SQL Server 2005 の累積的な修正プログラム パッケージ (ビルド 2153) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 918222 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft SQL Server 2005 の修正プログラムは、特定の SQL Server Service Pack 用に作成されています。たとえば、SQL Server 2005 Service Pack 1 (SP1) の修正プログラムは SQL Server 2005 SP1 に適用する必要があります。 ある SQL Server Service Pack に対して提供される修正プログラムは、次回の SQL Server Service Pack にデフォルトで含まれます。

SQL Server 2005 SP1 には、ビルド 9.0.1530 を含むそれまでの SQL Server 2005 修正プログラムがすべて含まれます。 SQL Server 2005 Service Pack 1 に含まれる SQL Server 2005 修正プログラムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
913090 SQL Server 2005 Service Pack 1 で修正される問題の一覧
SQL Server 2005 の累積的な修正プログラム パッケージ (ビルド 2153) には、SQL Server 2005 SP1 に含まれていない SQL Server 2005 修正プログラムが含まれています。ビルド 2153 は、SQL Server 2005 ビルド 9.0.1531 〜 9.0.1540 にほぼ対応します。

: この修正プログラムのロールアップのビルドは、ビルド 2153 とも呼ばれています。

累積的な修正プログラム パッケージに関する注意事項

  • SQL Server 2005 の修正プログラムは複数の言語で共通です。1 つの累積的な修正プログラム パッケージですべての言語に対応しています。
  • 使用しているオペレーティング システムに対応する各コンポーネント パッケージをインストールする必要があります。
  • 修正プログラム パッケージをインストールする前に、SQL Server 管理オブジェクト (SMO) および SQL Server 分散管理オブジェクト (SQL-DMO) の拡張ストアド プロシージャを有効にする必要があります。SMO and DMO XPs オプションの詳細については、SQL Server 2005 Books Online を参照してください。

    : SQL Server 2005 Books Online には、ストアド プロシージャのデフォルトの設定は 0 (OFF) であると記載されています。この値は誤りで、デフォルトの設定は 1 (ON) です。
  • すべてのコンポーネント パッケージは、この資料に記載されている順でインストールする必要があります。コンポーネント パッケージを正しい順序でインストールしないと、エラー メッセージが表示されることがあります。

    関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    919224 [FIX] SQL Server 2005 の累積的な修正プログラム パッケージ (ビルド 2153) をインストールすると、エラー メッセージが表示されることがある
  • この修正プログラムをアンインストールするには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックして [コントロール パネル] をクリックし、[プログラムの追加と削除] をクリックします。
    2. [プログラムの追加と削除] ウィンドウで [プログラムの変更と削除] アイコンをクリックします。
    3. Microsoft SQL Server 2005 にインストールされている修正プログラムのロールアップを表示するには、[更新プログラムの表示] チェック ボックスをオンにします。
    4. この資料に記載されている順で、コンポーネント パッケージをアンインストールする必要があります。

詳細

SQL Server 2005 の累積的な修正プログラム パッケージ (ビルド 9.0.2153) の入手方法

x86 ベースのオペレーティング システムのコンポーネント パッケージ

SQL Server 2005 を x86 ベースのオペレーティング システムで実行している場合は、以下のコンポーネント パッケージを記載されている順にインストールする必要があります。
SQL Server 2005
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/SQL2005-KB918222-x86-ENU.exe

Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/AS2005-KB918222-x86-ENU.exe

Microsoft SQL Server 2005 Integration Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/DTS2005-KB918222-x86-ENU.exe

Microsoft SQL Server 2005 Notification Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/NS2005-KB918222-x86-ENU.exe

Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/RS2005-KB918222-x86-ENU.exe

SQL Server 2005 Tools
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/SQLTools2005-KB918222-x86-ENU.exe

x64 ベースのオペレーティング システムのコンポーネント パッケージ

SQL Server 2005 を x64 ベースのオペレーティング システムで実行している場合は、以下のコンポーネント パッケージを記載されている順にインストールする必要があります。
SQL Server 2005
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/SQL2005-KB918222-x64-ENU.exe

SQL Server 2005 Analysis Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/AS2005-KB918222-x64-ENU.exe

SQL Server 2005 Integration Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/DTS2005-KB918222-x64-ENU.exe

SQL Server 2005 Notification Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/NS2005-KB918222-x64-ENU.exe

SQL Server 2005 Reporting Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/RS2005-KB918222-x64-ENU.exe

SQL Server 2005 Tools
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/SQLTools2005-KB918222-x64-ENU.exe

Itanium ベースのオペレーティング システムのコンポーネント パッケージ

SQL Server 2005 を Itanium ベースのオペレーティング システムで実行している場合は、以下のコンポーネント パッケージを記載されている順にインストールする必要があります。
SQL Server 2005
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/SQL2005-KB918222-ia64-ENU.exe

