Windows を実行しているモバイル PC をワイヤレス アクセス ポイントに接続すると接続またはパフォーマンスの問題が発生することがある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 928152 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows ベースのモバイル PC を一部の Wi-Fi "ホット スポット" に接続すると、さまざまな接続の問題が発生する場合があります。これらの接続の問題には、以下のものがあります。
  • ワイヤレス ネットワークの接続が切断される。
  • パフォーマンスが低下する。
これらの問題は、コンピューターがバッテリ電源で動作している場合に発生します。

: これらの問題は、SOHO (small office/home office) 環境または企業環境で Windows ベースのモバイル PC をワイヤレス アクセス ポイント (AP) に接続する場合にも発生することがあります。

原因

この問題は、Wi-Fi ホット スポットで 802.11 省電力プロトコルをサポートしていないワイヤレス AP またはルーターが使用されている場合に発生します。

この問題は、Windows の省電力機能が原因で発生します。Windows でモバイル PC に使用される既定の電源プランは、[バランス] 電源プランです。[バランス] 電源プランを使用するように構成されたモバイル PC は次のように動作します。
  • モバイル PC を電源に接続すると、ワイヤレス ネットワーク アダプターは [最大パフォーマンス] モードを使用するように設定されます。このため、802.11 省電力モードはオフになります。
  • モバイル PC がバッテリ電源で動作していると、ワイヤレス ネットワーク アダプターは [省電力 (中)] モードを使用するように設定されます。このため、802.11 省電力モードが使用されます。
省電力モードを使用するように設定されている 802.11 ワイヤレス ネットワーク アダプターがスリープ状態に入るとき、アダプターからワイヤレス AP に送信するパケットまたは 802.11 フレームに省電力オプションが設定されます。これにより、アダプターがスリープ状態に入ることがワイヤレス AP に伝達されます。この場合、次の動作が必要となります。
  1. 省電力オプションが設定されたフレームをワイヤレス AP が受信すると、ワイヤレス AP では、フレームを送信したクライアント ネットワーク アダプタが省電力状態に入ると判断します。
  2. 次に、ワイヤレス AP でクライアント ネットワーク アダプタに送信するパケットがバッファリングされます。
  3. クライアント ネットワーク アダプタの無線通信がオンになると AP との通信が行われ、クライアント ネットワーク アダプタがバッファリングされたパケットを受信します。
この動作により、ワイヤレス ネットワーク アダプターは消費電力を削減し、正確な時刻に定期的に起動して、AP からのネットワーク トラフィックを受信できます。

ワイヤレス AP がこの機能を適切にサポートしない場合、クライアント ネットワーク アダプターの無線通信がオフのときでも、ワイヤレス AP はクライアント ネットワーク アダプターにパケットを送信し続けます。そのため、送信されたパケットは失われます。この場合、ワイヤレス接続のどの段階でパケットが失われるかによって、発生する現象が異なることがあります。

回避策

この問題を回避するには、状況に応じて次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: モバイル PC を電源に接続する

モバイル PC を電源に接続すると、既定の電源プランのワイヤレス ネットワーク アダプターの電源設定が [省電力 (中)] から [最大パフォーマンス] に切り替えられます。これにより、802.11 省電力モードがオフになります。

方法 2: 既定の省電力プランを変更する

ワイヤレス ネットワーク アダプターのバッテリ動作時の既定の電源設定を変更します。Windows が [バランス] 電源プランまたは [省電力] 電源プランを使用するように構成されているときに、ワイヤレス ネットワーク アダプターが [最大パフォーマンス] 設定を使用するように構成します。それには、次の手順を実行します。
Windows Vista および Windows 7

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスに電源オプションと入力し、[プログラム] の下の [電源オプション] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  2. 選択されている電源プランの下の [プラン設定の変更] をクリックします。たとえば、[バランス] が選択されている場合、[バランス] の下の [プラン設定の変更] をクリックします。
  3. [詳細な電源設定の変更] をクリックします。
  4. [電源オプション] ダイアログ ボックスで、[ワイヤレス アダプタの設定] を展開し、[省電力モード] を展開します。
  5. の隣に表示される一覧の [最大パフォーマンス] をクリックし、[OK] をクリックします。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Windows 8 および Windows 8.1

