自動更新を使用して、更新プログラムをスキャンする、または Windows インストーラを使用するアプリケーションに更新プログラムを適用すると、Svchost.exe プロセスによる問題が発生する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 932494 - 対象製品
通知
「現象」に記載されている問題は、Windows Update Agent 3.0 および更新プログラム 927891 で修正されました。これらの更新プログラムは、Microsoft Update を介して 2007 年 6 月および 7 月に配布されました。この資料に記載されている問題と類似した問題が依然として発生している場合は、別の問題である可能性があります。類似した問題のトラブルシューティングを行う方法については、この資料の「類似した問題と解決方法」を参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

自動更新を使用して、更新プログラムをスキャンするか、Microsoft Windows インストーラ 3.1 を使用するアプリケーションに更新プログラムを適用すると、以下の更新のメカニズムを使用した場合に、問題が発生します。
  • Microsoft Update
  • Windows Server Update Services (WSUS)
  • Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) 2.0
  • Microsoft Systems Management Server Inventory Tool for Microsoft Updates (SMS ITMU)
Windows インストーラを使用するアプリケーションには、Microsoft Office 2003、Microsoft Office XP、Microsoft Windows Defender などがあります。これらのアプリケーションでは、以下の問題が発生します。
  • 更新プログラムの検出中または更新プログラムのインストール中に、Svchost.exe プロセスにより、CPU 使用率が 100% に急上昇することがあります。また、Svchost.exe プロセスによって、しばらくの間、コンピュータが応答を停止することがあります。
  • 更新プログラムの検出中または更新プログラムのインストール中に、Svchost.exe プロセスでアクセス違反が発生し、次のエラー メッセージが表示されます。
    SVCHOST.exe - アプリケーション エラー
    "0x0745F2780" の命令が "0x000000000" のメモリを参照しました。メモリが "read" になることはできませんでした。
  • 更新プログラムの検出中または更新プログラムのインストール中に、Svchost.exe プロセスにより、メモリ リークが発生します。

解決方法

マイクロソフトでは、この問題を解決するために、以下の更新プログラムを提供します。
  • 更新プログラム 927891 を適用すると、Svchost.exe プロセスで発生する、新たに発見されたクラッシュが解決します。また、更新プログラム 916089 では解決されなかったアクセス違反が存在するため、更新プログラム 927891 では、Svchost.exe プロセスで発生することが報告されたアクセス違反の問題も解決します。

    : 2 番目のアクセス違反は、更新プログラム 916089 が適用されるまでは顕在化していませんでした。更新プログラム 916089 が原因で 2 番目のアクセス違反が発生するわけではありません。

    関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    927891 Windows Update または Microsoft Update から更新プログラムをインストールすると、アクセス違反エラーが発生し、システムが応答を停止しているように見えることがある
以下の問題を解決するために、WSUS 3.0 クライアント プログラムがリリースされました。
  • コンピュータで更新プログラムをスキャンするとき、または更新プログラムをインストールするときに、CPU 使用率の高い状態が継続する。
  • コンピュータで更新プログラムをスキャンするとき、または更新プログラムをインストールするときに、コンピュータが応答を停止 (ハング) する。
この問題を解決するには、更新プログラム 927891 と新しい WSUS 3.0 クライアントをインストールする必要があります。

注 :
  • この問題を解決するには、Windows Update Agent のバージョン 374 またはそれ以降を使用している必要があります。

    Windows Update Agent の最新バージョンの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    946928 Windows Update エージェントの最新バージョンを入手する方法に関する、ネットワーク管理者向けの情報
  • 更新プログラム 927891 には更新プログラム 916089 が含まれています。
  • この解決方法を実行すると、コンピュータが応答を停止する問題が解決し、CPU 使用率が高くなる時間を短縮することができますが、CPU 使用率が高くなる時間が完全になくなるわけではありません。ただし、この更新プログラムを適用することにより、コンピュータを通常どおりに実行することができます。

ダウンロード情報

最新の WSUS 3.0 クライアント プログラムを入手するには、オペレーティング システムに応じて、以下のいずれかのリンクをクリックします。

x86 ベースの Windows

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsUpdateAgent30-x86.exe パッケージ

x64 ベースの Windows

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsUpdateAgent30-x64.exe パッケージ

Itanium ベースの Windows

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsUpdateAgent30-ia64.exe パッケージ

ファイル情報

最新の WSUS クライアント プログラムのファイルのバージョンを確認する方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
946928 Windows Update エージェントの最新バージョンを入手する方法に関する、ネットワーク管理者向けの情報

状況

この問題は、Windows Update Agent 3.0 および更新プログラム 927891 で修正されました。

詳細

更新プログラム 927891 により、更新プログラム 916089 は完全に置き換えられました。「現象」に記載されている問題が発生した場合は、以下の手順を実行してください。
  1. 更新プログラム 927891 を適用します。
  2. コンピュータを再起動します。
問題が引き続き発生する場合は、マイクロソフト製品サポート サービスにお問い合わせください。

注 :
  • WSUS 3.0 クライアント プログラムには、WSUS 2.0 SP1 との完全な互換性があります。
  • WSUS 3.0 クライアント プログラムは、WSUS 2.0 SP1 のサーバー インフラストラクチャに対して作成されているため、クライアントは、新しい WSUS 3.0 に "SelfUpdate (自動更新)" できます。SelfUpdate ツリーへの更新プログラムは、KB936301 として重要な更新プログラムに分類されています。

類似した問題と解決方法

この資料に記載されている問題と同じような問題が引き続き発生している場合は、別の問題が発生している可能性があります。

類似した問題とその解決方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
939273 Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 を実行しているコンピュータで、ソフトウェア更新プログラムを展開できない (英語)
932762 Windows Server 2003 で Service Host プロセスが予期せず停止することがある (英語)
931852 Windows XP ベースのコンピュータを起動して、Windows Updates をダウンロードすると、エラー メッセージが表示される (英語)
910666 Windows Server 2003 ベースのコンピュータで Svchost.exe プロセスが予期せず終了することがある
894538 インターネット認証サービスで不明な属性が含まれているパケットを受信すると、Windows Server 2003 ベースのインターネット認証サービス サーバーが応答を停止する (英語)
927385 Windows XP ベースのコンピュータで自動更新を実行するとエラー メッセージが表示され、その後 "svchost.exe - アプリケーション エラー" エラー メッセージのダイアログ ボックスを閉じると、いずれのプログラムも実行できなくなる (英語)
上記の資料で問題が解決しなかった場合、または、この資料に記載されている現象とは異なる現象が発生する場合は、詳細について「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を検索してください。「サポート技術情報」を検索するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
http://support.microsoft.com
次に、[サポート技術情報の検索] ボックスに、表示されたエラー メッセージ、または、問題の説明を入力します。

プロパティ

文書番号: 932494 - 最終更新日: 2008年8月14日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Installer 3.1
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Personal
  • Windows Defender
  • Microsoft Office 2003, All Editions
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4
  • Microsoft Office XP Professional
キーワード:?
kbresolve kbexpertiseinter kbtshoot kbinfo kbwindowsinstaller kbprb KB932494
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com