SQL Server 2005 Analysis Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/AS2005-KB918222-ia64-ENU.exe

SQL Server 2005 Integration Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/DTS2005-KB918222-ia64-ENU.exe

SQL Server 2005 Notification Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/NS2005-KB918222-ia64-ENU.exe

SQL Server 2005 Reporting Services
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/RS2005-KB918222-ia64-ENU.exe

SQL Server 2005 Tools
http://download.microsoft.com/download/6/e/8/6e85f7ab-9f6c-4f3c-8f89-da0f78e026dc/SQLTools2005-KB918222-ia64-ENU.exe
マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

SQL Server 2005 ビルド 9.0.2153 に含まれている SQL Server 2005 SP1 以降の修正プログラム

: これらの修正プログラムについて説明した「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料は、準備できしだい公開される予定です。
元に戻す全体を表示する
SQL バグ番号説明
410 親子ディメンションにおける親属性の表示部分の合計がディメンション セキュリティでサポートされません。
433 キューブから階層を削除せずに、ALTER DDL ステートメントを実行してデータベースからディメンション階層を削除すると、アクセス違反が発生することがあります。
447 マルチプロセッサ コンピュータの処理速度が、予想よりやや遅くなります。
459 ごくまれに特定の状況下で、SQL Server 2005 の 2 つ以上のセッション間でデッドロックが発生することがあります。この場合、内部デッドロック監視機構では、セッション間のデッドロックが検出されません。
461 レポートに NoRows=true かつ NoRowsMessage=null が設定されているテーブルが含まれており、テーブルにテーブル ヘッダーまたはテーブル フッターが含まれている場合に、テーブルが Microsoft Office Excel で表示されると、正しくない位置で改ページされることがあります。
464 非クラスタ化インデックスのリーフ ページに、インデックス行が 1 行しかないことがあります。
491 トルコ語の照合順序を使用する SQL Server 2005 インストールで、SQL Server Management Studio から SSIS のジョブ ステップを表示できません。ジョブが SSIS ジョブ ステップのみの場合、[ステップ] タブをクリックすると、エラー メッセージ "インデックスが配列の境界外です。(SqlManagerUI)" が表示されます。
499 複雑な sum のような集計式を実行したとき、重要なカスタム ロールアップを含む多次元式 (MDX) のクエリを SQL Server 2005 で実行すると、SQL Server 2000 で実行したときよりもはるかに遅くなります。
531 SQL Server 2005 でクエリまたはストアド プロシージャを特定の条件下で実行したときに、SQL Server のオプティマイザで実行プランを生成できません。
541 IXMLA プロバイダを使用して実行される ADOMD.NET アプリケーションの最大ユーザー セッション数が、32 に制限されます。
554 MDX の .Properties("IS_PLACEHOLDERMEMBER") 関数を使用して、ディメンション メンバの IS_PLACEHOLDERMEMBER プロパティを照会すると返される値は常に FALSE です。この現象は、ディメンションでプレースホルダになっているメンバに対しても発生します。
584 レポートに外部の画像が含まれているか、または Reporting Services のリソースである画像が含まれていて、レポートで対話的な並べ替えの機能を使用していると、画像が赤い x で表示されます。
606 一部のユーザー定義のプロパティに対して、MDSCHEMA_PROPERTIES 行セットが誤ったデータ型を返します。
608 グループ フッターにサブレポートが含まれていて、グループ化された項目の詳細行の HideDuplicates プロパティを有効にしている場合、レポートをエクスポートしようとすると、SQL Server 2005 Reporting Services によって内部エラーが生成されます。レポート デザイナの [プレビュー] タブの [印刷プレビュー] をクリックしても、このエラーが発生します。
614 SQL Server 2005 Reporting Services によって、ReportSnapshot.EnsureAllStreamsAreClosed プロシージャで、System.NullReferenceException 例外が断続的に表示されることがあります。この現象が発生すると、ミニダンプが生成されます。
615 SQL Server 2005 Analysis Services のインスタンスの照合順序として、Japanese_Unicode_CI_AS を使用していると、SQL Server 2005 Analysis Services サービスが開始されません。
617 実行プロパティがスナップショットを使用するように設定されているときに、User!UserID 変数を使用するリンク レポートを実行しようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
3wp!library!1!1/27/2006-13:10:27:: e ERROR: Throwing Microsoft.ReportingServices.Diagnostics.Utilities.InternalCatalogException:
627 SQL Server 2005 日本語版で、SQL Server Management Studio でのフルテキスト スケジュールの作成が失敗し、以下のエラー メッセージが表示されます。
指定した @category_name ('フルテキスト'localized string) は存在しません。(Microsoft SQL Server, エラー: 14262)
636 ストアド プロシージャまたは sp_executesql プロシージャを使用して、共通言語ランタイム (CLR) のユーザー定義のデータ型をパラメータとして渡すと、CLR でメモリ リークが発生することがあります。