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  1. 画面の右端から中央にスワイプし、[検索] をタップして (マウスを使用している場合は、画面の右上隅をポイントして、マウス ポインターを下に移動し、[検索] をクリックして)、検索ボックスに「電源オプション」と入力します。[電源オプション] をタップまたはクリックして、[電源オプション] を開きます。
  2. 選択されている電源プランの下にある [プラン設定の変更] をタップまたはクリックします。たとえば、[バランス] が選択されている場合は、[バランス] の下にある [プラン設定の変更] をタップまたはクリックします。
  3. [詳細な電源設定の変更] をタップまたはクリックします。
  4. [電源オプション] ダイアログ ボックスで、[ワイヤレス アダプターの設定] を展開し、[省電力モード] を展開します。
  5. [バッテリ駆動] の横に表示されている一覧で、現在の設定をタップまたはクリックし、[最大パフォーマンス] を選択して、[OK] をクリックします。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

方法 3: [高パフォーマンス] 電源プランを使用する

ワイヤレス ネットワークに接続したときに、コンピューターが [高パフォーマンス] 以外の電源プランで動作していた場合、手動で電源プランを [高パフォーマンス] に変更します。それには、次の手順を実行します。

Windows Vista および Windows 7
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスに電源オプションと入力し、[プログラム] の下の [電源オプション] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

    :
  2. [高パフォーマンス] をクリックします。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed


Windows 8 および Windows 8.1

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

  1. 画面の右端から中央にスワイプし、[検索] をタップして (マウスを使用している場合は、画面の右上隅をポイントして、マウス ポインターを下に移動し、[検索] をクリックして)、検索ボックスに「電源オプション」と入力します。[電源オプション] をタップまたはクリックして、[電源オプション] を開きます。

    :
  2. [高パフォーマンス] をタップまたはクリックします。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

詳細

既定の省電力設定を [バッテリ駆動] から [最大パフォーマンス] に変更した場合、コンピューターをバッテリ駆動したときの [バランス] 省電力モードおよび動作時間に影響します。この変更によって、バッテリの動作時間が約 2 〜 9% 短縮されます。

: この変更は、モバイル PC にインストールされる OEM (Original Equipment Manufacturer) 版の Windows に反映されないことがあります。コンピューターの製造元では、製造元のガイドラインに従って Windows の既定の電源設定を変更することがあります。

Microsoft Windows XP ベースのコンピューターを使用して Wi-Fi ホット スポットに接続した場合にも、この問題が発生することがあります。Windows XP の既定の省電力モードではワイヤレス ネットワーク アダプターの 802.11 省電力モードがオンにならないため、Windows XP でこの問題が発生する可能性は低くなります。ただし、この問題が Windows XP で発生した場合、ワイヤレス ネットワーク アダプターの省電源設定を変更して問題を回避できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。ncpa.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [ネットワーク接続] ダイアログ ボックスで、ワイヤレス ネットワーク アダプタを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. ネットワーク カードの名前の下にある [構成] をクリックします。
  4. [詳細設定] タブをクリックし、電源管理の設定を変更します。たとえば、[プロパティ] ボックスの一覧の [電源管理] をクリックし、[値] スライダーのつまみを、使用する電源管理の設定に動かし、[OK] をクリックします。

    : これらの設定手順は、ワイヤレス ネットワーク アダプタの製造元によって異なる場合があります。
Windows Vista での電力消費とバッテリ寿命の問題についてのヘルプは、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
消費電力が想定よりも大きいまたはバッテリ寿命が短い問題を修正する

プロパティ

文書番号: 928152 - 最終更新日: 2014年6月10日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Enterprise N
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Home Premium N
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Professional N
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Starter N
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Ultimate N
  • Windows 8
  • Windows 8 Pro
  • Windows 8 Enterprise
  • Windows 8.1
  • Windows 8.1 Pro
  • Windows 8.1 Enterprise
キーワード:?
kbtshoot kbinfo kbwireless kbnetworkconnectivity kbenv kbbroadband kbprb kbexpertisebeginner kbhardware KB928152
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com