.exe
    • ProgramsDir\Common files\WinTools\WSup.exe
    • ProgramsDir\Common files\WinTools\WToolsS.exe
    • ProgramsDir\Common files\WinTools\WToolsB.dll
    注:ProgramsDir WinTools がインストールされている、%programfiles% フォルダーを表します。既定では、これは C:\ProgramFiles です。
  10. 配置されている hosts ファイルをクリーンアップします %Windir%\System32\Drivers\Etc\Hosts のパスです。

    注:%Windir% Windows XP ベースのコンピューター上の theWindows フォルダーを表します。既定では、これは C:\Windows です。
  11. WtoolsまたはWsupの名前を持つすべてのファイルを削除します。たとえば、%Windir%\prefetch フォルダーを名前でWtoolsまたはWsupを持ついくつかのファイルがあります。

    メモ %Windir%\prefetch フォルダーは隠しフォルダーです。フォルダーのアクセスに次のように入力します。 %Windir%\prefetch [アドレス] ボックスと ENTER キーを押します。
  12. コンピューターを通常モードで再起動します。

エラー コード 0x800703e7 の回避策

この問題を回避するには、 chkdskコマンドを実行します。

Chkdskコマンドの実行の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb491051.aspx

このリストにないエラーコードを回避

表示されるエラー コードがこの一覧にない場合は、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: Wpa.dbl ファイルおよびWpa.bak ファイル名前を変更します。

もう一度 Windows XP の起動を強制する場合は、Wpa.dbl ファイルし、場合ファイルを名前変更します。

方法 2: Wpa.bak ファイルの名前を変更します。

次のシナリオを検討してください。Windows XP を起動する必要があることを示すエラー コードが表示されます。ただし、Windows XP を起動することはできません。このシナリオでは Wpa.dbl ファイルの名前を無効にするのには、Wpa.dbl ファイルの名前を変更する必要があります。たとえば、Wpa.dbl ファイルの名前を Wpa.dblinvalid に変更します。その後、 Wpa.bak ファイルの名前をWpa.dbl に変更します。

方法 3: システムを復元します。

[システム回復オプション]を使用して復元ポイントから Windows XP ベースのコンピューターを復元します。システムを復元する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb457025.aspx

方法 4: インプレース アップグレードを実行します。

システムのインプレース アップグレードを実行します。 インプレース アップグレードの実行の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
978788 Windows XP のインプレース アップグレード (再インストール) を実行する方法

詳細

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
307654 Windows XP の回復コンソールをインストールして使用する方法
詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
316941 Windows XP をインストールする方法
詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
302806 Microsoft 製品のライセンス認証の説明
299056 Windows 製品の登録を実行するとエラー メッセージが表示されます。
299840 Windows XP を展開する Windows のライセンス認証またはボリューム ライセンス メディアでの Sysprep の使用方法
291997 Unattend.txt ファイルを使用して XP の Windows をアクティブにする方法
289657 セットアップの完了後にボックス エクスペリエンス (OOBE) が不足が実行されません。
291983 Windows 製品のライセンス認証で使用されるポート
この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 914232 - 最終更新日: 2014年3月3日 - リビジョン: 24.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kberrmsg kbprb kbtshoot kbmt KB914232 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:914232
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com