Windows Vista での非ブロードキャスト ワイヤレス ネットワークへの接続

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 929661 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

ワイヤレス ネットワークでは、認証と暗号化を使用してセキュリティで保護された状態を維持します。認証により、ワイヤレス ネットワークへのアクセスを制御します。そして、暗号化することにより、ワイヤレス データ フレームの内容を悪意のあるユーザーが判読できないようにします。

Windows Vista には、ワイヤレス ネットワーク構成に新しい設定が導入されています。新しい設定では、ワイヤレス ネットワークがブロードキャストであるか非ブロードキャストであるかを指定できます。また、この新しい設定を使用して、Windows Vista ワイヤレス クライアントが非ブロードキャスト ネットワークに接続する方法を構成できます。

アクセス ポイントを非ブロードキャスト (非表示の) ネットワークとして構成しないことをお勧めします。非ブロードキャスト ネットワークに接続する必要がある場合は、自動接続オプションを使用しないことをお勧めします。自動接続オプションを使用すると、ネットワークが範囲外であっても、ネットワークのサービス セット識別子 (SSID) が公開されます。

詳細

非ブロードキャスト ワイヤレス ネットワークのワイヤレス アクセス ポイントは、SSID をブロードキャストしません。ワイヤレス アクセス ポイントは、SSID が NULL に設定されたビーコン フレームを送信することにより、SSID を隠します。非ブロードキャスト ワイヤレス ネットワークはアクティブ スキャンでは認識されないため、ネットワークに接続するには、ユーザーが SSID を知っている必要があります。また、ユーザーは、コンピュータを接続する前に優先ワイヤレス ネットワークを構成する必要があります。ただし、非ブロードキャスト ネットワークは、ワイヤレス クライアントによって送信されるプローブ要求でアドバタイズされるので、検出可能です。また、非ブロードキャスト ネットワークは、そのようなプローブ要求に対する応答でもアドバタイズされます。このように、非ブロードキャスト ネットワークに接続するように構成されたワイヤレス クライアントによって、ネットワークが範囲外である場合にも、ネットワークの SSID が絶えず公開されます。

この動作に対処するために、Windows Vista には、ブロードキャスト ワイヤレス ネットワークであるか非ブロードキャスト ワイヤレス ネットワークであるかを指定する新しいワイヤレス ネットワーク設定が導入されています。Windows Vista では、以下の方法でこの新しい設定をローカルで構成できます。
  • [ワイヤレス ネットワークに手動で接続します] ダイアログ ボックス
  • ワイヤレス ネットワークのプロパティ ダイアログ ボックス
  • コマンド プロンプトでの netsh wlan コンテキストでのコマンドの使用
  • グループ ポリシーの使用
[ネットワークがブロードキャストを行っていない場合でも接続する] チェック ボックスがオンになっている場合、ワイヤレス自動構成機能はプローブ要求を送信して、非ブロードキャスト ネットワークが範囲内にあるかどうかを検出します。Windows Vista クライアント コンピュータは、自動的にネットワークに接続するように構成されている場合には、このようなプローブ要求を送信します。そのため、ワイヤレス アクセス ポイントでは、ネットワーク名をブロードキャストしない場合でも、範囲内にある場合は、利用可能なワイヤレス ネットワークの一覧に表示されます。クライアント コンピュータでネットワークが範囲内であることが検出されると、ワイヤレス自動構成機能によって、ブロードキャスト ネットワークとして構成されているか非ブロードキャスト ネットワークとして構成されているかにかかわらず、ネットワークへの接続が試行されます。Windows Vista ワイヤレス クライアント コンピュータでは、自動的に接続された非ブロードキャスト ネットワークに対してのみプローブ要求を送信することにより、ワイヤレス ネットワーク構成が公開される可能性を低減しています。

非ブロードキャスト ワイヤレス ネットワークは、手動で接続するように構成することもできます。その場合は、プローブ要求を送信するタイミングを厳密に制御できます。手動で接続された非ブロードキャスト ワイヤレス ネットワークは、利用可能なネットワークの一覧に必ず表示されます。そのため、必要に応じてそのネットワークに接続できます。

Windows Vista では、ネットワークに接続ウィザードを使用して非ブロードキャスト ネットワークに接続できます。Windows Vista ワイヤレス クライアント コンピュータでは、SSID が NULL に設定されたビーコン フレームを受信すると、利用可能なネットワークの一覧にそのワイヤレス ネットワークが追加されます。さらに、そのワイヤレス ネットワークに "無題なネットワーク" という名前が付けられます。

非ブロードキャスト ワイヤレス ネットワークと Windows Vista の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/network/evaluate/hiddennet.mspx#ERD

プロパティ

文書番号: 929661 - 最終更新日: 2007年1月30日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
キーワード:?
kbhowto kbexpertisebeginner kbinfo KB929661
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com