652 Y 軸の余白が有効になっていて、すべてのデータ ポイントの Y の最小値が整数値である場合、Y 軸の最小値がより小さい値に調整されます。たとえば、グラフ コントロールで、4.0 を 4 に丸めて整数値が作成されます。しかし、作成された Y 軸のラベルが正しくありません。
664 SQL Server 2005 Analysis Services ビルド 9.00.1520 〜 9.00.1539 または SQL Server 2005 SP1 を実行している場合、個別のカウント メジャーを含む MDX クエリから結果が返されないことがあります。この現象は、クエリ対象のメジャー グループに複数のパーティションが含まれる場合にのみ発生します。
708 SQL Server 2005 SP1 をインストールしたときに、SQL Server Integration Services (SSIS) サービスが開始されません。
752 「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 910070 に記載されている修正プログラムを適用すると、MSMQTask.dll およびその依存ファイルが削除されます。
40000100 ログ リーダー エージェントの実行中に、DBCC DBREINDEX コマンドまたは ALTER INDEX ...REBUILD コマンドを実行すると、ログ リーダー エージェントで一部のトランザクションをディストリビュータにコピーできないことがあります。
40000102 ログ配布を構成して、ログ配布のセカンダリ サーバーを 2 台以上追加すると、最後に追加したセカンダリ サーバーのみが監視サーバーによって監視され、他のセカンダリ サーバーは監視されません。
40000108 チューニングするワークロードにインデックス付きビューが含まれる場合、SQL Server 2005 データベース エンジン チューニング アドバイザが突然終了することがあります。
40000110 親子ディメンションを使用するキューブで YTD 関数による計算を行うと、正しい結果が返されないことがあります。
50000104 型指定された XML 型を入力パラメータとして指定してストアド プロシージャを実行すると、SqlCommandBuilder.DeriveParameters(SqlCommand) メソッドから例外が返されます。
50000112 SQL Server 2005 Analysis Services のデータベース管理者ロールのメンバが、分析観点を追加または削除できません。SQL Server 2005 Analysis Services サーバー ロールのメンバのみ、分析観点の追加または削除ができます。
50000115 レポート サーバー モデルで Analysis Services のデータ ソースが使用されることがあります。レポート サーバー モデルに基づいて、レポート ビルダから MDX クエリが生成されます。MDX クエリの日付は、月と日の部分が入れ替えられます。
50000116 カーソルの対象テーブルにクラスタ化インデックスと非クラスタ化インデックスが設定されている場合、KEYSET カーソルを使用する FETCH 操作が遅いことがあります。この現象は、FETCH 操作にクラスタ化インデックスが最も適している場合、またはカーソルを使用する SELECT クエリが非常に簡潔な場合に発生します。
50000120 SQL Server 2005 Analysis Services では、キューブの MDX スクリプトで定義された計算されるメンバは、セッションまたはクエリで定義された計算が行われる前に解決されます。唯一の例外は、Aggregate 関数および VisualTotals 関数を使用する特定の状況下の場合です。この動作は、SQL Server 2000 Analysis Services からの変更点です。SQL Server 2000 Analysis Services では、セッションまたはクエリで定義された計算を挿入するために、2 つのキューブ レベルの計算の解決順序を明示的に使用できました。この変更により、SQL Server 2005 Analysis Services では、クエリまたはセッションのスコープで計算されるメンバが正しい結果を返しません。SQL Server 2005 の累積的な修正プログラム パッケージ (ビルド 9.0.2153) を適用すると、計算されるメンバを評価するスコープの制御を可能にする新しい構文が導入されます。
50000151 クエリ プランにハッシュ集計が含まれていて、テーブル内の 1 つ以上の列に空の文字列と定義されていない文字の組み合わせが含まれている場合、テーブル内の重複する行を取得するために SELECT クエリを実行すると、誤った結果が返されます。
50000154 パッケージの複数のインスタンスを実行すると、variablelock list エラー メッセージが表示されることがあります。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
915918 [FIX] SQL Server 2005 の内部デッドロック モニタで、2 つ以上のセッション間のデッドロックが検出されない場合がある

関連情報

SQL Server 2005 Service Pack 1 の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の Service Pack を入手する方法
SQL Server 2005 Service Pack 1 の新機能および強化された機能の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
916940 SQL Server 2005 Service Pack 1 に含まれる新機能と強化された機能の一覧
Microsoft SQL Server 更新プログラムの命名方式の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式

プロパティ

文書番号: 918222 - 最終更新日: 2007年11月20日 - リビジョン: 5.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 1
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
キーワード:?
atdownload kbsql2005rs kbsql2005engine kbsql2005as kbsql2005ns kbsql2005tool kbsql2005ssis kbsql2005setup kbtshoot kbinfo kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbqfe KB918222
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com