Windows に対話的にログオンするときに、ユーザー オブジェクト ログオン スクリプトが実行されません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 918495
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows XP ベースのクライアント コンピューターに対話的にログオンするときに、ユーザー オブジェクトのログオン スクリプトは実行されません。この問題は発生しても、 フォレスト間ユーザー ポリシーおよび移動ユーザー プロファイルを許可します。 ポリシー設定を有効にします。

この問題から、コンピューター アカウントのドメインと異なるドメインからユーザー アカウントを使ってログオンしたときに発生します。

原因

この問題は、Userinit.exe ファイルが名前解決の問題のため、ログオン スクリプトを実行できないために発生します。この現象は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • NetBIOS over TCP/IP (NetBT) の名前解決は、ログオン サーバーのフラットな名前を解決するのには利用できません。NetBT には、Windows インターネット ネーム サービス (WINS) のブロードキャストが含まれています。
  • ドメイン ネーム システム (DNS) のドメイン名のユーザー アカウント、クライアント コンピューターの DNS サフィックス検索一覧に追加されません。

解決方法

Windows XP 用の修正プログラムの更新です。Windows Vista 以降変更が含まれている場合が既定で無効になっています。これはポリシー設定を有効にする必要があります"LogonScripts では、NetBIOS を無効にできます。"後述します。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、追加テストを受ける可能性があります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能の場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。完全な一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームの修正プログラムを入手できる言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

Microsoft Windows XP Service Pack 2

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

修正プログラムのインストールに関する情報

修正プログラムをインストールすると、修正プログラム パッケージで、Userinit.exe ファイルの System.adm ファイルの更新版がインストールされます。System.adm ファイルには、次の新しいグループ ポリシー オブジェクト (GPO) の設定が含まれます。
コンピューターの構成 \ 管理用 Templates\System\Scripts\Allow LogonScripts で NetBIOS を無効に
この設定を有効にしたり、NetBIOS を無効にすると、ログオン スクリプトを無効にすることができます。

レジストリ情報

新しい GPO を使用して、新しい機能を有効にする場合は、次のレジストリ サブキーを構成します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\System\Allow ・ LogonScript ・ NetBIOSDisabled

値の種類: DWORD
[値のデータ: 00000001
有効にする必要がありますも、 フォレスト間ユーザー ポリシーおよび移動ユーザー プロファイルを許可します。 GPO。これを行うと、次のレジストリ サブキーを構成します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\System\AllowX-ForestPolicy-と-RUP

値の種類: DWORD
[値のデータ: 00000001

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイルの情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間SP の必要条件
System.adm該当なし1,745,7202006 年 6 月 30 日08: 54SP2
Userinit.exe5.1.2600.294326,1122006 年 7 月 03 日08: 53SP2

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: NetBT 名前解決を有効にします。

  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、種類 ncpa.cpl、し、 [OK].
  2. ネットワーク接続を右クリックして [ローカル エリア接続、し、 プロパティ.
  3. クリックしてください。 [インターネット プロトコル (TCP/IP) をクリックして プロパティ.
  4. で、 [インターネット プロトコル (TCP/IP) のプロパティ ダイアログ ボックスをクリックして 高度な.
  5. で、 WINS タブで、クリックしてください TCP/IP の NetBIOS を有効にします。、し、 [OK] 3 回。
メモ このメソッドは、次の条件に該当する場合にのみに機能します。
  • WINS のトポロジには、アカウント ドメインからドメイン コント ローラーのレコードが含まれます。
  • ドメイン コント ローラーは NetBT ブロードキャストを使用してアクセスできます。

方法 2: DNS ドメイン名、ユーザー アカウントのクライアントの DNS サフィックス検索一覧に追加します。

  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、種類 ncpa.cpl、し、 [OK].
  2. ネットワーク接続を右クリックして [ローカル エリア接続、し、 プロパティ.
  3. クリックしてください。 [インターネット プロトコル (TCP/IP)、し、 プロパティ.
  4. で、 [インターネット プロトコル (TCP/IP) のプロパティ ダイアログ ボックスをクリックして 高度な.
  5. で、 DNS タブで、クリックしてください [順序] で以下の DNS サフィックスを追加します。、し、 追加.
  6. で、 ドメイン サフィックス フィールド、追加するドメイン名を入力します. 追加.
  7. クリックしてください。 [OK] 3 回。
メモ DNS サフィックスを構成するのには、GPO を使用することもできます。

状況

Microsoft は、これは「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題であること確認しています。

詳細

ドメインのグループ ポリシーで、新しいレジストリ設定を発行するには、System.adm ファイルに含まれる新しい GPO を変更する必要があります。ウィンドウ XP Service Pack 2 を実行しているコンピューター上の System.adm ファイルを変更し、修正プログラム 918495 をインストールしました。グループ ポリシー オブジェクト エディター関連の管理用テンプレート (ADM) ディレクトリのシステム ボリューム (SYSVOL) に新しいバージョンの System.adm ファイルをコピーし、新しい設定を使用できるようにします。

ADM ファイルの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
816662グループ ポリシー管理用テンプレート (.adm) ファイルの管理に関する推奨事項

関連情報

詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 918495 - 最終更新日: 2011年10月27日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbprb kbwinxpsp2fix kbwinxppresp2fix kbpubtypekc kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB918495 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:918495
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com